ぎそう ふり ん 最終 回 ネタバレ ドラマ。 韓国ドラマ

ポンダンポンダン2話(最終回)のネタバレ・感想はこちら!短編韓ドラ

ぎそう ふり ん 最終 回 ネタバレ ドラマ

『』最終回を読了しました。 何日か経って、少し落ち着いてきたので、 感想を書こうか書くまいか悩みましたが、 心に留めておくのも心苦しく、個人的な感想をつらつら綴っていきます! 以下ネタバレしてしまうので、未読の方はお気をつけください。 普段、単行本派ですが、今回結末が気になりすぎて、 最終回の掲載されたflowers電子版が配信される0時を待ち、でさっとダウンロード。 ぽちってる時からもう緊張(?)で震えていて、 早く読みたいけど読みたくないような変な気持ちのまま読み始め、 1ページ目のカラーでまず号泣。 自分的にはもう沖田先生とは44巻でお別れしていたので、 前半部分で沖セイを堪能できてうれしかった。 切ないけども。 結末まで一気に読んで、セイちゃん生きて、沖田先生との子供できて、幸せエンドでよかった!と、思ったのですが、 2回目読み始めて、「あれ?妊娠出産の計算あわなくないか?」と疑問を抱き、 「あ、こういうことだったのか!」とようやっと読み解く。 完全に最後の斉藤さんの台詞で惑わされてしまっていたのですが、 よくよく読めば、沖田先生の子は宿すことができず、 その後、函館で土方さんに再会して、土方さんの子を宿したのだなぁと。 最初はこの結末に戸惑ったけど、 これまでの44巻分のストーリーでキャターの関係性とか、 この時代で生きていくことの重みをしっかり感じているから、 あの選択はすっと入ってきて。 沖田先生の愛が深すぎる。。 セイちゃんの武士としての心意気が素敵だ。 そして、土方さんかっこよすぎる。 とんでもなく優しい漢だ。 土方さんが倒れた後の夢のシーン、あちらの世界でみんな大集合していて、 なんだかしんみりとしてしまったな。 その後を知ってる分、ぱっつぁんの後ろ姿が切なくてな。 明治の世の新八と斉藤さんとセイちゃんの絡みとかちょっと見てみたいなぁ。 斉藤さんやパチが誠くんに剣術教えたりとか・・・(妄想) 個人的には、誠くんは「」の子みたいな感じで受け取っています。 沖セイ好きとしては、最初は沖田先生との子エンドを期待していたけど、 そういう形ではない超越した二人の愛の深さを感じたなぁ。 セイちゃんの生きる強さをすごく受けて、 沖田先生とセイちゃんの関係にキュンキュンさせてもらって 激動の幕末の世界観を体感できる漫画で、 自分の人生の選択のなかで、大学で歴史を専攻するきっかけになったり、 大きな影響を受けたりして、感謝感謝の漫画です。 同時に、今この日本があるのは、多くの人たちがつないできた歴史があるんだなと 大きな大きな歴史な流れを感じています。 でいろんな方とも感想を共有できて、 それもとてもうれしい体験だった。 途中読むのをストップしていた時期もあったけど、 20年近く読み続けてきた愛しい作品を、こういう形で迎えられてうれしい。 自分の人生の中で、とてもとても大事な作品で有り続ける気がします。 ・セイちゃんが沖田先生の死後、半月過ごしてた謎 なぜ半月なんだろうと思っていたのですが、お馬が来るか来ないかの期間と読み取ることができたんですね・・・! 土方さんと会話しているシーンの「授かってたらこんなとこ来てると思いますか!?」って台詞でも、そういう機会はあったんですよって読み取れる・・・。 44巻の蚊帳のシーンがずーっと気になっていたので、きっとそういうことだったんだろうなって自分的に解釈できて、大号泣してしまった。 二人が幸せでよかった。 そう思って読み返してみると、を旅立つセイちゃんの強さと切なさがより泣けてくるし、土方さんとのシーンもまた違った見方ができて。 この一連の読み取りができて、すごくすごく自分的によい最終回が迎えられました。 ・誠くん、沖田先生の生まれ変わり説 これも他の方が考察されていて、確認して驚いたのですが、 23巻に伏線となる台詞があって。 セイちゃんが負傷して夢を見ているとき、子供時代の沖田先生と会話をしていて 「いっそうちの子になればいいよ」という一言があるのですが、 当時読んでたとき、なんだか話の流れ的によくわからない台詞だなぁなんて思ってたのですが、今回の最終回を読んですっとつながってしまった感じがあり、驚きました。 生まれ変わってセイちゃんのずっとそばにいてくれるなんて、すごすぎる。 愛か深い。

次の

サイン最終回ネタバレあらすじ&感想 まさかの柚木先生が‥衝撃すぎるラストに絶句!

ぎそう ふり ん 最終 回 ネタバレ ドラマ

旅行先で出会った伴野丈には既婚者と偽ってしまう。 伴野 丈役:宮沢氷魚 海外生活が長い帰国子女。 鐘子が恋に落ちる男。 吉沢 葉子役:仲間由紀恵 鐘子の姉でコンサルティング会社勤務のキャリアウーマン。 理想の夫がいるにもかかわらず、天真爛漫な年下男と不倫をしている。 八神 風太役:瀬戸利樹 吉沢葉子の不倫相手で天真爛漫な男。 プロボクサーで母性本能をくすぐる、明るく憎めない性格。 吉沢 賢治役:谷原章介 葉子の夫でエリート商社マン。 伴野 灯里役:MEGUMI 丈の姉でスペイン料理屋を営む。 山田 まさ子役:田中道子 鐘子の親友の派遣社員。 高野 恵梨香役: 夏子 灯里が営むスペイン料理屋のアルバイトで丈に一目惚れする。 濱 幸一役:伊沢弘 鐘子と葉子の父。 濱 みき子役:朝加真由美 鐘子と葉子の母で専業主婦。 あらすじ 主人公、濱鐘子(はましょうこ・杏)は契約社員の1年契約が終了した32才独身。 、今まで恋愛をしてこなかった非モテ女子。 姉の葉子に勧められて婚活を3年間しているがうまくいかず、韓国におひとり様旅に行くことに。 そんな濱鐘子は韓国旅行の途中、飛行機の中で姉に借りたコートから、姉の結婚指輪を落としてしまう。 隣の席の韓国人のジョバンヒが指輪を拾ってくれ「どっち?」聞かれたときにとっさにうそをついてしまい指輪をはめてもらった。 そんなことから、「既婚者」に思われる。 鐘子は、既婚者を装ってジョバンヒと楽しく会話を楽しんだ。 そして、ジョバンヒが 「旅行の間だけ不倫しませんか?」と提案。 これが濱鐘子とジョバンヒ「偽装不倫」の始まりだった。 偽装不倫の最終回ネタバレ!原作の結末は? それでは気のになる最終回ネタバレについて見ていきたいと思います。 まずは今回は原作があるとのことでしたので原作について調べてみたところ現在原作の「偽装不倫」は連載中とのことでまだ原作自体が最終回を迎えていませんでした。 単行本にして1巻、2巻が刊行されており3巻は4月25日に発売予定とのことです。 ということでおそらくドラマにつきましてはオリジナルストーリーで結末を迎えるか、3巻の区切りがいいところで最終回を迎えるのではないでしょうか?どんな結末を迎えるのか楽しみですね!ということでドラマ結末につきましてはドラマ最終回を迎え次第追記させて頂きます。 そんな時、韓国に一人旅をする飛行機の中で姉に借りたコートから、姉の結婚指輪を落としてしまう。 拾ってくれたイケメン韓国人にとっさに既婚者と嘘をついてしまい始まった偽装不倫。 そもそもなぜ姉の指輪がコートに入っていたかというと、姉は不倫をしていたのだ。 鐘子の姉の葉子は既婚者で、夫は年収1000万の商社マンでイケメンの賢治。 姉は、婚活で賢治と出会って、両親に挨拶、半年後に結婚式、1年後には二世帯住宅を手に入れていた。 子供はいないがバリバリ仕事をしており、家賃は払わずに光熱費だけを払っているという金銭面では何不自由ない生活を送っている。 葉子は、結婚相手を探す婚活時期はは完璧な人を求めていたのだが、結婚して気が抜け世の中の男の子がみんなかわいく思えて不倫しているという。 姉の不倫相手は、12才年下の23才のピンク髪の風太。 格闘家だ。 減量のストレスで葉子に甘えて、無邪気にゼリーを食べる姿が可愛いとのこと。 葉子は、独身と偽って付き合っており、鐘子と全く逆の不倫関係。 (実際には鐘子は結婚していないので偽装不倫)。 そんな葉子は、不倫相手とデートをする時に、とっさに外してポケットに入れていた。 その指輪を入れたままのコートを鐘子に貸してしまい、指輪がはいていたのだ。 ミステリアスなイケメンのジョバンヒは、韓国人の25才で日本の大学に留学していたことがあるので、日本語が上手で、日本が大好き。 職業は、カメラマンだが、まだ駆け出しなので、撮りたいものを撮って仕事にできるわけではなかった。 ジョバンヒは、鐘子のことを知りたくて、いろいろな質問をする。 鐘子は、東京に住んでいるが、両親は岩手の出身で、小さい頃は岩手に住んでいた。 そのことから、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の話に。 意外な共通点から意気投合していった。 これは鐘子が韓国旅行中の期間限定の不倫の恋(偽装不倫)。 なぜ、ジョバンヒは既婚者だと言っている鐘子に「不倫しましょう」と言ってきたのか?鐘子が尋ねると 「鐘子が綺麗だから」とジョバンヒは答えた。 地味でそんなことを言われたことのない鐘子は、恋に落ちた。 ジョバンヒは、荷物が鐘子の頭に当たってしまったお詫びをしたいと食事に誘う。 韓国についてからはジョバンヒの姉が経営しているソウルのスペイン料理の店に行ったり、ガイドブックに載ってない韓国のオシャレなカフェ、夜は、屋台を楽しんだ。 そして二人はホテルで結ばれた。 旅行が最終日になると、鐘子は、後腐れがないほうがいいと思い、連絡先を聞かずに日本に帰国。 しかし、大切な姉の結婚指輪をホテルに忘れてしまった。 姉が結婚記念日までに指輪がないと困るため、急いでホテルに問い合わせるが部屋には無かった。 鐘子は、ジョバンヒが気づいて、指輪を持っていると考えた。 ジョバンヒはカメラマンなのでインスタかFacebookを探したらあるかもしれないと思い探すとインスタで、姉の指輪を見つけた。 鐘子が姉の指輪を探して、ジョバンヒのインスタを見つけたときは、入院中だった。 大量の薬を飲んでおり姉には黙っていてくれと医者に頼むジョバンヒ。 飛行機に乗ってはいけない病気だったが 日本でも倒れて救急車で運ばれて入院。 鐘子には「子供の頃から、疲れると倒れやすい」と嘘をつく。 ジョバンヒの病気は「脳腫瘍」だった。 wp-x. 内気な私なら、あそこで押し倒している。 wp-x. 「作者韓流好きやな〜」が読んだ感想。 wp-x. 正直、1巻読んだ後はほぼほぼタラレバ娘と一緒やん…なんて感想しかなかったけど、2巻読んだ途端に全力で前言撤回!!!! そして、先生から読者のみんなへの言葉が泣ける。 こちらこそ、素敵な作品を描いてくださりありがとうございます!!!! wp-x. 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

次の

偽装不倫■最終回10話ネタバレ感想!~私の幸せは私が決める~無料で1話

ぎそう ふり ん 最終 回 ネタバレ ドラマ

大森南朋さんが主演と務めるドラマ「サイン」がついに最終回を迎えます! 一体どんな最終回を迎えるのでしょうか。 今回はドラマ「サイン」の最終回ネタバレあらすじと感想についてまとめてみました。 ネタバレを含みますので、知りたくない方はご注意下さい。 その様子が気になった柚木は、彼女の後を追うが…。 そんな中、あろうことか想定外の検査結果が出る。 ちょうどその頃、「日本法医学研究院」の院長・ 伊達明義(仲村トオル)のもとには、意外な人物がやって来て…!? 真犯人である楓を追い詰めようとするたび、権力によって次々と閉ざされていく真実追及への扉。 ところが、権力側は一枚も二枚も上手で…!? 引用: スポンサーリンク 北見の命が奪われたあの日、楓がその場から立ち去る映像がありました。 しかし、マスターデータは持ち去られ、唯一の証拠となりそうなデータも奪われてしまったのです。 八方塞がりになった柚木は賭けに出ます。 柚木は、楓が北見の部屋から出てくる映像が見つかったと、楓を呼び出し、もしこれ以上楓が警察に圧力をかけるなら、この映像をネットにアップし全世界に配信すると告げました。 1時間後。 中園が柚木の自宅を訪れると、柚木は亡くなっていました。 自殺として処理されてしまうかもしれないことを恐れた中園は、柚木先生の遺体を盗み解剖を始めます。 柚木の訃報を知った伊達は、ようやく目を覚まし、柚木の解剖をさせることで真実を暴こうとします。 解剖の結果、異物が見つかり、窒息死。 柚木の家に仕掛けられた隠しカメラの映像が見つかります。 柚木の最後が残されていました。 ありがとうございました。 しかし、柚木は鏡越しに楓の行動を見ていました。 つまり、薬を飲まされることを知っていたのです。 自分の体に証拠を残せば、楓を確実に逮捕へと追い込めると思い、抵抗することなく毒を飲んだのです。 その後、柚木先生のポケットから解毒剤が見つかります。 毒を飲んだ後、解毒剤を飲むつもりでした。 しかしクッションで塞がれてしまい、亡くなってしまいました。 柚木先生は最後の最後まで生きようとしていたのです。 やがて楓の犯行が明るみになり、楓は逮捕されたのでした。 もうラスト30分の怒涛の展開に、息をするのも忘れて夢中で見てしまいました。 もう中園ちゃんと柚木先生コンビが見られないのも寂しいですね。 柚木先生、生きててほしかったですが、その後の中園ちゃんの成長したストーリーとかもみたいですね。 スポンサーリンク.

次の