エニタイム 真岡。 自治医大店|24時間営業のフィットネス ジム|エニタイムフィットネス・下野市

真岡・益子・烏山のジム施設・スタジオ一覧(5件)

エニタイム 真岡

エニタイムフィットネスとは エニタイムフィットネスとは、24時間年中無休で営業しているフィットネスジムです。 スタジオやプールなどはありませんが最新マシンが揃っており、低価格で世界各国の店舗を利用できるのが魅力のひとつです。 料金について エニタイムフィットネスでは、店舗によって月会費に違いがあります。 都内は他の地域に比べ高めの料金設定になっていますが、大体6,000円~10,000円です。 60日間に1番多く利用した店舗が所属店舗だとみなされ、その店舗の月会費が口座から引き落としされます。 尚、月会費の支払いは口座引き落としのみとなっています。 もし残高不足などで引き落としが出来なかった場合は、所属店舗へ問い合わせましょう。 また、入会時にセキュリティキー発行手数料として5,140円が必要です。 入会・退会・休会について 入会したいけどどうしたらいいか分からない、しばらく通えなくなってしまった・・などといった際はどのように対応すればよいのでしょうか。 入会方法 まずは、通いたいと思っている店舗へ電話かメールで施設の見学予約をします。 そのまま入会し、入会当日から施設を利用することも可能です。 また、Web入会というシステムもあり事前に入会しておけば店頭で書類などを記入する時間を短縮できます。 入会手続きをする際は、本人確認書類と金融機関のキャッシュカードの2点が必要となります。 退会方法 所属店舗にて退会届を提出するだけで大丈夫です。 退会したい月の10日までに手続きを済ませるようにしましょう。 退会月の月会費は、退会月の27日に口座から引き落としされます。 休会について エニタイムフィットネスでは、休会の制度もあります。 所属店舗で休会届を提出します。 こちらも締め切りは毎月10日となっており、休会開始希望月の初日から1ヶ月単位で休会となります。 休会中も休会費として1,080円支払わなくてはいけません。 店舗展開エリア エニタイムフィットネスは世界各国に店舗があり、世界27か国4,000店舗以上あります。 国内だけでも400店舗以上あり、特別料金など支払わなくとも自由に全店舗利用できるので気軽に通えます。 設備について エニタイムフィットネスは、24時間年中無休で営業しているのになんでこんなに安いの?と思われる方もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。 まず、エニタイムフィットネスにはロッカールームがありません。 店舗によって違いがありますが更衣室とシャワールームが何個かある、というような店舗が多いようです。 レンタルロッカー 月額1,080円 もありますが、店舗によっては空きがなかったりするので利用したい方は早めに契約するようにしましょう。 アメニティなどの用意もされていないので必要な人は持参しなければいけません。 また、ジムは24時間365日営業をしていますが、スタッフのいる時間は決められていて大体の店舗が10時~19時までとされています。 さらにエニタイムフィットネスでは、ほとんどの店舗でWi-Fiの使用が可能です。 アプリなどで音楽を聴く人にとっては嬉しいサービスです。 トレーニング中の服装や持ち物について エニタイムフィットネスでは、ウェアやシューズなどのレンタルは行っていないため各自で用意しなければいけません。 とくにこの格好でなければ利用できないというような規則はありませんが、動きやすい服装・シューズを用意しましょう。 ジーンズやスパイク、装飾の激しいものなどマシンに傷がつくようなものは禁止されています。 また、持ち物についても規則などはありませんがロッカーがないので貴重品などは、自己管理が必要です。 パーソナルトレーニングについて エニタイムフィットネスでは、事前予約が必要ですが店舗によってパーソナルトレーニングを実施しています。 こちらも店舗によって料金設定がか変わってきますが、70分コースは7,000円~、100分コースは10,000円~となっています。 体験コースが用意されている店舗もあるので、利用したい人は直接店舗へ確認しましょう。 口コミ口コミ件数:5件 平均点数:2. ですがその一方で、他のお客さんに良い印象を感じることができませんでした。 それはある二人組の方です。 その方達は、トレーニングマシーンを二人で独占しただけでなく、利用中も大声で会話をしたり、マシーンを使うでもなく、ただただ居座ったりと私を含め多くの方々が迷惑をしていました。 私たちは時間をずらすなどの工夫はしましたが意味がなく、またスタッフの方が「利用時間は20分まで」との張り紙をするも、当の本人達には何の効果もありませんでした。 そしてスタッフの方も、張り紙をしただけで直接注意してくださる様子もないため、非常に残念な気持ちでいっぱいです。 エニタイムフィットネスはフランチャイズのなので、そこをしっかり理解しておいて欲しいです。 マニュアルはあるだろうけれどジムによってやはり差が出てきます。 基本土足なので、床の汚れ具合も気になるところです。 手が回らなければどうしても床等汚れてしまいます。 また、スタジオやプールが無い分、経費もリーズナブルになっています。 その分マシーン等は十分設備されています。 が、24時間制で深夜帯にはスタッフがいないので、セキュリティ面で不安も感じられることでしょう。 慌てて入会せず、じっくり自分の境遇に合わせて良く考えられることをお勧めします。

次の

3年間通ってみた!エニタイムフィットネスの口コミ・評判・感想

エニタイム 真岡

エニタイムフィットネスとは エニタイムフィットネスとは、24時間年中無休で営業しているフィットネスジムです。 スタジオやプールなどはありませんが最新マシンが揃っており、低価格で世界各国の店舗を利用できるのが魅力のひとつです。 料金について エニタイムフィットネスでは、店舗によって月会費に違いがあります。 都内は他の地域に比べ高めの料金設定になっていますが、大体6,000円~10,000円です。 60日間に1番多く利用した店舗が所属店舗だとみなされ、その店舗の月会費が口座から引き落としされます。 尚、月会費の支払いは口座引き落としのみとなっています。 もし残高不足などで引き落としが出来なかった場合は、所属店舗へ問い合わせましょう。 また、入会時にセキュリティキー発行手数料として5,140円が必要です。 入会・退会・休会について 入会したいけどどうしたらいいか分からない、しばらく通えなくなってしまった・・などといった際はどのように対応すればよいのでしょうか。 入会方法 まずは、通いたいと思っている店舗へ電話かメールで施設の見学予約をします。 そのまま入会し、入会当日から施設を利用することも可能です。 また、Web入会というシステムもあり事前に入会しておけば店頭で書類などを記入する時間を短縮できます。 入会手続きをする際は、本人確認書類と金融機関のキャッシュカードの2点が必要となります。 退会方法 所属店舗にて退会届を提出するだけで大丈夫です。 退会したい月の10日までに手続きを済ませるようにしましょう。 退会月の月会費は、退会月の27日に口座から引き落としされます。 休会について エニタイムフィットネスでは、休会の制度もあります。 所属店舗で休会届を提出します。 こちらも締め切りは毎月10日となっており、休会開始希望月の初日から1ヶ月単位で休会となります。 休会中も休会費として1,080円支払わなくてはいけません。 店舗展開エリア エニタイムフィットネスは世界各国に店舗があり、世界27か国4,000店舗以上あります。 国内だけでも400店舗以上あり、特別料金など支払わなくとも自由に全店舗利用できるので気軽に通えます。 設備について エニタイムフィットネスは、24時間年中無休で営業しているのになんでこんなに安いの?と思われる方もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。 まず、エニタイムフィットネスにはロッカールームがありません。 店舗によって違いがありますが更衣室とシャワールームが何個かある、というような店舗が多いようです。 レンタルロッカー 月額1,080円 もありますが、店舗によっては空きがなかったりするので利用したい方は早めに契約するようにしましょう。 アメニティなどの用意もされていないので必要な人は持参しなければいけません。 また、ジムは24時間365日営業をしていますが、スタッフのいる時間は決められていて大体の店舗が10時~19時までとされています。 さらにエニタイムフィットネスでは、ほとんどの店舗でWi-Fiの使用が可能です。 アプリなどで音楽を聴く人にとっては嬉しいサービスです。 トレーニング中の服装や持ち物について エニタイムフィットネスでは、ウェアやシューズなどのレンタルは行っていないため各自で用意しなければいけません。 とくにこの格好でなければ利用できないというような規則はありませんが、動きやすい服装・シューズを用意しましょう。 ジーンズやスパイク、装飾の激しいものなどマシンに傷がつくようなものは禁止されています。 また、持ち物についても規則などはありませんがロッカーがないので貴重品などは、自己管理が必要です。 パーソナルトレーニングについて エニタイムフィットネスでは、事前予約が必要ですが店舗によってパーソナルトレーニングを実施しています。 こちらも店舗によって料金設定がか変わってきますが、70分コースは7,000円~、100分コースは10,000円~となっています。 体験コースが用意されている店舗もあるので、利用したい人は直接店舗へ確認しましょう。 口コミ口コミ件数:5件 平均点数:2. ですがその一方で、他のお客さんに良い印象を感じることができませんでした。 それはある二人組の方です。 その方達は、トレーニングマシーンを二人で独占しただけでなく、利用中も大声で会話をしたり、マシーンを使うでもなく、ただただ居座ったりと私を含め多くの方々が迷惑をしていました。 私たちは時間をずらすなどの工夫はしましたが意味がなく、またスタッフの方が「利用時間は20分まで」との張り紙をするも、当の本人達には何の効果もありませんでした。 そしてスタッフの方も、張り紙をしただけで直接注意してくださる様子もないため、非常に残念な気持ちでいっぱいです。 エニタイムフィットネスはフランチャイズのなので、そこをしっかり理解しておいて欲しいです。 マニュアルはあるだろうけれどジムによってやはり差が出てきます。 基本土足なので、床の汚れ具合も気になるところです。 手が回らなければどうしても床等汚れてしまいます。 また、スタジオやプールが無い分、経費もリーズナブルになっています。 その分マシーン等は十分設備されています。 が、24時間制で深夜帯にはスタッフがいないので、セキュリティ面で不安も感じられることでしょう。 慌てて入会せず、じっくり自分の境遇に合わせて良く考えられることをお勧めします。

次の

前橋吉岡店|24時間営業のフィットネス ジム|エニタイムフィットネス・北群馬郡

エニタイム 真岡

エニタイムフィットネスとは エニタイムフィットネスとは、24時間年中無休で営業しているフィットネスジムです。 スタジオやプールなどはありませんが最新マシンが揃っており、低価格で世界各国の店舗を利用できるのが魅力のひとつです。 料金について エニタイムフィットネスでは、店舗によって月会費に違いがあります。 都内は他の地域に比べ高めの料金設定になっていますが、大体6,000円~10,000円です。 60日間に1番多く利用した店舗が所属店舗だとみなされ、その店舗の月会費が口座から引き落としされます。 尚、月会費の支払いは口座引き落としのみとなっています。 もし残高不足などで引き落としが出来なかった場合は、所属店舗へ問い合わせましょう。 また、入会時にセキュリティキー発行手数料として5,140円が必要です。 入会・退会・休会について 入会したいけどどうしたらいいか分からない、しばらく通えなくなってしまった・・などといった際はどのように対応すればよいのでしょうか。 入会方法 まずは、通いたいと思っている店舗へ電話かメールで施設の見学予約をします。 そのまま入会し、入会当日から施設を利用することも可能です。 また、Web入会というシステムもあり事前に入会しておけば店頭で書類などを記入する時間を短縮できます。 入会手続きをする際は、本人確認書類と金融機関のキャッシュカードの2点が必要となります。 退会方法 所属店舗にて退会届を提出するだけで大丈夫です。 退会したい月の10日までに手続きを済ませるようにしましょう。 退会月の月会費は、退会月の27日に口座から引き落としされます。 休会について エニタイムフィットネスでは、休会の制度もあります。 所属店舗で休会届を提出します。 こちらも締め切りは毎月10日となっており、休会開始希望月の初日から1ヶ月単位で休会となります。 休会中も休会費として1,080円支払わなくてはいけません。 店舗展開エリア エニタイムフィットネスは世界各国に店舗があり、世界27か国4,000店舗以上あります。 国内だけでも400店舗以上あり、特別料金など支払わなくとも自由に全店舗利用できるので気軽に通えます。 設備について エニタイムフィットネスは、24時間年中無休で営業しているのになんでこんなに安いの?と思われる方もいるかもしれませんが、それにはいくつかの理由があります。 まず、エニタイムフィットネスにはロッカールームがありません。 店舗によって違いがありますが更衣室とシャワールームが何個かある、というような店舗が多いようです。 レンタルロッカー 月額1,080円 もありますが、店舗によっては空きがなかったりするので利用したい方は早めに契約するようにしましょう。 アメニティなどの用意もされていないので必要な人は持参しなければいけません。 また、ジムは24時間365日営業をしていますが、スタッフのいる時間は決められていて大体の店舗が10時~19時までとされています。 さらにエニタイムフィットネスでは、ほとんどの店舗でWi-Fiの使用が可能です。 アプリなどで音楽を聴く人にとっては嬉しいサービスです。 トレーニング中の服装や持ち物について エニタイムフィットネスでは、ウェアやシューズなどのレンタルは行っていないため各自で用意しなければいけません。 とくにこの格好でなければ利用できないというような規則はありませんが、動きやすい服装・シューズを用意しましょう。 ジーンズやスパイク、装飾の激しいものなどマシンに傷がつくようなものは禁止されています。 また、持ち物についても規則などはありませんがロッカーがないので貴重品などは、自己管理が必要です。 パーソナルトレーニングについて エニタイムフィットネスでは、事前予約が必要ですが店舗によってパーソナルトレーニングを実施しています。 こちらも店舗によって料金設定がか変わってきますが、70分コースは7,000円~、100分コースは10,000円~となっています。 体験コースが用意されている店舗もあるので、利用したい人は直接店舗へ確認しましょう。 口コミ口コミ件数:5件 平均点数:2. ですがその一方で、他のお客さんに良い印象を感じることができませんでした。 それはある二人組の方です。 その方達は、トレーニングマシーンを二人で独占しただけでなく、利用中も大声で会話をしたり、マシーンを使うでもなく、ただただ居座ったりと私を含め多くの方々が迷惑をしていました。 私たちは時間をずらすなどの工夫はしましたが意味がなく、またスタッフの方が「利用時間は20分まで」との張り紙をするも、当の本人達には何の効果もありませんでした。 そしてスタッフの方も、張り紙をしただけで直接注意してくださる様子もないため、非常に残念な気持ちでいっぱいです。 エニタイムフィットネスはフランチャイズのなので、そこをしっかり理解しておいて欲しいです。 マニュアルはあるだろうけれどジムによってやはり差が出てきます。 基本土足なので、床の汚れ具合も気になるところです。 手が回らなければどうしても床等汚れてしまいます。 また、スタジオやプールが無い分、経費もリーズナブルになっています。 その分マシーン等は十分設備されています。 が、24時間制で深夜帯にはスタッフがいないので、セキュリティ面で不安も感じられることでしょう。 慌てて入会せず、じっくり自分の境遇に合わせて良く考えられることをお勧めします。

次の