ソーシャル ディス ダンシング。 ソーシャル・ディスタンスと厚生労働省の新型コロナウイルスに関するQ&Aページについて〜「部屋を分けられない場合には、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することがお薦めします」

「ソーシャル・ディスタンシング対策」で安心・安全の営業を|デコラティブシステム

ソーシャル ディス ダンシング

新型コロナウイルス対策で、政府が緊急事態宣言の対象を全都道府県に広げて外出自粛の徹底を呼びかける中、「ソーシャルディスタンシング(社会的距離の保持)」というカタカナ語が注目されている。 感染を防ぐために他人と一定の距離をとる対策のことだ。 一方で、海外ではこの言葉を「フィジカルディスタンシング」(物理的距離の保持)という言葉に言い換える動きも出てきた。 なぜなのだろうか。 WHOが用語を変更する動き 元陸上男子短距離選手のウサイン・ボルト氏が「ソーシャルディスタンシング」と説明をつけ、2008年の北京五輪で優勝した時の写真をツイッターに投稿している。 男子100メートルの決勝で2位と約2メートルの差をつけてゴールする写真だ。 ソーシャルディスタンシングという用語は欧米ではかなり浸透しており、国内の報道でも目にするようになってきたが、世界保健機関(WHO)は最近「フィジカルディスタンシング(physical distancing)」という言葉に置き換えるようになった。 3月20日、WHOの会見で専門家が、「あえて言い換えているのは、人と人のつながりは引き続き維持してほしいから」と述べている。 なぜなのか。 ソーシャルには社会のほか、社交などの意味がある。 ソーシャルディスタンシングは「社会的距離の保持」と訳されるが、実際には社会的や社交的に他人と距離を置いて疎遠になることを求めているわけではない。 WHOは、保健当局が感染拡大を封じ込めるために物理的に人と接触する頻度の制限を勧めている場合でも、電子メール、ソーシャルメディア、ビデオ会議、電話を介して人とのつながりを維持できるとする。 感染拡大でストレスや孤立を感じがちな時には、とくに人とのつながりで、体と心の健康を維持することが重要だ。 WHO神戸センターで翻訳を手がける健康危機管理担当の茅野龍馬医官は「人と人との物理的な距離を維持することは感染予防のために極めて重要であるが、心理社会的な健康(精神的健康)のために、社会的孤立を避け、SNSや電話などさまざまな手段で人と人とのつながりを維持することが推奨されている」と話している。 ソーシャル(フィジカル)ディ….

次の

「ソーシャル・ディスタンシング対策」で安心・安全の営業を|デコラティブシステム

ソーシャル ディス ダンシング

2つの単語はどのように意味が異なるのでしょうか? アメリカ政府機関における具体例 もしこれらの言葉を新型コロナウイルス感染症拡大の防止の文脈で使うならば、両者の意味は同じであると考えられます。 アメリカの政府機関の方がそれぞれの認証済みTwitterアカウントで、「ソーシャルディスタンシング」と「フィジカルディスタンシング」を人と人の距離を約2mあけることに使われています。 ソーシャルディスタンシングの例 ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策タスクフォースのメンバーが、 感染症を封じ込めるために、人と人との距離をあけることがなぜ重要かを説明します。 — アメリカ大使館 usembassytokyo フィジカルディスタンシングの例 🗣️ Masks are not a substitute for physical distancing. When you are out for essential needs, we believe a face covering would be an additive, but it does NOT replace the need to stay at home and physically distance ourselves. — Office of the Governor of California CAgovernor ただし公衆衛生の観点から離れて使うことになると、意味が異なってきます。 ソーシャルディスタンシングは「社会的距離をとること」を指すのに対し、「フィジカルディスタンシング」は「物理的距離をとること」を指します。 「ソーシャルディスタンシング」よりも「フィジカルディスタンシング」 前者は任意のコミュニティや集団(地域・職能団体・人種・宗教など)から心理的な距離をとることを指すのに対して、後者は客観的な数値などにもとづき「単に離れていること」を指します。 個人的には新型コロナウイルス感染症が収束したあとに国民全体で公衆衛生を総括するときには、「フィジカルディスタンシング」という表現を用いた方が良いと考えます。

次の

ソーシャルディスタンシング 重要なのは「物理的距離」:朝日新聞デジタル

ソーシャル ディス ダンシング

外出禁止令が出されているイギリスで、近所の人たちと社会的距離を保ちながらダンスをするコミュニティーがちょっとした話題となっています。 Socially distant dancing happens every day on our road at 11am during. This was day seven. フィットネスインストラクターの指導のもと、毎日10分間のダンスクラスとなっている模様。 同居している家族同士は近距離でダンスをしていますが、他人とは必ず2メートル以上離れてダンスすることになっています。 SNS上には賛否入り混じったコメントが集まっています。 ・このエリアに引っ越したいな ・違法でしょ、これ。 逮捕されたりしないの? ・批判している人は過剰反応しすぎじゃない ・(社会的距離を意味するソーシャル・ディスタンシングではなく)ソーシャル・ディスダンシングね ・ウチの近所なら警察呼ばれるよ ・文句言ってる人たちは羨ましいだけでしょ ・1日10分だけ外の空気吸いながら体動かして何が悪い? ・地域の絆が感じられるね、いい住民が多い地域なんだろうな ・僕が住んでる地域でもやって欲しいな ・私の住んでるところだと4~5人しか住人がいないからかなり寂しいダンスレッスンになりそう ・素晴らしいアイデアよね 家にこもってばかりだと運動不足になりがちですからね。 日本でも高齢者の2次健康被害が危惧されていますが、屋外で社会的距離をきちんと保ちながら運動すれば、フィジカル面だけでなくメンタル面でも健康を維持できるのではないでしょうか。 もちろん、専門家の指導・管理が必須ですけどね。

次の