ピクシスメガ。 ピクシスメガ(トヨタ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

トヨタからピクシスメガが登場!ウェイクとの違いはどこに?

ピクシスメガ

概要 子会社のから供給を受けて販売されているトヨタブランドの「ピクシス」シリーズの第4弾で、軽乗用車はベースの「」、ベースの軽()「」に次いで3車種目で、をベースにした全高1,835mmのスーパーハイトールタイプの軽トールワゴンである。 ちなみに車高に関してはピクシスシリーズの軽乗用車で最大であり、また車両重量に関してもシリーズ全般で最重である。 2017年1月を以って終売となったピクシススペースや後に発売された同様に、(旧・富士重工業)へのOEM供給モデルはない。 グレード構成・装備内容・ボディカラー・車両本体価格はウェイクと共通。 エンブレム類が異なっており、ウェイクでは専用のフロントエンブレムが与えられているのに対し、ピクシスメガはフロントエンブレムの場所が黒基調となり、その中にリアと同じトヨタCIのエンブレムが組み込まれている(その為、ウェイクのフロントエンブレムの痕跡が枠としてそのまま残ることとなる)。 また、リアに装着されている車名エンブレムはウェイクの右下に対し、左下に配置されている。 2016年5月17日 一部改良。 同日に一部改良されたウェイクに準じたもので、衝突回避支援システム「」装備車は機能の作動速度域拡大、衝突警報機能の歩行者検知の追加、の追加などを行った「スマートアシストII」に変更。 外観はバンパーガーニッシュ(フロント・リア)をボディ同色に変更するとともに、フロントのフードガーニッシュの意匠も変更し、初期モデルにあったウェイクのフロントエンブレムの痕跡が無くなった。 なお、グレードによりフードガーニッシュの意匠が異なり、「D」系と「L」系グレードはブラック、ターボ車はメッキとなる。 また、全車にヒルホールドシステムとワンタッチターンシグナル機能(を途中まで動かして離すと方向指示灯が3回点灯する機能)付方向指示スイッチを標準装備した。 ボディカラーは「フェスタイエロー」を廃止する替わりに新色の「フレッシュグリーンメタリック」と「ミストブルーマイカメタリック」を追加して9色に、ホワイトルーフとの2トーンカラーのバリエーションも同様に「フェスタイエロー」を廃止する替わりに「ブルーマイカメタリック」と新色2色の計3色を追加して5色にそれぞれ拡大した。 グレード構成も見直され、既存グレードは「L」系グレードを「L"SA"」から改名した「L"SA II"」に、ターボ車は「G"SA"」から改名した「Gターボ"SA II"」にそれぞれ集約するとともに、防水素材のイージーケアフロアや固定フックなどを装備した「L レジャーエディション"SA II"」、「Gターボ レジャーエディション"SA II"」を追加した。 2017年12月12日 一部改良。 (2018年1月8日発売) 同年11月30日に一部改良されたウェイクに準じたもので、衝突回避支援システム「スマートアシストII」に替わり、歩行者も検知対象とする緊急ブレーキ機能や夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなど、先進安全機能を進化させた「スマートアシストIII」に変更(変更に伴い、「SA II」グレードは「SA III」に改名)するとともに、リアコーナーセンサーも装備された。 2020年1月7日 仕様変更。 OEM元のウェイク同様、ボディーカラーの一部整理に伴い、「フレッシュグリーンメタリック」のみ廃止となり、計7色のカラーバリエーションとなった。 2020年5月1日(補足) を除く全ての地域での全車種併売化に伴い、・での取扱地域が全国に拡大された。 車名の由来 MEGA(メガ)とは、「巨大な」を意味する。 2020年4月30日までの取扱店舗• (旧、旧の店舗についてはトヨタモビリティ東京へ統合した2019年4月以降) なお、他の「ピクシス」シリーズ同様、軽自動車市場比率の高い地域で取扱希望のあった、、、、地区(を除く)、を除く地区においては、、を含めた全てのトヨタの販売店での取り扱いとなっていた。 なお、展示については取扱店舗から選定された「ピクシス・ステーション」と呼ばれる一部店舗に限られていた。

次の

ピクシスメガ(トヨタ)の中古車

ピクシスメガ

トヨタは軽自動車を開発・生産していないため、ピクシスメガはトヨタグループであるダイハツ ウェイクのOEMとなっています。 ピクシスメガ 新車の値引き相場 値引き交渉の深さ 値引きの目安 特に値引き交渉をしない ~6万円 競合を絡ませて値引き交渉 9~12万円 限界値引き交渉・オプション多数 15~20万円 ピクシスメガ 値引き難易度:B (A:甘い ~ E:厳しい) ダイハツがタントで開拓したスーパーハイトワゴン市場。 軽自動車にスライドドアを採用するとともに、それまで市場の中心となっていたスズキ ワゴンRなどのハイトワゴンよりもさらに車高を上げ、後席に子供が立ったまま乗車し、着替えが出来るなど子育て夫婦を中心に人気となりました。 トヨタ ピクシスメガ 「ピクシスメガの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、ピクシスメガの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、 買換え全体では損をする事になります。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 ピクシスメガを見に行って 下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 ピクシスメガのグレード選び ピクシスメガのグレード構成 トヨタピクシスメガ 装備を簡略化した最廉価モデルの「D」、お買い得な中間グレードの「L」、ターボエンジンを搭載した上級グレードの「Gターボ」があります。 姉妹車となるダイハツ ウェイクとグレード構成、販売価格が同じになっています。 ピクシスメガのパワートレイン エンジンは660cc直3で、自然吸気、インタークーラーターボの2種類があります。 価格の安い「L」と「D」が自然吸気エンジン、「Gターボ」がターボとなっています。 4WDは「D」を除くグレードに設定されています。 トランスミッションはCVTのみで、マニュアルトランスミッションの設定はありません。 価格差は37万円となっています。 競合車種とポイントは以下の通りです。 ダイハツ ウェイク 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の

ピクシスメガ(トヨタ)の中古車

ピクシスメガ

トヨタは軽自動車を開発・生産していないため、ピクシスメガはトヨタグループであるダイハツ ウェイクのOEMとなっています。 ピクシスメガ 新車の値引き相場 値引き交渉の深さ 値引きの目安 特に値引き交渉をしない ~6万円 競合を絡ませて値引き交渉 9~12万円 限界値引き交渉・オプション多数 15~20万円 ピクシスメガ 値引き難易度:B (A:甘い ~ E:厳しい) ダイハツがタントで開拓したスーパーハイトワゴン市場。 軽自動車にスライドドアを採用するとともに、それまで市場の中心となっていたスズキ ワゴンRなどのハイトワゴンよりもさらに車高を上げ、後席に子供が立ったまま乗車し、着替えが出来るなど子育て夫婦を中心に人気となりました。 トヨタ ピクシスメガ 「ピクシスメガの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、ピクシスメガの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、 買換え全体では損をする事になります。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 ピクシスメガを見に行って 下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 ピクシスメガのグレード選び ピクシスメガのグレード構成 トヨタピクシスメガ 装備を簡略化した最廉価モデルの「D」、お買い得な中間グレードの「L」、ターボエンジンを搭載した上級グレードの「Gターボ」があります。 姉妹車となるダイハツ ウェイクとグレード構成、販売価格が同じになっています。 ピクシスメガのパワートレイン エンジンは660cc直3で、自然吸気、インタークーラーターボの2種類があります。 価格の安い「L」と「D」が自然吸気エンジン、「Gターボ」がターボとなっています。 4WDは「D」を除くグレードに設定されています。 トランスミッションはCVTのみで、マニュアルトランスミッションの設定はありません。 価格差は37万円となっています。 競合車種とポイントは以下の通りです。 ダイハツ ウェイク 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の