解離 性 同一 性 障害。 解離性同一性障害(多重人格障害)

解離性同一性障害(多重人格)ってどういった症状?治療方法は?

解離 性 同一 性 障害

とは本来、連続しているはずの記憶や感覚、人格などに空白の部分があらわれてしまう疾患です。 原因は多岐に渡りますが、その多くはストレスが関係しているとされています。 そもそも解離性障害とはどのような症状を伴うのでしょうか。 解離性障害の原因、症状、またご家族や周りの方々ができるサポートについて、岡山県精神科医療センターの耕野敏樹(こうのとしき)先生にお話を伺いました。 解離性障害とは? は本来連続した記憶や意識、人格が不連続となり、空白の部分が存在している状態です。 人々は記憶や意識、人格とは本来何らかの形で統合されて、ひとつの連続した状態にあると仮定しながら生活を送っています。 この連続していない、あるいは統合されていない、空白の部分を 解離現象といいます。 解離性障害は主に思春期以降の方が診断されます。 小さい子でもつらい状況になった際に記憶を忘れることや、普段の自分とは違う自分を出すことで周囲に心配して貰おうとすることがありますが、通常例え非日常的な体験をしたとしても、何らかの形でそれまでの体験と統合され、連続性を持って理解されると考えられるため、年をとるにつれこういった乖離するという傾向は和らぎます。 そのため解離性障害と診断されるのは、その状態が思春期や成人後もみられ、それが日常生活や社会生活上明らかな支障を来すようになった場合です。 記憶や意識、人格は連続している 問題解決に対して柔軟性を失う 成人や思春期に解離症状が続くと、日々の生活のあらゆる問題解決に対して柔軟性を失ってしまう結果になります。 そのため、日常生活のなかで周りから違和感を覚えられたり、奇異にとられることになります。 たとえば自分自身のなかでは問題解決のために行っていた行動も解離現象が原因で、周囲の人々に違和感を与えてしまい、集団から孤立してしまう悪循環におちいる患者さんもいます。 解離性障害の原因とは? 強いストレスが原因 の発症にはその人個人にとって、強いストレスが関係しています。 解離性障害を引き起こす原因の一例は下記のとおりです。 <解離性障害の原因>• 幼少期から過酷な状況にいる• 会社や学校の人間関係でつらい経験をしている• 命の危機にさらされた経験がある など しかし、ストレスの感じ方は人によってそれぞれ異なります。 つまり、その人個人にとって、というところがポイントになります。 同じ境遇だからみんなが解離性障害になるとはいい切れません。 上記で挙げた原因はあくまで一例であり、実際にはさまざまなことが解離性障害の原因となります。 場合によっては解離現症という心理的な現象に見える状態も、背景に脳という臓器の障害が隠れている場合もありますので、同じ状態が続くような場合には専門の医療機関できちんと検査を受ける必要が生じる場合もあります。 幼少時の過酷な状況とは? 幼少時の過酷な状況とは、たとえば、両親が厳しかったり、特定の大人から暴力を受けたりすることのある環境をいいます。 このような環境のなかで対人関係に生じる問題の解決策を身に着けていく内に、なかには解離現象という特殊な方法を日常的に用いるようになるという場合もあります。 これにも個人差があり、例え同じような環境にいても(実際には同じ環境というのは実現不可能なことですが)解離性障害を発症しない方もいるので、科学的にいえば、一概に原因であるとはいい切れません。 会社や学校での強いストレス 会社や学校での強いストレスとは、人間関係のこじれやいじめなどです。 威圧的な上司がいる、いじめを受けているなど、会社や学校での強いストレスも原因は多岐に渡ります。 繰り返しになりますが、ストレスの捉え方、感じ方には個人差が大きいため、あくまでその人にとってどうであったかということが大切になります。 命の危険にさらされる経験 自分が交通事故などに巻き込まれ、重体になる経験です。 また、目の前で家族や友人が亡くなる経験をしている方は後述する トラウマが解離性障害のひとつの原因となる可能性もあります。 こうした場合では、受傷後数ヶ月は何らかのストレス反応が生じることは誰にでもあることです。 ただし、そのなかで起こった解離現象が、その後も長く見られるような場合には治療が必要になることもあります。 トラウマ(心的外傷)が解離性障害の原因になる? 解離性障害の間接的な原因になる トラウマ(心的)とは死を予感するような体験をした際に、その記憶をその後も鮮明に思い出すことをいいます。 ここでいう記憶には、単なる情報だけでなく、その時に経験した感情や事態の切迫感もリアルに伴う形で想起することを指しています。 ここまで説明してきたように、とはある種の心理学的現象が主になって生活への障害を引き起こした場合を想定した疾患名ですので、トラウマが直接的な原因となって発症するものだということは言い切ることはできません。 その一方で、トラウマの原因となった体験と似たような状況に直面したときに、そのトラウマ体験を思い出してしまう方が、そのような状況に陥った際に解離現象でその状況を乗り切ろうとしている場合にはトラウマが解離性障害の直接的な原因となります。 解離性障害の症状は? 健忘や人格障害など 前述した意識や記憶、人格の空白の部分である解離現象が起こると、主に人格障害や解離性健忘、離人症(りじんしょう)の症状がみられます。 ここではひとつひとつの症状について簡単にご説明します。 人格障害とは? 人格障害とは患者さん本人によって、それは自分の本来の人格とは異なった人格だと認識しているような人格傾向があらわれ、それが日常生活に大きな影響を及ぼしてしまう、という症状です。 たとえば、急に怒りっぽくなる、急に子どもっぽくなるなど、患者さんによって多彩な症状がみられます。 患者さんによって、自分のなかに複数人格があることを自覚している場合とそうでない場合とがあります。 複数人格があることを自覚している患者さんのなかには、人格にそれぞれ名前をつけているという場合もあります。 一方で、ほかの人格が存在していることを自覚していない患者さんの場合、ほかの人格が出ているときの記憶や意識が抜けているように認識することになります。 解離性健忘とは? ご本人にとって人生で経験したことのないような堪え難い体験をした場合に、その前後の記憶が想起できなくなるという現象が起こることがあります。 健忘の度合いは患者さんによってさまざまです。 まれに自分の名前もわからなくなってしまい、警察などに保護されて発見されるような場合もあります。 名前や年齢などのすべてのことを忘れている状態を 全生活史健忘(ぜんせいかつしけんぼう)といいます。 <全生活史健忘の症状>• 自分の名前や年齢を忘れる• 家族のことを忘れる• 自分が今まで体験したすべてを忘れる など 全生活史健忘では今までの自分のことのみならず、家族や友人など、自分に関わることすべてを忘れてしまいます。 離人症とは? 離人症は自分が自分であるという感覚が途絶え、まるで外側から自分をみているように感じるような体験をすることです。 たとえば話をしているときに、自分が勝手に話をしているような感覚になる場合です。 この現象はに罹患していない健常な方でもときどきみられることがあります。 しかし、解離性障害の患者さんではこの症状が頻発して、その違和感から生活に支障をきたしている状態です。 離人症とはどのような感覚? 解離性障害では体にも症状が出ることがある? 体が動かなくなることもある では、からだが動かなくなることもあります。 また、なかにはのように、ピクピクと手が動くことやけいれんを認める患者さんもいます。 これを 解離性けいれんといいます。 通常てんかんは脳の異常による疾患ですが、解離性てんかんの場合は脳に異常は認められません。 寒暖差を感じにくくなる場合や怪我が増えることもある 解離性障害の症状がひどくなると、感覚の不連続が多くなります。 感覚が不連続になると、寒暖差や痛みを感じにくくなることがあります。 たとえば、意識や記憶が解離現象によって途切れている際に怪我をすると、患者さんは身に覚えのない怪我をしたことになります。 解離性障害では自傷行為をしてしまうことも 解離症状に対する対処スキルとして行う場合がある 自傷行為とは自分の意志で自分の体を傷つける行為です。 の患者さんのなかには、意識や記憶、感覚の連続性を取り戻そうとする試みとして自傷行為をする方もいます。 しかし、解離性障害の患者さんを含め精神疾患の患者さんすべてが自傷行為をするわけではありません。 解離性障害の治療はなにを行う? 薬物療法や面談 の治療では、まずは患者さんやその家族との面談を行います。 詳しく聞き取るなかで何らかの生物学的な問題が確認されるなど、症状への対処が面談では間に合わないような場合に薬物療法が選択される場合もあります。 解離性障害に有効な薬剤はないため、薬物への心理的依存に配慮しながら、薬物療法はあくまで二次的な症状や被害に対して使用します。 <解離性障害の二次的な症状>• 興奮などの情動コントロールの問題• 抑うつ など たとえば解離現象が続き、眠れなくなることや、興奮してしまい周囲の人間関係を壊してしまうことがあります。 このような二次的な症状を緩和させるために、薬物療法を行います。 また解離性障害の患者さんのなかには、抑うつ症状を持っている方もいるため抗うつ剤を一時的に使用するような場合もあります。 解離性障害の面談ではどのようなことを聞く? 大切なことは解離性障害が現在の生活場面で具体的にどのような形で支障をきたしているか、また客観的に判断して将来どのような問題が生じてくると考えられるかをまずしっかり話し合うことが大切になります。 早急に問題の解決が必要となるような問題があるような場合(重要な人間関係の破綻、経済的な問題、生命に関わるような問題)には入院も含め検討が必要となります。 治療全体を通じて大切になることは、そうするなかで相談することの出来る人との関係性を体験していくことや、人に相談することに慣れていくことです。 解離性障害の治療では同じ病院に通う? 同じ病院に通うことが症状改善につながる の治療では同じ病院に定期的に通うことが、治療のひとつになり、症状改善につながります。 なぜなら患者さんの症状の連続性や不連続を確認して、その方の全体像を知る必要があるからです。 同じ病院に解離現象が酷いときにのみ通院するのではなく、体調がよいときも通院することで、医師が患者さんの症状の連続性を持ってみることができます。 治療期間を決める 解離性障害の治療のためには通院する日時や一般的な通院頻度や面接時間を設定し、それに沿って通院するということに慣れていくことが大切です。 ここまでにも述べたように、解離性障害の治療では相談するという対人関係のあり方を体験すること、また同じ病院にきちんと通うことが症状改善のために必要だからです。 たとえば月に何回通院するか、1日に何分の診察を受けるかなど、その病院の一般的な通院頻度を基に決めていきます。 その治療期間を決めたら、緊急で対応する問題の有無を確認しながら、症状の良し悪しに関わらず通院する習慣を練習していきます。 主治医とあまり合わないときは病院をかえてもよい? 解離性障害の治療では医師と患者さんの間で信頼関係を築いていくことも必要になってきます。 その過程のなかでは不信感を抱いたり、ネガティブな印象を抱くような場合もお互い生じる可能性があります。 もちろん場合によっては主治医や病院を変えることが必要な場合もありますが、主治医のよいところや悪いところを認識することも大切です。 問題解決のために地域との連携も 警察や保健師の方との連携 の治療には、症状の緩和や軽減のほかに問題解決が必要です。 問題の程度にもよりますが、病院だけでは解決できないことがあるという認識は大切です。 経済的な問題や育児の問題など、人が抱える問題で社会の協力が必要な問題はたくさんあります。 その場合には地域の保健師さんに相談することや、警察の協力を仰ぐことが必要です。 もちろんそれ以外のさまざまな機関との連携も必要となります。 その各機関との連携発信の役割は病院が担います。 解離性障害では周りのサポートが重要になる 患者さんの味方になってあげる の患者さんは、誰にも助けてもらえないと思う方や孤独感を抱いている方がいます。 家族や周りの方々は、患者さんの意見や責任を尊重しながら、患者さんの味方になり、協力してあげることが重要です。 その際にはサポートする側が一方的にすべてのことに対して協力するのではなく、患者さんの意思決定や責任の裁量に配慮しながら「 ここからここまでは協力しよう」と患者さんと一緒に決めていくようにすることが大切です。 その旨を患者さんにきちんと伝えて、お互いに感情を鎮めて穏やかなサポートすることが大切です。 その方がどのような人物だったかを理解する 解離性障害のサポートでは解離現象に注目するよりも、患者さん本人がどのような人となりだったかを理解することがよいと考えます。 解離現象によって空白の時間があると、患者さんご自身も周囲の方々も、患者さんがそれまでどのような生活を送っていたかを見失ってしまいます。 その方が自分をどのような人物だったか再発見できるよう、周囲が手助けすることにとても意味があります。 解離性障害は克服できる? 克服は可能 患者さん本人のペースになりますが、は克服することが可能です。 しかし、通院や薬物療法ですぐに克服できるわけではありません。 治療を開始したら、まずは解離現象と共に過ごす日常生活を大切にしていくことを目標にし、周りのサポートを受けながら病気の克服を目指しましょう。

次の

解離性同一性障害

解離 性 同一 性 障害

広汎性発達障害の人で解離性同一障害を発症した人は基本人格以外にどんな人格が出てくるのでしょうか? 出てくる人格全て「感情を実感できない、感情に配慮した言動がとれない」タイプの人格が出るのでしょうか? 「感情を実感できる、感情に配慮した言動がとれる」タイプの人格が出てくることは無いのでしょうか? もし出てくるのなら広汎性発達障害の人でも感情を実感する能力が完全に無い訳ではなくて脳のどこかにその機能が存在している、起動してないだけではないでしょうか? 感情を実感する能力が一切無いのが広汎性発達障害なわけですがもし解離性同一障害も発症して「感情を実感できる、感情に配慮した言動がとれる」タイプの人格が出てくるのならば広汎性発達障害の人の感情を実感する能力を呼び起こすことがもしかしたらできるのではないでしょうか?治療の糸口になったりはしないでしょうか? >感情を実感する能力が一切無いのが広汎性発達障害なわけですが 前提が間違っていますので、それ以降の思考は誤りになります。 広汎性発達障害では、物事の捉え方や、感情の表出の仕方など他者とのかかわり方の面で、多くの方々と異なった側面を持っている場合があり、そのことから感情を持たないかのように誤解しれてしまうこともあり得ます。 しかし実際に豊かな感情を持っている方々も多く存在します。 実際に芸術家・作家などで成功している方もいらっしゃいます。 いわゆる「空気を読む」ことに苦手意識を持つ方は多めかもしれません。 だからといって、多くの方と同じ感情を同じ時期に表出しないということが、内面に感情を実感する能力に欠けることを意味してはいないのです。 かえって、多数の方々よりも感情が鋭敏で豊かであるが故に、自己を守るために鎧のように周囲に感情の壁を築いてしまう方もあります。 多くの方々の表出するしぐさ、言葉遣いを基準として、広汎性発達障害の方の表に出ている行動・発言などを判断してしまうと、多くの誤りを含んでしまうことでしょう。 Q 現在19歳の息子は、高校3年生の時、執拗ないじめによって、解離性同一性障害になりました。 屈託のない笑顔の奥に、病気になってしまうほどの辛いことを隠していたなんて。 息子にちゃんと目を向け、気付いて守ってあげれなかった親の責任であると、深く反省しています。 息子も、まさか自分がこんなふうになってしまうとは、思わなかったと言っています。 人格が変わると、口調も変わり、普段はお母さんと呼ぶ私を、ゴミ、犯罪者、加害者、悪魔など、耳をふさぎたくなるような罵声を浴びせてきます。 私がそんな時、息子に何を言ってあげればいいのかがわかりません。 いつもは、刺激しないようにしてはいますが、私を親だと思わない他の人格に対しての対応に、困っています。 それから、愛知、静岡、岐阜県内で、解離性同一性障害の専門医の方をご存じでしたら、是非、教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私は高機能広汎性発達障害の当事者 既に成人 です。 既に有益なご回答がなされているようですので、当事者の視点を少々…。 横槍を入れるようで申し訳ありません。 診断は児童精神科を標榜する診療科で行なわれ、以後、発達障害者支援センターや自閉症協会、18歳未満であれば学校も交えて、療育を行なってゆくのが基本です。 具体的な療育方法としては、最近ではABAやTEACCHなどが主流になってきていますよね。 2つ目は、 お子さんはASということですので それら療育が少しでも早期に適切に開始されれば、かなりの高確率で社会に適応できる可能性がある訳ですが、如何だったのでしょうか。 もし療育に不具合があった時には、その二次的障害として、様々な精神的障害を併発することがあるようです。 そこで先ずは、ASを診ていただいている医師にご相談なさるのが良いかもしれません。 ASの主治医がいない場合は、お住まいの地域にある発達障害者支援センターで解離性障害も含めた教育相談を持ち込み、専門医をご紹介いただいたり療育計画を作成していただくのが良いでしょう。 なお参考までに、解離性障害を診られる医師は少なくないと思いますが、18歳以上の発達障害も含めてという話になると少ないと思います。 発達障害の方に主眼をおいていうならば、岐阜大学医学部の付属病院精神科は、18歳以上の発達障害も診られる医師 専門医 がいらっしゃいますよ。 私は高機能広汎性発達障害の当事者 既に成人 です。 既に有益なご回答がなされているようですので、当事者の視点を少々…。 横槍を入れるようで申し訳ありません。 診断は児童精神科を標榜する診療科で行なわれ、以後、発達障害者支援センターや自閉症協会、18歳未満であれば学校も交えて、療育を行なっ...

次の

解離性障害の特徴と症状

解離 性 同一 性 障害

気になるところから読む• 健康な人の記憶の状態 普通、わたしたちは、ひとりの人間として、幼少期から現在に至るまで、一貫した記憶を持って生活しています。 簡単な図にすると、こんな感じ。 では、【解離性障害】の場合の記憶の状態はどうなるのでしょうか? 解離性障害が生じると起きる記憶の障害とは? 【解離性障害】があるとこのように、記憶の中に、部分的に「空白期間」が生じます。 そのため、「自分が、ひとりの人間としてまとまりがある感覚」が弱くなったり、失われてしまったりします。 この 「まとまり感覚の欠如」を【解離】と言います。 解離性健忘(かいりせい けんぼう) 【解離性健忘】というのは、心的ストレスを受けた前後の記憶が抜け落ちてしまっている状態です。 事故や災害にあった時などに生じ、強いショックから自分を守ろうとする心の「エアーバッグ」の役割をします。 大抵は、数日中に記憶が戻ると言われています。 解離性遁走(かいりせい とんそう) 【解離性遁走】は、ショックな出来事から身を守る【解離性健忘】とはだいぶ異なる理由から生じます。 それは、現在生きている中で、 あまりにもストレスが強く、自分らしさを抑圧してしまっているため、心が一時的に「強制終了・リスタート」をしてしまう状態です。 「遁走」とついているののでお気づきかもしれませんが、気づいたら、全く縁もゆかりもない場所にいたり、時には以前の記憶を失ったまま、別の人格として長く生きていくということもあります。 何か、ミステリー小説やサスペンスドラマのようですが、 「これまで生きてきた全ての記憶をなくしてしまわなければ生きていけないほどに強いストレス・抑圧があり、自分の意思では改善ができなかった」状態であり、とても苦しく辛い状態です。 解離性同一障害 いわゆる 「多重人格」のことを指します。 人は、 極度のストレスに晒されると、自分の経験をまとまりのある一人の人格の中に統合できなくなってしまいます。 ひとりの人間の中に複数の人格が作られ、日々の記憶については、記憶の空白が生じます。 この人格たちは、本人の心の中にあった「生きられなかった(抑圧されてしまった)自分たち」です。 解離性同一性障害の人の中に複数現れる人格のことを 「交代人格」と呼びます。 交代人格は、普段の本人とは年齢や性別性格などが大きく違い、趣味や嗜好までもが異なることが特徴です。 また、解離性同一性障害の方は、交代人格が出ているときは記憶を失っていることが多いと言われます。 身の覚えのない服装や行動から、他者から指摘されてクリニックや相談機関を受診される方もいらっしゃいます。 ただ、本来、 誰の心にも、このような様々で相反する性質は存在してはいるのです。 健康な時であれば、腹が立って「怒りっぽい自分」になったり、時に「心細くて誰かに慰めてもらいたい甘えん坊な自分」になったりしても、ひとりの自分として感じたり、記憶しておくことができますよね。 しかし、「わたしというひとつの器(自己)」が育っていないときに強いストレス(例えば親からの虐待)を受けた時に、自分が「割れて」しまうと【解離性同一性障害】となるのです。 (解離性同一性障害を発症する方は、小児期に強い虐待を受けていることが多いと言われています。 ) 離人症 外界から切り離されているように感じられる状態を指します。 現実感がなく、夢の中にいるよう・ガラスの向こうにいるように感じます。 生命感・色彩感がなくなり、 ものの見え方や聞こえ方が変化します。 例えば、物が平板に見えたり、逆にとても明瞭に見えたりします。 また、対象物が歪んで見えたり、とても明確に・またはぼやけて見えていて、 「まるでロボットになったよう」と表現される方もおられます。 音も、よく聞こえたり、逆によく聞こえなかったりし、 時間感覚の欠如が生じる場合もあります。 上の図を、最初に紹介した「健康な人」と比べてみましょう。 離人症の方は、 心の多くの部分が「凍っていて」普通に動かすことのできる範囲が狭くなってしまうことがお分かりになるでしょうか。 実際に、解離が生じていると、 物事を感じる力や考える力が落ちてしまったり、日常のことや勉強など何も覚えられなくなってしまったりして、まるで「生きていないか」のように感じさせられることがよくあります。 また、本人は、 辛いことがあって誰かに相談しているのに、話を聞いた人には「すごく辛そうな内容」と「本人の淡々として様子」にギャップがあって、理解してもらえなかったりすることも多いです。 解離性障害の原因は? 【解離性障害】は、圧倒的なストレスやトラウマが引き金となって発症します。 それは、心が自分を守ろうとしていることなのです。 また、この働きは、 脳が緊急事態と判断して自動操業している状態なので、本人が意図して(例えば、得をしようとしてわざと)できることではありません。 【解離性障害】の治療 解離性障害はどのようにして治療すればよいのでしょうか。 理解する必要があるのは 「お薬で解離性障害を治すことはできない」ということです。 まずは、 脳が緊急事態を解除できるような支援が求められます。 具体的には、虐待がある場合などは安全な環境に物理的に移ることが必要ですし、事故や災害、大切な人を失ったショックなどの場合でも、その人が安心して過ごせる環境を確保することが第一です。 脳が緊急事態を解除すると、一時的に情緒不安定が増大して病状が悪くなったように感じられるかもしれません。 そのため、医療機関でのお薬の治療が必要なことがあります。 その上で、本人が信頼できるカウンセラーとのカウンセリングやトラウマケアを行っていくことが解離性障害の治療です。 治療には時間がかかることが多いですが、ゆっくりご本人が「自分」を取り戻していくプロセスを応援していきます。 *解離が何らかの身体・脳の病気によって生じている可能性をチェックするために、ご自分・ご家族に気になることがあるときは、まずは一度、医療機関(精神科・脳神経内科)を受診することをお勧めします。 受診できるかどうか心配なときは、事前にお電話で相談してくださいね。 【解離性障害】まとめ 解離性障害について、まとめました。 なんとなく「重たい病気」とか「心が弱いからなりそう」と誤解されることもありますが、緊急事態を生き延びるための脳の働きによるもので、本人の安全と安心を確保して、信頼できる人間関係を取り戻すことができれば、その人らしい人生を取り戻し・生きていくことができます。

次の