風邪食べ物。 風邪を早く治す食べ物は?

【風邪】や【喘息】で長引く咳に効く食べ物や飲み物をご紹介します!

風邪食べ物

風邪に効果のある食べ物 風邪を引いたら、あなたはどのような対処を行いますか? 薬を飲む、安静にする、しっかり睡眠をとる、病院に行く・・等、方法は色々あります。 勿論、どれも正解です。 しかし一方で、ひどくなるまでは薬は飲みたくないという方や、仕事や学校が忙しくてなかなか休む時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。 そのような時は、風邪を悪化させないよう食べ物を工夫をされてみるのはいかがでしょうか。 今回は、 風邪のひき始めや寒気がするとき、発熱があるとき、咳がひどいときや風邪で胃腸の調子が悪い時に良い食べ物や食事をご紹介します。 それと合わせて、逆に 風邪のときには食べていけないものもご紹介します。 風邪の諸症状に効く食べ物 風邪には様々な症状がありますが、その症状別に効果が高まる食べ物というのがあります。 それでここからは、具体的な風邪の症状と共に食べるとよいとされている食べ物をご紹介したいと思います。 現在風邪を引いている方は勿論、万が一風邪を引いた時には是非参考になさってみて下さい。 風邪のひき始めに効く食べ物 風邪の引き始め、とくに最初の2日間は風邪のウイルスの力が弱いため、この時期を上手に過ごす事が出来れば重症化することなく回復する事が出来ます。 第一には安静ですが、実は食べ物でも風邪を撃退する事が可能です。 しかし、よく風邪を引いたかなと思ったら精のつくものを食べなさいと言いますが、これは間違いです。 消化にたくさんのエネルギーを使う食べ物(肉類など)を食べすぎてしまうと、そこにエネルギーを多く使うため逆に風邪のウイルスと戦う力が少なくなってしまいます。 ですので、なるべく消化のよいものを食べるのがよいそうです。 おかゆ おかゆは、ご飯よりもやわらかいので消化にもよく体も温まるのでお勧めの食べ物です。 疲労回復に効果があるクエン酸の入った梅干しや殺菌作用に優れた長葱を入れると、より効果的です。 煮込みうどん おかゆ同様、消化によく体が温まる食べ物として風邪の引き始めに効果があるのは、煮込みうどんです。 本来、小麦を使った製品はすでに下痢や消化不良を起こしている状態には好ましくないのですが、風邪の引き始めであればまだ消化能力もそれほど落ちていないので、よいでしょう。 野菜やたまごを一緒に煮こむとさらに栄養もアップして効果があると思います。 卵酒 卵酒は日本人にとってとても馴染み深い風邪の撃退方法だと思います。 卵白に含まれるリゾチームという成分が、ウイルスを殺して、粘液の分泌を促す事で痰や鼻づまりを解消し、さらに日本酒が体を温めてくれます。 寒気がする時に体に良い食べ物 寒気がする原因の一つに、季節の変わり目による気温差があります。 冬になると気温が一気に下がるので皮膚の表面温度も下がり、それを察知して体表部分を温めようと血液が集まってきます。 しかし、これにより体の内部の血の巡りは悪くなってしまうので、俗に言う寒気や悪寒を感じるようになります。 にんにく味噌 にんにくには血の巡りをよくする効果があります。 そのため、寒気や悪寒を感じた時ににんにくを食べると冷えた体の内部まで温まり風邪を引かなくて済むというわけです。 しょうが炒飯 寒気がして、服を着こんだり布団に潜ってもなかなか温かくならないのは、体の内部が冷えているからです。 そのような時は体を温めるしょうがを積極的に食べましょう。 ねぎ豚しゃぶ鍋 長葱にも体を温める作用に優れた成分が入っているので、寒気がする時には是非食べたい食材です。 しかし長葱と言えば冷奴やざるそばなどの冷たい食べ物の薬味のイメージも強いですよね。 体を温めるのが目的なので冷奴などは寒気がある時には適した食べものではないので、そのような時は鍋にたっぷりと長葱を入れて豚肉のしゃぶしゃぶと一緒に食べるしゃぶ鍋はいかがでしょうか。 鍋なので長葱の効果を相まって2倍体が温まります。 発熱があるときに良い食べ物 風邪による発熱のメカニズムは、体内に侵入した異物(ウイルス)を免疫機能が感知して、それを退治すべく戦闘態勢に入った事を表します。 以前までは、熱はよくないものとされ解熱剤を使って早めに下げるように考えられていましたが、現在では熱は防御機能の一つとして理解されるようになり、熱の高さそのものよりも全身の症状などを見て、解熱剤を使うかどうかを判断しています。 とは言え、発熱時は体力が奪われ食欲が湧きません。 そのような時には一体何を食べるのがよいのでしょうか。 果物 果物は水分を豊富に含み、また口当たりもさっぱりしているものが多いので、食欲がない場合にでも食べやすい食べ物と言えるでしょう。 特にいちごやみかんなどはビタミンCがたくさん含まれているので、少しずつでも食べるのがよいでしょう。 梅干し 梅干しに含まれるクエン酸が、胃腸の働きを活発にして疲労回復に役立ちます。 熱が出ている状態というのは体の免疫機能がウイルスと必死に戦っている時であり、当然体力も奪われがちです。 その時に梅干しを食べると、体の回復を早め、ウイルスと戦う免疫力をサポートしてくれます。 ゼリー 高熱が出ている時などは、胃腸の動きも弱まり食欲が全くないという状態も珍しくありません。 ですが、そのような時でもつるっとしたのど越しのゼリーなら食べられるという方は以外に多いと思います。 100%のジュースと粉ゼラチンがあればすぐに作れます。 咳がひどいときに効く食べ物 咳は体にとってよくないものを、体外へと排出する働きであるため、出来ればむやみに薬などで止めない方がよいと言われています。 しかし、長く続く咳はそれだけで体力を奪い、風邪を悪化させる要因にもなってしまいます。 そこで、咳に効く食べ物を食べて体の中から少しでも咳の辛さを緩和しましょう。 はちみつ大根 乾いたような咳、痰があまり出なく切れにくいような咳の場合には、大根を食べるとよいと言います。 特に大根は肺の熱も取ってくれるので風邪による咳にはとても効果があると言われています。 ゆず湯 湿り気があり粘着性のある痰を伴う咳が出る時には、みかんの皮を乾燥させた陳皮や、ゆずを食べるとよいとされています。 ゆずを薄くスライスしたものとはちみつを瓶に入れ一晩寝かせたものを、お湯と割ってゆず湯にして飲むと体も温まり、痰が切れやすくなります。 柿のスパイス風味シャーベット 体が発熱した状態で黄緑色がかったような痰が出ている時には、柿がよいでしょう。 柿は肺の乾燥を防いで潤いを与えてくれます。 また、柿は体を冷やす効果があるので熱が高い時には体を内部から冷やしてくれますが、熱はウイルスと戦っている証拠でもあるので、あまり冷し過ぎてもいけません。 そのため、クローブやシナモンといったスパイスを使って、体を冷やしすぎない工夫も大切です。 胃腸の調子が悪く食欲がないときにおススメの食べ物 風邪を引く要因として免疫力の低下がありますが、実はその免疫力の大半は腸が関係していると言われています。 このため、風邪を引くと腸の調子が悪くなったり、腸の調子がおかしいと思ったら風邪を引いたなど、腸と風邪には密接な関係があるとされています。 このように風邪を引くと大抵胃腸の調子も悪くなってしまいますが、そのような時に是非知っておきたいのが下記の食べ物です。 れんこんのポタージュ れんこんには胃を守る働きのあるルチンと、免疫力を上げてくれるビタミンCが豊富に入っているので胃腸の調子がよくない時に食べるのがよいでしょう。 特に生のれんこんをすりおろしたものは栄養価が高く、牛乳や豆乳などで味を整えて温めてスープにすると、胃腸への負担もより和らぎ効果がアップします。 シイタケとニラの中華粥 ニラに含まれる硫化アリルは、下痢、便秘、腹痛といった胃腸に関連したものにとても効果がある成分です。 胃腸の調子を整え、スタミナを増強する働きがある事から、風邪を引いた時に限らず普段から胃腸の調子が優れない方は、常時摂取しておきたい食べ物です。 また、体を温める効果もあります。 湯豆腐 湯豆腐は、食欲がない時にもさっぱりと頂けますし、豆腐によってたんぱく質を補える他、体を温める事も出来ます。 薬味にしょうがや長葱を使えば、さらに風邪を撃退する効果が高まるでしょう。 逆に風邪の時に食べてはいけないものは? 風邪の時に食べるとよいものがあるように、食べてはいけないものもあります。 まず 1つ目は体を冷やすもの。 風邪を引くと喉が渇きやすくなり、また脱水にならないように水分補給も兼ねて、ついつい冷たい物を飲み過ぎてしまいますが、それは胃腸に負担を掛ける事になり兼ねません。 なるべく温かいものを飲むのがよいでしょう。 次に 2つ目は刺激物。 熱すぎるものや辛すぎるものは胃や喉に負担になり、炎症などを引き起こす可能性があります。 気を付けて下さい。 そして 3つ目はこってりとしたものです。 特に肉や揚げ物などは消化に時間が掛かってしまい、余計な体力が奪われてしまうだけではなく胃腸にも負担が掛かってしまいます。 風邪を引いた時は、これらの食べ物をなるべく避け、温かく胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 風邪に効くとされている食べ物は、症状によって実に多岐に渡る事がわかりましたし、またそれがいかに理にかなっているのかという事もご理解頂けたのではないかと思います。 風邪を引いたかも知れない・・、咳や鼻水が出て来たなと感じた時は食べ物にも気を使って、出来るだけ早く治してしまうように心掛けましょう。 風邪の関連記事.

次の

【風邪に効く食べ物の正しい選び方】コンビニで買える物も調べてみた

風邪食べ物

風邪の治し方 風邪を1日でも早く治す方法とは 風邪をひいて病院で薬を早めにもらって飲んでも、その後熱はすぐ下がるものの、 咳が残り、3週間ぐらい止まらないなんてことがあります。 薬はあくまで対処療法で、風邪を治すものではないからです。 では、どうしたら1日でも早く風邪を治すことができるのでしょうか。 体を冷やすと、免疫力が落ちて、風邪をひきやすくなるのです。 体温が低くなると、風邪菌と戦う免疫細胞の働きが弱くなってしまい、 風邪をひいてしまうのです。 風邪をひくと熱が上がるのは、体が風邪菌と戦っている証拠なのですね。 それを薬で無理に熱を下げてしまうと、風邪菌が死滅するのに時間がかかり、 風邪症状が長引くことになるのです。 睡眠時間と免疫力は比例していると言われています。 睡眠不足が続くと、胃腸の調子を崩したり、 風邪をひいたりという経験はないでしょうか。 風邪をひいたときには体が休めのサインを送っていると思って、 早めに寝るようにし、いつもより長めの睡眠を心がけましょう。 風邪と免疫細胞は戦い、体力を消耗しています。 積極的休養をとることで、免疫細胞の回復も早くなり、 風邪の早い回復が期待できます。 免疫力をアップさせるのに、 栄養のあるものを食べることは大切なことですが、 風邪をひいたときには、体が弱っています。 消化に時間のかかるものを食べてしまうと、胃腸が長く活動することになり、 寝ていても内臓が休めていません。 全身の疲れをなるべく早くとることが風邪を治す第一歩です。 風邪の際にはおかゆや、たまご酒、 大根をやわらかく煮たもの。 すりおろしりんごなど消化に良いものを食べましょう。 そして食欲のない時には、無理して食べる必要はありません。 その場合には水分補給だけこまめに摂るようにしましょう。 喉がイガイガ痛いとき、 咳が出るときには、大根をいちょう切りにして、 蜂蜜で3時間程つけたシロップをスプーンに一杯飲むと、 喉の痛みや、咳が早くに治まります。 大根には消炎効果や殺菌効果があり、 蜂蜜は粘膜の保護する働きがあるためです。 またシロップが飲みにくい場合にはお湯割りで飲んでも構いません。 私は喉風邪のとき、薬よりも何よりもこの方法がよく効きました。 以上です。 風邪は薬では治すことはできません。 体の免疫力を上げて、風邪菌に打ち勝つしかないのです。 日頃から風邪を引かない体作りがもっとも大切ですが、 風邪をひいたときには、体を温め、消化の良いものを口にし、 長めの睡眠時間で疲れた体を休めましょう。 関連記事: 関連記事:.

次の

風邪の予防は食事から!風邪予防にオススメレシピ7選

風邪食べ物

風邪を早く治す方法は? 風邪を早く治すに有効な方法は色々あります。 ですが風邪の種類によっては治し方を変えなければ効果がないものもあります。 まず先に、どの風邪にも言えるものだけお伝えします。 それは 絶対に安静にしている事です。 咳一つでも体力は消耗していきます。 ずっと横になって暇だからと言ってテレビや携帯を見続けも体力消費はしているので程々にしましょう。 そして二つ目には 体を温める事です。 風邪の原因は、 ほとんどがウィルス感染で冷えを好むからです。 夏は暑いからと何もしないのは風邪を長引かせる原因となってしまいます。 薄い羽織りをする等などの工夫をするとより早く治す事になります。 そして 三つ目に飲み物にも注意する事。 体が熱いからと冷たい飲み物ばかりを飲むと余計に体が冷えてしまいます。 なるべく温かい飲み物、お茶やしょうが湯などを取り入れてひいた時風邪を治していきましょう。 そして最後にどんな時にでもマスクをする事です。 ウィルスを寄せつけないだけでなく、マスクを付ける事で自分自身の息が加湿変わりになります。 のどの風邪を治す方法は? 喉風邪の時には喋らないのが一番いいと言われいます。 喉が痛い時に長く喋ってしまうと咽頭にウィルスが付着し、より喉を痛めてしまうからです。 じゃあ、ひそひそと話した方がいいの?と思われるるかも知れませんが、これは普段話しをする時に比べエネルギーを使うものなんです。 普段生活するなかで喋らない、喋れないのは苦痛かも知れませんが、暫くの我慢です。 その他にのど飴を舐める方法もあります。 喉の風邪の一番の天敵は、口の乾燥なので飴を舐める常に潤いを与えると良いとされてます。 また首を冷やさないのも重要です。 タオルやマフラー、ネックウォーマなど季節によって使いわけ首元を温めて喉の回復をしていきましょう。 その他に耳鼻科行って受診をすることも早く治すための方法です。 専門の先生なら自分がどのような喉の風邪なのか詳しく教えてもらう事が出来るからです。 喉の風邪と言っても種類は豊富で、私達が判断出来きにくいものもあったりするので素人判断ではなく、きちんと状態を知るうえで早く治す事に専念出来ます。 鼻水の場合は? 鼻水の風邪は風邪の中でも一番厄介です。 鼻水は詰まっていても苦しいし、逆に滝のように溢れ止まる事はなくても息が出来なくて苦しい…嫌な事ばかりです。 鼻が詰まっている場合は、温かいタオルで覆います。 すると血流が流れが良くなり溜まっていた鼻水が落ちてくるようになります。 鼻水が止まない場合は、全部出し切る事です。 辛いといってまたすすってしまうとちくのう症などの原因になってしまいます。 また喉の風邪同様にこちらも耳鼻科に受診すると早く治す事が出来ると言えます。 鼻の奥までは自分自身でどうしても見られないですし、 鼻水を吸ってもらう事も出来ますし、症状によってはネプライザーの処置もしてくれます。 病院へ行く時間もないという方には、 鼻うがいや鼻腔拡張テープなどの方法もあります。 鼻うがいは水、またはお湯に食塩を混ぜる事で痛みが和らぎ、鼻の通りがよくなります。 とても参考になる鼻うがい動画はコレ! やったことのない方は是非参考にしてみてください。 スポンサーリンク お風呂はどうする? 一昔前は風邪を引いたら入るなと言われていました。 余計に風邪を引く、長引く、風習だからと未だに信じる人も多くいるそうですが、それは昔の家の造りだったり、銭湯通いだった時の話です。 今はお風呂に入っても大丈夫です。 お医者さんでも注意はされません。 ただし37. これに当てはまらなければお風呂に入っても大丈夫です。 お風呂に入ってリラックスするのも必要な事です。 ぬるま湯の長湯は風邪を長引かせる原因になります。 あとは湯冷めにも注意です。 冬場には脱衣場にファンヒーターを置くなどして温度差に気をつけて下さい。 栄養ドリンクの効果は? 栄養ドリンの効能効果には、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中後、食欲不振、栄養と書かれている物が多くあるので飲んでも大丈夫だと思いがちです。 ですが薬を服用する際には注意が必要です。 栄養ドリンクにも風邪薬にも『カフェイン』が含まれているからです。 栄養ドリンクには目を覚ます効果に『カフェイン』が、風邪薬には『鎮痛補助剤』とてして含まれていて、寝る前に飲むと寝れないなどの悩みも出て来てしまいます。 また栄養ドリンクにはアルコールの入った物も多く存在します。 風邪薬を一飲んだ場合には肝臓機能も低下し、風邪薬の効果もなくしてしまいます。 風邪薬を服用する場合はノンカフェイン、ノンアルコールの物を選ぶといいでしょう。 不安なら薬局には薬剤師がいるので相談して症状にあった栄養ドリンクを選んでくれます。 あくまでも体力改善と留めて飲むなら栄養ドリンクはより効果的です。 おすすめの食べ物は? ビタミンCが含まれている食材がいいとされています。 ビタミンCには、活性炭素を分解する働きがあり、これにより免疫を高めます。 緑黄色野菜ピーマンやブロッコリー、柑橘類のフルーツはビタミンCを多く含みます。 鼻の風邪にはビタミンAが有効です。 ビタミンAには鼻腔の粘膜を強くする働きがあり、豚肉や鶏肉、または南瓜や人参など緑黄色野菜に多く含まれます。 その他にどくだみ茶や甜茶なども効果的です。 どくだみ茶には毒素の排出、便秘解消、甜茶には抗アレルギー作用があります。 またねぎ、しょうが、ニラなど癖の強い薬味は抗菌作用があるので、どの風邪にも積極的に取り入れて体の回復していきましょう。 夏風邪を早く治すには? 夏風邪は普通の風邪と違いよく長引くと言われています。 主に、 クーラーのあたり過ぎや、室内、屋外の温度差、そして暑くて寝れない寝不足などがあげられます。 その原因は普通の風邪とは違うウィルスが関係しています。 夏風邪のウィルスは高温多湿を好み、アデノウィルス、エンテロウィルスとその名の通り、喉や弱った胃腸の粘膜に付着するのが特徴で、プール病、手足口病、ヘルパンギーナがあげられます。 どれも子供に発症されやすいとされていますが、 このうち手足口病は大人がかかると重症化してしまうので注意が必要です。 夏風邪も普通の風邪と同様で体を休めたり、栄養をとる事が早く治す方法だといえますが、水分補給にはスポーツドリンクを用いるなどして特に気をつけて下さい。 風邪を早く治す方法はコレ!【栄養ドリンクや食べ物は?】 風邪をひかないように予防することが一番効果的ですが、ひいてしまったらすぐに治したいものです。 じっと寝ていることは大切ですが、栄養もしっかりと摂ることがポイントです。 スポンサーリンク.

次の