お金借りるなら 学生。 【元銀行員が解説】大学生がお金を借りる方法を紹介します!

お金を借りるならおすすめは?元消費者金融マンが選んだのはこれだ!

お金借りるなら 学生

学生でも返済できる範囲で借りるのならOK 私は今社会人として働いているのですが、学生時代はアルバイトをしながらカードローンでお金を借りていました。 『お金を借りること』=『悪いこと』 のようなイメージがありますが、実際に借りていた私からすると別に全く悪いことではないと思います。 学生時代って友人との遊びや旅行、学業などにいろいろとお金がかかります。 こういう個人的な出費としては、社会人になった今よりもお金がかかっていたかもしれません。 この出費が両親からの仕送りやアルバイト代だけではどうしてもまかなえない時があるのです。 こういう時はどうするか?といえば、やはり学生でも借りれる金融である「カードローン」で借りるのが1番です。 両親にはこれ以上迷惑はかけたくなかったですし、友人に借りてしまえばそれまでの関係になってしまいそうな気もしますからね。 しかも、友人との遊びや参考書代なんかをあまり我慢しすぎるっていうのもどうかなと思います。 学生の頃って、この時しかできない経験っていうのが山のようにあります。 経験ってお金で買えるものではないですからね。 なので、お金を借りることが悪いことというように勝手に決めつけなくていいのです。 お金を借りるのが何が悪いのか?ということになれば、それは返済できない範囲を借りてしまうということです。 返済できない範囲で借りてしまうと、返せないことになってしまい、金融業者との返済の約束を守れなくなってしまいます。 ですので、必ずアルバイト代などから返済できる範囲内で借りるようにしてください。 で、どこで借りればいいのか?ということになりますが、学生でも借りれる金融業者としてざっくり分けて• 学生専用の学生ローン会社• 消費者金融• 銀行カードローン となります。 ちょっとそれぞれにメリット・デメリットはありますので紹介しておきますね。 その他おすすめのカードローンや、お金を借りる際の基礎知識などもいかに掲載しておきますので目を通しておいてください! 学生専用の学生ローン会社 学生専用の学生ローン会社は、学生の方のみが利用することが出来るローンのことを言います。 高田馬場に多くの学生ローン会社が存在しています。 金融業者からお金を借りることが出来るのは、20歳以上で定期的な収入があるというのが基本的に絶対条件になるのですが、一部の学生ローンの中には18歳・19歳といった未成年の学生でもアルバイトをしていれば借りることが出来るところがあるのです。 この部分が学生ローンを利用する一番のメリットになるでしょう。 他の金融機関では未成年は絶対に借りることが出来ませんから。 未成年でも借りれる一部の学生ローンというのが「カレッヂ」「アイシーローン」「アミーゴ」になります。 デメリットとして、利便性が悪いということがあげられます。 初回の利用の場合は来店での契約が必須となっているところもありますし、追加で借りる時も電話で振込依頼をしたり店舗まで借りに行ったりしないといけません。 こういった利便性の悪さは学生ローンの大きなデメリットになるでしょう。 あと、ちょっと怪しい業者も存在します。 この学生ローン会社大丈夫かな?っていうのもありますので、ちゃんとした登録業者なのかというのは確認しておいたほうが良いでしょう。 利用する前に金融庁の「ス」を利用して確認してみてください。 消費者金融 消費者金融はプロミスやアコムといった、お金を貸すことを本業としている金融会社になります。 消費者金融のメリットとして、お金を貸すことが仕事ですので、スピーディに対応してくれて即日融資なども可能となっていますし、学生専用の学生ローンに比べて利便性がかなり優れています。 ネット上ですべてが完結するWEB完結もある金融業者もあり、これならば郵送物は一切送られてきませんので、郵送物から親にバレるという心配もないでしょう。 また、24時間365日振込キャッシングできる銀行などもありますし、コンビニATMで気軽にキャッシングすることが出来るなど利便性に優れています。 18歳や19歳の方やアルバイトなどの仕事をしていない人は利用できませんが、20歳以上でアルバイトをしていれば審査の上利用することができます。 デメリットとして、金利は上限金利がほとんどの消費者金融で18. 0%程になっていて、それなりに金利は高いということがあげられます。 ですので、ダラダラ借りずになるべく早く返済しておくというのが重要です。 学生が借りれる金融業者として1番おすすめできるのがこの消費者金融になります。 銀行カードローン 銀行もカードローンを発売しているので、お金を借りることができます。 対象者として消費者金融と同じく、20歳以上でアルバイトをしているということが前提となります。 銀行カードローンの1番のメリットは金利が低いということです。 学生ローン、消費者金融に比べて金利が低く設定されています。 銀行カードローンのデメリットとして、申し込みしてから実際にお金を借りるまでに2週間程度の時間がかかるということがあげられます。 お金を借りたい時って急いでいる時が多いので、正直2週間待てるという人は少ないでしょうね。 あと、先ほど金利が低いというメリットを伝えましたが、金利が低いということは審査もかなり厳しくなるということになります。 銀行側からすれば、金利が低いので利益は少ないわけなので、なるべく確実に返済してもらえるであろう人に貸し付ける必要がありますからね。 ちょっと大丈夫かな?という人には貸付が出来ません。 なので、学生の場合審査に通らない可能性が高いです。 いくらぐらいアルバイトで稼いでいるか?とかも審査の際に大事になってきますが、学生の傍らでのアルバイトですから、そんなに高額なアルバイト代はもらえないでしょうからね。 プロミス 学生がお金を借りるのなら消費者金融のプロミスがまずおすすめです。 何故かというとプロミスはWEB完結申し込みが可能となっているのです。 プロミスのWEB完結で利用する条件は、「口座振替による返済」と「カード不要」を選択して申し込みするだけなので誰でも利用することが出来ます。 これならば郵送物はありませんので、郵送物から親にバレるかも?といった心配もしなくても良いでしょう。 また、プロミスは24時間365日振込できる銀行が多いですので、その銀行の口座を持っていればいつでも振込してもらえるという事になります。 土日祝日などでも審査をしているので、休日にお金が必要になったときでも即日融資が可能です。 また、プロミスで初めての契約の方でEメールアドレスを登録して、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面 Web明細 を確認」を選択した方は、初回利用の翌日から30日間無利息で利用することが出来ます。 アコム アコムも学生でも借りれる金融機関として人気の高いカードローンです。 まずは、3つの項目を入力するだけで借り入れ可能かすぐに診断してくれる「3秒診断」というのが用意されているので、まずはこれを利用することにより借入可能かすぐに分かります。 あくまで簡易の審査であり、本審査でどうなるかはわかりませんが、借りれるかどうかのある程度の目安が分かるのはありがたいですね。 プロミスにも無利息期間がありましたが、アコムもアコムを初めて利用する方ならば30日間無利息で利用することが出来ます。 プロミスのようなメールアドレスを登録するとかWeb明細にするとかという条件がなく、初めての方ならだれでも契約日の翌日から30日間無利息で利用することが出来ますよ。 SMBCモビット SMBCモビットも20歳以上でアルバイトをしていれば利用することが出来ます。 SMBCモビットにもWEB完結が用意されていて、SMBCモビットのWEB完結は電話連r無くも無しで契約が完了してしまうのです。 ただ、SMBCモビットのWEB完結を利用するには、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っていなければいけません。 あと、これらの口座にプラスして社会保険証か組合保険証を持っていないといけないという条件があります。 電話連絡も無しというのは、絶対という訳ではなく審査により必要と判断されれば電話連絡も必要となるので注意してください。 でも、電話連絡も無しという可能性があるという事で、ここにメリットを感じる学生で条件を満たすことが出来る方はSMBCモビットに申し込みしてみるのも良いでしょう。 学生が金融機関からいくら借りれるか? 学生の場合いくら借りれるか?ということも疑問に思うと思います。 で、実際いくら借りれるか?ですが、総量規制という法律が導入されたことにより、消費者金融からは年収の3分の1までしか借りれなくなっています。 例えば、月々5万円のアルバイト収入があると年間で60万円になるわけですので、この3分の1である20万円の融資枠になる可能性が高いです。 これ以上借りれるということはなく、審査によってこれよりも少ない可能性もあります。 この20万円という融資枠は、他社からの借り入れに関しても合算されるので、他社で10万円の融資枠のあるカードローンを利用していた場合、今回はの金融会社では10万円ということになります。 月々10万円のアルバイト収入がある場合は、年収で120万円になるわけなので、40万円まで借りれる可能性があるということになりますね。 ですので、いくら借りれるか?というのは自分の年収を計算するとすぐにわかるかと思います。 もちろん審査によって少なくなる可能性はありますけどね。 この年収の3分の1以上借りたいという場合もあると思います。 その場合は、審査に通るかどうかはわかりませんが銀行のカードローンに申し込みしてみるといいでしょう。 なぜかというと銀行カードローンの場合、総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1といった規制はなくなります。 でも、自主規制しているので銀行も基本的に年収の3分の1程度までしか借りれないでしょう。 個人間融資には注意というか絶対に利用しない! 最近学生の方で被害に多くあっているのが、ツイッターや掲示板を利用した個人間融資です。 消費者金融や学生ローンといったのは審査がどうしてもありますし、申し込みに本人確認書類などが必要となってくるため、そういうわずらわしさを省くために個人間融資で簡単に借りようとする学生が増えてきているのです。 どういう風に借りようとするかというと、 どなたか本日1,3万円を来月10日まで融資していただける方いませんか? — Mini ry0169 初めまして。 月一返済で融資して頂ける方おりませんか。 免許証、社会保険証、在籍確認可能です 条件等はご相談でお願い致します。 先振り、資金調達の方には対応しかねます。 よろしくお願い致します。 — kz kz37233374 生活費が少し足りない状況です。 1万円をお借りしたいのですがどなたか貸していただけますでしょうか…。 詐欺等は分かるのでNGでお願いします。 「先振り」とかと書かれているのは、保証料という名目で先に1万円とか3万円とかを振り込ませといて、その後に全く連絡が取れないというものです。 完全な詐欺ですよね・・・。 その他、いつも使っている銀行口座の通帳とキャッシュカードを渡す代わりに融資を受けて、その口座は振り込め詐欺の口座として利用されたり・・・。 あとは、凄く高金利の闇金というパターンも多いです。 あと、女子大生の場合だと、性交渉などを要求してくるということもあります。 裸の写真などを送らされて、それでお金を貸してもらえたけど、その写真をネタに脅してくるというパターンですね。 こんな感じでほぼほぼ詐欺や闇金となっていると思って間違いないです。 貸している人は普通に働いている個人ということもよくあって、個人が高い金利で貸し付けたり、女性との性交渉を目的として貸し付けていることも多いのです。 なので、個人間融資というのは絶対に利用しないようにして下さいね。 学生に限らずお金を借りるのならば、ちゃんとした安心できる業者から借りるというのが重要になります。 親にバレないようにするにはどうすればいいか? 学生がお金を借りる際ですが、出来るだけ親にはバレたくないという人がほとんどでしょうね。 親にバレると怒られるという人もいるでしょうし、お金のことで親に心配をかけたくないという人もいるでしょう。 親にバレなくするために重要なのは「郵送物が届かないようにする」という事なります。 まず、申し込みの際に自分の携帯電話を書いておけば、実家にかかってくるという事はありません。 そもそも親の連絡先は記入するところがありませんので、親の携帯にかかってくるという事もありません。 ですので、気を付けないといけないのは実家暮らしをしている学生の郵送物という事になります。 一人暮らしをしている場合だと、そちらに住所があるわけなので郵送物があってもその一人暮らしの住所に届きます。 たまたま親が来ている時に、郵送物が来たらバレる可能性もありますが、早々はないでしょう。 実家暮らしの方の場合だと、ローンカードや明細書が実家に送られてくるわけなので注意が必要です。 で、郵送物が送られてこないようにするためにですが、まずは契約時に郵送物のないWEB完結で申し込みするという事です。 プロミスとSMBCモビットならばWEB完結が可能です。 ただ、SMBCモビットは条件もありますので、誰もが利用しやすいのがプロミスになります。 アコムの場合はWEB完結という申し込み方法がありませんが、審査通過後にカードを自動契約機まで行けばカードは送られてこないので郵送物はありません。 次に利用し始めてからになりますが、明細書はネットで確認できるように設定しておきましょう。 管理画面にログインして操作すればネット確認に設定することが出来ます。 あとは、滞納した際に督促状などが届きますので、滞納しないようにするという事も重要です。 学生がお金を借りる目的 学生がお金を借りる目的で1番多いのが、「欲しいものがあったが手元のお金が足りなかったため」という理由が多いです。 次に「遊ぶためのお金が足りなかったため」、3番目が「生活費の不足を補うため」というようになっています。 学生時代は欲しいものもたくさんありますよね。 洋服やバイク、車などいろいろと欲しい時期でもあります。 でも、こうった自分が欲しいものの為にお金を借りるのは気を付けなければいけません。 何故かというと、欲しいものって定期的に出てきますよね。 この洋服を購入したらもう欲しいものはしばらくないという人って少ないと思います。 新しい洋服を購入したら、もうすぐに次の洋服が欲しくなっている人が多いと思いますので。 で、欲しいものが出るたびにお金を借りて購入していたら、すぐに限度額いっぱいまで使ってしまうでしょう。 で、返済したことにより利用枠が出来れば、またすぐにその利用枠を使ってしまうという無限のループにはまってしまいます。 限度額がいっぱいになったので、次の学生でも借りれる金融会社で借りようとしたりという人もいるでしょう。 こうなってしまったら返済がかなり大変になってきて、返済できなくなってしまうという恐れもあります。 もちろん、遊ぶためのお金にしても同じことではあるのですが、特にほしいものというのは気を付けたほうが良いでしょうね。 あと、利用目的には「クレジットカードの利用代金支払資金の不足を補うため」という理由もあります。 学生でもクレジットカードは作れるので持っている人は多いでしょうが、そのクレジットカードでショッピングしたのはいいけど、支払いができないのでカードローンで借りるという事ですね。 これも借金の返済のために借金をしている状態になりますので、気を付けなければいけない利用目的となりますね。 審査に通るために重要なこと カードローンの審査に重要なこととして「嘘をつかない」という事があげられます。 学生の場合審査に通りたいからといって、申し込んの段階で嘘を記載してしまう人もいるのです。 どういうことかというと、アルバイトをしていないのに適当なお店を書いてアルバイトをしていることにしたり、未成年なのに20歳という事にして申し込みしたりという事です。 あと、他社借り入れをすでにしているのに、他社買い入れを0にするという人もいます。 アルバイトをしているかどうか?っていうのは、カードローンは基本的に在籍確認がありますのですぐにバレてしまいます。 年齢も本人確認書類の提出は必須なのですぐにバレてしまいます。 他社借り入れ件数なども信用情報を紹介すればすぐに分かることですからね。 嘘をついた時点で、カードローン会社側からすれば不審になってしまい、審査に通らないという事になってしまいます。 ですので、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

次の

学生でも借りれる金融【2020最新】安心できるおすすめのカードローン

お金借りるなら 学生

このページの目次• 銀行系カードローンなら低金利で借りられる 「低金利のカードローンを利用したい」という方におすすめなのが、銀行系カードローン。 プロミスやアコムなどの 消費者金融よりも低金利で借りることができるので、最終的に支払う利息を大幅に抑えることができます。 ちなみに、銀行系カードローンと消費者金融の金利の違いは以下の通り。 パッと見ただけでも金利の違いは明白ですね。 銀行系カードローン 金利 J. Score(ジェイスコア) 0. 8%~12. JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 このように、消費者金融と銀行系カードローンでは、3. 特に 長期的に返済する場合は、少しの金利の違いが支払う利息に大きく影響してくるので、少しでも利息を抑えたい方は、なるべく銀行系カードローンを利用するようにしましょう。 以下では低金利で利用できる銀行系カードローンの中でも、人気のカードローンを紹介しますので、ぜひ検討してみてください。 Score(ジェイスコア) J. Score(ジェイスコア)は、AIスコア・レンディングという最先端の審査方法を採用。 簡単な質問に答えるだけで、 仮審査最短30秒、 最短即日融資が可能です! みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立したので安心感も抜群。 61 人の方が当サイト経由でオリックス銀行カードローンの審査に通りました 即日でお金を借りるなら消費者金融 「今すぐお金を用意しなきゃいけない…」という時に便利なのが、 即日融資に対応した消費者金融の存在。 消費者金融なら担保や保証人がいらないので気軽に利用できますし、申込んだその日にお金を借りることができますよ。 以下では、数ある消費者金融の中でも、特に利用されている人気の消費者金融を紹介するので、お急ぎの方はぜひ検討してみてください。 プロミス プロミスは申込みから 最短60分融資、審査は最短30分なので、お急ぎの方でも安心して利用できる消費者金融です。 初めて借りる際は30日間利息0円!すぐに返済できるなら、 利息を一切払わずにお金を借りることもできます。 学生ローン• 消費者金融• 銀行カードローン ただし、銀行カードローンや消費者金融は、利用条件のひとつに「20歳以上の方」という条件を設けているので、 20歳未満の方は学生ローンの利用を検討しましょう。 学生ローンの中には未成年の方でも利用できる学生ローンもありますし、アルバイト先や親にバレないような配慮をしてくれるケースもあります。 逆に20歳以上の方であれば、消費者金融や銀行カードローンでも利用可能。 とはいえ、借入先によっては学生が利用できないこともあるので注意してください。 プロミス 大手消費者金融のプロミスは、収入さえあれば学生でも借り入れができます。 特に、プロミスは銀行カードローンや学生ローンにはない 「初回30日間利息0円サービス」を使えるのが大きなメリット。 1ヶ月以内の一時的な融資であれば、高額な利息を払わずお金を借りれますよ。 20歳以上でアルバイトをしている学生は、ぜひプロミスの30日間利息0円サービスを活用しましょう!• 職業訓練受講給付金• 求職者支援資金融資制度• 生活福祉資金貸付制度 「職業訓練受講給付金」はその名の通り、無職の方が職業訓練を受けることで得られる給付金。 「それだけだと足りない…」という方を対象に、「求職者支援資金融資制度」があります。 また、ハローワークなどで積極的に仕事を探している方は、「生活福祉資金貸付制度」を使ってお金を借りることも可能です。 「職業訓練受講給付金」や「求職者支援資金融資制度」は、ハローワークから、「生活福祉資金貸付制度」は住んでいる地域の社会福祉協議会で申込むことができます。 専業主婦は銀行カードローンや配偶者貸付 収入がない専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入さえあれば、以下の金融機関からお金を借りることができます。 専業主婦からの申込みに対応している銀行カードローン• 配偶者貸付を採用している消費者金融 ちなみに「 配偶者貸付」とは、配偶者と合わせた収入の3分の1まで借りられる制度のこと。 通常、消費者金融などの貸金業者は、総量規制(年収の3分の1までしか借りられないルール)があるので、収入がない専業主婦の方は利用することができません。 ただ、配偶者貸付を導入している消費者金融なら、自身に収入がなくても配偶者に収入があれば借りられる、という仕組みです。 とはいえ、配偶者貸付を導入している消費者金融はかなり限られるので、「即日融資して欲しい」という事情がない限りは、銀行カードローンを検討することをおすすめします。 年金受給者は年金担保融資 年金受給者の方であれば、その年金を担保にすることで以下の機関からお金を借りることが可能です。 機関名 対象の方 独立行政法人福祉医療機構 国民年金、厚生年金などを受給している方 株式会社日本政策金融公庫 共済年金や厚生年金(共済組合が支給する厚生年金に限る)を受給している方 ただし、 独立行政法人福祉医療機構が行なっている年金担保融資は、2022年3月末に申込み受付を終了することが決まっています。 2022年3月末までは通常通り申込むことができるので、検討している方はなるべく急ぎましょう。 また、上記以外でも、年金受給者向けのカードローンを提供している銀行もあります。 特に地方銀行がよく取り扱っているので、お近くに地方銀行がある方は一度カードローンの内容を確認してみてください。 ベルーナノーティスは高齢者でも申し込みOK ベルーナノーティスは、東証一部上場のベルーナグループが発行するカードローンです。 78歳までの申し込みが可能なので、高齢者でも安定した収入がある方で、審査に通れば融資してもらうことができます。 はじめての利用で14日間利息0円、ATM手数料無料など、使い勝手も良いカードローンとなっています。 84 人の方が当サイト経由でベルーナノーティスの審査に通りました 審査なしでお金を借りられる金融業者はある? 残念ながら、 審査なしでお金を借りられる金融業者は存在しません。 正規の業者では必ず審査を行なっています。 逆に、審査なしで融資しているような業者は違法業者なので、利用しないように注意しましょう。 どうしても審査が不安、審査に通らないなら、中小消費者金融などの審査が甘い金融業者がおすすめです。 中小消費者金融は審査が柔軟 小規模に営業する中小消費者金融は審査が柔軟なので、大手消費者金融の審査に通らなかったときに検討したい選択肢です。 大手ほどの知名度はありませんが、全国からの申込みに対応、業者によっては即日融資にも対応しています。 いつもフリーローン 「いつものフリーローン」は高知県にある㈱K・ライズホールディングスが運営しているキャッシングサービスです。 主婦やアルバイトの方もご自身の免許証だけで申し込みができます。 24時間いつでもスマホやネットから申し込みができるので、「お金がちょっとだけ足りない」という時にも大変便利です!• 142 人の方が当サイト経由でセントラルの審査に通りました 審査に通らないときにお金を借りる手段 いくら審査に通りやすい金融業者でも、審査が行われる以上は、審査に落ちてしまう可能性もあります。 とはいえ、他にお金を借りる方法がないわけではありません。 以下では、「もうどこの審査にも通らない…」という方に向けて、審査なしでお金を借りる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。 質屋で借りる 質屋であれば、担保となる品物の査定額に応じたお金を、審査なしでその場で借りることができます。 査定にかかる時間は大体30分ほどなので、「即日でお金を用意する必要がある」などの事情がある方でも安心ですよ。 ただし、月に3%〜5%ほどの金利がつきますし、返済できないと質流れで預けた品物を手放すことになるので、よく考えてから利用するようにしましょう。 クレジットカードでキャッシング 手持ちのクレジットカードにキャッシング機能がついている場合は、審査なしですぐに借入することが可能です。 ただ、クレジットカードにキャッシング機能がついていない場合は、新たにキャッシング機能をつけるために、審査を受ける必要があるので注意しましょう。 キャッシング付きクレジットカードで人気の高いカードは下記になります! カードを受け取ったらすぐにクレジットカードとしても使えますし、キャッシング機能が使えるので、急に現金が必要になった時も安心。 即日発行にも対応しているので、お急ぎの方にもおすすめです。 5847 人の方が当サイト経由でACマスターカードの審査に通りました 銀行の総合口座で借りる 一般的な銀行で総合口座を開いている人は、定期預金を担保にすることで、普通預金口座に残高がなくてもお金を引き出すことができます。 定期預金口座に一定額預けていることが前提となりますが、この方法なら未成年でも審査なしでお金を借りることができますよ。 当然、普通預金残高はマイナスとなり、その分利息が生じますので、余裕ができたら早めに預入し、マイナスを解消してください。 生命保険で借りる 生命保険に加入している方なら、「生命保険契約者貸付」という制度を使ってお金を借りる選択肢もあります。 ちなみに、「生命保険契約者貸付」とは、解約返戻金を担保にして、保険会社からお金を借りられる制度のことです。 解約返戻金のある(途中解約したときにそれまでに払ったお金の一部が返ってくる)タイプの生命保険を契約している方に限られますが、加入している方は審査なしでお金を借りることができますよ。 会社に借りる 勤務している会社が従業員貸付制度を導入している場合は、その制度を使って会社からお金を借りることもできます。 会社によって金利は異なりますが、年2. カードローンよりも圧倒的に低金利です。 また、公務員の方なら組合の貸付制度を利用することができます。 知り合いに借りる 審査なしでお金を借りる方法としては、親や親族、友人、彼氏などの知り合いから借りる選択肢もあります。 とはいえ、人間関係にひびが入る可能性が高いので、あまりおすすめはできません。 どうしても知り合いから借りるしかない時は、確実に返済するようにしましょう。 公的制度を利用する どうしても金融機関の審査に通らない時は、生活保護や生活福祉資金貸付制度、母子父子福祉資金などの公的制度を活用する、というのも一つの手段です。 ただ、どの公的制度を利用できるかは人によって異なるので、まずはお住まいの地域の役所などで相談してみましょう。 危険!やってはいけないお金を借りる方法 最後に「絶対に利用してはいけないお金の借り方」を紹介します。 よくない方法でお金を借りてしまうと、結果的に借金を大幅に増やすことになったり、普段の生活が脅かされてしまうこともあります。 特に、誰でも簡単に借りられるような宣伝文句には気をつけましょう。 闇金 闇金は無許可で貸付を行う違法業者です。 利用してしまうと、高額な金利を請求される、個人情報を売りとばされる、などの被害に合ってしまう可能性が非常に高いので、絶対に利用してはいけません。 とはいえ、闇金は正規業者を装うのが上手なので、正規業者なのかどうか見分けられず利用してしまわないか心配ですよね。 そんな時に便利なのが、金融庁のです。 正規の貸金業者であれば「 貸金業登録番号」が発行されているはずなので、公式サイトなどに掲載されている貸金業登録番号を、貸金業者登録番号検索で検索すると正規業者かどうか判断することができます。 公式サイトなどに 貸金業登録番号が掲載されていない、もしくは検索しても違う業者が出てくる場合は、闇金の可能性が高いです。 個人間融資 個人間融資とは、インターネット上の掲示板や、SNSを使った個人間でのお金の貸し借りのことを意味します。 「簡単に借りれた」などという口コミを見かけることもありますが、個人間融資を行なっているのは、そのほとんどが闇金です。 仮に闇金ではなかったとしても、危険な目に遭う可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。 クレジットカード現金化 クレジットカード現金化とは、クレジットカードで買い物した商品やギフト券などを換金し、現金を入手する方法のことです。 中には「違法ではありません」と言いながら、堂々と行なっている業者も存在しますが、クレジットカードの規約違反行為にあたるので、クレジットカードが止められてしまう原因になります。 また、詐欺被害や、闇金に個人情報を売られてしまう危険もあるので、法律に違反していないからといって利用してはいけません。 お金借りるまとめ 今回は、目的・状況別におすすめの借入先や、お金を借りる様々な方法について紹介しました。 以下まとめです。 まとめ• 即日融資が希望なら消費者金融• 低金利で利用したい方は銀行カードローンがおすすめ• アルバイトをしている学生なら、学生ローンや銀行、消費者金融も利用可能• 無職でも公的融資制度を利用すればお金を借りられる• 専業主婦は銀行カードローン、または配偶者貸付を採用している消費者金融がおすすめ• 年金受給者は年金を担保にしてお金を借りられる• 審査なしでお金を借りる方法もある• 闇金、個人間融資、クレジットカード現金化は利用してはいけない 経済的に困っている方や、お金を借りるのが初めてという方は、どうしても選択肢が狭まってしまいがちですが、ご覧の通り、お金を借りる方法は数多く存在します。 ぜひこの記事を参考に、自分に適切なお金の借り方を探してみてください。 この記事の監修FPのコメント 氏名 内山貴博(うちやま・たかひろ) 所属 内山FP総合事務所株式会社 「お金がピンチ」という状況は誰しも考えられます。 ただし、「明日お金が必要」、「その日にお金が必要」という具合に、すぐにお金を必要とするケースでは選択肢が限られてきます。 日々、あるいは月次単位で収支を意識しておくことが大切です。 そうすることで、お金を借りること自体、回避できるかもしれません。 また、使う目的がはっきりしている場合は銀行の目的別ローンが低利で有利です。 この場合も融資まで数日時間を要すため、いずれにしても早め早めに対策をしていくことで大切なポイントとなります。

次の

学生がお金借りるならどこ?即日融資できるおすすめはここだ!

お金借りるなら 学生

大学生など学生の期間は学業や趣味、友人や知人との付き合いを両立させなければいけないため、本当にお金の掛かる時期ですよね。 くわえて、社会人として働いている人に比べると、アルバイト等で得られるお金は少ないので、ちょっとした出費が生活にまで影響してしまうというケースも頻繁にみられます。 学生がこうしたお金に困ったとき、両親から援助を受けられれば良いですが、大学(学校)に通わせてもらっていることも考えると、なかなかお金を借りづらいという方も多いかと思います。 そんなとき強い味方となってくれるのが、 学生でも借入OKのキャッシングです。 学生に対してキャッシングを行っている金融機関(消費者金融・銀行)はそれほど多くはありませんので、以下でご紹介していきます。 また、キャッシングを行ううえでの注意点も確認していただけたらと思います。 実質年率 4. プロミスは、忙しい学生には嬉しい審査手続きの簡易化や月々の返済額の小ささなどサービスの充実が大きな特徴です。 さらにプロミスをはじめて利用されるという方の中でメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、借入日から 30日間に渡り利息が付かない 無利息キャッシングも実施!上手に利用すれば、一切無駄な負担をすることなくお金を借りることができます。 プロミスの詳細はこちらの記事「」で更に詳しく紹介しています。 気になる方は参考にご覧ください。 最短30分の審査が魅力のアコム 実質年率 3. こちらもプロミスと同様に審査の手続きが簡単となっており、Web上から本人確認書類等の提出ができ、最短30分ほどで審査の合否が分かります。 また、アコムは返済に関して柔軟な対応をしているので、毎月一定日の返済、利用者が毎月指定した日の返済、毎月5日、15日、25日、末日の中から選択可能な自動引き落としなどそれぞれに合った返済が可能な点も魅力です。 アコムの詳しい情報は別の記事で紹介しています。 気になる方は参考「」をご覧ください。 今すぐお金が必要 学生だとなかなか借りられないイメージですが、お金が今すぐ必要な学生も中には少なくないと思います。 急にお金が必要になるという事は学生でなくて社会人でもよくある事です。 こういう時に友人や親からお金を借りる事できない人には、「」でも紹介している。 即日融資に対応してくれるカードローンを利用する事をお勧めします。 即日融資に対応してないカードローンを使ったキャッシングの場合、長い物だと2週間程度かかる事も珍しくないので、申込の際によく確認して申し込むようにしましょう。 具体的に、どのカードローンで借りればいいのかというと、今すぐお金が必要な場合は大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」のどちらかを利用するようにしましょう。 借入までの対応が特に早いのでおすすめです。 具体的にどれぐらいのスピードで融資を受けれるかというと、プロミスであれば申込から最短1時間で融資を受ける事が出来ます。 アコムもプロミス同様に最短1時間での融資が可能ですが、14時までに審査に必要な書類をスマホなどからアコムに送ったりするのが完了しておけば、その日のうちに銀行口座に振込みしてもらう事が出来ます。 急いでいる方には振込でお金を借りる事がおすすめです。 夕方に今すぐお金が必要になった場合は、ネットから申込み、無人契約機にカードを取りに行けば即日でお金を借りる事が出来ます。 ネット申し込みをすると、無人契約機での待機時間を大幅に短縮することができます。 18、19歳でアルバイトをしてなくても借りる方法 カードローンを利用してお金を借りるには年齢が20歳以上、かつアルバイトなどで毎月安定した収入がある必要があります。 つまりカードローンを利用するには20歳以上かつ、安定した収入がある事が条件になります。 20歳以上でも安定した収入がなければカードローンを申し込みする事もできません。 学生を対象にしている金融機関であれば親の同意書(親権者の)があり、なおかつ審査に通過する事が出来れば、お金を借りる事ができるので、そういった金融機関を探す必要があります。 中には、国の認可を受けてない金融機関などもあるので、注意が必要です。 安心な学生ローン一覧 学生ローン業者 利用限度額(金利) 利用条件 必要書類 1万円~50万円 (15. 0%~20. カードローンを使っていると聞くと親は心配するし、お金の事を親に根掘り葉掘り聞かれるのは嫌なものです。 基本的に消費者金融や銀行カードローンは家族や親であっても プライバシーに最大限に配慮されているので、安心して借りる事が出来ます。 ただ、カードローンの利用がバレる一番の原因は利用明細の郵便物が最もバレる原因になるので、自宅に利用明細が届かない様にする必要があります。 明細を郵便で受け取らないWEB明細が利用できるカードローンを選ぶ事で、親バレや家族バレする可能性は大きく減ります。 キャッシングをするときはこんなことに注意! 最近ではネットの普及により、キャッシングがIT化されていて「お金を借りている」という認識がおろそかになってしまう事もあります。 キャッシングを利用する上で注意が必要な事をここでは紹介します。 無計画なキャッシングに注意! 学生だけに限ったことではありませんが、キャッシングと言うのは借金ですので、必要性の薄い時など無計画に利用することは避けることが大切です。 特に学生の時期は、社会人のように自身で十分なお金を稼ぐことが難しいため、借入額が積み重なってしまうと、自分だけではどうしようもない状況に陥ってしまう可能性も考えられます。 ですので、キャッシングの利用は必要最小限に留めることをしっかりと意識しておきましょう。 怪しい業者からは借りない! 冒頭でも述べたように学生に対してキャッシングを行っている金融機関はそれほど多くありません。 そのため、プロミスやアコムから融資を断れた人が、多重債務者や無職でも利用可能といったような業者からお金を借りることがあります。 しかし、こうした業者は法律を無視したような営業を行っている可能性があり、利用すると思わぬトラブルに結びついてしまうケースも考えられます。 なので、お金が必要だからと言ってこうした怪しい業者を利用することは避けましょう。 カードローンを利用できない学生もいる! カードローンを利用するにはハードルが高い訳ではりませんが、カードローンの審査を受ける必要があります。 会社ごとに審査基準は異なりますが下記の条件を満たしていない場合はカードローンに申し込みする事ができません。 カードローンは年収の3分の1までしかお金を借りれません! カードローンには総量規制という法律があり、お金お借りる個人の年収の3分の1までしかお金を借りる事ができないという、消費者を守るための法律があります。 そのため、毎月3万円のアルバイトの収入がある方の場合、年収は36万円となり、最大で12万円までしかお金を借りる事はできません。 私の個人的な意見にはなりますが、年収の3分の1をカードローンで借り入れすると返済がとても大変なので、5万円ぐらいまでがカードローンを安全に利用できる上限だ思うので自分にあった借入額を借入するように心がけましょう。 貸金業法により、お客様が貸金業者から借りることのできる額の総額に制限が設けられている規制のことです。 具体的には、借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができません。 銀行からの借入れや法人名義での借入れは対象外です。 html クレジットカードを作って活用しよう 利用には注意が必要なクレジットカードですがショッピング枠での利用であれば、支払いを翌月に延ばすことが出来るので学生でも利用可能なクレジットカードを学生のうちから作っておく事はクレヒスもできるのでおすすめです。 ショッピング枠を1回払いで利用する場合は、特に手数料は発生しないのでクレジットカードが使えるお店でお金が必要な場合は、利息もなくお金を借りる事ができるクレジットカードがおすすめです。 ポイントは実質、買い物の金額の値引きとして利用する事が出来ます。 いらないものを買取してもらってお金を作る.

次の