いちじく コンポート。 コンポートの日持ち期間!いちじく・梨・りんごなど果物別に解説!

簡単!生いちじくのはちみつ漬け(コンポート)の作り方|秋の乾燥対策にもおすすめ!

いちじく コンポート

いちじくのカロリーは、100gあたりで「54kcal」と、一般的には低カロリーの食べ物に分類されます。 いちじくはサイズが様々ですが、中サイズのいちじくは「約32kcal」、大サイズで「約62kcal」ほどです。 ただし、いちじくには皮があり、食べる際には廃棄する部位なので、このカロリーよりは少し少なくなります。 いちじく以外の果物のカロリー 100gあたり• バナナ:86kcal• マンゴー:64kcal• パッションフルーツ:64kcal• アボカド:約187kcal• りんご:約61kcal• さくらんぼ:約60kcal• ざくろ:約56kcal 他の果物とカロリーを比べた場合、いちじくのカロリーは少ないほうだと言えるでしょう。 低カロリーで有名なりんごやさくらんぼ、ざくろなどより、低カロリーになっています。 いちじくの糖質は? いちじくのカロリーと糖質を紹介しましたが、どちらも他の果物と比較して、低カロリー・低糖質と言える結果でした。 それではなぜ、いちじくをダイエット中に食べると失敗しやいのでしょうか? いちじくがダイエット向きでない理由は主に2つあります。 いちじくは腹持ちが良くない いちじくは、腹持ちが良くないという、ダイエットにおける最大のデメリットを持っています。 そもそも、ダイエット中に間食を食べるメリットは、食事間に何かを食べることで次の食事の際に血糖値を上げないためです。 ところが、いちじくは腹持ちが良くないので、間食に食べても次の食事までにはお腹が空いてしまい、結局次の食事の際に血糖値を上げてしまいます。 「ドライいちじく」になると、高カロリー・高糖質 いちじくを食べる時は、ドライフルーツの「ドライいちじく」を食べることが多い方、要注意です。 いちじく自体のカロリーや糖質は低くても、天日干しをした「ドライいちじく」は別です。 いちじくのカロリー:54kcal いちじくの糖質:12. ドライいちじくのカロリー:292kcal ドライいちじくの糖質:65. 2g このように、天日干しにするかしないかで、カロリーと糖質が5倍以上に跳ね上がるのです。 最近ではコンビニでも、ドライいちじくを始めとするドライフルーツを手軽に購入できるようになりましたが、ドライフルーツはどれも生のフルーツより高カロリー・高糖質になるので、気を付けましょう。 いちじくにもダイエット効果はある いちじくは、食べ方を間違えると太りやすいとは言っても、そもそもは低カロリーなので、ダイエットにも応用が可能な食品です。 いちじくは、低カロリーなことに加えて、実はダイエット効果をいくつも持っているので、食べ方と食べる量にさえ気を付ければ、優秀なダイエットサポートフードに変わるでしょう。 ここではいちじくが持つダイエット効果を一挙に紹介します。 ペクチンによる整腸作用・代謝アップ いちじくには食物繊維の「ペクチン」というものが多く含まれています。 ペクチンは整腸作用があり代謝を上げ、また糖質の吸収を遅らせるという働きがあります。 糖質の吸収が遅くなるということは、糖質が脂肪に変わりにくくなるということなので、結果的にダイエットにつながります。 ビタミンB2による脂肪燃焼の促進効果 いちじくには、「ビタミンB2」が多く含まれており、脂肪燃焼を促進する効果が見込めます。 また、ビタミンCも豊富なので、美容にも効果的と言われています。 酵素フィシンによる消化機能の活性化 いちじくには、「フィシン」という酵素が多く含まれており、このフィシンは胃腸の消化機能を活性化する効果を持っています。 胃腸が活性化すると、消化不良による脂肪への蓄積がなくなるので、太りづらくなります。 また、このフィシンには、二日酔いにも効果あると言われています。 ミネラルが豊富 いちじくには、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。 それぞれがダイエットをサポートしてくれる働きがあり、カルシムは脂肪の燃焼、カリウムはむくみの改善・脂肪の燃焼、鉄分は基礎代謝を上げる、といった効果が期待できます。 ここまで紹介してきたように、いちじくは低カロリーでも、食べ方次第で太るか痩せるかが変わる難しい食品なのでした。 そこで、いちじくをダイエットの味方にするための、「いちじくの太らない食べ方・コツ」を紹介します。 いちじくをコンポートにして主食に置き換える 1つ目の方法は、いちじくをコンポートにし、アイスやヨーグルトなどにかけて食べることです。 アイスやヨーグルトなどの脂質の多い食べ物と一緒に食べることで、腹持ちをよくすることができ、いちじくの食べ過ぎを解消できるからです。 いちじくをコンポートにしてアイスやヨーグルトに加える場合、当然カロリーはそのまま食べるよりは高くなります。 そのため、間食に食べるものとしてはカロリーが高く過ぎるので、主食に置き換えて食べるようにしましょう。 「いちじく+他の果物」で食べる 2つ目の方法は、いちじくと一緒にグレープフルーツやバナナなどの他の果物を食べることです。 いちじく単体ではどうしても腹持ちが良くなく、空腹の時間が訪れてしまうものです。 そこで他の果物と一緒に食べて、腹持ちも改善しつつ、ダイエットに効果的な栄養素も補給しましょう。 いちじくは食べ方次第で太るか痩せるかが変わる いちじくのカロリー・糖質量、いちじくがダイエットに不向きな理由、いちじくをダイエットに応用するための食べ方・コツを紹介しました。 いちじくは栄養価も高く、低カロリーなため、今回紹介した腹持ちの悪さと食べ過ぎてしまうこと、この2つさえ解決できれば、ダイエットにも応用が可能です。 腹持ちの悪さと食べ過ぎを解消するには、「いちじくをコンポートにしてヨーグルトと一緒に食べる」もしくは、「他の果物と一緒に食べる」などの方法があります。 その際、間違えても高カロリー・高糖質なドライいちじくは食べないようにしてくださいね。 ダイエット中にいちじくを食べたいという方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

次の

多伎いちじくワインコンポート

いちじく コンポート

いちじくのカロリーは、100gあたりで「54kcal」と、一般的には低カロリーの食べ物に分類されます。 いちじくはサイズが様々ですが、中サイズのいちじくは「約32kcal」、大サイズで「約62kcal」ほどです。 ただし、いちじくには皮があり、食べる際には廃棄する部位なので、このカロリーよりは少し少なくなります。 いちじく以外の果物のカロリー 100gあたり• バナナ:86kcal• マンゴー:64kcal• パッションフルーツ:64kcal• アボカド:約187kcal• りんご:約61kcal• さくらんぼ:約60kcal• ざくろ:約56kcal 他の果物とカロリーを比べた場合、いちじくのカロリーは少ないほうだと言えるでしょう。 低カロリーで有名なりんごやさくらんぼ、ざくろなどより、低カロリーになっています。 いちじくの糖質は? いちじくのカロリーと糖質を紹介しましたが、どちらも他の果物と比較して、低カロリー・低糖質と言える結果でした。 それではなぜ、いちじくをダイエット中に食べると失敗しやいのでしょうか? いちじくがダイエット向きでない理由は主に2つあります。 いちじくは腹持ちが良くない いちじくは、腹持ちが良くないという、ダイエットにおける最大のデメリットを持っています。 そもそも、ダイエット中に間食を食べるメリットは、食事間に何かを食べることで次の食事の際に血糖値を上げないためです。 ところが、いちじくは腹持ちが良くないので、間食に食べても次の食事までにはお腹が空いてしまい、結局次の食事の際に血糖値を上げてしまいます。 「ドライいちじく」になると、高カロリー・高糖質 いちじくを食べる時は、ドライフルーツの「ドライいちじく」を食べることが多い方、要注意です。 いちじく自体のカロリーや糖質は低くても、天日干しをした「ドライいちじく」は別です。 いちじくのカロリー:54kcal いちじくの糖質:12. ドライいちじくのカロリー:292kcal ドライいちじくの糖質:65. 2g このように、天日干しにするかしないかで、カロリーと糖質が5倍以上に跳ね上がるのです。 最近ではコンビニでも、ドライいちじくを始めとするドライフルーツを手軽に購入できるようになりましたが、ドライフルーツはどれも生のフルーツより高カロリー・高糖質になるので、気を付けましょう。 いちじくにもダイエット効果はある いちじくは、食べ方を間違えると太りやすいとは言っても、そもそもは低カロリーなので、ダイエットにも応用が可能な食品です。 いちじくは、低カロリーなことに加えて、実はダイエット効果をいくつも持っているので、食べ方と食べる量にさえ気を付ければ、優秀なダイエットサポートフードに変わるでしょう。 ここではいちじくが持つダイエット効果を一挙に紹介します。 ペクチンによる整腸作用・代謝アップ いちじくには食物繊維の「ペクチン」というものが多く含まれています。 ペクチンは整腸作用があり代謝を上げ、また糖質の吸収を遅らせるという働きがあります。 糖質の吸収が遅くなるということは、糖質が脂肪に変わりにくくなるということなので、結果的にダイエットにつながります。 ビタミンB2による脂肪燃焼の促進効果 いちじくには、「ビタミンB2」が多く含まれており、脂肪燃焼を促進する効果が見込めます。 また、ビタミンCも豊富なので、美容にも効果的と言われています。 酵素フィシンによる消化機能の活性化 いちじくには、「フィシン」という酵素が多く含まれており、このフィシンは胃腸の消化機能を活性化する効果を持っています。 胃腸が活性化すると、消化不良による脂肪への蓄積がなくなるので、太りづらくなります。 また、このフィシンには、二日酔いにも効果あると言われています。 ミネラルが豊富 いちじくには、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。 それぞれがダイエットをサポートしてくれる働きがあり、カルシムは脂肪の燃焼、カリウムはむくみの改善・脂肪の燃焼、鉄分は基礎代謝を上げる、といった効果が期待できます。 ここまで紹介してきたように、いちじくは低カロリーでも、食べ方次第で太るか痩せるかが変わる難しい食品なのでした。 そこで、いちじくをダイエットの味方にするための、「いちじくの太らない食べ方・コツ」を紹介します。 いちじくをコンポートにして主食に置き換える 1つ目の方法は、いちじくをコンポートにし、アイスやヨーグルトなどにかけて食べることです。 アイスやヨーグルトなどの脂質の多い食べ物と一緒に食べることで、腹持ちをよくすることができ、いちじくの食べ過ぎを解消できるからです。 いちじくをコンポートにしてアイスやヨーグルトに加える場合、当然カロリーはそのまま食べるよりは高くなります。 そのため、間食に食べるものとしてはカロリーが高く過ぎるので、主食に置き換えて食べるようにしましょう。 「いちじく+他の果物」で食べる 2つ目の方法は、いちじくと一緒にグレープフルーツやバナナなどの他の果物を食べることです。 いちじく単体ではどうしても腹持ちが良くなく、空腹の時間が訪れてしまうものです。 そこで他の果物と一緒に食べて、腹持ちも改善しつつ、ダイエットに効果的な栄養素も補給しましょう。 いちじくは食べ方次第で太るか痩せるかが変わる いちじくのカロリー・糖質量、いちじくがダイエットに不向きな理由、いちじくをダイエットに応用するための食べ方・コツを紹介しました。 いちじくは栄養価も高く、低カロリーなため、今回紹介した腹持ちの悪さと食べ過ぎてしまうこと、この2つさえ解決できれば、ダイエットにも応用が可能です。 腹持ちの悪さと食べ過ぎを解消するには、「いちじくをコンポートにしてヨーグルトと一緒に食べる」もしくは、「他の果物と一緒に食べる」などの方法があります。 その際、間違えても高カロリー・高糖質なドライいちじくは食べないようにしてくださいね。 ダイエット中にいちじくを食べたいという方は、ぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

次の

簡単!生いちじくのはちみつ漬け(コンポート)の作り方|秋の乾燥対策にもおすすめ!

いちじく コンポート

手作りコンポート 日持ち 日持ち期間 果物 冷蔵庫 冷凍 3~5日 2週間~1ヶ月 杏 いちご 金柑 ぶどう みかん ミニトマト メロン 桃 1~2週間 情報なし 柿 すもも(プラム) びわ ラフランス(洋梨) りんご 3週間 半年 梅 さくらんぼ 梨 1ヶ月 — いちじく オレンジ 1年 — ブルーベリー 口コミやレシピサイトから手作りコンポートの日持ちを調べてわかったのは、下記のことでした。 手作りコンポートの基本の日持ち:冷蔵庫で3~5日、冷凍で2週間~1ヶ月• 日持ちが長い場合がある果物:実がしっかりしている、皮つきのままコンポートにする果物• 糖度でも日持ちが変わる• 保存容器を煮沸するかどうかでも日持ちが変わる• 【 糖度が高い・清潔な保存容器を使う・未開封】の条件を満たせば常温の涼しい場所or冷蔵庫で1年日持ちすることもある ご家庭での作り方や保存状況によって、 同じ果物でも日持ちが変わる場合があると考えておいて下さいね! 手作りコンポート 簡単レシピ 「 コンポートってジャムと同じじゃない?」と疑問をお持ちの方のために、 コンポートとジャムの違いと、 簡単な作り方をご紹介します。 コンポートとジャムの違い• ジャムは 長期保存を目的にして、高い糖度で煮詰める料理• コンポートは 長期保存が目的ではない。 コンポートの簡単な作り方 1分ほどで 基本の作り方がチェックできるので、参考になさってみて下さい。 市販のコンポート 賞味期限 店名など 賞味期限 引用元 千疋屋 (桃・洋梨・さくらんぼ) 半年くらい マテルネ (りんご) 24ヶ月(2年) サンクゼール (ブルーベリー) 720日(2年弱) 市販品の場合は、 果物の種類は賞味期限に関係がなさそうです。 瓶詰で完全密閉されているなどの製造方法で、 1年以上も保存できる商品がありました。 賞味期限切れのコンポートはいつまで食べられるの? 私は季節のご挨拶品などで高級感があるコンポートを頂くと、「 何か特別なときに食べよう」と考えて、しまっておきがちです。 8以上1未満の安全係数を掛けて決めるのが基本。 逆算すると、 賞味期限の1. 2倍は食べられる可能性があることになりますよね。 賞味期限半年なら・・・実際に食べられる期間は 約7ヶ月• 賞味期限1年なら・・・実際に食べられる期間は 約1年2ヶ月• 賞味期限2年なら・・・実際に食べられる期間は 約2年4ヶ月 コンポートも、 賞味期限切れになってからも食べられる可能性があると予想できます。 ただし、賞味期限の意味にもあったように「 未開封で保存方法を守った場合の」という前提条件がついていることにご注意下さい。 開封後や保存方法を守らなかった場合は、期限内でも腐ってしまう可能性があります。 市販品を食べるときは、賞味期限に頼り過ぎず、自分で状態を判断するのが大切ですね。 また賞味期限切れになると味・食感などが落ちるので、本来の味を楽しむためには、やはり 賞味期限内に食べるのがおすすめです! 市販品も、手作りと同じで「 食べられるかどうかの最終判断は自分でする」と考えておく必要がありました。 では、コンポートが 腐るとどうなるのでしょうか? 食べてはいけないコンポートの見分け方も確認しましょう! コンポートは腐るとどうなるの?傷んだときの見分け方や目安がコレ! コンポートが腐ると、 見た目や 味が変化します。 自分の 五感を信じて、少しでも変だと感じたら食べないのがおすすめです。 コンポートの正しい保存方法とは?長期保存に欠かせないポイント4つ 先ほどコンポートの 糖度や 保存容器の煮沸が日持ちを長くする場合があるとご紹介しました。 コンポートが 長持ちするポイントと正しい 保存方法を、まとめてご紹介します。 長期保存 4つの大切なポイント コンポートを 長期保存するためには、 果物自体の腐敗を防ぎ、雑菌がつかないようにする必要があります。 ポイントは4つです!• 糖度を上げる• 果物が完全にひたるくらいのシロップが必要• 密閉度の高い容器を選ぶ• 容器を煮沸消毒する 1つずつご紹介します。 糖度を上げる 「浸透圧」という言葉を聞いたことがあると思います。 食品と糖分や塩分を一緒にすると、 水分が濃度の高い方から低い方へと移動する作用のことです。 ジャムが長期保存可能なのは、浸透圧で下記のような現象が起こるからです。 果物と大量の砂糖(果物と同じくらいの分量)を一緒に煮ると、 果物に含まれる水分が砂糖の方へ移動する• 果物の中は水分がなくなって 脱水症状のような状態になる• 水分を栄養源にする 雑菌は、増殖できない コンポートも、 ジャムと同じような状態にすれば腐りにくくなります。 とはいえ、糖度が高すぎるコンポートが苦手な方もいらっしゃいますよね。 あっさりした味付けで手作りした場合は、 数日で食べ切るか、冷凍で日持ちを延ばしてみて下さい。 タッパーでは長期保存できないの? タッパーの素材は柔らかいので、使うたびに目に 見えない傷がついていきます。 傷に入り込んだ雑菌は、 洗っても・煮沸しても完全に取り切るのが難しいので、保存している食品を腐らせる原因になります。 容器を煮沸消毒&脱気殺菌をする 煮沸は、洗っても取り切れなかった 保存容器の中の雑菌を死滅させるために行います。 煮沸と脱気殺菌の方法はこちらの動画がわかりやすいので、ぜひチェックしてみて下さい。 瓶が冷めたときに フタの 中央が少しヘコんでいれば、脱気成功です! 瓶が冷めたときに下記のような状態になったら、上手に脱気できていません。 冷蔵庫保存なら3日、冷凍保存なら1ヶ月を目安に食べ切るようおすすめします。 瓶のフタがヘコんでいない• 瓶から少しシロップが漏れ出ている• 2~3週間後にシロップが白く濁る では、具体的な保存方法をご紹介します。 正しい保存方法 脱気殺菌をしたコンポートは、「 未開封であれば1年以上常温保存できる」という実体験の情報もありました。 実際の日持ちは保存環境に左右されますが、 普通にフタを閉めたものよりは長期保存できる可能性が高まります。 開封後は、下記の点に注意して保存なさって下さい。 開封後は冷蔵庫に入れて3~5日を目安に食べきる• 清潔なスプーンなどで取り分けて、食べない分はすぐに冷蔵庫に入れる• シロップは果物が完全にひたる量を保つ 「脱気殺菌が上手にできなかったけど長期保存したい」という場合は、 冷凍が便利です。 コンポートの保存方法 冷凍• コンポートを、1回食べる分ずつジップロックなどの密閉できる保存袋に入れる(シロップごと)• 空気を抜いて密閉する• 冷凍庫に入れ、凍るまで平らにしておく 先ほど表でご紹介したように、さくらんぼのコンポートでは「冷凍で半年保存可能」という口コミもありましたが、冷凍していても、 臭い移りや 冷凍やけで風味は少しずつ落ちていきます。 一般的には、 1ヶ月を目安に食べきるようおすすめします!• 手作りコンポートの 日持ちは基本的には冷蔵庫で3~5日、冷凍で1ヶ月程• 手作りコンポートは、糖度や保存方法で日持ちが左右される• 市販のコンポートの 賞味期限は長く、2年という商品もある• 市販のコンポートは 賞味期限切れになっても食べられる可能があるが、期限内に食べるのがおすすめ• コンポートが 腐ると、見た目・臭い・味が変化する• コンポートを 長期保存するためには4つのポイントがある• コンポートは シロップごと冷凍も可能 口コミなどで、 さまざまな果物がコンポートにできるとわかりました。 基本的には長期保存を目的としていないコンポートですが、私も目的に合わせて、 糖度などを調整して作ってみようと思います。 保存容器の選び方・煮沸・脱気殺菌についてもご紹介しました。 外出自粛の期間中、 食材の宅配サービスを利用する人が急激に増えており、当サイトで紹介していた Oisix オイシックス のお試しセット等の新規受付は 一時休止している状況です。 そこで、類似の人気サービスを改めて調べてみました。 食材の宅配サービスが良いのは、 ・スーパー等に行くのを避けられる ・カートや買い物かごの接触を避けられる ・レジに並ぶ時など人に近づくことを回避 ・宅配される食材そのものが安全である ・ 無農薬野菜や厳選食材を入手できる 供給量の限界もありますので、100%安心できませんが、外出自粛が強まったときの準備にもなります。 今求められているサービスと感じ、今回2つ紹介させていただきます。

次の