豚 こま 炊き込み ご飯。 簡単レシピ!豚こま切れ肉を使って炊飯器で作る『生姜焼き風炊き込みご飯』の作り方

切り落とし豚で☆炊き込みご飯 レシピ・作り方 by www.toppu.jp*www.toppu.jp|楽天レシピ

豚 こま 炊き込み ご飯

とうもろこしご飯の下処理 はじめに2合の米は、炊飯器の内釜などに入れて研ぎます。 研いだら水を何度か入れ替えて水気を切り、 2合の目盛りに合わせて水を入れ、30分から1時間そのまま置いて浸水させます。 ここではどんな炊飯器でも美味しくふっくら炊けるよう事前に浸水する工程をとっています(浸水したら『普通コース』で炊きます)。 まず、とうもろこしは皮をむいて根元を切り落とし、実をむきやすくするために半分に切ります。 続いて、まな板の上にとうもろこしを縦に置きます。 手で安定させて、芯のまわりの実を包丁で切り落とします(とうもろこしを回転させながら)。 【補足として】ちょっと上級者のやり方になるのですが、上の方法よりも一つ一つの粒がきれいに残るむき取り方もあります。 半分か3等分くらいに切ったとうもろこしを左手に持って、かつらむきの要領で、ぐるりと実をむき取ります。 塩を溶かし終えてから、 とうもろこしの実と芯を上に広げて炊飯します。 ごはんが炊き上がれば、芯を取り出して底からさっくりと混ぜ合わせて完成です。

次の

ご飯モリモリでマシマシなボリューム!豚園を使った炊き込みご飯の作り方レシピ【飯テロ家二郎】【日清】

豚 こま 炊き込み ご飯

index 目次• 私は家事全般が大の苦手 家事全般が苦手すぎる私にとっての救世主が 「レトルトの豚角煮」。 炊飯器で一緒に炊き込むと、簡単なのにすごくおいしくて、夫も大絶賛。 ズボラでも夫婦円満なら、それで良し!今回は、私の 「究極に手抜きすぎる炊き込みご飯」を紹介します。 「レトルトの豚角煮」とは スーパーの加工肉コーナーなどに置いてある、真空パックになっている豚の角煮です。 これはそのままでも食べられるのですが、そのままだと意見の分かれる味ということも。 レトルト独特の風味があり、私は個人的には好みの味ではありません。 そんな「そのまま食べると、意見の分かれる味」なのにもかかわらず、炊き込みご飯にすると、レトルト独特のクセが取れてカドがなくなり、角煮の良さが発揮される味に変わるのです! 炊き込みご飯の作り方 材料 4人分 白米 3合 レトルト豚角煮 2つ きんぴらの具の水煮(一例) 2つ みつ葉など(あれば) 好みで 今回は 「より手抜きに作る」ことを目指し、きんぴらの具の水煮を利用しましたが、冷蔵庫に転がっているニンジンやキノコなど、炊き込みご飯に合いそうな具材があり、なおかつ包丁を使うやる気があれば、カットして利用してください。 また、彩りのみつ葉はなくてもOKです。 全体的に茶色いので、緑のものがあれば良いかな~と思いのせましたが、きざみのりや紅しょうがなどを使ってもおいしいですよ。 作り方 S T E P 1 といだ白米に分量通りに水を入れる S T E P 2 角煮のタレと一緒に、レトルト豚角煮を炊飯器に入れる S T E P 3 水気を切ったきんぴらの具の水煮を 2に入れ、少し平らにならしたら、炊飯ボタンを押す S T E P 4 炊き上がったら軽くかきまぜ、茶わんに盛り付けて、みつ葉をのせれば完成! 簡単すぎて、「これ、わざわざレシピにしなくても良いのでは?」と思うような、炊き込みご飯です(笑)。 豚角煮のタレは、炊き込みご飯としてのベースの調味料となりますので、必ず入れてくださいね。 肉大好きな夫の反応 初めてこの手抜き炊き込みご飯を食卓に出したとき、.

次の

簡単レシピ!豚こま切れ肉を使って炊飯器で作る『生姜焼き風炊き込みご飯』の作り方

豚 こま 炊き込み ご飯

SPONSORED LINK 麻婆豆腐炊き込みご飯で味をしめてしまいました・・・。 以前作ったが想像していた以上の出来だったため、第2弾を探していたらありました! 今回は キムチと 豚バラ肉を使って「 豚キムチ炊き込みご飯」にチャレンジします。 キムチと豚バラ肉の炊き込みご飯の動画レシピは複数あったのですが、今回は 一人暮らしだけでなく小家族でも楽しんでもらえるであろうこのレシピを選んで作ってみました。 辛さ重視などの尖がった個性はないのですが、なぜか舌に馴染むこの味は気に入ってもらえるのではないでしょうか。 調理と言っても材料を炊飯器のお釜に入れてスイッチを押すだけなのですが・・・・。 念のため、実際に作ったときの手順を表記しますね。 米の下ごしらえですが、我が家では無洗米を使用していますので水に浸す時間だけです。 一人暮らしをしていると米を研ぐのも面倒くさいと思うときがあるんですよね。 白菜キムチと 豚バラ肉をカットします。 キムチは ザク切りに、豚バラ肉は 5cm幅に切り分けます。 キムチは商品によって既にザク切りになっているものもありますので、食べやすい適当な大きさになっていればOKです。 炊飯器に 米と 酒、 しょうゆ、 鶏ガラスープの素を入れて、 水を 2合のメモリまで注ぎます。 水の量は無洗米でも同じで大丈夫です。 米の上に切り分けた豚バラ肉、キムチを乗せて普通炊きで炊飯します。 炊き上がったら ごま油を回し入れて、しっかりかき混ぜます。 器に盛ってお好みのトッピングをすれば完成です。 今回はシンプルに万能ねぎをトッピングして試食しています。 実際に食べてみた 仕上げに回しかけた ごま油の香りがいいですね。 食欲をそそります。 スプーンで一口分すくって食べてみると、キ ムチの味が口いっぱいに人がって美味しいです。 食感も炊き込みご飯というより、チャーハンに近いと思います。 お米がパラパラなのですが、 しっとり感があって、シャーパンほど脂っぽくありません。 食べる人によっては 炊き込みご飯とチャーパンのいいとこ取りしているように感じるかもしれませんね。 味の方も 鶏ガラスープの素がしっかり土台を支えているので キムチの味が引き立ちます。 辛さもマイルドで 子供でも食べられると思うくらい。 でも、 まったく辛さがないわけではなく、後を引く辛さになっていますね。 チーズや温泉卵をトッピングすることも考えたのですが、この味付けだと合わせ調味料の味は残っても、辛さは消してしまいそうですね。 辛さが足りないと感じる方は七味唐辛子などで少し調整が必要になるかもしれません。 しかし、土台の味がしっかりしているので、少しくらい調整したからと言って味のバランスが大きく崩れるというようなことはないと思います。 既成概念にとらわれず、色々なトッピング試してみるのもいいかもしれませんね。 まとめ 今回はに次ぐ第2弾として「豚キムチ炊き込みご飯」を作ってみました。 癖のない味付けですが、芯のしっかりした味付けのレシピだと思います。 是非試してみてくださいね。

次の