インテル コア i3。 CeleronとCorei3の差はどの程度?

Core i9、Core i7、Core i5、Core i3の違い

インテル コア i3

このページでは、直近10年間のCore i3シリーズCPUについて仕様と性能を表にしています。 Core i3シリーズはオフィスの通常業務には十分な性能を備えていることからビジネス用途を中心に普及しています。 数値だけ見るとがっかりする方がいるかも知れませんが、コスパを考えるとCore i3シリーズは健闘していると思います。 Core i3シリーズ性能・仕様比較 なお、実売されているパソコンの性能についてはSSDかHDDかのストレージの違いなどにより大幅に異なります。 CPUのみの性能比較の目安としてご覧ください。 Core i3シリーズ性能・仕様一覧表 なお、実売されているパソコンの性能についてはCPUだけでなく基板やメモリ、ストレージのSSDかHDDかの違いやなどで大幅に異なります。 この表はCPUのみの性能比較の目安としてご覧ください。 CPU名 周波数 登場時期 コア数 プロセス ソケット TDP ベンチ Core i3-1005G1 1. 20GHz 2019年07月~09月 2コア 10 nm FCBGA1526 13 W 5905 Core i3-2100 3. 10GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 3685 Core i3-2100T 2. 50GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm FCLGA1155 35 W 2934 Core i3-2102 3. 10GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 3736 Core i3-2105 3. 10GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 3719 Core i3-2120 3. 30GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 3921 Core i3-2120T 2. 60GHz 2011年07月~09月 2コア 32 nm FCLGA1155 35 W 3164 Core i3-2125 3. 30GHz 2011年07月~09月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 4024 Core i3-2130 3. 40GHz 2011年07月~09月 2コア 32 nm FCLGA1155 65 W 4056 Core i3-2310E 2. 10GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm FCBGA1023 35 W 2839 Core i3-2310M 2. 10GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm FCBGA1023・PPGA988 35 W 2429 Core i3-2312M 2. 10GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm PPGA988 35 W 2381 Core i3-2328M 2. 20GHz 2012年07月~09月 2コア 32 nm FCPGA988 35 W 2539 Core i3-2330E 2. 20GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm FCPGA988 35 W 3073 Core i3-2330M 2. 20GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm FCBGA1023・PPGA988 35 W 2521 Core i3-2340UE 1. 30GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm FCBGA1023 17 W 1719 Core i3-2348M 2. 30GHz 2013年01月~03月 2コア 32 nm NA 35 W 2621 Core i3-2350M 2. 30GHz 2011年10月~12月 2コア 32 nm PPGA988 35 W 2620 Core i3-2357M 1. 30GHz 2011年04月~06月 2コア 32 nm NA 17 W 1556 Core i3-2365M 1. 40GHz 2012年07月~09月 2コア 32 nm FCBGA1023 17 W 1679 Core i3-2367M 1. 40GHz 2011年10月~12月 2コア 32 nm FCBGA1023 17 W 1702 Core i3-2370M 2. 40GHz 2012年01月~03月 2コア 32 nm PPGA988 35 W 2772 Core i3-2375M 1. 50GHz 2013年01月~03月 2コア 32 nm FCBGA1023 17 W 1781 Core i3-2377M 1. 50GHz 2012年04月~06月 2コア 32 nm FCBGA1023 17 W 1831 Core i3-3110M 2. 40GHz 2012年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1023・FCPGA988 35 W 3075 Core i3-3120M 2. 50GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCPGA988 35 W 3215 Core i3-3130M 2. 60GHz 2013年01月~03月 2コア 22 nm FCBGA1023・FCPGA988 35 W 3396 Core i3-3210 3. 20GHz 2013年01月~03月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4029 Core i3-3217U 1. 80GHz 2012年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1023 17 W 2302 Core i3-3217UE 1. 60GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1023 17 W 2162 Core i3-3220 3. 30GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4234 Core i3-3220T 2. 80GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1155 35 W 3703 Core i3-3225 3. 30GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4334 Core i3-3227U 1. 90GHz 2013年01月~03月 2コア 22 nm FCBGA1023 17 W 2462 Core i3-3229Y 1. 40GHz 2013年01月~03月 2コア 22 nm FCBGA1023 13 W 1694 Core i3-3240 3. 40GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4313 Core i3-3240T 2. 90GHz 2012年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1155 35 W 3680 Core i3-3245 3. 40GHz 2013年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4424 Core i3-3250 3. 50GHz 2013年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1155 55 W 4445 Core i3-3250T 3. 00GHz 2013年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1155 35 W 3021 Core i3-330E 2. 13GHz 2010年01月~03月 2コア 32 nm BGA1288 35 W 1935 Core i3-330M 2. 13GHz 2010年01月~03月 2コア 32 nm BGA1288 35 W 1790 Core i3-330UM 1. 20GHz 2010年04月~06月 2コア 32 nm BGA1288 18 W 1074 Core i3-350M 2. 27GHz 2010年01月~03月 2コア 32 nm BGA1288・PGA988 35 W 1893 Core i3-370M 2. 40GHz 2010年07月~09月 2コア 32 nm PGA988 35 W 2017 Core i3-380M 2. 53GHz 2010年07月~09月 2コア 32 nm PGA988 35 W 2094 Core i3-380UM 1. 33GHz 2010年10月~12月 2コア 32 nm BGA1288 18 W 1164 Core i3-390M 2. 66GHz 2011年01月~03月 2コア 32 nm BGA1288・PGA988 35 W 2180 Core i3-4000M 2. 40GHz 2013年10月~12月 2コア 22 nm FCPGA946 37 W 3240 Core i3-4005U 1. 70GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 15 W 2448 Core i3-4010U 1. 70GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 15 W 2439 Core i3-4010Y 1. 30GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 11. 5 W 1900 Core i3-4012Y 1. 50GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 11. 5 W 2154 Core i3-4020Y 1. 50GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 11. 5 W 2208 Core i3-4025U 1. 90GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1168 15 W 2777 Core i3-4030U 1. 90GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1168 15 W 2705 Core i3-4030Y 1. 60GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1168 11. 5 W 2507 Core i3-4100M 2. 50GHz 2013年10月~12月 2コア 22 nm FCPGA946 37 W 3477 Core i3-4110M 2. 60GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCPGA946 37 W 3873 Core i3-4120U 2. 00GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCBGA1168 15 W 3050 Core i3-4130 3. 40GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 4795 Core i3-4130T 2. 90GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4135 Core i3-4150 3. 50GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 4894 Core i3-4150T 3. 00GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4260 Core i3-4158U 2. 00GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCBGA1168 28 W 2914 Core i3-4160 3. 60GHz 2014年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5054 Core i3-4160T 3. 10GHz 2014年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4389 Core i3-4170 3. 70GHz 2015年01月~03月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5189 Core i3-4170T 3. 20GHz 2015年01月~03月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4568 Core i3-4330 3. 50GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5091 Core i3-4330T 3. 00GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4482 Core i3-4330TE 2. 40GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 3201 Core i3-4340 3. 60GHz 2013年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5237 Core i3-4350 3. 60GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 4963 Core i3-4350T 3. 10GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4302 Core i3-4360 3. 70GHz 2014年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5455 Core i3-4360T 3. 20GHz 2014年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4636 Core i3-4370 3. 80GHz 2014年07月~09月 2コア 22 nm FCLGA1150 54 W 5600 Core i3-4370T 3. 30GHz 2015年01月~03月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4832 Core i3-4570T 2. 90GHz 2013年04月~06月 2コア 22 nm FCLGA1150 35 W 4934 Core i3-5005U 2. 00GHz 2015年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1168 15 W 2904 Core i3-5010U 2. 10GHz 2015年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1168 15 W 3052 Core i3-5015U 2. 10GHz 2015年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1168 15 W 3042 Core i3-5020U 2. 20GHz 2015年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1168 15 W 3189 Core i3-5157U 2. 50GHz 2015年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1168 28 W 3665 Core i3-530 2. 93GHz 2010年01月~03月 2コア 32 nm FCLGA1156 73 W 2570 Core i3-540 3. 06GHz 2010年01月~03月 2コア 32 nm FCLGA1156 73 W 2688 Core i3-550 3. 20GHz 2010年04月~06月 2コア 32 nm FCLGA1156 73 W 2826 Core i3-560 3. 33GHz 2010年07月~09月 2コア 32 nm FCLGA1156 73 W 2943 Core i3-6006U 2. 00GHz 2016年10月~12月 2コア 14 nm FCBGA1356 15 W 3103 Core i3-6098P 3. 60GHz 2015年10月~12月 2コア 14 nm FCLGA1151 54 W 5421 Core i3-6100 3. 70GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 5490 Core i3-6100E 2. 70GHz 2015年10月~12月 2コア 14 nm FCBGA1440 35 W 3769 Core i3-6100H 2. 70GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCBGA1440 35 W 4230 Core i3-6100T 3. 20GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 4851 Core i3-6100TE 2. 70GHz 2015年10月~12月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 4337 Core i3-6100U 2. 30GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCBGA1356 15 W 3601 Core i3-6102E 1. 90GHz 2015年10月~12月 2コア 14 nm FCBGA1440 25 W 3196 Core i3-6157U 2. 40GHz 2016年07月~09月 2コア 14 nm FCBGA1356 28 W 3835 Core i3-6300 3. 80GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 5850 Core i3-6300T 3. 30GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 5249 Core i3-6320 3. 90GHz 2015年07月~09月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 6047 Core i3-7020U 2. 30GHz 2018年04月~06月 2コア 14 nm FC-BGA1356・FCBGA1356 15 W 3488 Core i3-7100 3. 90GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 5784 Core i3-7100H 3. 00GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1440 35 W 4768 Core i3-7100T 3. 40GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 5079 Core i3-7100U 2. 40GHz 2016年07月~09月 2コア 14 nm FCBGA1356 15 W 3799 Core i3-7101TE 3. 40GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 5016 Core i3-7102E 2. 10GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1440 25 W 3266 Core i3-7130U 2. 70GHz 2017年04月~06月 2コア 14 nm FCBGA1356 15 W 4082 Core i3-7167U 2. 80GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm NA 28 W 4757 Core i3-7300 4. 00GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 6438 Core i3-7300T 3. 50GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 35 W 5366 Core i3-7320 4. 10GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 51 W 6541 Core i3-7350K 4. 20GHz 2017年01月~03月 2コア 14 nm FCLGA1151 60 W 6621 Core i3-8100 3. 60GHz 2017年10月~12月 4コア 14 nm FCLGA1151 65 W 8099 Core i3-8100H 3. 00 GHz 2018年07月~09月 4コア 14 nm FCBGA1440 45 W Core i3-8100T 3. 10GHz 2018年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 35 W 7160 Core i3-8109U 3. 00 GHz 2018年04月~06月 2コア 14 nm FCBGA1528 28 W 6157 Core i3-8121U 2. 20GHz 2018年04月~06月 2コア 10 nm NA 15 W 4802 Core i3-8130U 2. 20GHz 2018年01月~03月 2コア 14 nm FCBGA1356 15 W 5021 Core i3-8145U 2. 10 GHz 2018年07月~09月 2コア 14 nm FCBGA1528 15 W 5548 Core i3-8300 3. 70GHz 2018年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 62 W 8765 Core i3-8300T 3. 20GHz 2018年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 35 W 8032 Core i3-8350K 4. 00GHz 2017年10月~12月 4コア 14 nm FCLGA1151 91 W 9277 Core i3-9100 3. 60GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 65 W 9095 Core i3-9100F 3. 60GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 65 W 9024 Core i3-9100T 3. 10GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 25 W 7683 Core i3-9300 3. 70GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 62 W 10018 Core i3-9300T 3. 20GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 25 W 8777 Core i3-9320 3. 70GHz 2019年04月~06月 4コア 14 nm FCLGA1151 62 W 10144 Core i3-9350KF 4. 00GHz 2019年01月~03月 4コア 14 nm FCLGA1151 91 W 10605.

次の

インテル Core i3 vs. i5 vs. i7:プロセッサーの正しい選び方とは?

インテル コア i3

少し括りが大きいですね。 現在リリースされるi3は530、540ですが、どちらも微々たる性能差です。 さて本題ですが、Core2duoでi3-530と同等の性能のものはE8600という型番の製品です。 このE8600というのは価格としてはi3-530の2倍近い値段です。 ちなみにCoreiシリーズをサポートするチップセットはメモリがDDR3専用であるのに対し、Core2シリーズではDDR2が主流です(極少数でDDR3のマザーボードがありますが) DDR3はDDR2より上位ですので、CPU以外の部分でもCoreiシリーズが勝っていますね。 且つOSをWindows7にした場合はCorei3のHTテクノロジーをフル活用することができます。 追記> これは余談ですが、動画編集や画像編集など負荷の大きい作業では違いが確実に出ます。 (Corei3優勢) 最近はYoutube、ニコニコ動画など一般ユーザーでもかなり負荷の大きい処理を要する場合があり、編集などの動作以外でも性能の差を実感する場合があります。 PCにやらせることが瞬間で終わるようなことばかりなら、 ほとんど差はないです。 前者が2秒で終わることを、後者が2. 2秒かかったとしても、 PCの操作者にとっては、大きな違いはない。 まあ異常に気にする人たちも、ほんの一部います CPUに長時間の処理をさせるような場合、 代表例が動画のエンコードですが、そういう場合にCPUパワーが活きてきます。 消え行くCore2Duoを新規に買うよりは、 新しいアーキテクチャのCorei3を買った方が利口ですが、それも価格次第。 という価格設定をしていたら、私なら迷わず前者を選びます。 1万円でも前者かな? 1. 5万円以上になったら、後者にします。

次の

インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

インテル コア i3

パソコンの処理速度とはどういうことか? 昔は、『クロック周波数(CPUの動作速度。 例:指揮者の棒を振る速度)が早くなれば、CPUの速度が上がる』というのが指標でした。 Pentium4までは、その常識が当てはまっており、クロック周波数が高いCPU=処理速度が速いCPUとして高い値段が付いていたそうです。 ところが、クロック周波数を上げることに技術的な限界がきました。 それに加えて、『消費電力』という最大の問題が立ち上がります。 『デスクトップPC』から『ノートPC』への需要の移行に伴い、消費電力を下げることが最重要課題になってきました。 なぜその必要があるのか…• ノートPCは構造上、大きな冷却装置を付けられない。 バッテリーによる駆動時間を長くするため。 それらの対策を踏まえたのが、 『Core』という新シリーズです。 『Core』は、電力:低電力で駆動可能。 処理速度:コアを複数搭載する『マルチコア』により、処理速度を上げている。 性能としてのデメリットは無いのですが、 唯一の難点として、Pentium時代まではクロック周波数の高さで単純に性能を図ることができたが、『Core』は性能を数字で表しにくくなってしまいました。 なので、インテルは処理速度の指標として『i3』『i5』『i7』と銘をうち、速さの順番が分かるようにしました。 (数字の飛び方に意味は無いらしい?主人曰く:欧米人の好みなんじゃない) 『i3』『i5』『i7』の性能差とは? では、『Core i3』と『Core i7』では 性能に倍の差があるのか?…というと、 それは違う。 単純に、処理の速さの順番を表しています。 ただし、それは『同世代』の間でだけ通用する話なのです。 ここから本題になってきます。 それを聞いて、 普段は仏のような主人はカチンときたようです。 チラリとスペック表を見て、 『CPUは、何世代なんですか?』と店員さんに質問。 何も知らない私は、 超珍しく店員さんに噛みついてるなぁ…と、やりとりを不思議に眺めておりました。 なるほど、後で話を聞いてみるとそういうことだったのか。 ちなみに、店員さんは『2世代前のCPU』だと白状させられて気まずくなってました。 あの…イヤな客ですみません。 そういう商売のスタイルもあるでしょうから😅ただ今回のできごとは、主人のココロに何か響いたようです。 主人は言います。 大事なことは、購入しようとしているパソコンの『CPUが最新なのか?それとも、昔の世代なのか?』を店員さんに確認して、納得したうえで購入すれば良いのだ。 …そうです。 単純に『最新のCore i7』がスゴイということに変わりはありませんが…1世代前ならまだしも、2世代前の『i7』なら別モノの価値に下がるのだということを、ぜひ皆さんに覚えてほしいそうです。 インテルはどうすべきだったんでしょうね シロートの私は、いつの世代のモノなのか分かるような名前のつけ方をするべきだったのでは?と思いますが、 主人は『CPUの性能をランク(数字)で表すべきだったのでは?』と。 世代に関係なく、数字が大きいほど性能が高いとパッと見て分かるように。 まぁ、インテルさんにも、イロイロとオトナの都合があるのでしょうかね…。 余談ですが、パソコン業界の苦境はどうにかならないですかね。 パソコン需要の低迷に歯止めがかかってほしいなぁ。 オタクとしては、スマホ・タブレットだけじゃ満足できんとですよ。 毎回いろんな楽しげな名前が付けられてます。

次の