ワンズ ウェイ 評価。 ワンズウェイのインターンシップ募集/選考対策まとめ|ONE CAREER

(株)ワンズウェイの新卒採用・会社概要

ワンズ ウェイ 評価

実践的な練習がしたい方• 試合に勝つための練習がしたい方• 課題があってとことん練習がしたい方• 様々なタイプの人と練習がしたい方• 基礎は一通りやったけど、これから何を強化してよいかわからない方 【特徴】 多球練習をメインにたくさん球が打てるような内容になっています。 トレーナーとの練習で課題を克服しながら、参加している方同士でも練習が可能です。 各個人のレベルに合わせて練習しますので、もちろん基本的な打法・動きも練習可能です。 【ご予約】 前日までにご予約をお願いします。 【こんな方にご利用いただいています】• 入門~中級者さん• 練習相手が欲しい方• 自分の課題があって、とことんその練習がしたい方• 自分のペースで練習がしたい方• まずは基礎をじっくり教わりたい方• こっそり練習がしたい方• グループで練習がしたい方 【ご予約】 前日までにご予約をお願い致します。 【時間】 予約ページにてご確認ください。 【こんな方へ】• こどもが卓球をやりたがっているので、一度やらせてみたい。 せっかくやるなら基礎から教わりたい。 運動は苦手だけど、スポーツの楽しさを感じてもらいたい。 安全で、怪我の少ないスポーツをさせたい。 【対象】 3歳~中学3年生まで 【特徴】• 基礎基本から教えます。 マナーや礼儀も教えるので、将来役立つ力になります。 月謝制ではないので、気軽に参加できます。 【ご予約】 前日までにご予約をお願い致します。 【時間・料金】 6月1日~6月30日• 毎週 日曜 10:00~11:30 各回1,000円 入会金・年会費・ボール代0円 運動しやすいように、体育館で動きやすい服装・シューズ持参をオススメします。

次の

株式会社ワンズウェイの採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

ワンズ ウェイ 評価

詳しくは会社説明会でお伝えしています。 お互いのマッチングを図っていく選考です。 勉強会も予定していますので、参加しながら入社するか否かをゆっくり検討してください。 40時間を超える時間外労働は追加で支給 諸手当 契約報酬手当、成果報酬手当、固定残業手当、職務管理手当、特別手当、役職手当 その他諸手当 昇給昇格 昇給:年1回 当社規定による 昇格査定:年4回 当社規定による 『キャリアアップ評価制度』という制度を設け、昇格査定が年4回行われます。 試用期間 無し 受動喫煙体制について 大阪本社 ・屋内喫煙可能場所有(職場敷地内の屋内に喫煙専用室の設備あり。 ) 福岡支店 ・敷地内全面禁煙(職場敷地内の屋内・屋外問わず、全面禁煙。 ) 新卒採用を積極的に行っているため平均年齢が低く、若手社員も活躍しやすいのが教育業界の特徴です。 自己啓発支援 あり:自社自己啓発型研修の実施、及び外部自己啓発研修の受講費・交通費支給 メンター制度 あり:制度として設けている訳ではありませんが、ワンズウェイの社風として普段から1~2年先輩の社員とコミュニケーションをとることが多く、仕事面や生活面などあらゆる面での相談やアドバイスにのってくれる環境を大切にしています。 新卒社員や後輩の置かれてる状況や気持ちに寄り添い考えることが、先輩社員自身の成長にも大きく繋がっています。 キャリアコンサルティング制度 あり:社員の能力や適性に応じたジョブローテーション支援制度を設けています。 また、社員のキャリアアップ・キャリアステップに向けた相談に対する、助言や指導を積極的に実施しています。 社内検定等の制度 なし:制度内容・補足 社内検定制度等は設けていませんが、学生時代に所得した資格や免許などを活かすことができるよう、社内企画支援制度の活用や適材適所のジョブローテーションを積極的に行っています。 月平均所定外労働時間 25. 0時間 (2019年度実績) 追手門学院大学、大分大学、大阪大谷大学、大阪芸術大学、大阪工業大学、大阪成蹊短期大学、大阪体育大学、大阪電気通信大学、沖縄国際大学、香川大学、関西外国語大学、関西外国語大学短期大学部、関西国際大学、関西大学、関西学院大学、北九州市立大学、九州国際大学、九州産業大学、京都橘大学、近畿大学、熊本県立大学、久留米大学、高知大学、甲南大学、神戸国際大学、下関市立大学、就実大学、西南学院大学、専修大学、徳島大学、中村学園大学、長崎総合科学大学、奈良教育大学、西九州大学、日本経済大学福岡キャンパス、阪南大学、梅光学院大学、兵庫県立大学、広島女学院大学、福岡女学院大学、福岡大学、立命館大学、龍谷大学 詳細情報 主な募集職種 営業系 販売系 主な勤務地 大阪、福岡 応募資格 短大、専門、大学、大学院卒業見込みの方 または 短大、専門、大学、大学院卒業の方(2018年4月~2020年3月卒の方) 積極採用対象 大学生(文系)、大学生(理系)、大学院生(文系)、大学院生(理系)、短大生、専門学校生 採用予定学科 法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系.

次の

先日大阪市のワンズウェイという会社が訪問にきてテストを受けました。そ...

ワンズ ウェイ 評価

ピンポ~ン!と午後2時ごろに「中学生におすすめの教材です」といって訪問販売が来ました。 中学1年から3年までの5教科に使える教材です!ということで内容が良さそうだったので契約してしまいました。 その時は内容を見て良さそうな教材だったので「勉強になる!」と思って契約をしたのですが、あとになって冷静に考えてみるとこのように思いました。 本当に教材は良いものだったのかネットで調べてみましたがイマイチ詳しい内容も分からず、自分の判断が正しかったのかどうか今さらですがさっぱり分かりません。 こういう声を聞くと多くの人が「騙されたんじゃない?」などと言いますが、私はそんなことはないと思っています。 「訪問販売」というと良くないイメージがあるので批判的な意見が多いようですが、私は内容をしっかりと見て「大丈夫」と思ったのであれば悪くないと思います。 ただし教材の内容を判断するための知識を持っておくことは大事ですし、さらに子供自身がその教材との相性が合っているか?という問題もクリアする必要があります。 訪問販売の教材というのは、基本的にドリル(問題集)なんですね。 教材によっては参考書的なものがくっついているとか、予備知識に必要な資料などがくっついている場合もあります。 あとはその中身が支払う費用と見合っているかを見極めることが大切です。 そんな訪問販売の教材で失敗しないために必要な3つのポイントについてお伝えしますので、ぜひしっかりと身につけておいてください。 訪問販売で失敗する3つのポイント これは「セールストーク」に対しての知識がないからです。 まず初めにお伝えしておきますが、訪問販売で勧誘に来る担当者はセールスのプロなんですね。 会社では成約させるためのプロセスはもちろん、成約に近づけるための人間性や醸し出す雰囲気までもしっかりと教育されているものです。 さらにあらゆる方向からの質問に対しても「返し方」についてものすごく勉強をしていて、どんな質問をしたところで家庭にとってプラスに感じるように返ってくるはずです。 これだけはハッキリとお伝えしておきます。 「会社に教材の在庫があります。 あとは売るだけです。 」 訪問販売に限らず、セールスとはそういうものです。 実際に訪問販売で教材を契約した人というのは「あれだけ子供のことを考えてくれていたから悪い人じゃない」なんて思っているはずですが、確かに悪い人ではありません。 しかし成約させるためにトコトン教育を受けているプロなんです。 何とな~くでも分かってきましたか? つまり子供や家庭にとってマイナスになるというのは、絶対にあり得ないことなんです。 もしかしたらそれが高額で粗悪な教材かもしれませんが、実際に契約した人からすれば間違いなくその教材によってあらゆることがプラスになっているんです。 もしかしたら心の安定を得ることができたのかもしれませんし、頼るべきものが見つかった安心感かもしれません。 または子供のことをしっかりと考えてススメてくれた感謝の気持ちかもしれません。 ただし「本当に結果の出る教材ですか?」とだけ言っておきます。 訪問販売のセールストークというのは成約をさせるためのもの、その後の結果まで本当に考えていると思いますか? ただしその教材を買ったら「中学生のあいだはサポートします」ということであれば話は別で、本当に子供の将来を考えて高額な教材を販売したのならそこまでやって当然だと思います。 これはそのまま「教材」に対して詳しくないということです。 私も塾の講師をしていて様々な教材を目の当たりにしてきましたが、教材というのは「ボリューム」「丁寧な解説」この2点が揃っているものでなければ優秀とは言えません。 いちばん良くない教材というのは「問題の出しっぱなし」です。 教材という文字をよく見ると「教える」「材料」なんですね。 そんな教材の中身がただ問題の羅列だとすれば、それは教材とは言えずただの問題集なんです。 まずこの部分をしっかりと把握しておいてください。 具体的にどんな問題が掲載されているのか? というのが焦点ではなく、問題を解くための知識がどれだけ身につくか?ということが最も重要なポイントとなります。 そのためにはしっかりとした解説が必要で、問題に対して解くための工程や考え方などがわかりやすく書かれているものを「教材」といいます。 問題集と教材の違いをしっかりと身につけておくことはとても大切になります。 それと同時に「付録」にも注意してください。 もしかするとタブレットプレゼントなど、魅力的な特典が用意されているかもしれません。 もちろんそこに重要性を感じるのであればそれで結構ですが、結構この付録によってトドメを指されて契約する人も多いものです。 たかが付録と思っていても、実際にその場面になるとフラフラ~っと「その気」になってしまう怖い必殺技です。 無料でもらえて得した!などと満足して高額で粗悪な教材を購入したことにすら気付かないことは普通によくあります。 これは「訪問販売」に対して知識がない証拠です。 大体そのような人は「曖昧な返事」をしていることが多く、自分の中に判断基準を持ち合わせていないからなんですね。 でも実際に自分の所に訪問販売が来られたら、そんなウソのような話が本当に起こってしまうものなんですね。 これまでにも「いつの間にか契約をしてしまった!」という人の多くは、まさか自分がそんなことになるはずがないと思っていた人です。 そうならないためにも「判断基準」をしっかりと持っていてください。 この判断基準というのは少しでも多いほうが正確な判断につながりますので、教材の中身をはじめとした一連の流れに対する判断力をつけておくことが大切です。 曖昧な返事をしていると、こんなトドメを刺されるとイチコロです。 「学習塾へ通うよりも安上がりですよ。 」 この言葉は本当に説得力があって理性を失ってしまいがちですので、教材の中身・費用対効果などをしっかりと判断して考えるようにしてください。 参考: 追伸「その教材で子供自身が本当に勉強をするのか?」 これも大事なことなのでお伝えしておきますが、本当にその教材や中学生の通信教育に子供が取り組むかどうか?を考えておくことです。 訪問販売ということは問題集のようなテキスト形式になりますので、学習塾と違って目の前に講師がいるわけではありません。 わりとこの部分を見落ちしがちになりますので注意してください。 教材の良し悪しの前に知っておくべき「特性」にあたる部分なのですが、今までに家庭学習のクセがついている子供であれば自然と勉強に取り入れることができるはずです。 というよりも、そんな結果になるパターンがほとんどです。 なんでそんなことになってしまうのでしょうか? その原因というのは実は親のほうが作っていて、教材や中学生の通信教育を契約する前に「子供と一緒に見ていない」からなんです。 自分が勉強をしていたときのことを思い出してみて欲しいのですが、教材によって勉強が「しやすい」とか「しにくい」というのがありませんでしたか?それは子供も同じで教材との相性によっては、勉強が「しにくい」ことがあると考えておくべきです。 親のほうが良かれと思って与えてみても子供が取り組まないというのは、わりとそんなところに理由があったりするものです。 しかし優秀な教材であればわかりやすく子供も取り組むはずですので、訪問販売の教材が山積みで終わっているという家庭の多さを考えると「そうなのかな?」という気はします。 参考: 訪問販売で注意したい3つのポイントまとめ 注意するべき3つのポイントと追伸をお伝えしてきましたが、いかに自分自身に判断基準を儲けておくことが大切か?というのがわかっていただけたと思います。 教材や中学生の通信教育そのものをどうこう言うつもりは私もありません。 それよりも教材の中身をどれだけしっかりと見極めることができるか?という判断基準を養っておくことのほうがはるかに重要になります。 相談して来られた方も契約してから「後悔」を感じ始めるなど経験をされていますが、これも自分の中に判断基準を持ち合わせていなかった結果です。 本当に教材がいいものか?子供が取り組んでくれるのか?など総合的な判断ができていれば契約することがなかったのかもしれません。 また契約をしてから教材の中身の粗悪さに対して「クーリングオフ」などと騒ぐ家庭もありますが、私はその前にしっかりとした判断基準を儲けておけばそんなムダな時間を過ごさなくて済むと思っています。 ぜひ3つのポイントをしっかりと抑えて「中学生のお子さんのいる家庭をまわっています」と突然訪問して教材を販売してくる業者に対応していきましょう! 人気記事 はこちら.

次の