パプリカ 映画。 パプリカの考察と感想と解説:鮮やかに混沌『パプリカ』の評価やレビュー

映画『パプリカ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

パプリカ 映画

というのも、 夢の中に入り込むというのが、物語の根幹であるからです。 この夢の中というのが、言葉で形容しづらいのですが、 かなりイマジネーションにあふれていて、不思議な世界。 オープニングから惹きこまれ、今まで観たこともないような映像がどんどん出てきます。 あまりにも不思議な世界なので、一体何が起こっているのか、少々分かりづらい部分はありますが、 映像を観るだけでも価値があるでしょう。 現実の世界と夢の世界が合わさる映像は必見! ぜひ夢の世界を体験してみてください。 サスペンス性も見どころ 『パプリカ』(2006)はサスペンス性も見どころポイントになっています。 夢を共有し、夢の中に入っていける装置DCミニ。 そのDCミニが盗まれたことで、本作は進行していきます。 一体、DCミニを盗んだ犯人は誰なのか、盗んだ目的は何なのか。 それが気になって観てしまうのですが、 物語は意外な方向へ転がりだし、黒幕も登場。 ぜひサスペンスな部分にも注目して観てください。 R指定になっている理由は、 主人公である千葉敦子が全裸になるシーンがあるからだと考えられます。 怖い理由は、日本人形や精神的におかしくなった人が出てくるなど、不気味な点があるからではないでしょうか。 人によるかもしれませんが、それほど怖いとは思いません。 インセプションはパプリカをパクった? クリストファー・ノーラン監督作品である『インセプション』 2010 は、夢の中に入り込むという点では 『パプリカ』 2006 と同じコンセプトになります。 『インセプション』 2010 は『パプリカ』 2006 をパクったのでしょうか。 結論としては、パクりではないでしょう。 クリストファー・ノーランが『インセプション』 2010 の脚本に着手したのは2002年なので、2006年に公開された『パプリカ』 2006 の影響は受けていないと考えられます。 ただ、 クリストファー・ノーランは『パプリカ』 2006 にインスピレーションを受けたと公言しているそうです。 バーテンダーの二人組は何者? 劇中で出てくるバーテンダーの二人組は、ネットの中のラジオクラブのバーテンであり、 夢の世界の住人だと考えられます。 ちなみにバーテンダーの二人の声優は原作者の筒井康隆と監督の今敏です。 千葉敦子(パプリカ)は二重人格なのか? 千葉敦子は現実世界、パプリカは夢の世界だと考えられます。 二重人格というよりも、分身、一人の千葉敦子と言った方が適切ではないかと思います。 氷室は死んだ? 氷室は死んだのかどうかは正確には分かりません。 重体で意識をなくし、助からないような感じではありましたが。 しかし、 治療を受けて寝てはいるので死んではいないと思います。 小山内が理事長と手を組んだ理由を解説 映画では小山内と理事長の関係については、詳しく描かれていません。 2人が手を組んだ理由は理事長の考え 夢の世界の支配 に小山内が賛同したからだと考えられます。 しかし、原作では 理事長と小山内には肉体的な関係が。 理事長は若い頃、留学先で同性愛系密教に出会い、傾倒するように。 小山内もその考えに同調して体の関係を持つようになります。 映画では描かれていませんが、 小山内と理事長にはそのようなバックグラウンドがあったのです。 『パプリカ』(2006)の原題・タイトルの意味とは? ・原作で理事長だった島寅太郎は映画で所長になっており、副理事長だった乾精次郎は理事長となっている ・原作で千葉敦子とパプリカの人格は一緒 ・原作では千葉敦子と時田浩作は、相思相愛である ・原作では千葉敦子と時田浩作がノーベル賞を受賞し、結婚することが発表される ・原作は性的な描写が多い 千葉敦子は登場人物たちと関係を持つ ・原作では乾と小山内が恋愛関係に 肉体関係も ある。 ・原作のほうがより現実と夢の世界が分かりづらくなっている ・原作ではグロテスクなシーンがある ・原作では神話に登場する神々が出てきて、古代エジプトのアモン神が重要な役割で出てくる 以上の違いがありました。 原作と映画では大きな違いがあります。 原作はボリュームがあるので、映画では省略、及び、分かりやすくしたのだと考えられます。 そして、粉川はトラウマを克服。 ネットのラジオクラブのバーに入り、千葉敦子の名字が時田に変わったことを、パプリカからのメッセージで知らされます。 『パプリカ』(2006)の最後の解釈と考察 最後の千葉敦子と乾理事長が巨大化して対峙するシーン、千葉敦子が理事長を飲み込むシーンは 最後までイマジネーションあふれる最後であったと思います。 期待を裏切らないラストでした。 また、最後に千葉敦子が時田と結婚したことが分かるのですが、その知らせ方もユニークで良かったです。 【レビュー】『パプリカ』(2006)の評価・評判 「狂おしい夢に襲いかかられているあたりのビジュアルとか音楽とかいい感じ」 という高評価レビューがありました。 評価されているのは、映像と音楽から作り出される独特な世界観。 ストーリーは難しいかもしれませんが、この独特な世界観を味わってみるだけでも一見の価値はあるかと思います。 日本の映画レビューサイト映画. comの点数は 5点満点中3. 6という結果に。 独特であるが故に分かりづらさを生んでしまったようです。 しかし、作品としては数々の映画賞を受賞。 アメリカでは興行収入1億円を突破し、大人向けアニメ映画のベスト10において8位にランクインしています。 『パプリカ』(2006)の総合評価:独特な世界観がクセになる!.

次の

独特の世界観、奇才が手掛けた作品という感じ by まつまつ

パプリカ 映画

パプリカのネタバレあらすじ:盗まれたDCミニで夢にハッキングするのは誰? 不安神経症の粉川警部を、夢探偵をすることで治療を始めたパプリカ。 彼女が千葉敦子に戻り帰宅すると、同僚の時田から人と夢を共有する機械DCミニが三つ盗まれたと報告される。 それはまだ試作品で悪用すれば誰でも他人の夢にハッキングすることが出来きてしまう。 ことは一刻を争うと敦子、時田、所長は理事長に報告に行く。 すると理事長はまだ未完成のその機械で勝手に治療しているパプリカの話を始めた。 そこで交渉を始めようとした所長の言動がなにやらおかしい、意味不明の言葉を語り出し終いに上階からガラスを破って外に飛び出した。 一命を取り止めた所長の脳をスキャンすると無機物がパレードをする誇大妄想患者の夢を見ていて、その中に人形に扮した時田の助手氷室の姿があった。 しばらく研究所を休んでいる彼が怪しいと、時田、敦子、助手の小山内で氷室宅を家捜し、そこで敦子は眠ってもいないのに夢を見せられ、マンションの柵を飛び越えそうになるところを小山内に助けられた。 改めて作戦を立てていると、教授の容態が急変、敦子はパプリカになり所長の夢に入ると強制的に連れ出した。 パプリカのネタバレあらすじ:粉川刑事と夢探偵パプリカ 未解決事件をあたっている粉川警部はパプリカと約束した時間にインターネットの中で彼女と待ち合わせ場所で彼女に会う。 映画に誘う彼女に粉川は映画は嫌いだと叫ぶ。 研究所では再び夢に介入され犠牲者が出てしまい、時田たちの開発は凍結されてしまう。 原因を探る敦子は時田の着ていたTシャツの模様を氷室の家で見た夢に出てきた遊園地だと思い出し、時田と共にそこを訪れる。 観覧車乗り場まで行くと、DCミニをつけたままの氷室が転落してきた。 夢に介入された職員が待ちに出てきてしまった事から、粉川警部もこの事件に関わることになる。 彼は敦子がパプリカだとさっするが、敦子も所長も口を割らない。 粉川警部は時田に事情を聞くが結局夢が人を攻撃すると言うのは事件として立件できず、事故として処理されるだろうと予想する。 その帰り、粉川警部は不安神経症の発作に襲われる。 敦子は氷室以外に犯人がいるのではと時田の研究室を訪れたが、懲りずにDCミニを作っている彼を叱り飛ばした。 そこへ、所長から粉川警部が発作を起こした事を知らされた敦子は、粉川警部のもとを訪れる。 粉川は再び未解決の発砲事件の夢を見ていた。 それは転じて自分で自分を殺す夢に変化していた。 一方研究所では急ごしらえのDCミニで時田が氷室の夢の中に入っていった。 しかしそれは氷室の夢ではなかった。 引き続き粉川の夢のなかのパプリカは粉川がかつて映画を作っていた事を知る。 そこへ、所長が見た悪夢が流れ込んでくる。 強制的に覚醒したパプリカと粉川は難を逃れる。 パプリカのネタバレあらすじ:黒幕は夢の中にいる 研究所に帰った敦子は氷室が夢を見ていないことを知る。 原因を探るためにパプリカとして氷室の夢の中に入った彼女は、夢の歪から深層へと降りて行くと抜け殻になった氷室を見つけた。 パプリカの侵入に気付いた夢は彼女を攻撃し始める。 覚醒した敦子は所長と黒幕の理事長の家へ向かった。 しかしそれはまだ夢の中で、理事長と小山内に追われるはめに。 そして覚醒できないまま小山内の夢の中に閉じ込められた。 そこでパプリカは理事長と通じた小山内が氷室を誘惑してDCミニを取引していたと知り、指摘すると小山内は激昂した。 以前パプリカと待ち合わせをしたバーで酔っ払った粉川はかつて友人と映画を作っていた事を思い出した。 作りかけのまま粉川は友人に押し付けたかれは「続きはどうするんだよ」という声を聞く。 表に飛び出した粉川は広がる映画街の甲板にパプリカを見つけ、スクリーンに囚われたパプリカが映されているのを発見する。 その中で小山内はパプリカの化けの皮を剥いで中から敦子を取り出した。 無理矢理スクリーンの中に入った粉川は敦子を救い出し、自分の夢の中に退避しようとする。 そしてそこで未解決事件の映像を見せた小山内を粉川は撃った。 彼の夢は大団円で終り、敦子は覚醒した。 パプリカのネタバレあらすじ:暴走する夢が、現実に流れ込む 現実に戻った敦子達、しかしそこへ夢が侵入し、奇妙なパレードが始まる。 粉川はバーテン達と夢の後始末に向かう。 研究所では大きな日本人形に追われる敦子と所長の前にパプリカが現れる。 現実に流れ込んできた夢の中に時田を見つけた敦子は、黒幕を探すよりも時田を助ける事を優先し、ロボットになった時田の中に飲まれてしまった。 黒幕の所に行こうとしていた彼らは街に大穴が開きあちらの世界とつながってしまった事に気付く。 粉川達と無事に合流できたパプリカは暴走し自分の夢で現実世界を新しくしようとする理事長を止めるため、小さな女の子に姿を変えると理事長の夢を飲み込み成長していく。 すべて飲み込んだ敦子は消え、現実を犯していた夢は消え、すべて覚醒した。 昔の相棒を思い出した粉川は刑事モノの映画を地で行ったじゃないかと、相棒の声を聞く。 後日無事担当していた事件を解決した粉川は、パプリカから祝辞と敦子の苗字が時田に変わると知らされる。 追伸で映画を勧められた彼は、嫌いだといっていた映画を一本見に行った。 表題になっているパプリカは、敦子が夢探偵をする時に使う変装と名前、その彼女は敦子本人とはおおよそかけ離れている。 容姿のみならず性格もほぼ逆。 敦子自身はそれを自分の分身として使いこなしてるつもりでいる。 あくまでつもりなのは、彼女が意図しない時に鏡と対話するようにパプリカと敦子が対話したり、パプリカから警告を受けるようなシーンが時折見受けられるからだ。 夢が現実に混入し始めてからはそれがはっきりとして、パプリカ自身が敦子と所長の前に現れる。 その際に、自分を分身扱いする敦子に対して、パプリカが、敦子こそが分身ではないのかと煽る。 それは時田に恋心抱きつつも素直になれない敦子への叱咤でもあるのだが、自分とは逆要素、自由や活発さを持った分身は、敦子にとっては現実世界では持てないけれど、本当は欲しいと思っている要素、つまり、本人も無自覚のまま自分の理想の像を作っているように見える。 それは、誰もが持つ変身願望とも似ている。 礼とは四角いか?さんの感想.

次の

パプリカ | 無料映画倶楽部

パプリカ 映画

経歴 [ ] デビュー前 [ ] 札幌で生まれ、父の転勤により4歳から小学4年生までを釧路、小学4年生から中学2年生までを札幌、中学3年生から高校3年生までを再び釧路で過ごす。 漫画家のは札幌時代の同級生である。 釧路で過ごした高校時代と上京後の生活とのギャップは、後年の作品の主要テーマである「イマジネーションと現実の融合」の形成に少なからぬ影響を与えたという。 アニメでは『』『』『』『』などの作品を好み 、漫画はの『』などをよく読んでいたという。 また、の短編からインスピレーションを受け、漫画を制作したこともあった。 卒業後に武蔵野美術大学にへ進学し、グラフィックを専攻する。 この時期には外国映画 や筒井の作品を見ることが多かった。 キャリア初期 [ ] 、大学在学中に『虜 -とりこ-』で『』()の第10回(ヤング部門)優秀新人賞を受賞 し、漫画家としてデビュー。 これをきっかけとして、大友克洋のとして働くことになった。 の大学卒業後、講談社より『海帰線』() 『ワールドアパートメントホラー』(1991年、大友による映画のコミカライズ)などを発表。 1991年には『』で初めてアニメ製作に携わり、美術設定・レイアウト・原画を務める。 以降『』などの製作に携わった。 その後、漫画作品の製作は『』 をもって終え、アニメ製作に専念することになる。 監督として [ ] 、『』で原画、シナリオ、演出、構成などを手がけ 、には原作の『』で初の監督を務める。 製作段階で「『アイドル』『ホラー』『ストーカー』の3要素を織り交ぜる」 といった原作のシナリオに今が満足せず、の協力でシナリオが書き換えられた。 『PERFECT BLUE』の後、以前からのファンであった筒井の『』(1993年)の映画化を考えていたが、『PERFECT BLUE』の配給会社の倒産によって計画が頓挫。 新たなオリジナル作品の制作に取り掛かり 、に『』として公開された。 『PERFECT BLUE』と同程度の低予算で製作されたが(概算で1億2,000万円) 、前作以上の成功を収め、多くの賞に輝いた。 本作は長年のファンであったとの初タッグを組んだ作品で 、以降の作品にも平沢が音楽として参加している。 の『』の発表後、には初のTVシリーズとなる『』を製作。 数々の社会的なテーマも取り入れられ 今が日頃から温めていた、映画では吸収できなかったアイデアが再表現されている。 、かねてから計画を温めていた『』を発表する。 原作者の筒井たっての希望でもあったとされ 、数年来の構想が実現した。 この作品も成功を収め、様々な映画祭で賞に輝いた。 今は本作でも物語の要約だけではなく独自の解釈を加え、「基本的なストーリー以外は全て変えた」とコメントしている。 『パプリカ』の後、押井守やとともに、放映の「」()に携わる。 ここで1分間の短編作品『オハヨウ』を発表した。 同年、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)の設立に参与する。 晩年 [ ] 『オハヨウ』の発表後、次回作として『夢みる機械』の制作に着手したが、に体調を崩し、5月にで診断を受けたところ末期のと診断される。 生前から「自分のエンジンはととで動いている」とブログで公言するほどの不摂生な生活を送っていたとされ、余命半年と宣告された後は、身の回りの整理をしながら亡くなる前日までブログを更新するなどしていた(但し、存命中は自分が病気であることは伏せている)。 2010年8月24日逝去。 46歳没。 翌日付のブログに、「さようなら」というタイトルで生前に書き留めていたファンに向けてのメッセージを残している。 死後、とが追悼の意味を込めて、今敏が制作に携わった作品を放送した。 関係者向けに開かれた「今 敏監督を送る会」には今の作品に関わったや平沢進らが出席した。 なお、未完に終わった『夢みる機械』は、同年11月に板津匡覧が監督を代行して製作を続行する事が発表された が、にて丸山正雄は「今さんの真似はできても、彼らしさは誰にも出せない。 」と方向転換の意向を表明した。 今と関わった主なスタッフは、の、の、を担当したなど。 制作費はおおよそ数億円 と日本の一般的なアニメの制作費を考えればはるかに少ないが、これについて「低予算でも質の高い作品が製作できるのは、スタッフの賜物である」と述べている。 影響 [ ] 自身の絵についてはからの影響が濃厚だとし、アニメ業界に入ってからはアニメーターの、、、、美術設定のなどに多大な影響を受けたとしている。 文学作品ではSF作家の や筒井の影響 などを挙げ、アニメ作品においては『』、『』、『』()、『』の話を引用し 、特に感化された作品は大友の『』だと語る。 アメリカの映画作品からも影響が垣間見える。 特に刺激を受けたのは、監督の『』()である。 他にも、『』()などを好み、また影響を受けた監督の一人として、の名を挙げる。 特に、『』()、『』()、『』()が好みであった。 また、日本映画からも影響を受けており、作品を好んでいる(『パプリカ』でこっそりとさせている )。 また、インタビューでは彼の作品はあくまでも「日本の」作品であるといったことを強調している。 音楽では映画でも組んだ平沢進のファンと公言しており、映画のサウンドトラックのみならず自宅のBGMにも頻繁に平沢の曲を流していたほか、生前は平沢のライブの観覧にも出かけており、作品への影響も少なくはない。 今の葬儀の際、出棺時には平沢の楽曲で『千年女優』のテーマソングだった「」が使用されたという。 作品 [ ] 監督作品 [ ] アニメ映画 [ ]• (1997年) - 初監督作品。 同作は、招待作品となる(非コンペ)。 (2002年) - により世界配給された。 (2003年) - 先の『千年女優』と共に候補作品に選出された(共にノミネート落ち)。 (2006年) - 公開に先駆けのコンペティション部門に出品。 候補作品選出(ノミネート落ち)。 テレビアニメ [ ]• (2004年) - で放送された。 初のテレビアニメーション作品。 オハヨウ(2007年) - NHKの「 Third Season」で放送された。 音楽はおかもとだいすけ。 制作はマッドハウス。 漫画作品 [ ]• 海帰線() (ビー・エス・ピー) ()• ワールド・アパートメントホラー(短編「ワールド・アパートメントホラー」のみ・原作)(講談社)• (原案:、未完) の月刊誌『』1995年5月号 - 1996年11月号 に掲載。 単行本は没後に刊行された。 限定版(2010年12月4日発売)• 通常版(2010年12月13日発売)• 増補復刻版(2019年10月17日発売)• OPUS(未完) - 学習研究社の月二回刊誌『コミックガイズ』1995年第10号 - 1996年第6号 に掲載。 次の1996年第7号で同誌は休刊となり、当作品は未完のまま単行本も発行されなかった。 没後に刊行された単行本(2010年12月13日発売、徳間書店)には、発見された未完成原稿が「未発表の最終話」として収録された。 上巻:• 下巻:• 夢の化石(講談社) 著書 [ ]• KON'S TONE 〜「千年女優」への道〜(2002年9月20日、)• (2004年5月8日、) - の小説で、との共著。 PLUS MADHOUSE(プラス マッドハウス)1 キネ旬ムック (2007年8月20日、) 関連書籍 [ ] 初出の底本と発行年を明らかにすることが望ましい。 押井守、今敏:「セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》」、復刊ドットコム、IBN 9784835456980。 今敏:「OPUS 《完全版》」、復刊ドットコム、。 今敏:「今敏 絵コンテ集 東京ゴッドファーザーズ」、復刊ドットコム、。 今敏:「今敏 絵コンテ集 千年女優」、復刊ドットコム、。 今敏:「今敏 絵コンテ集 パプリカ」、復刊ドットコム、。 佐々木努(編):「今敏 アニメ全仕事」 、ジー・ビー、 2011年6月16日。 今敏: 「プラスマッドハウス 1 今敏」、キネマ旬報社 、ISBN ?。 今敏:「今 敏 画集 KON S WORKS 1982-2010」、角川書店、。 その他参加作品 [ ]• (美術設定・レイアウト・原画)• (原案)• (レイアウト・原画)• (レイアウト)• (2話原画、5話シナリオ・絵コンテ・演出、6話構成協力)• (2話原画)• (15話原画)• (構成協力を行ったが友人である監督の個人的な依頼によりノンクレジット) 受賞歴 [ ]• 第47回 ()(2019年)(生涯功労賞) 『PERFECT BLUE』• ベルリン国際映画祭招待• 第2回ファンタジア映画祭アジア部門大賞• 第17回ポルト国際映画祭アニメーション部門大賞 『千年女優』• 第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞• 第57回• 第6回ファンタジア映画祭最優秀アニメーション映画賞・芸術的革新賞• 第33回(スペイン)最優秀アジア映画作品賞 『東京ゴッドファーザーズ』• 第7回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞• 第58回• 第24回ベルギー国際アニメーションフェスティバルプリベTV映画賞• 第18回 経済産業大臣賞• 第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭(スペイン) 最優秀アニメーション映画観客賞• Future Film Festival(イタリア) 最優秀作品賞• 東京国際アニメフェア2004アニメアワード・コンペティション劇場映画部門 優秀作品賞• 個人賞・監督賞:今敏• 個人賞・美術賞:池信孝 『パプリカ』• 第12回 作品賞・劇場部門• 第14回Chlotrudis Awardsベストデザイン賞• 第25回ポルト国際映画祭Critics' Award受賞• 第35回モントリオール・ニューシネマフェスティバルPublic's Choice Award受賞• 第8回ニューポート・ビーチ・フィルム・フェスティバルFeature Film Award受賞• 2007 優秀作品賞劇場映画部門、個人部門音楽賞(平沢進) 関連項目 [ ]• - 今の功績を讃え、2012年よりアニメーション部門の最高賞を「今敏賞」(Satoshi Kon Award)に変更。 外部リンク [ ]• - 公式サイト• - (英語) 脚注 [ ] []• 2010年10月21日付朝刊29面• 2010年8月26日閲覧• 2009年8月26日閲覧(2009年7月15日時点の)• [ ]• DVD MEMORIES インタビュー• (2010年8月28日時点の)• 2010年8月26日閲覧。 (2010年8月30日時点の)• (2007年12月15日時点の)• 2010年8月26日閲覧。 2011年7月11日, at• 2010年8月26日閲覧。 (2010年6月22日時点の)• 2010年8月28日, at the. 2010年8月26日閲覧。 マッドハウス. 2010年11月12日. 2010年11月12日閲覧。 アキバ総研. 2016年8月20日. 2017年1月3日閲覧。 2010年8月26日閲覧。 2010年8月26日閲覧。 (2009年4月24日時点の)• KON'S TONE 2008年3月16日. 2019年4月18日閲覧。 2010年8月26日閲覧。 (2010年8月30日時点の)• 2010年8月26日閲覧。 2010年8月26日閲覧。 (2009年4月24日時点の)• Susumu Hirasawa hirasawa 2010年8月26日. 2014年2月11日閲覧。 アニメハック. 2020年6月11日閲覧。 最後の掲載となった1996年第6号は3月6日発売(3月20日発行)。 福田瑠千代,ねとらぼ 2019年12月3日. ねとらぼ. (ITmedia). 2019年12月8日閲覧。 2019年12月2日. 2019年12月8日閲覧。 (2007年10月18日時点の)• (2007年10月19日時点の)• com 2017年8月4日. 2018年8月5日閲覧。 Fantasia Festival 2018年7月24日. 2018年8月5日閲覧。

次の