楽な自殺の方法。 「楽な死に方ランキング」今の所の第1位はコレだと思う、楽な死に方を知っていつでも逃げられる安心感を持とう

「自殺方法」に関するQ&A

楽な自殺の方法

こんにちは。 4人のうちの1人だった事があるあんどぅです。 今は勿論生きたいですよ。 さて、ネットサーフィンをしていたらこんな記事があったのですがこういう暗い話題ってやっぱり開いちゃいますね。 自殺する人に関しては甘えとか救いとか様々な意見が飛び交っていますが、そんな世の中の意見は耳に入らず・・・。 本気で自殺しようと悩んでた頃はどんな前向きな言葉も 「それはお前の中だけの話だろ?」とフタを閉ざしていました。 今になって思えば 「死にたい(全てを捨てて遠い南の島に行っておねーちゃんに囲まれて暮らしたい)」って裏の意味を含んでいた死にたいだったので、大体の人の死にたいは突き詰めればこの意味になると思います。 この事に気がついたおかげで、死ぬ位なら南の島を目指すわ・・・どうせ失う物も無いしと思う変な行動力が付きました。 おかげで死ぬ覚悟でサーバーに地雷仕掛けて会社バックレる位の事をやってから会社を飛び出したら意外と生き延びてるってのが今の自分です。 まぁそんな話とは別に、純粋に知識欲として自殺と言う物に惹かれたのでメジャーじゃない様々な自殺方法をまとめてみました。 変わった自殺方法 ペットの糞尿 ベルギーでオウムとイタチを飼っていた男性が死亡しました。 彼はペットの糞尿をかなりの長期間に渡り放置しており、アンモニアガスによって亡くなりました。 致死量に達するアンモニアガスが発生するまで糞尿を放置するとは、何かしらの強い意思があったのでしょう。 結果的に自殺の意思があったのかは不明ですが、正直この死に方は自殺にはオススメ出来ないですね。 水を飲みまくって溺死 フランスのあるホテルで女性が溺死自殺をしました。 彼女は 風呂場で死んだのではなく、コップから一杯ずつ水を飲み続け60杯飲んだところで亡くなりました。 飲んだ水の量は約30リットルで、水が胃から肺に上がり窒息死したそうです。 中々死ぬまで水を飲み続ける事が出来る精神力を持つ人間は居ませんが、何故この方法を取ったのか一切が謎です。 火口へダイブ 女子学生が同級生に立ち合いをしてもらった中、火口へ走りながら飛び降りました。 マグマの中に落ちたのなら完全燃焼できたが、運悪く岩に引っかかり少しずつ苦しみながら死んだそうです。 女学生は「火山の煙を見たら私の位牌と思ってください」と遺言を残し、模倣犯が140人以上出たと言います。 火口近くですから息をするだけでも肺が焼け、内側から焼かれる苦しみを味わうとなるとかなり苦痛を伴う部類の自殺法ですね。 急発進自殺 愛知県内にあるゴルフ場の駐車場で男性の頭部が発見されました。 頭部の近くには車が停車しており、車の後方に立つ木に血の付いたビニールロープが発見されたそうです。 男性は木にロープを括り付けてから首にも巻き付けそのまま車を急発進させる事によって首を一気に切断しました。 実はギロチンは傷からの信号が脳に到達する前に絶命するので、見た目より人道的な物です。 この自殺法も見た目よりかは痛みが少なく逝けたのかもしれません。 オカルト自殺方法 暗い日曜日 番外編としてオカルトですがハンガリーのある作曲家が「暗い日曜日」と言う曲を発表しました。 しばらくしてこの曲を聞いた人が次々と自殺をしているという事で、専門家や心理学者が調べたが何も成果が出なかった曲。 100人近くこの曲で死んでいるとか・・・ 100年カレンダー 100年分のカレンダーが一枚の紙に印刷されていると言う物。 一年で販売停止したがその原因が自殺者が出たからで、霊的な何かが付いているのでは?と思ったがどうやらそうではないらしいです。 100年分のカレンダーが一枚の紙にまとまっていると、残り人生が薄っぺらい物に感じられて自殺してしまうそうです。 正直そんな訳ないでしょ・・・と思っていたら・・・ なんか復活してる 実際に試した方がいたら感想下さい。 自殺方法を調べてみて 実際に自殺法を調べている中で自殺を考えている人や、自殺未遂の人達のコメントがよく目に入りました。 「大学まで怠惰に生きてきてこれから先に希望が無い」 「医者になれないなら死んだ方がマシ」 「旦那の束縛に疲れた」 でもこれって全部「死にたい(全てを捨てて遠い南の島に行っておねーちゃんに囲まれて暮らしたい)」って副音声なんですよね。 僕の場合、ブラック企業で過労死寸前まで働かされて仕事から逃げる為に自殺を考えた事もあったんですけど、それも死にたい訳じゃなくて現状の状態から脱出したいだけなんです。 もしブラック企業に疲れて毎日死にたい・・・と考えている人がいるのであれば、今は退職代行サービスを使えば申し込んだその日に、上司と顔を合わせる事無く退職出来たりします。 会社に疲弊して自殺するよりも、さっさと辞めてしまえば意外と生きていけるもんですよ。 anndousan.

次の

自殺

楽な自殺の方法

はい鈴木です。 だからあんたも自殺するな」系も、イラッとします…笑 だってそんなの勝者の論理じゃんね…。 この2つを妨げる方法達の中で、苦痛を感じるものをふるいにかけて除いていくと、取りあえず「楽に死ねる方法」達だけが最後に残ります。 この中で、資格がないと扱えない薬品を使う方法などは除外し、誰でも購入できる材料のプランを選択すれば良いという訳です。 ただし、多くの方は理科室で理科の実験をしたことがあるかと思いますが、結構面倒でしたよね? 学校や教室に行ってなかった方は想像でお付き合い下さい~ 材料とか器具を準備して、 手順通りに設置して、 グラムを測ったりして、 実験に失敗したらやり直して… なので、確かに体は「楽に」死ねるんですけど、ちと手順が面倒ではあります。 材料費もいくらかはかかりますし。 死にたい程せっぱ詰まっている時に悠長にこんなの計算できないかも知れないね… ……… また、この世には「サルコ」という便利な道具もありますが鈴木は外国語が堪能ではないですしも持っていないので私の選択肢には今のとこらろは入っていません。 しかしこれを考案した医師は本当に人の心を思いやる精神に満ちていると思います。 死ぬのが怖くてたまらない人とか、死にたくなくてたまらない人とか、生き続けたくてたまらない人などは、 死んだ方がマシなほど苦しんでいる人の気持ちなど考えずただ狂ったように激怒するので、なかなかこういった活動をなさるのは大変なはずです。 サルコはかわいい名前ですが以外に大きく 人が入れるサイズ 、普通にググればどんなものなのか出てきます。 かっこいいです。 ちなみにを使ってます。 ……… 窒素は、私達が吸ったり吐いたりしていりこの空気中に沢山あります。 沢山吸ってても無害な気体です。 ただし酸素をガス交換で得られないと人は死ぬので、窒素のみを高い純度で吸ったり吐いたりしていれば、中毒にならないので苦しくないのですが、酸素が脳に運ばれないので、死にます。 また自分自身の肺活量も測定し、必要なガスの量を計算しておく必要があります。 ガス交換を何回か出来るガスの量を考えておかないとなりません。 また吐いた息の中に残っている酸素やをもう一度高い割合で吸うとなれば純度がかなり下がりますし、それは失敗の元です。 脳が酸欠の状態になって時間がたつと障害が残るらしい。 嫌だ…生きるのがさらに大変になるのは御免だ。 だから準備の時には、そもそもの容積とかガスの流れとかを調整する必要がある。 この辺が頭を使わないとならないから、この苦しくない方法は流行らない…。 それで多くの人は苦しんで死ぬ羽目になる。 悲しい。 ちなみに、保健所で犬や猫が殺処分される時は、まったくと言える方法ではなく、中毒でじわじわ苦しめられて殺されます。 いくら犬や猫が人間でないと言え、非人道的だよね…やめて欲しい。 こういうの聞くと人間の罪深さに鬱が加速するよね… ……… 話しを戻しまして、とにかくこれが、一般人でも独りでできる、苦しくない死に方です。 また、窒素以外の気体でも、中毒などの「なんとか中毒」にならない系の気体なら、普通の気圧の中でなら苦しくないのでいけます。 気圧によっては酸素でさえも高濃度だと人は死ぬという豆知識… ただ、自殺にはうまくやらないと「後遺症が残ってさらに不愉快な思いをする」という後続イベントが引き起こされる為、事前調査はとにかく入念にする必要があります。 この、やりたいことに没頭している没入感は、あなたが「死んだ方がましだ」と思うほどの苦痛からあなたを逃してくれます。 なんか、人間関係の悩みなど含む精神的な問題で死にたいって思う人って、心が優しい人が多いと思うから…。 その優しさがこの世から毎日毎日何十人もなくなっていくのはもったいないっていうのもあります。 あと、「苦しみたくない」っていう、「自分を自分が苦しませたくない」っていう姿勢を大切にして欲しいです。 自分という人間を苦しませられる人は、 他人という人間も苦しませる事が出来てしまうから。 だから、 苦しみたくない・自分を苦しませたくない・人間を苦しませたくない っていう考えはとても大切なんです。 大切っていうか普通に素晴らしい感覚だよね人として…。 そりゃ、短期的には成長のために人を苦しめることもあるよ、例えばスポーツのコーチとかね。 ハードな練習は苦しいよね。 でもそういう中でも「他者の尊厳を傷つけて苦しめるのはダメ」っていうルールがある。 人の権利を侵害する形で人をわざと苦しめるのは、ダメだよね。 ……… 私は輪廻転生は無いとは思えないので 例えば空気って見えないのに、いろんな種類の気体が混ざっている。 見えないのに確かに何かがあるわけで… 、 次回、何かの生命に生まれ変わっちまった時のことを考えると、出来れば地球上には優しい人たちに沢山生きてて欲しいよ。 次の生命が始まったときもまた嫌な思いするの嫌だから… なので、取りあえず、苦しくなく死ねる方法は ちと面倒だが あるよ!って伝えたかったです。 安心して欲しかったから。 死ぬときまで苦しかったり怖かったりするの嫌じゃないですか? もうすでに生きてるだけで苦しみや不安でパニック状態なのに。 だから設置は面倒だけど上手に頑張れば苦しくなく死ねる方法はこの世にあるから、まずは0. 2ミリくらいは安心して下さい。 そして、 死にたい理由が借金の人は自己破産出来ないかとか、合法的に返済をのばす抜け道など探したり、 人間関係のしがらみで仕事辞めれなくて死にたい人は、日本から戸籍を抜いて、組織や親戚の追跡から逃げ切って遠い土地で人生やり直す計画を描いてみたり、 親から愛されなかった恐怖と絶望で生きてるだけで混乱している人は、や虐待の勉強をちゃんとしている、相性のあうカウンセラーを探して欲しい。 とにかくこの世で誰かがネットにヒントを書いて置いといてくれれば超ラッキー!てなもんです。 その人を心の中で味方にして、自分はこの世で独りきりで悩んでいると思い込まないのがコツです。 誰かが、はじめは戦争のためだったけど、インターネットを作ってくれたおかげでこうして私達はすれ違える。 私の知人は「この世で独りきりで悩んでいる、この世で一番不幸だ」と思っていて、とうとう死んでしまった。 その頃の鈴木には今のような記事を書ける力はなかった。 その子にとって私は味方になりえなかった。 私と通話して互いに「またね」と言った翌日、その子は練習していた首吊りに成功した。 …二年ぐらいは、自分の無能さに蓋をしたかった。 認めたくなかったようでもある、自分がその子を助けられなかった つまり殺した からな気がしてとにかく恐ろしかった。 いつもみたいに「ODして入院してました」ってひょっこり帰ってくるのを五年ぐらい待ってた。 でもそんな事は起こらなかった。 その子に何もしてやれなかった分、こうしておせっかいなブログを建てた。 ここは墓だ。 争いごとが嫌いな、優しい子だった。 そして私はいつもいつも、試行錯誤を繰り返している。 実際のところ、人生ってのは常に理科の実験みたいなものなんだろう。 もし良かったら… 実験を続けないか? nodyhate.

次の

首吊り・服毒・ガス自殺 様々な自殺方法を試した末の結論|わとりん|note

楽な自殺の方法

はい鈴木です。 だからあんたも自殺するな」系も、イラッとします…笑 だってそんなの勝者の論理じゃんね…。 この2つを妨げる方法達の中で、苦痛を感じるものをふるいにかけて除いていくと、取りあえず「楽に死ねる方法」達だけが最後に残ります。 この中で、資格がないと扱えない薬品を使う方法などは除外し、誰でも購入できる材料のプランを選択すれば良いという訳です。 ただし、多くの方は理科室で理科の実験をしたことがあるかと思いますが、結構面倒でしたよね? 学校や教室に行ってなかった方は想像でお付き合い下さい~ 材料とか器具を準備して、 手順通りに設置して、 グラムを測ったりして、 実験に失敗したらやり直して… なので、確かに体は「楽に」死ねるんですけど、ちと手順が面倒ではあります。 材料費もいくらかはかかりますし。 死にたい程せっぱ詰まっている時に悠長にこんなの計算できないかも知れないね… ……… また、この世には「サルコ」という便利な道具もありますが鈴木は外国語が堪能ではないですしも持っていないので私の選択肢には今のとこらろは入っていません。 しかしこれを考案した医師は本当に人の心を思いやる精神に満ちていると思います。 死ぬのが怖くてたまらない人とか、死にたくなくてたまらない人とか、生き続けたくてたまらない人などは、 死んだ方がマシなほど苦しんでいる人の気持ちなど考えずただ狂ったように激怒するので、なかなかこういった活動をなさるのは大変なはずです。 サルコはかわいい名前ですが以外に大きく 人が入れるサイズ 、普通にググればどんなものなのか出てきます。 かっこいいです。 ちなみにを使ってます。 ……… 窒素は、私達が吸ったり吐いたりしていりこの空気中に沢山あります。 沢山吸ってても無害な気体です。 ただし酸素をガス交換で得られないと人は死ぬので、窒素のみを高い純度で吸ったり吐いたりしていれば、中毒にならないので苦しくないのですが、酸素が脳に運ばれないので、死にます。 また自分自身の肺活量も測定し、必要なガスの量を計算しておく必要があります。 ガス交換を何回か出来るガスの量を考えておかないとなりません。 また吐いた息の中に残っている酸素やをもう一度高い割合で吸うとなれば純度がかなり下がりますし、それは失敗の元です。 脳が酸欠の状態になって時間がたつと障害が残るらしい。 嫌だ…生きるのがさらに大変になるのは御免だ。 だから準備の時には、そもそもの容積とかガスの流れとかを調整する必要がある。 この辺が頭を使わないとならないから、この苦しくない方法は流行らない…。 それで多くの人は苦しんで死ぬ羽目になる。 悲しい。 ちなみに、保健所で犬や猫が殺処分される時は、まったくと言える方法ではなく、中毒でじわじわ苦しめられて殺されます。 いくら犬や猫が人間でないと言え、非人道的だよね…やめて欲しい。 こういうの聞くと人間の罪深さに鬱が加速するよね… ……… 話しを戻しまして、とにかくこれが、一般人でも独りでできる、苦しくない死に方です。 また、窒素以外の気体でも、中毒などの「なんとか中毒」にならない系の気体なら、普通の気圧の中でなら苦しくないのでいけます。 気圧によっては酸素でさえも高濃度だと人は死ぬという豆知識… ただ、自殺にはうまくやらないと「後遺症が残ってさらに不愉快な思いをする」という後続イベントが引き起こされる為、事前調査はとにかく入念にする必要があります。 この、やりたいことに没頭している没入感は、あなたが「死んだ方がましだ」と思うほどの苦痛からあなたを逃してくれます。 なんか、人間関係の悩みなど含む精神的な問題で死にたいって思う人って、心が優しい人が多いと思うから…。 その優しさがこの世から毎日毎日何十人もなくなっていくのはもったいないっていうのもあります。 あと、「苦しみたくない」っていう、「自分を自分が苦しませたくない」っていう姿勢を大切にして欲しいです。 自分という人間を苦しませられる人は、 他人という人間も苦しませる事が出来てしまうから。 だから、 苦しみたくない・自分を苦しませたくない・人間を苦しませたくない っていう考えはとても大切なんです。 大切っていうか普通に素晴らしい感覚だよね人として…。 そりゃ、短期的には成長のために人を苦しめることもあるよ、例えばスポーツのコーチとかね。 ハードな練習は苦しいよね。 でもそういう中でも「他者の尊厳を傷つけて苦しめるのはダメ」っていうルールがある。 人の権利を侵害する形で人をわざと苦しめるのは、ダメだよね。 ……… 私は輪廻転生は無いとは思えないので 例えば空気って見えないのに、いろんな種類の気体が混ざっている。 見えないのに確かに何かがあるわけで… 、 次回、何かの生命に生まれ変わっちまった時のことを考えると、出来れば地球上には優しい人たちに沢山生きてて欲しいよ。 次の生命が始まったときもまた嫌な思いするの嫌だから… なので、取りあえず、苦しくなく死ねる方法は ちと面倒だが あるよ!って伝えたかったです。 安心して欲しかったから。 死ぬときまで苦しかったり怖かったりするの嫌じゃないですか? もうすでに生きてるだけで苦しみや不安でパニック状態なのに。 だから設置は面倒だけど上手に頑張れば苦しくなく死ねる方法はこの世にあるから、まずは0. 2ミリくらいは安心して下さい。 そして、 死にたい理由が借金の人は自己破産出来ないかとか、合法的に返済をのばす抜け道など探したり、 人間関係のしがらみで仕事辞めれなくて死にたい人は、日本から戸籍を抜いて、組織や親戚の追跡から逃げ切って遠い土地で人生やり直す計画を描いてみたり、 親から愛されなかった恐怖と絶望で生きてるだけで混乱している人は、や虐待の勉強をちゃんとしている、相性のあうカウンセラーを探して欲しい。 とにかくこの世で誰かがネットにヒントを書いて置いといてくれれば超ラッキー!てなもんです。 その人を心の中で味方にして、自分はこの世で独りきりで悩んでいると思い込まないのがコツです。 誰かが、はじめは戦争のためだったけど、インターネットを作ってくれたおかげでこうして私達はすれ違える。 私の知人は「この世で独りきりで悩んでいる、この世で一番不幸だ」と思っていて、とうとう死んでしまった。 その頃の鈴木には今のような記事を書ける力はなかった。 その子にとって私は味方になりえなかった。 私と通話して互いに「またね」と言った翌日、その子は練習していた首吊りに成功した。 …二年ぐらいは、自分の無能さに蓋をしたかった。 認めたくなかったようでもある、自分がその子を助けられなかった つまり殺した からな気がしてとにかく恐ろしかった。 いつもみたいに「ODして入院してました」ってひょっこり帰ってくるのを五年ぐらい待ってた。 でもそんな事は起こらなかった。 その子に何もしてやれなかった分、こうしておせっかいなブログを建てた。 ここは墓だ。 争いごとが嫌いな、優しい子だった。 そして私はいつもいつも、試行錯誤を繰り返している。 実際のところ、人生ってのは常に理科の実験みたいなものなんだろう。 もし良かったら… 実験を続けないか? nodyhate.

次の