歌志内市。 北海道歌志内市の寺院一覧

歌志内市とは

歌志内市

市内を西に向かって二分して流れる「ペンケウタシュナイ川」の名に由来しており、アイヌ語で、「砂のたくさんある沢」という意味です。 ちょっと暮らし体験も可能で、日本一小さな市で過ごすのどかな生活ができます。 歌志内市でちょっと暮らししてみませんか。 この体験生活を通じて、移住についてのご相談や、歌志内での生活を支援させていただきます。 まちデータ• 人口:3,221人(2019年4月30日現在)• 面積:55. 95平方Km• 北海道でのまちの大きさランキング:176位 アクセス• 最寄りインター:滝川IC• 滝川から:約24km(車で約30分)• また、中古住宅取得には最大150万円、住宅の改修に対する助成制度もあります。 市内には宅地を分譲しているほか、お試し暮らし希望者のための移住体験施設もございます。 子育て支援 認定こども園は2018年4月に新設。 幼稚園からの英語教育に力を入れ、幼稚園児の英語劇などを行う予定です。 小・中学生の修学旅行費は全額助成、中学校への遠距離通者には通学バス定期代全額補助、中学生の公的学習塾無料、学校給食費の一部負担など、子育て世帯の経済的負担緩和に力を入れています。 医療制度 子ども医療費は18歳まで無料。 歯科検診時のフッ素塗布や、中学生以下の小児季節性インフルエンザ予防接種費用も無料です。 高齢者向けの医療福祉面でのサポートも充実しています。 スポット・特徴• かもい高原の雲海•

次の

2020年 歌志内市で絶対泊まりたいホテル!旅館ランキング 【トリップアドバイザー】

歌志内市

概要 [編集 ] かつては、年間生産量約70万トンの産業で栄え、ピーク時の昭和23年(1948年)には約46,000人の人口を記録。 その後、石炭産業の衰退により減少した。 昭和56年(1981年)以降、長らく人口が1万人に満たない唯一の市だった。 同じ空知管内の平成24年(2012年)10月に 、平成25年(2013年)6月に、令和元年(2019年)9月にが人口1万人を割り込んだため唯一ではなくなったものの、平成19年(2007年)11月には北海道の町制施行基準である人口5千人を、平成26年(2014年)には4千人も割り、 日本一人口の少ない市である。 近年は・など、観光開発に力を入れている。 しかし、2009年度にはに指定されるなど、厳しい財政状況に立たされている。 なお、への指定は免れている。 市名の「歌志内」はの「オタ・ウシ・ナイ」(砂浜・についている・川)に由来する。 なお、これを意訳した地名が「」である。 市内を流れる「ペンケウタシュナイ(上歌志内)川」がこれに該当する。 現在はのチロルをイメージした街造りをしている。 地理 [編集 ] 歌志内市は、管内のほぼ中央に位置する。 市のシンボル的存在であるをはじめ、重畳たるの山々が連なる。 西流してにそそぐが市街地を貫流して大きな沢をつくっている。 市域は主に山岳・森林地帯である。 東は、西は、南は、北はに接している。 地形 [編集 ] 山地 [編集 ] 主な山• 河川 [編集 ] 主な川• ペンケウタシュナイ川• 歌志内中の沢川• 上歌川 人口 [編集 ] として大正時代に2万人を突破した人口は、昭和23年に最多の4万6千人を記録した。 昭和40年代に入ると、が相次ぎ、昭和56年には日本の市として初めて人口1万人を割った。 人口は全国の市の中で最小で、現在も減少傾向にある。 市区町村別に比較した「北海道の空き家率」で3位にランクされる。 歌志内市 - 字新歌,字西山 隣接する自治体 [編集 ]• 歴史 [編集 ] 歌志内の市域はかつての居住および狩猟の地だったと考えられており、神威岳ものカムイヌプリ(熊や狼など野獣の多い山の意)から命名されている。 19世紀初頭にはの上カバタ場所に属し、(2年)以降はイシカリ場所に属した。 市域は領から、松前藩復領、再び天領を経て、(6年)以降はの警護地となってを迎えた。 沿革 [編集 ]• が暮らしている。 (2年):イシカリ場所となる。 (2年):に属す• (明治23年):から当市域を含めた奈江村(現)が分離新設される( 歌志内開基)。 北海道炭礦鉄道空知採炭所(空知炭鉱)開坑• (明治24年):により鉄道(後の)が開通、開業。 北海道炭礦鉄道神威炭鉱開坑• (明治29年):開業• (明治30年):歌志内村(現 歌志内市・・)、奈江村(現)より分立。 空知炭鉱倶楽部の開館。 (明治33年):芦別村(現)分立。 歌志内神社の創建。 (明治39年):二級町村制施行「歌志内村」• (明治44年):奔別炭鉱(後の新歌志内炭鉱)開坑• (8年)4月1日:一級町村制施行「歌志内村」• (大正11年)4月1日:二級町村赤平村(現)分立。 (15年)4月1日:町制施行「歌志内町」• :町内に9字成立(本町、東光、上歌、歌神、神威、中村、文珠、新歌、西山)• (昭和23年)7月:人口がピークを迎える(46171人)• (昭和24年):町域の一部(西山の一部、文珠の一部)が町域の一部として分立• (昭和26年):歌志内町消防本部開設• (昭和28年):住友石炭鉱業新歌志内炭鉱閉山• (昭和33年):市制施行「歌志内市」• (昭和38年):北海道炭礦鉄道神威炭鉱閉山• (昭和46年):住友石炭鉱業歌志内鉱業所閉山• (48年):開湯。 (昭和63年):住友石炭鉱業上歌志内鉱業所閉山、歌志内線廃止• (7年):北海道炭礦汽船空知炭鉱閉山(空知炭田群炭山消滅)• (平成10年):オープン• (平成15年):中空知地域合併協議会設置• (平成16年):中空知地域合併協議会解散• (平成18年):(事務局)・歌志内市・・・の2市3町地域づくり懇談会が発足。 合併に向けての財政シミュレーションを作成、検討し、財政格差等解消を国・道へ要望する。 (平成19年)• 3月:市内唯一の高校、閉校。 11月:人口が5000人を割る。 (平成20年) 2市3町の合併に必要とする十分な財政支援が得られないため、2市3町地域づくり懇談会が解散。 を運営していたプラッサが経営破綻し2月末でかもい岳温泉ホテルと共に休止• 株式会社がへ本社所在地を移転 政治 [編集 ] 行政 [編集 ] 市長 [編集 ]• 市長:(就任、2期目) 市役所が市域の東寄りに設置されている。 2市3町地域づくり懇談会解散後、新たな連携、事務の共同化について検討中。 歴代首長 歌志内村(1897年 - 1940年)• 初代戸長 加藤尚友三郎( - )• 二代戸長 三上良知(1898年11月 - 7月)• 三代戸長 松谷栄太郎(1899年7月 - )• 四代戸長 茅野一治(1899年10月 - )• 五代戸長 立野峻太郎(1903年6月 - )• 初代村長 立野峻太郎(1906年 - 1906年)• 二代村長 黒沢作弥(1906年8月 - 4月)• 三代村長 朝倉鴻一(1909年7月 - 6月)• 四代村長 阿部秀雄(1939年7月 - 6月) 歌志内町(1940年 - 1958年)• 初代町長 阿部秀雄(7月 - )• 二代町長 本多繁吉(2月 - 1946年11月)• 三代町長 大西光雄(4月 - 10月)• 四代町長 加藤正雄(11月 - 6月) 歌志内市(1958年 - )• 初代市長 加藤正雄(7月 - 10月)• 三代市長 (10月 - 10月)• 四代市長 堀内日出男(10月 - 10月)• 五代市長 河原敬(10月 - 10月)• 六代市長 (10月 - 10月)• 七代市長 (10月 - 現職) 議会 [編集 ] 市議会 [編集 ] 定数8 財政 [編集 ] ヤミ起債問題 [編集 ] (18年)、旧産炭地の、、、、歌志内市、の6市町による「空知産炭地域総合発展基金」からの不適切な長期借り入れ()が発覚。 この問題により借入額の一括償還を余儀なくされ、歌志内市は隣接する上砂川町と共に財政再建団体への転落が取り沙汰された。 救済策として基金の一部(旧基金)が取り崩し可能となり、(振興公社)へ健康の村施設を売却し、施設購入に対する補助金として旧基金を活用し償還財源を確保したため、ヤミ起債問題は解決した。 施設 [編集 ] 警察 [編集 ] 本部• 歌志内交番 消防 [編集 ] 本部• 郵便局 [編集 ]• 歌志内郵便局• 文珠郵便局• かつて、と姉妹都市提携を結んでいたが、2006年、山田市が合併により消滅。 経済 [編集 ] 産業 [編集 ] かつての主力産業は炭鉱であった。 閉山後の振興策として、札幌圏・道央自動車道へアクセスを売りとした工業団地(文珠団地)を分譲中。 観光 [編集 ]• 物流 [編集 ]• :道北主管支店赤平センター(赤平市)• :滝川営業所(滝川市)• :滝川支店(滝川市) 電力 [編集 ]• :滝川ネットワークセンター(滝川市) 歌志内市に拠点を置く主な企業 [編集 ]• 空知炭礦株式会社• 金融機関 [編集 ]• 歌志内支店 教育 [編集 ] 中学校 [編集 ] 市立• 合併を模索中 小学校 [編集 ] 市立• 歌志内市立歌志内小学校(合併を模索中) 小中一貫校 [編集 ] 市立• 市立歌志内学園 (2021年4月開校予定) 幼児教育 [編集 ] こども園 [編集 ] 市立• 歌志内市立歌志内認定こども園「あおぞら」 交通 [編集 ] 鉄道 [編集 ] 最寄り駅はである。 かつてはが通っていたが、1988年に廃止された。 その後焼山線が代行バスとして運行していたが、3月末をもって廃止した。 バス [編集 ] 都市間バス [編集 ]• ()が、上砂川・砂川・赤平などへバスを運行。 タクシー [編集 ]• 芦別圏エリアの管轄 タクシー会社• (歌志内営業所) 道路 [編集 ] 道道 [編集 ]• 道の駅 [編集 ]• 観光 [編集 ] かもい岳国際スキー場 観光スポット [編集 ]• 2019年営業停止• スタンプのみ稼働中• 歌志内公園• 郷土館ゆめつむぎ• こもれびの杜記念館(旧・空知炭鉱倶楽部)• かもい岳温泉ホテル 2019年営業停止 文化・名物 [編集 ] スポーツ [編集 ] スポーツチーム• かもい岳レーシングチーム - 株式会社プラッサが所有するチーム。 国内トップレベルの選手を輩出していた。 出身・関連著名人 [編集 ] 出身著名人 [編集 ]• (選手)• (選手)• (アルペンスキー選手) 出場• () ゆかりの人物 [編集 ]• (作家)• (作家)• () マスコット [編集 ]• ヒツジの「ホルンくん」というシンボルキャラクターが公募で誕生している。 歌志内市を舞台とした作品 [編集 ] 文学 [編集 ]• 『空知川の岸辺』()• 『雪おんな』()• 『友子』() ドラマ [編集 ]• 『』 脚注 [編集 ]• 2014年5月6日. 2015年2月12日閲覧。 毎日新聞社. 2014年4月7日. の2014年4月9日時点におけるアーカイブ。 2014年4月9日閲覧。 [] 2017-01-27 CSV. Report. 総務省. 2017年5月20日閲覧。. 2019年4月6日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - 歌志内市の郷土料理• 外部リンク [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

歌志内市の【特色・特徴】を表す行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

歌志内市

市内を西に向かって二分して流れる「ペンケウタシュナイ川」の名に由来しており、アイヌ語で、「砂のたくさんある沢」という意味です。 ちょっと暮らし体験も可能で、日本一小さな市で過ごすのどかな生活ができます。 歌志内市でちょっと暮らししてみませんか。 この体験生活を通じて、移住についてのご相談や、歌志内での生活を支援させていただきます。 まちデータ• 人口:3,221人(2019年4月30日現在)• 面積:55. 95平方Km• 北海道でのまちの大きさランキング:176位 アクセス• 最寄りインター:滝川IC• 滝川から:約24km(車で約30分)• また、中古住宅取得には最大150万円、住宅の改修に対する助成制度もあります。 市内には宅地を分譲しているほか、お試し暮らし希望者のための移住体験施設もございます。 子育て支援 認定こども園は2018年4月に新設。 幼稚園からの英語教育に力を入れ、幼稚園児の英語劇などを行う予定です。 小・中学生の修学旅行費は全額助成、中学校への遠距離通者には通学バス定期代全額補助、中学生の公的学習塾無料、学校給食費の一部負担など、子育て世帯の経済的負担緩和に力を入れています。 医療制度 子ども医療費は18歳まで無料。 歯科検診時のフッ素塗布や、中学生以下の小児季節性インフルエンザ予防接種費用も無料です。 高齢者向けの医療福祉面でのサポートも充実しています。 スポット・特徴• かもい高原の雲海•

次の