遺族 年金 もらえ ない。 「遺族年金がもらえない」ケースとは?遺族年金について解説

父が亡くなり母が貰える遺族年金が少なすぎてびっくりしています。

遺族 年金 もらえ ない

遺族年金がもらえるケース 遺族年金とは、国民年金や厚生年金保険の被保険者等が死亡して一定の要件を満たす場合に、その人によって生計を維持されていた一定の要件を満たす遺族が受けることができる年金のことで、 遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。 死亡した人の年金の加入状況などによって、そのいずれか、または両方がもらえます。 子供が 18歳になった年度の 3月 31日までの間は遺族基礎年金をもらえる可能性があり、亡くなった人がサラリーマン等で厚生年金か共済年金の加入者だった場合は遺族厚生年金がもらえる可能性があります。 以下では、遺族年金がもらえるケースについて、遺族基礎年金と遺族厚生年金とに分けて、それぞれ説明します。 遺族基礎年金がもらえるケース 遺族基礎年金は、亡くなった人に関する要件と、遺族に関する要件の両方を満たしている場合でなければもらえません。 始めにお伝えしておくと、亡くなった人に子供がいない場合や亡くなった時点で子供が 20歳以上の場合は、遺族基礎年金はもらえないので、遺族基礎年金の説明は飛ばして、遺族厚生年金の説明に移ってください。 それでは、以下、遺族基礎年金がもらえる要件について説明します。 亡くなった人に関する要件 亡くなった人が、次のいずれにも該当しない場合は、遺族基礎年金はもらえません。 国民年金の被保険者である間に死亡したとき• 国民年金の被保険者であった 60歳以上 65歳未満の人で、日本国内に住所を有していた人が死亡したとき• 老齢基礎年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 上記の 1または 2の場合は、死亡日が含まれている月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上あることが必要です。 なお、死亡日が 2026年 3月末日までのときは、亡くなった人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 まず、 「死亡した人によって生計を維持された人」でなければ、遺族基礎年金はもらえません。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当します。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) このフローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族基礎年金はもらえません。 遺族厚生年金がもらえるケース 遺族厚生年金も、遺族基礎年金と同様に、亡くなった人に関する要件と、遺族に関する要件の両方を満たしている場合でなければもらえません。 始めにお伝えしておくと、亡くなった人が厚生年金と共済年金のいずれにも加入したことがない場合は、遺族厚生年金はもらえません。 それでは、以下、遺族厚生年金がもらえるケースについて説明します。 亡くなった人に関する要件 まず、 亡くなった人について、次のいずれかにも該当しない場合は、遺族厚生年金はもらえません。 厚生年金保険の被保険者である間に死亡したとき• 1級・ 2級の障害厚生年金を受け取っている人が死亡したとき• 老齢厚生年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 厚生年金保険の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 上記の 1、 2の場合は、死亡日が含まれる月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の非保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上であることが必要です。 なお、死亡日が 2026年 3月末日までのときは、死亡した人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 遺族厚生年金は、「死亡した人によって生計を維持された人」でなければもらえません。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当しますが、死亡当時に年収 850万円以上であっても、概ね 5年以内に年収が 850万円未満となると認められる事由(退職・廃業など)がある人は、遺族厚生年金を受け取ることができます。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) このフローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族厚生年金を受給資格はありません。 しかし、 「該当します」になった場合は、死亡当時に死亡した方によって生計を維持されていた遺族の中で、以下の優先順位が最も高い方が遺族厚生年金をもらえます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) 遺族年金がもらえないケース 以上で説明した要件を満たさない場合には、遺族年金はもらえません。 遺族年金がもらえないケースとしては、次のような場合が挙げられます。 亡くなった人が自営業者で、子供がいないケース• 亡くなった人が 65歳未満で、死亡日が含まれている月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2未満で、かつ、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がある• 妻が亡くなり、子供がおらず、夫が 55歳未満のケース• 亡くなる前に離婚した元配偶者 遺族年金がもらえない場合に、もらえる可能性があるお金 遺族年金がもらえない場合でも、寡婦年金と死亡一時金はもらえる場合があります。 寡婦年金とは、国民年金の第 1号被保険者または任意加入被保険者として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が 10年以上ある夫が亡くなった時に、 10年以上継続して婚姻関係にあり、生計を維持されていた妻に対して 60歳から 65歳になるまでの間支給される年金のことで、「かふねんきん」と読みます。 詳しくは「 」をご参照ください。 死亡一時金とは、国民年金法に定める給付の一つで、国民年金の第 1号被保険者または任意加入被保険者として国民年金保険料を納めた期間が 36 月以上の人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けないまま死亡したときに、その人と生計を同じくしていた遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹)に支給されるものです。 詳しくは「 」をご参照ください。 まとめ 以上、遺族年金について説明しました。 家族が亡くなると、年金関係に限らず、様々な相続手続きが必要となることが多いです。 行政書士、司法書士といった専門家にまとめて依頼することで、手間が省けますし、申請漏れで損することもなくなります。 一度、相談してみるとよいでしょう。

次の

2/2 遺族年金の受給における6つの注意点 [年金] All About

遺族 年金 もらえ ない

平成29年8月に10年間の受給資格期間があればもらえるようになった老齢年金。 25年から10年に短くなったのですが、要件を満たさず老齢年金をもらえない人もいるのです。 年金を支払った期間が10年あればもらえるようになった平成29年8月より以下の期間が合計で10年(受給資格期間)あれば老齢年金がもらえるようになりました。 年金保険料を支払った期間(厚生年金・共済年金で天引きされている期間含む) 2. 年金保険料が免除・猶予された期間(学生納付特例含む) 3. 合算対象期間 以前は、1から3の期間が合計で25年なければ、老齢年金はもらえなかったので、10年で老齢年金がもらえるというのは、大きな改正でした。 10年以上の受給資格期間がある人には、平成29年2月より徐々に黄色い封筒が届き、10年で年金をもらえるようになった人が年金事務所に来訪し、手続きが進められました。 日本年金機構では「年金保険料を支払った期間と支払いを免除・猶予された期間」が合計10年に満たない人にもお知らせを送っており、「年金加入期間の確認」を勧めています。 年金保険料を払った期間や年金保険料が免除・猶予された期間は年金機構で把握できるけれど、「合算対象期間」は把握できないことがあり、10年の期間にするには本人からの申請と証明書類が必要になるからです。 月数だけを受給資格期間に入れられる「合算対象期間」とは?年金がもらえるかどうかを左右する「合算対象期間」とは何でしょう? 「合算対象期間」とは年金保険料を払っておらず、保険料免除・猶予も受けていないので、年金額は増えないが月数だけを受給資格期間に入れられる期間です。 月数は入れられるが、年金額には影響しないため「カラ期間」ともいわれます。 「合算対象期間」(カラ期間)になる可能性があるのは主に以下の7つの期間です。 昭和61年3月以前に会社員の配偶者だった期間(現在離婚していても婚姻期間は入る) 2. 昭和36年4月から平成3年3月までの学生期間(夜間や通信制は除く) 3. 外国在住期間(日本国籍は必要) 4. 国民年金に任意加入したけれど滞納した期間 5. 厚生年金で脱退手当金をもらった期間(昭和61年4月以降65歳前月までに保険料納付済・免除期間がある人に限る) 6. 遺族年金を受給中の期間 7. 配偶者が老齢年金を受給中の期間 老齢年金をもらえない人の条件上記を踏まえて、老齢年金をもらえない人の条件を確認してみましょう。 国民年金保険料免除・猶予の手続きをしていなくて、国民年金保険料の滞納期間が長く、保険料納付済み期間・合算対象期間と合計しても10年の受給資格期間にならない人。 合算対象期間(カラ期間)を証明できず、10年の受給資格期間を証明できない人。 生計同一だった「遺族」に遺族年金が支給されることもあります。 遺族年金でもどんな人がもらえないのか確認してみましょう。 受給資格期間が10年で老齢年金をもらっている人が亡くなった場合、生計同一の親族(配偶者・子・父母等)は遺族年金をもらえません。 死亡したご親族の職歴、結婚歴・離婚歴、学歴や外国居住歴などを把握しておきましょう。 死亡者が死亡日の前前月分までの直近1年間の保険料を払っていなくて、その期間免除・猶予もされていない。 老齢年金・遺族年金に共通して、気を付けなくてはならないこととは?老齢年金・遺族年金ともに「年金をもらえない」ことになる条件は、老齢年金は本人が、遺族年金は死亡者が「年金保険料を払っていない、その上保険料免除・猶予の手続きをしていない期間が長い」ことです。 つまり、年金保険料を支払うのが大変に感じるときは、住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請をマメにし、「保険料滞納期間」を少なくすることが確実に年金をもらう早道だといえます。 忘れがちなのですが、今年度、保険料の免除・猶予が認められても、来年度はわかりません。 毎年、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けましょう。 参考:日本年金機構HP.

次の

遺族年金がもらえない場合とは?知っておきたい仕組みをFPがわかりやすく解説

遺族 年金 もらえ ない

この記事のポイント• 配偶者の年収が850万円以上だと遺族年金がもらえない。 遺族基礎年金は子供がいないともらえない。 ただし子どもが18歳になると遺族基礎年金は打ち切り。 遺族厚生年金は子供がいなくても貰えるが、配偶者が30歳未満では5年で打ち切り。 そもそも亡くなった人が年金保険料を払っていないと遺族年金は支払われない。 この記事は約5分で読めます。 夫や妻が死亡し、悲しみのあまり普段の生活もままならない状況が続く方がほとんどかと思います。 しかし現実は非常にシビアで、いくら普段通りに生活が出来ないとしても、生活費の支払いは待ったなしです。 税金や年金保険料、行政に対して支払うお金に関しては、事情を説明して猶予してもらえる場合もあるでしょう。 一方で民間企業に対して支払うべきお金(家賃や住宅ローン、車のローンなど)は、ほとんどの場合そのような事情が通用しません。 このような経緯もあり、 遺族年金はご遺族にとって生活の要となる非常に貴重な収入源です。 本記事では、この遺族年金を受け取ることが出来ない場合について解説していきます。 もし「受給できない状態」に該当すると判明した場合は、早めに民間の生命保険や預貯金などで、遺族補償としての対策を打ちましょう。 遺族年金がもらえない場合とは 一般的に、配偶者の逝去により「遺族年金」の受給手続きを始めると思いますが、手続きの途中で「遺族年金が受給できない」と判明する場合も少なからずあります。 遺族年金を受け取れない状態は、大きく分けて2パターンがあります。 一つ目は ご遺族ご本人が該当しない場合、二つ目は 亡くなった配偶者が要件を満たしていなかった場合です。 具体的で個別の詳細をお知りになりたい場合は、お近くの年金事務所までご相談ください。 障害年金と併給不可の場合も ご遺族や亡くなった方の要件以外に、国の制度として受給できなくなる場合もあります。 非常に稀なケースではありますが、 遺族年金をすでに受給中時に、障害年金を受給する要件に該当した場合、65歳未満の場合はいずれか一つを選ぶことになります。 つまり 併給不可ということです。 ただし、選ばなかった方の年金の受給権は全て消滅するというわけではないので、65歳以上になればどちらも貰えるという事です。 原則として「一人一年金」です。 基本的には年金の併給はできないと思っておいて良いのですが、例外として併給可能なものがあります。 65歳未満の場合は、同じ種類の年金(遺族・障害・老齢)であれば基礎と厚生をどちらも貰うことが出来ます。 種類の違う年金の権利が発生した場合には、どちらを受け取るか選ぶ必要があります(一人一年金の原則にのっとる為)。 再婚した場合は打ち切り 最初は遺族年金を受給していた場合でも、その後新たなパートナーと新しい人生を歩んでいく場合、元の配偶者からの遺族年金は打ち切りになります。 この場合は、 年金事務所に「遺族年金失権届」を提出する必要があります。 再婚後もそのまま受け取ることは不正行為に当たります。 必ず自ら失権届を提出しましょう。 亡くなられた方の配偶者(または子)など遺族年金の対象となる方が、年収850万円以上を生涯にわたって受給できると確定している場合、遺族年金受取不可。 現段階で850万円以上であっても5年以内に下回るのであれば遺族年金受取可能。 受給者の要件について これらの遺族年金をもらうことが出来る方として配偶者や子などがありますが、この場合大切なのが 「生計を一にしていた」というところです。 いわゆる生計維持関係とも言いますが、同居して家族として一緒に暮らしている場合が一番スタンダードな 生計を一にしている場合です。 一方、世帯主が単身赴任などで家族とは別のところで暮らしていたとしても、配偶者や子に対して生活費の仕送りをしていることや、定期的に自宅に帰ってくる等の場合は、離れていても生計を維持する関係と言えます。 遺族年金は、世帯主が逝去することによる生活費の大幅ダウンを補う公的な年金です。 精神的な支えだけでなく金銭的にも支えを失った配偶者やご家族に対して、しっかりとサポートをする役割のあるお金です。 どの年金に加入していたかで条件が違いますので、こちらでご確認ください。 遺族基礎年金(国民年金)の場合• 国民年金に加入している人• 国民年金に加入していた60歳~65歳の人• 既にこれまで老齢基礎年金をもらっていた方(国民年金に加入していた方)• 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている方 遺族厚生年金(会社員・公務員)の場合• 厚生年金に加入している人• 被保険者期間中の傷病が原因となって5年以内に亡くなった方• 障害年金の受給を受けられる障害等級1級あるいは2級の方• 老齢厚生年金を既に受け取っていた方• 老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている方 亡くなった方の年金が未納だったら? 年金保険料を全く払っていない場合は当然に遺族年金は貰えません。 しかし、若くで逝去された場合でもご遺族に少しでも年金が支払われるように、納付に関する要件は明確化されています。 被保険者の納付要件は以下の通りです。 これのどちらかに該当しなければ、たとえ他の要件に該当していても遺族年金は貰えません。 亡くなった日の属する月の前々月までの1年間に滞納がないこと• 基礎、厚生のそれぞれについて解説します。 遺族基礎年金の場合 遺族基礎年金を受給できるのは「子」または「子の居る配偶者(夫・妻)」です。 つまり 「子の居ない配偶者」は遺族基礎年金をもらうことが出来ません。 これまで解説してきたように、亡くなった方がきちんと国民年金を納めていても、お子さんが居ない場合は遺族基礎年金をもらえないということになります。 また 「子の居る配偶者」であっても、その子が18歳に到達した年度の3月末までで遺族基礎年金は打ち切りとなります。 遺族厚生年金の場合 遺族厚生年金を受給できるのは「配偶者」「子」「父母」「孫」「祖父母」の順ですが、配偶者が最優先です。 この全員がもらえるというわけではなく、配偶者がいない場合は子、配偶者も子もいない場合は父母、といった順番で受給権者が繰り下がっていきます。 遺族厚生年金は、遺族基礎年金と違って第一順位が「配偶者」となっており、つまり 「お子さんのいない配偶者」でも受給できるということです。 ただし死別した時点で 配偶者の年齢が30歳未満の場合、遺族厚生年金は5年で打ち切りとなります。 長年別居中では貰えない場合も 近年、家族形態の多様化が進み、未入籍のシングルマザーや、働き盛り世代の「別居婚」、シニア層の「卒婚」など夫婦や家族のスタイルは様々です。 遺族厚生年金の観点からいうと問題になってくるのは、いわゆる「別居婚」や「卒婚」といわれる「別居または別世帯での夫婦形態」の場合です。 遺族厚生年金の受給要件の一つに「生計を一にしている」というものがあります。 この場合の配偶者が逝去した場合に支払われるのが遺族厚生年金ですので、そもそも生前にすでに別居していたり世帯を分けて実体のない夫婦関係である場合は、生計維持関係とみなされず、 たとえ籍を抜いていなくても遺族厚生年金の要件に該当しない場合があります。 別居の理由が仕事上の単身赴任である場合や、親族の介護のため実家に帰っている等社会通念上正当な理由がある場合はこの限りではありません。 ただし、長年別居していても籍を抜いておらず、戸籍上の夫婦である場合は、配偶者の死亡時に法定相続人として相続権は発生します。 遺族年金がもらえない場合に関するまとめ 遺族年金をもらう、と一口に言っても、「遺族基礎年金」なのか「遺族厚生年金」なのかによって受給できる条件が全く違います。 大まかにいうと、お子様の有無は非常に大きなポイントとなりますし、受け取る側の所得の制限もあります。 また他の年金との併給に関しても、一定の年齢にならなければどちらか一つの年金を選ぶ事にもなります(併給不可)。 それら様々な要件をクリアして、最終的に遺族年金を受け取ることが出来ます。 配偶者と死別した時点での生活環境に変更があるときは、速やかに年金事務所に届け出ましょう。 遺族年金について税理士に相談したいけど、誰が良いのかわからないというお悩みはございませんか? 遺族年金について税理士に相談したい。 だけど、税理士をどうやって探せばいいのか・誰が良いのかわからない。。 そんな方には、税理士を【無料】で紹介してくれるサービス「税理士紹介エージェント」がおすすめです。 自身の希望に合う税理士を何度でも無料で紹介してもらえ、紹介後のフォローまでエージェントに丁寧に対応してもらえます。 ぜひご活用ください。

次の