風邪 喉 渇く。 風邪?乾燥?のど(喉)の痛みや腫れの原因は?

風邪のひきはじめに対策を!喉や鼻の違和感を1日で撃退

風邪 喉 渇く

<風邪とは> 風邪(正式には「風邪症候群」)とは、細菌やウイルス(主にウイルス)が口や鼻から侵入し、粘膜に感染したことで起こるさまざまな急性症状をまとめたものです。 インフルエンザも風邪のひとつといえるでしょう。 細菌やウイルスの種類によって、咽頭症状(せきやのどの痛み)、鼻症状(くしゃみや鼻水)、消化器症状(吐き気や下痢)、関節症状(節々の痛み)、熱などが出てきます。 風邪とは単一の病気ではなく、主にウイルス感染による上気道(鼻腔や咽頭など)の炎症性の急性症状をまとめたものです。 正式には「風邪症候群」といい、急性鼻咽頭炎(普通感冒)や急性気管支炎、インフルエンザなどさまざまな病名が属するグループ名と考えてよいでしょう。 風邪とは単一の病気ではなく、主にウイルス感染による上気道(鼻腔や咽頭など)の風邪症状を引き起こすウイルスは200種類以上あると言われています。 代表的なものに、インフルエンザウイルス、コロナウイルス、ライノウイルス、アデノウイルスなどがあります。 湿度がなく乾燥している冬にかかりやすいというイメージがありますが、高温多湿の夏の時期にもウイルスは活動していて、感染を起こす場合もあります。 風邪はその原因となるウイルスの種類や感染した体の部分によって、さまざまな症状を現します。 症状は局部症状と全身症状に大別することができますが、ひとつだけ症状が現われるというより、多くは複数の症状の組み合わせで起こってきます。 代表的な局部症状 咳、たん、咽頭痛、鼻汁(鼻水)、鼻閉(鼻づまり)など 代表的な全身症状 発熱、倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛、下痢など 風邪症候群の薬物治療 前述したとおり、風邪の原因となる病原体の多くはウイルスですが、今のところ抗菌薬(抗生物質)のように体内に入ったウイルスを殺す薬は抗インフルエンザ剤を例外として、ありません。 そのため、根本から治すことは難しいとされています。 ただ、ウイルスを殺すような積極的な治療を行わなくても、ある一定期間が経てば治ってくる病気なので、まずは風邪の治療の基本処置(安静、保温、栄養、水分補給)を行い、その上でつらい症状の緩和を目的とした対症療法が行われることが一般的です。 病院では主として解熱鎮痛薬、抗ヒスタミン薬が処方され、そのほか症状に合わせて、鎮咳薬(ちんがいやく)、去たん薬(きょたんやく)、血管収縮剤、ビタミン剤などが処方されます。 また、風邪がこじれて細菌性の二次感染を生じた場合は、抗菌薬を使うこともあります。 最近、漢方治療を使用する医師も増えてきました。 一方、一般薬局で販売されている感冒薬(風邪薬)は、解熱鎮痛成分、抗ヒスタミン成分、鎮咳成分、去たん成分などが総合的に配合されているため、風邪のさまざまな不快症状を緩和します。 しかし、これにも同様の問題点が指摘されています。 なお、ウイルス感染によって起こるインフルエンザも風邪のひとつですが、全身症状がとくに強いときに重症化するなどの理由から、最近では一般的な風邪とは区別して扱われることが多くなっています。 抗インフルエンザ剤がしばしば用いられます。 漢方では「風邪にかかったらまずは体を温めて治癒を早める」ことを目的として、治療を進めていきます。 そこが「症状をとって治療をしていく」という西洋医学と違う点です。 ただ、そのために必要となる漢方薬は、その人の病気に対する抵抗力の程度(虚証・実証)や、ひき始め、あるいは治りかけなど風邪の時期によって、変わってきます。 また、風邪の場合は「熱証・寒証」という状態も重視していきます。 ぞくぞくとした悪寒を感じる場合が「寒性の風邪」であり、悪寒を伴わない場合が「熱性の風邪」です。 したがって「風邪には葛根湯(かっこんとう)」と思われる方もいますが、かならずしもそうではなく、その人の体力や症状、証の状態などによっては別の薬の方を用いたほうがよい場合もあります。 例えば比較的体力がある、若い人や子どもが風邪を引くと、熱がグンと上がって、寒気がして、体の節々が痛くなります。 これは体が体温を上昇させてウイルスの増殖を防ぎ、治そうとするときの防衛反応の表れです。 一方、体が虚弱な人や年配の人が風邪を引くと、微熱が続き、疲労感や胃腸障害などが現れてきます。 風邪がなかなかなおらない「こじれた風邪」もあります。 このように人によって風邪の症状の現れ方は多様です。 漢方では漢方独自の診断によってこうした体の状態を確認して、正常に引き戻すための漢方薬を用いて症状をとっていきます。 具体的には比較的体力のある実証の人の風邪のひき始めなら、からだを温めて、発汗を促す処方が用いられます。 葛根湯は体を温める代表的な薬といえるでしょう。 悪寒や発熱、 頭痛がある、首の後ろや背中がこっている、汗がほとんど出ないといったタイプには、非常に効果があるとされています。 麻黄湯(まおうとう)は、葛根湯よりもさらに強力に発汗を促す薬です。 体力も十分あり、高熱(38. 5度)、強い筋肉痛や激しい悪寒など、比較的重い風邪症状に用いられます。 桂枝湯(けいしとう)は汗がジワジワ出るような軽症の風邪に用います。それに対し、体力が比較的ない年配の人、女性などに見られやすい、寒けが強い、顔色が青白い、咳、のどのチクチクする痛みがあるなどの風邪には、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)が 用いられます。 このほか、咳がひどい場合は、のどを潤して咳を止める麦門冬湯(ばくもんどうとう)、痰の多いせきで不眠が続く人には竹じょ温胆湯(ちくじょうんたんとう)などがよく使われます。 したがって、上記のような薬は、風邪を引いている間ずっと使い続けるというより、症状に応じて次々と変えていくという方法がとられます。 漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法がとられます。 一見、風邪とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、お腹や舌、脈を診たりすることがありますが、これも風邪の根本的な原因を探るために必要な診察です。 *すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。 一般的な診療だけで終える場合もあります。 【監修医師】 北海道漢方医学センター 北大前クリニック 本間 行彦 先生 1936年札幌市生まれ。 1961年北海道大学医学部卒業。 1966年北海道大学大学院卒業、同学第一内科助手、講師を経て1987年同学医学部・保険診療所・教授となる。 1994年北海道大学保健管理センター所長併任。 2000年北海道大学名誉教授、北海道漢方医学センター・北大前クリニックを開設。 呼吸器疾患、とくに間質性肺炎・肺線維症の研究を進める傍ら、昭和51年から漢方医学の研究を深め、その正しい理解と普及に精力的に取り組んでいる。 著書に『本気で長生きしてみませんか』(北海道出版社)、『漢方 ここまで治る』(共著、北海道出版社)など。

次の

喉が渇く時に適した飲み物は?飲んでも渇く時の対処法は?病気の心配は?

風邪 喉 渇く

喉の痛み• 喉の違和感・異物感• 鼻の痛み• 鼻の違和感・鼻詰まり• くしゃみ• 熱っぽい• 頭痛・頭が重い• だるさ・倦怠感• 関節の痛み• 食欲不振 だいたいこの中のうちのいくつかに該当すれば風邪あるいはなんらかの病気を疑っていいと思います。 早めに気付きなんらかの行動をするのは無視して悪化するよりも断然良いですからね。 おかしいなと感じたら可能な限り無理はしない。 「ちょっとくらい大丈夫だろ」と甘く考えるとかなり悪化するので、すぐに対策をとってさっさと治してしまいましょう。 風邪のひきはじめの対策 うがい 当たり前すぎて忘れてしまうわけではないですが、外出していなくてもうがいは効果的です。 のどの調子が悪いなと感じたらうがいをしてみてください。 ただし、うがいをするときになにですればいいの?という疑問があります。 病院で処方されたうがい薬や市販のうがい薬がない場合は困りますよね。 (イソジンなどのヨウ素系うがい薬は効果がないというデータもあります) うがいにおすすめされているものはよく聞くもので2つあります。 食塩水 ぬるま湯に塩を溶かした食塩水でのうがい。 コップ一杯に塩ひとつまみ程度。 塩にはウイルスや細菌を殺菌してくれる効果があるので、高い効果があると言われています。 緑茶 緑茶にはカテキンとテアニンという成分があり、抗菌作用や免疫力を高める効果があります。 アメリカの栄養学専門誌「THE JOURNAL OF NUTRITION」の調査では、食塩水よりも緑茶でうがいをした方が風邪にかかりにくいというデータが出ています。 緑茶はうがいだけでなく、そのまま飲んでも風邪対策になりますのでどんどん飲んじゃってください。 あ、手洗いも忘れずにね。 保湿 喉が乾燥しているとウイルスが付着しやすいだけでなく、増殖しやすい環境になります。 というわけで喉の保湿というのはとっても大事なのです。 口呼吸よりも鼻呼吸が推奨されているのはそのためでもあります。 そういうときはマスクを利用します。 風邪のひきはじめに屋外でマスクは当たり前ですが、自室にいるときもマスクは必須アイテム。 食事や入浴以外はずっとマスクをするのが望ましいです。 それだけで呼吸による喉の乾燥を軽減できます。 また部屋が乾燥しているとウイルスには都合が良いので加湿器を使うのもお忘れなく。 え?加湿器がない? そんなときは加湿器の代わりにできることをしましょう。 換気扇を回さずに浴室のドアを開けておく(ワンルームに限る)• 濡らしたタオルを部屋に干す(洗濯物も可)• 霧吹きで水を撒く• やかんを沸騰させる(ワンルームに限る)• 洗面器にお湯を入れて部屋に置く Sponsored Link 水分補給 忘れてはいけないのが水分補給。 喉が渇いていなくても細目に水分を取り、一度に大量に飲むのは控えましょう。 熱っぽい、体がだるいときは冷たい飲み物を飲みたくなるかもしれませんが、風邪のときは常温あるいは温かい飲み物が良いです。 先ほど紹介した緑茶もいいのですが、個人的におすすめしたいのはポカリスエットです。 ポカリは「飲む点滴」をコンセプトに大塚製薬が作ったもので効率よく水分を吸収できるのです。 さらに温めても問題なしなので、ホットポカリで飲むと体も温まります。 ポカリスエットは温めても成分が変化することはありませんので、お好みの温度でお飲みいただけます。 電子レンジをご利用になる際には、お飲みになる量を電子レンジ使用可能な別の容器に移し替えて温めてください。 語感の軽い明るい響きが良かったためらしい。 どうでもいいですね。 すみません。 部屋の換気 病気のときに部屋を閉め切ってしまうのはよくしてしまいがち。 でもそれって逆に良くないって知っていましたか? ぼくは最近まで知りませんでした 笑 「なんかウイルスとか病原菌入ってきそうで窓は開けないぞ」と頑なに空気を閉じ込めていました。 人間が呼吸するだけで空気は汚れるわけで、それが風邪を引いている人間ならウイルスもばら撒いているんですね。 汚れた空気を新鮮な空気に入れ替えるために部屋の換気はした方が良いのです。 部屋の換気は2~3時間に1回10分程度行い、換気後は空気が乾燥してしまうので保湿をしっかりしましょう。 体を温める 体を温めるメリットとして血流が良くなり、免疫力を高める効果が有名だと思います。 しかし温め過ぎると無駄に汗をかいてしまい、体力を消耗するだけなので上手く調整しましょう。 首元はとくに冷えやすいのでタオルを巻くなどすると効果的です。 人は体温が37度代のときに最も免疫力が高まるという説もあります。 お風呂は入ってもいいの? 入浴するのは意外と体力を使うとも言いますし、風邪のときはお風呂に入らない方が良いのでしょうか? 風邪のときにお風呂に入らない方が良いというのは昔の考えで、ましてや風邪のひきはじめは入浴しても問題なしです。 むしろ入浴した方が良いとも言われています。 ただし長風呂は絶対だめです(実体験)。 入浴は40度前後のお湯に10分浸かる程度にしておいてください。 お風呂から上がったら体を冷やさないように注意してくださいね。 栄養のある食事 頑張って風邪と戦っているぼくたちの体ですが、栄養を供給して応援しないといけません。 そこでいつも以上に食事から栄養を取る必要があるわけです。 風邪のときにおすすめされる食材に生姜、にんにく、ねぎ、蜂蜜などがありますね。 もちろんそれだけではなく炭水化物、糖質、タンパク質を中心にバランスも大切です。 鶏肉やたまご、大根、緑黄色野菜がおすすめ。 料理できない場合はコンビニで野菜がたっぷり入ったスープに、生姜チューブやにんにくチューブを加えていただいちゃいましょう。 みかんや桃の缶詰もビタミンが取れるのでおすすめですよ。 風邪といえば桃缶なイメージがあります 笑 食欲がない場合でも食べた方がいいのですが、どうしても無理ならウイダーinゼリーを飲みましょう。 控えた方が良いもの• 唐辛子などの刺激物• チョコレート• コーヒー• アルコール• トマト• ほうれん草• きゅうり• セロリ• すいか• ……などなど 睡眠 人間は体内の免疫力を高めるために睡眠が必要になります。 風邪のときは安静にして寝ていれば治ると言う人もいますし、風邪のひきはじめも同様に睡眠をいつもより多めに取りましょう。 風邪を早く治すためには睡眠はめちゃくちゃ大事です。 一方で睡眠を取り、朝起きたら風邪が悪化していたときもありますよね。 ほとんどの場合が喉だと思います。 喉が乾燥していたためにウイルスが好き放題やってしまいやがったパターンですね。 風邪を悪化させないためにも眠るときはこれをやってみよう!• 寝る前に水分補給をしておく• 寝る前に軽いストレッチをする• マスクをして寝る• 首にタオルを巻いて寝る• 「体がおかしいかも」と違和感を覚えたときは、まだウイルスは本気を出していません。 仲間を増やそうとしている状態なんですね。 その間に免疫力を高め、風邪に対する予防をしっかり行うことで体調不良を改善し、ウイルスが繁殖する前に撃退できるわけです。 風邪のひきはじめの対策さえしっかりしていれば風邪なんか怖くないです! 気持ちも強気で!• Sponsored Link ピックアップ•

次の

いくら飲んでも喉が渇くのはなぜ? 病気が原因の場合も

風邪 喉 渇く

スポンサーリンク 乾燥が原因でないケース では喉の痛みの原因はどこにあるのか。 実際に私が経験したことでもありますが、いつも自室にいる際に喉が痛くなっていた頃がありました。 そのときは部屋の湿度が低いと思い込んでいましたが、上記のように湿度計を導入してみると、なんとむしろ私の部屋の湿度はかなり高めだったのです。 冬場でも60%超えが平均、場合によっては何もしなくても70まで達することも。 部屋が乾燥していると思い込んで、加湿器の導入まで検討していた私にとってこの数字は衝撃でした。 デフォルトで常に加湿器フル稼働くらいの湿度の中で過ごしていたとは。 しかし、ここまで空気が湿っているということは、一体この喉の痛みの原因は何なのでしょうか。 スポンサーリンク 家具の後ろに隠れていた正体 単純に、汚れやハウスダストという可能性も考えましたが、部屋の掃除は気を使っている方で、一応清潔にしていたので、その線はあまり考えていませんでした。 しかし、その頃たまたま部屋の模様替えをしたのですが、なんとずっと同じ位置に置いていた木製の棚を動かすと…。 棚の裏の壁に黒カビがびっしり生えていたのです。 壁紙にしみこむようにして黒い模様がついています。 なぜ黒カビが…と考えると、やはり部屋の異常に高い湿度が原因かと考えます。 冬場でも60%超えということは、梅雨~夏のジメジメする時期には80~90%近くまで上がる部屋だったのです。 何年もそんな部屋で家具を動かさなかったので、見えない場所で黒カビが繁殖していたんですね。 原因はカビだった その後すぐに専用の洗剤等を使い黒カビを除去し、家具もその時のものは処分し新調しました。 すると、嘘のように自室で過ごす際の喉の痛みがなくなりました。 どうやらこのカビたちが空気中に交じって喉が痛くなっていたんだと思います。 何とも悪影響な部屋で過ごしていたことに後悔しました。 なぜカビが発生したのか なぜこのようなことになってしまったのかと言えば、湿度が高いからという答えになります。 ではなぜ部屋の湿度がこんなに高いのか。 山が近い田舎という点もありますが、結露がひどかったというのが主な原因かと思います。 あまり換気をせず、窓の外と中の温度差もあるため、結露が発生しやすい環境になっていました。 換気を適度にすることと、冬場向けのデシカント式の除湿器を導入することでそれらの症状を緩和しました。 ふたを開けてみれば加湿器よりむしろ除湿器が必要な環境だったなんて、湿度計を導入して初めて知りました。

次の