スズキ ロッキー。 【公式】ロッキーの新車価格とグレード|ダイハツ

スズキ 新型エスプレッソ誕生!! 国内導入あるか??

スズキ ロッキー

ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズのボディサイズは、全長が3995mmと4mを下まわり、全幅は1695mmだ。 フェンダーを適度に張り出させるなど、SUVの迫力を持たせながら5ナンバーサイズに収めた。 全高は1620mmだから、ホンダ ヴェゼルやスズキ エスクードと同等だ。 ボディ側面の形状は、サイドウインドウが3分割される「6ライト」のタイプで、これもSUVに多く見られる。 ボディ同色のリヤピラー(柱)が配置され、その後部にサイドウインドウを設けることで外観を引き締めた。 先代(初代)スズキ SX4も、後部のサイドウインドウに似通ったデザインを採用していた。 荷室の両側にサイドウインドウを備えたことで、斜め後方の視界も少し向上している。 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2525mmで、日産 ジュークと同等だ。 コンパクトSUVらしく短く抑えたから、最小回転半径も16インチタイヤ装着車が4. 9m、17インチが5. 0mに収まる(2WDと4WDは同数値)。 視界と小回り性能が優れ、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。 インパネなど内装のデザインは、コンパクトなSUVとして満足できる仕上がりだ。 エアコンのスイッチは比較的高い位置に装着されて操作性が良い。 左端の空調ダイヤルにも手が届きやすい。 ATレバーは前後方向に真っ直ぐ動かすタイプで、形状は平凡だが、操作感覚は馴染みやすい。 ミスが生じにくい形状でもあるだろう。 シートのサイズには余裕があり、座り心地はおおむね良好だ。 全高が1600mmを超えるので、立体駐車場の利用性は悪化するが、頭上に十分な空間があって居住性に不満はない。 ピラーやウインドウの角度を立てたから、圧迫感も生じない。 着座位置が適度で(前席の座面地上高は665mm)、乗降時の腰の移動量も少ないから、乗り降りしやすい。 こういった使い勝手の良さもSUVのメリットだ。 後席の膝先空間は、身長170cmの大人4名が乗車して握りコブシ1つ半になる。 ホンダ ヴェゼルの握りコブシ2つ半に比べると狭いが、後席に座る乗員の足が前席の下側に収まりやすい。 着座位置も適度で腰が落ち込まないから、あまり窮屈な印象はない。 前後席に座る乗員同士の間隔は900mmを確保した。 荷室長は後席を使った状態で755mm、荷室幅は1000mmだから、全長が4mを下まわる割に積載性には余裕がある。 エンジンは直列3気筒1リッターターボで、最高出力は98馬力(6000回転)、最大トルクは14. 3kg-m(2400~4000回転)となる。 性能的には1. 5リッターのノーマルエンジンと同程度だ。 このエンジンはダイハツ トール/トヨタ ルーミー&タンク/スバル ジャスティと同じタイプだが、2000回転前後のノイズを低減させるなど、トール4姉妹車のターボで感じた欠点は改善されているようだ。 4WDはダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれ、電子制御で多板クラッチを制御することにより、前後輪に駆動力を配分する。 主たる駆動輪は前輪だが、後輪に最大50%の駆動力を割り当てられる。 前後/左右輪の回転差、ワイパーの作動状態などを含めて、前後輪の駆動力配分を調節する。 ホイールが空転を生じた時には、そこにブレーキを作動させて駆動力の伝達効率を確保する。 軽自動車のダイハツ キャストアクティバが採用する4WDには、滑りやすい下り斜面を安定して走行できるダウンヒルアシストコントロールなどが採用される。 この機能はロッキー&ライズには用意されず、採用は今後の課題だろう。 プラットフォームは前述のようにDNGAの考え方に基づくが、タントの拡幅版ではない。 DNGAには、軽自動車用/全幅が1695mm以下の5ナンバー車用/全幅が1750mm以下の3ナンバー車用という3種類が用意され、ロッキー&ライズは中間の5ナンバー車用を使う。 ロッキーの推奨グレードは、G(222万4200円/4WD)になる。 実用的にはX(208万6700円/4WD)でも良いが、全車速追従型クルーズコントロール、LEDフォグランプなどは装着されない。 Gを選び、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプション(6万6000円)を装着する。 ライズはZ(228万2200円/4WD)であれば、全車速追従型クルーズコントロールなどが備わる。 これにブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプション(6万6000円)を加えると良い。 ロッキーGとライズZの機能と装備をヴェゼルに当てはめると、1. 5リッターのノーマルエンジンを搭載するXホンダセンシング(242万5093円/4WD)に近い。 ロッキー&ライズは、ボディがコンパクトでシートアレンジも単純な代わりに、価格も20万円ほど安いわけだ。 新型コンパクトSUVのダイハツ ロッキー&トヨタ ライズは、際立って買い得というわけではない。 しかし機能が充実しており、5ナンバーサイズのSUVが欲しいユーザーには貴重な選択肢となっている。 [筆者:渡辺 陽一郎/撮影:古閑 章郎・ダイハツ工業・トヨタ自動車].

次の

ダイハツロッキー スズキクロスビー比較してみた

スズキ ロッキー

軽並みに小型!? 新型SUV「エスプレッソ」のサイズ感 全長3. 5m、全幅1. 5mあまりと「軽自動車よりやや大きい」サイズ感の新型エスプレッソ。 プラットホームは、スズキが「ハーテクト」と呼ぶ軽自動車用のKプラットホームとのことで、エスプレッソはかつてのソリオやスイフト同様の「軽自動車をベースに拡大した小型車」という成り立ちのようだ。 ジャンルとしては前輪駆動(FF)のみということもあり、SUVというよりはハスラーのようなクロスオーバーと考えた方がいいだろう。 スタイルはエスクードを思い出させるフロントマスクやスイフトに通じるところのあるリアビューなど、スズキのアイデンティティを随所に感じるものとなっている。 インテリアはデジタルのセンターメーターと最上級グレードには「Apple CarPlay」と「Android Auto」が接続できるモニターが組み込まれる丸型のセンターコンソールが目を引く。 室内空間はまずまず使えそうな広さを持つリアシートに加え(軽自動車に近い全幅ながら乗車定員は5人というのがインドらしい)、ラゲッジスペースは大型のスーツケースが立てて1つ、前後方向に倒して1つの合計2つに加え、まだ余裕があるという広さを確保している。 価格は超激安!! 日本円で100万円以下に!? SUVらしく地上高を高められたサイドビュー。 ただ、駆動方式はFFのみとなる パワートレーンは、クロスビーやスイフト RSt、バレーノに搭載される1L3気筒ターボエンジンをNA化したものを搭載。 2kgmで、排ガス規制は2020年4月からインドで導入されユーロVIに相当するBS6をクリアしている。 トランスミッションは、5速MTとクラッチとシフト操作を自動化した「AGS」となる。 燃費はインドの測定モードで21. 4~21. 車重も726~767kgと軽自動車並みの軽さだ。 1ルピーを1. 5円で換算すると約55万~約75万円と、とりあえず激安に見える。 装備内容を詳しく見ると約55万円の「スタンダード」は、ABSと運転席&助手席エアバッグ、盗難防止のためのイモビライザーが標準装備されるものの、エアコン、パワーステアリング、パワーウインドウ、サンバイザーもないという軽トラックのようなスパルタンさである。 エスプレッソの日本導入 その可能性は低い?? 同じ1Lながらこちらはターボエンジンを搭載する ちょうど日本でダイハツ ロッキー/トヨタ ライズというコンパクトSUVが発売されたばかりということもあり、エスプレッソの日本導入が気になるところであるが、その可能性は残念ながら低いと考える。 理由としては、 ・日本車の新車には自動ブレーキが必需品であるが、エスプレッソには自動ブレーキ以前にその重要な基盤の1つとなる横滑り防止装置が装備されない。 技術的に付けることは可能だろうが、総合的に考えてスズキが日本で販売するために対応するかは微妙な問題だ。 ・最上級グレードで約75万円という価格だけに、リアのパワーウインドウがないなどの装備内容に加え、断言はできないものの、全体的な質感が日本で販売するレベルには達していないように感じる。 自動ブレーキも含め、日本で販売できる各部のクオリティを確保するには相応のコストも掛かるだろう。 また日本でこのジャンルのクルマとして販売するなら4WDも欲しいところで、4WDの設定にはかなりの開発資源が必要となりそうだ。 ・フルモデルチェンジ寸前であるが、エスプレッソに近いコンセプトを持つ軽自動車のハスラーのベーシックグレードは、FFで112万900円(自動ブレーキなし仕様)である。 東京モーターショーで公開のハスラーコンセプトは、間もなく2代目モデルとして発売予定。 近年の軽のクオリティを考えると、エスプレッソとの棲み分けはなかなか難しい側面も 仮に日本仕様としたエスプレッソがあった場合、同じ装備内容であればおそらくハスラーよりエスプレッソの方が安く、1Lエンジンという動力性能や広さというアドバンテージもあるだろう。 しかし、軽自動車にも自動車税などの決定的なアドバンテージがあり、総合すると軽自動車というかハスラーを選ぶユーザーの方が圧倒的に多いように思う。 このことはいかに軽自動車の競争力が高いかの証明とも言えるだろう。 ただ、日本導入とはまったく別に、最上級グレード75万円で販売されるエスプレッソがどの程度のレベルに仕上がっているのかということは非常に興味深いところだ。

次の

価格.com

スズキ ロッキー

ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズのボディサイズは、全長が3995mmと4mを下まわり、全幅は1695mmだ。 フェンダーを適度に張り出させるなど、SUVの迫力を持たせながら5ナンバーサイズに収めた。 全高は1620mmだから、ホンダ ヴェゼルやスズキ エスクードと同等だ。 ボディ側面の形状は、サイドウインドウが3分割される「6ライト」のタイプで、これもSUVに多く見られる。 ボディ同色のリヤピラー(柱)が配置され、その後部にサイドウインドウを設けることで外観を引き締めた。 先代(初代)スズキ SX4も、後部のサイドウインドウに似通ったデザインを採用していた。 荷室の両側にサイドウインドウを備えたことで、斜め後方の視界も少し向上している。 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2525mmで、日産 ジュークと同等だ。 コンパクトSUVらしく短く抑えたから、最小回転半径も16インチタイヤ装着車が4. 9m、17インチが5. 0mに収まる(2WDと4WDは同数値)。 視界と小回り性能が優れ、混雑した街中や駐車場でも運転しやすい。 インパネなど内装のデザインは、コンパクトなSUVとして満足できる仕上がりだ。 エアコンのスイッチは比較的高い位置に装着されて操作性が良い。 左端の空調ダイヤルにも手が届きやすい。 ATレバーは前後方向に真っ直ぐ動かすタイプで、形状は平凡だが、操作感覚は馴染みやすい。 ミスが生じにくい形状でもあるだろう。 シートのサイズには余裕があり、座り心地はおおむね良好だ。 全高が1600mmを超えるので、立体駐車場の利用性は悪化するが、頭上に十分な空間があって居住性に不満はない。 ピラーやウインドウの角度を立てたから、圧迫感も生じない。 着座位置が適度で(前席の座面地上高は665mm)、乗降時の腰の移動量も少ないから、乗り降りしやすい。 こういった使い勝手の良さもSUVのメリットだ。 後席の膝先空間は、身長170cmの大人4名が乗車して握りコブシ1つ半になる。 ホンダ ヴェゼルの握りコブシ2つ半に比べると狭いが、後席に座る乗員の足が前席の下側に収まりやすい。 着座位置も適度で腰が落ち込まないから、あまり窮屈な印象はない。 前後席に座る乗員同士の間隔は900mmを確保した。 荷室長は後席を使った状態で755mm、荷室幅は1000mmだから、全長が4mを下まわる割に積載性には余裕がある。 エンジンは直列3気筒1リッターターボで、最高出力は98馬力(6000回転)、最大トルクは14. 3kg-m(2400~4000回転)となる。 性能的には1. 5リッターのノーマルエンジンと同程度だ。 このエンジンはダイハツ トール/トヨタ ルーミー&タンク/スバル ジャスティと同じタイプだが、2000回転前後のノイズを低減させるなど、トール4姉妹車のターボで感じた欠点は改善されているようだ。 4WDはダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれ、電子制御で多板クラッチを制御することにより、前後輪に駆動力を配分する。 主たる駆動輪は前輪だが、後輪に最大50%の駆動力を割り当てられる。 前後/左右輪の回転差、ワイパーの作動状態などを含めて、前後輪の駆動力配分を調節する。 ホイールが空転を生じた時には、そこにブレーキを作動させて駆動力の伝達効率を確保する。 軽自動車のダイハツ キャストアクティバが採用する4WDには、滑りやすい下り斜面を安定して走行できるダウンヒルアシストコントロールなどが採用される。 この機能はロッキー&ライズには用意されず、採用は今後の課題だろう。 プラットフォームは前述のようにDNGAの考え方に基づくが、タントの拡幅版ではない。 DNGAには、軽自動車用/全幅が1695mm以下の5ナンバー車用/全幅が1750mm以下の3ナンバー車用という3種類が用意され、ロッキー&ライズは中間の5ナンバー車用を使う。 ロッキーの推奨グレードは、G(222万4200円/4WD)になる。 実用的にはX(208万6700円/4WD)でも良いが、全車速追従型クルーズコントロール、LEDフォグランプなどは装着されない。 Gを選び、ブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプション(6万6000円)を装着する。 ライズはZ(228万2200円/4WD)であれば、全車速追従型クルーズコントロールなどが備わる。 これにブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートのセットオプション(6万6000円)を加えると良い。 ロッキーGとライズZの機能と装備をヴェゼルに当てはめると、1. 5リッターのノーマルエンジンを搭載するXホンダセンシング(242万5093円/4WD)に近い。 ロッキー&ライズは、ボディがコンパクトでシートアレンジも単純な代わりに、価格も20万円ほど安いわけだ。 新型コンパクトSUVのダイハツ ロッキー&トヨタ ライズは、際立って買い得というわけではない。 しかし機能が充実しており、5ナンバーサイズのSUVが欲しいユーザーには貴重な選択肢となっている。 [筆者:渡辺 陽一郎/撮影:古閑 章郎・ダイハツ工業・トヨタ自動車].

次の