配当 利回り。 配当利回りが高すぎる銘柄に投資すると失敗するのはなぜか?

配当利回りが高すぎる銘柄に投資すると失敗するのはなぜか?

配当 利回り

配当利回りについて知っておくべき5つの真実 配当利回りを重視して銘柄を選ぶ場合や、配当金目当てで投資をする前に、次に紹介する5つの事実は頭に入れておくことをおすすめします。 つまり、株価が上がると配当利回りは下がりますし、逆に株価が下がると配当利回りは上昇します。 つまり、株価の動きに合わせてリアルタイムで配当利回りは変化しているのです。 配当利回りには時間軸が加味されていないので、将来もずっとその利回りが維持されるとは限りません。 配当利回りを重視した投資を行う場合は、ここに「時間軸」をプラスして、 現在だけでなく将来の配当利回りがどうなるのか?についても考える必要があります。 値下がりが大きいと高利回りは一気に吹き飛ぶ 仮に配当利回りが7%の銘柄があったとしましょう。 東証一部の平均配当利回りは2%程度ですから、利回り7%の銘柄は高配当銘柄と言えます。 平均を大きく上回る利回りで、かつ黒字の会社だったら魅力的に見えますよね? しかし、たとえ配当利回りが7%であっても、株価が10%値下がりすると1年分の配当金が吹き飛びます。 そして、10%の株価下落というのは業績の下方修正や株式市況の悪化など、ネガティブな要因があればたった一日で起こりうるリスクです。 株価の下落とともに業績が悪化し減配のリスクがある 高配当利回りの銘柄を見つけたら「 なぜ7%という高い利回りで放置されているのか?」を考えることが大切です。 すべての株式銘柄は個人投資家やプロが目ざとく監視しています。 そのような状況で 目に見える掘り出し物は存在しないというのが株式市場の正しい理解です。 おそらく、配当利回りが高い銘柄というのは株価も下落状態にあると思います。 (こういうケースは非常に多いです) これは、多くの投資家が 近い将来業績が悪化すると考えている証拠です。 高配当銘柄でよくある失敗例 1.頭の良い投資家が将来の業績悪化を見越して株式を売却する 2.その結果、株価が下がり始める 3.株価が下がると配当利回りが上がる(この時点では凄く魅力的に見える) 4.業績の下方修正が発表される(株価が下落して巨額の含み損になるが、高い配当利回りに期待して保有し続ける) 5.業績悪化にともない減配(または無配)が発表される(購入時7%だった配当利回りが無配によって0%に。 株価はさらに下落) 6.底なしの株価下落へ… このように、何も起こっていない段階では「黒字で高配当の魅力的な企業」であっても、株式市場では常に先行した動きが起こるため、将来的に大きなマイナス材料が発表される可能性もあります。 高配当銘柄を狙うのであれば、「業績が向上し、将来配当利回りが上がる」など 目に見えない掘り出し物を探すのが正解です。 企業の内部留保は成長の原資である よく、 黒字で儲かっているのになぜ配当を出さないんだ?という声を聞きます。 しかし、黒字の会社が利益を出し、そのお金をすべて配当金として株主に還元していては、 その会社は次の成長を実現するための投資ができず、業績は横ばいか衰退の一途をたどるばかりです。 企業が成長し業績を伸ばしていくためには、常に新しい投資が必要です。 そして、 株主に支払う配当金を少なくするほど、会社は積極的な投資を行うことができます。 企業が残った利益の何パーセントを配当金に回しているかは「 配当性向」という指標で知ることができます。 配当性向が40%なら、最終利益の4割を株主に配当し、残り6割を内部留保して成長投資に使うということです。 配当利回りが高い会社は、もしかすると配当性向が高く将来成長の期待が持てない会社なのかもしれません。 配当性向を確認して、 純利益のうち配当金(株主に支払うお金)と内部留保(会社に残すお金)のバランスをチェックすることも大切です。 あわせて読みたい: 配当利回り20%以上のコカ・コーラ株 実は、 株式投資で20パーセント以上の配当利回りを得る方法があります。 先ほど、配当利回りは時間軸を意識して判断することが大切だと述べました。 この考え方は、 業績が向上した場合の増配で高配当利回りの果実を将来得る時に役立ちます。 例えば、東証一部の平均配当利回りが2%だとして、それと同水準の配当利回り2%の企業があったとします。 この銘柄は現時点では決して高配当銘柄とは言えません。 しかし、業績の向上が期待でき、近い将来、最終利益が3倍になるとします。 仮に配当性向(最終利益の何パーセントを株主に還元するか)が同じだった場合、 最終利益が3倍になると配当利回りは6%になります。 しかし、業績が向上している銘柄は株価も上がる可能性が高いですから、最終利益が3倍になっている時には理論上は株価も3倍になっています。 つまり、その時にその会社の株式を購入しても、(株価が当時よりも高くなっているので)配当利回りは2%になるのです。 このように、現時点で配当利回りが2%でも、将来的に業績が向上すれば、当時の購入価格に対する利回りは6%になる可能性があるということです。 もしそうなった場合は 高い配当利回りだけでなく、株式の値上がり益も得られる可能性があります。 これが、将来の増配を期待して今のうちから仕込んでおくメリットです。 その典型的なエピソードを一つ紹介します。 著名投資家のウォーレン・バフェット氏が初めてコカ・コーラ株を購入したのは1988年です。 この当時、コカ・コーラ株は配当利回りが高いということはなく、ごく普通の銘柄でした。 バフェット氏はその後もコカ・コーラ株を保有し続け、 現在のコカ・コーラ株は20%以上の配当利回りを生み出しています。 そしてそれ以上に、膨大な含み益を手にしている状態です。 しかし、現時点のコカ・コーラ株もまた高配当銘柄というわけではありません。 記事執筆時点での配当利回りは3%程度でした。 わかりやすく言うと、A社が「利益の50%を配当に回す」と決めていた場合。 A社の利益が100円の時に、購入価額2,500円でA社株を購入したとします。 その後、A社の業績がよくなり10年後にA社の利益は1,000円になっていました。 あわせて読みたい: 配当利回りの変化に注目 このように考えると、配当金はあくまでもオマケのような存在であり、大切なのは その会社の将来の業績がどうなるか?を予想することにあることがわかります。 そして、会社の将来を予測することは配当狙いの投資家であっても、値上がり益狙いの投資家であっても同じだということに気づきます。 現時点での配当利回りだけに目を奪われることなく、時間軸を考慮して将来の利回りがどう変化していくのか?も見据えながら投資を行うことで、高配当銘柄に飛びついて失敗してしまう確率も減らせると思います。 続いては、株式投資よりも利回りが高い「」です。

次の

米国株(アメリカ株)の高配当利回りランキングTOP10!ダウの平均利回り、「ダウの犬」投資法も紹介

配当 利回り

配当利回りについて知っておくべき5つの真実 配当利回りを重視して銘柄を選ぶ場合や、配当金目当てで投資をする前に、次に紹介する5つの事実は頭に入れておくことをおすすめします。 つまり、株価が上がると配当利回りは下がりますし、逆に株価が下がると配当利回りは上昇します。 つまり、株価の動きに合わせてリアルタイムで配当利回りは変化しているのです。 配当利回りには時間軸が加味されていないので、将来もずっとその利回りが維持されるとは限りません。 配当利回りを重視した投資を行う場合は、ここに「時間軸」をプラスして、 現在だけでなく将来の配当利回りがどうなるのか?についても考える必要があります。 値下がりが大きいと高利回りは一気に吹き飛ぶ 仮に配当利回りが7%の銘柄があったとしましょう。 東証一部の平均配当利回りは2%程度ですから、利回り7%の銘柄は高配当銘柄と言えます。 平均を大きく上回る利回りで、かつ黒字の会社だったら魅力的に見えますよね? しかし、たとえ配当利回りが7%であっても、株価が10%値下がりすると1年分の配当金が吹き飛びます。 そして、10%の株価下落というのは業績の下方修正や株式市況の悪化など、ネガティブな要因があればたった一日で起こりうるリスクです。 株価の下落とともに業績が悪化し減配のリスクがある 高配当利回りの銘柄を見つけたら「 なぜ7%という高い利回りで放置されているのか?」を考えることが大切です。 すべての株式銘柄は個人投資家やプロが目ざとく監視しています。 そのような状況で 目に見える掘り出し物は存在しないというのが株式市場の正しい理解です。 おそらく、配当利回りが高い銘柄というのは株価も下落状態にあると思います。 (こういうケースは非常に多いです) これは、多くの投資家が 近い将来業績が悪化すると考えている証拠です。 高配当銘柄でよくある失敗例 1.頭の良い投資家が将来の業績悪化を見越して株式を売却する 2.その結果、株価が下がり始める 3.株価が下がると配当利回りが上がる(この時点では凄く魅力的に見える) 4.業績の下方修正が発表される(株価が下落して巨額の含み損になるが、高い配当利回りに期待して保有し続ける) 5.業績悪化にともない減配(または無配)が発表される(購入時7%だった配当利回りが無配によって0%に。 株価はさらに下落) 6.底なしの株価下落へ… このように、何も起こっていない段階では「黒字で高配当の魅力的な企業」であっても、株式市場では常に先行した動きが起こるため、将来的に大きなマイナス材料が発表される可能性もあります。 高配当銘柄を狙うのであれば、「業績が向上し、将来配当利回りが上がる」など 目に見えない掘り出し物を探すのが正解です。 企業の内部留保は成長の原資である よく、 黒字で儲かっているのになぜ配当を出さないんだ?という声を聞きます。 しかし、黒字の会社が利益を出し、そのお金をすべて配当金として株主に還元していては、 その会社は次の成長を実現するための投資ができず、業績は横ばいか衰退の一途をたどるばかりです。 企業が成長し業績を伸ばしていくためには、常に新しい投資が必要です。 そして、 株主に支払う配当金を少なくするほど、会社は積極的な投資を行うことができます。 企業が残った利益の何パーセントを配当金に回しているかは「 配当性向」という指標で知ることができます。 配当性向が40%なら、最終利益の4割を株主に配当し、残り6割を内部留保して成長投資に使うということです。 配当利回りが高い会社は、もしかすると配当性向が高く将来成長の期待が持てない会社なのかもしれません。 配当性向を確認して、 純利益のうち配当金(株主に支払うお金)と内部留保(会社に残すお金)のバランスをチェックすることも大切です。 あわせて読みたい: 配当利回り20%以上のコカ・コーラ株 実は、 株式投資で20パーセント以上の配当利回りを得る方法があります。 先ほど、配当利回りは時間軸を意識して判断することが大切だと述べました。 この考え方は、 業績が向上した場合の増配で高配当利回りの果実を将来得る時に役立ちます。 例えば、東証一部の平均配当利回りが2%だとして、それと同水準の配当利回り2%の企業があったとします。 この銘柄は現時点では決して高配当銘柄とは言えません。 しかし、業績の向上が期待でき、近い将来、最終利益が3倍になるとします。 仮に配当性向(最終利益の何パーセントを株主に還元するか)が同じだった場合、 最終利益が3倍になると配当利回りは6%になります。 しかし、業績が向上している銘柄は株価も上がる可能性が高いですから、最終利益が3倍になっている時には理論上は株価も3倍になっています。 つまり、その時にその会社の株式を購入しても、(株価が当時よりも高くなっているので)配当利回りは2%になるのです。 このように、現時点で配当利回りが2%でも、将来的に業績が向上すれば、当時の購入価格に対する利回りは6%になる可能性があるということです。 もしそうなった場合は 高い配当利回りだけでなく、株式の値上がり益も得られる可能性があります。 これが、将来の増配を期待して今のうちから仕込んでおくメリットです。 その典型的なエピソードを一つ紹介します。 著名投資家のウォーレン・バフェット氏が初めてコカ・コーラ株を購入したのは1988年です。 この当時、コカ・コーラ株は配当利回りが高いということはなく、ごく普通の銘柄でした。 バフェット氏はその後もコカ・コーラ株を保有し続け、 現在のコカ・コーラ株は20%以上の配当利回りを生み出しています。 そしてそれ以上に、膨大な含み益を手にしている状態です。 しかし、現時点のコカ・コーラ株もまた高配当銘柄というわけではありません。 記事執筆時点での配当利回りは3%程度でした。 わかりやすく言うと、A社が「利益の50%を配当に回す」と決めていた場合。 A社の利益が100円の時に、購入価額2,500円でA社株を購入したとします。 その後、A社の業績がよくなり10年後にA社の利益は1,000円になっていました。 あわせて読みたい: 配当利回りの変化に注目 このように考えると、配当金はあくまでもオマケのような存在であり、大切なのは その会社の将来の業績がどうなるか?を予想することにあることがわかります。 そして、会社の将来を予測することは配当狙いの投資家であっても、値上がり益狙いの投資家であっても同じだということに気づきます。 現時点での配当利回りだけに目を奪われることなく、時間軸を考慮して将来の利回りがどう変化していくのか?も見据えながら投資を行うことで、高配当銘柄に飛びついて失敗してしまう確率も減らせると思います。 続いては、株式投資よりも利回りが高い「」です。

次の

配当利回り│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

配当 利回り

通常配当利回りと表記されている場合、過去(前期)の配当実績をもとに書かれているケースが多いです。 この点は下記の注意点のところにも記述しておりますが、注意が必要です。 配当利回りの活用方法 配当利回りは、実際に会社の利益水準と必ずしも一致するわけではありませんので株価と直接的な関係性は高くないともいえますが、やはり配当利回りの高い会社の株式は株式市場においても人気となります。 配当水準の高さから、その高さが株価の下支えとなることも想定されます。 0%〜2. 5%というアンケート結果がでていました。 なお、配当金の額や修正(増配・減配・無配転落)と具体的な株価の動きについては「」もご参照ください。 配当利回りで投資をする際の注意点 では、配当利回りが高ければ投資価値があるのか?といわれたら必ずしもそうではないといえます。 以下のような場合注意が必要ですので気をつけましょう。 記念配・特別配に注意 記念配(記念配当)とは、会社の30周年など記念すべき年に出される特別の配当のことです。 特別配(特別配当)とは、会社に特別な利益が出た場合に行われる配当です。 この記念配当や特別配当というものは、一定の年だけに配当されるものです。 その翌年にはその配当は配当されなくなるのが一般的です。 記念配当や特別配当の配当利回りに釣られるのは注意しましょう。 タコ配に注意 タコ配(タコ足配当)とは、十分な利益がでていないにも関わらず利益を越える額を配当することを指します。 単純にタコ配かどうかを調べるには「」と「配当額」を比較してみると良いでしょう。 EPSは1株あたりの利益ですから、EPSよりも高い配当を出している場合はタコ足配当をしていることになります。 タコ配となるのが、一時的なら良いのですが、複数期にわたって継続する場合は「 減配」のリスクが高まります。 配当は固定されたものではない点に注意 配当はあくまでも当該事業年度における利益の分配として行われる配当です。 決して将来的に安定して配当されることを約束したものではありません。 多くの会社は安定した配当をするように心がけていますが、業績の悪化などにより配当額が減ったり(減配)、配当が無くなったり(無配転落)することもあります。 たとえば、業績の急降下によって株価が大きく下落しているような場合、配当利回り(過去実績)をみると利回りが高く見えますが、業績悪化によって配当が減額または無配転落するようなケースもあります。 業績急変銘柄への投資の場合は注意しましょう。 個人投資家必見 配当利回り+株主優待利回り 個人投資家に対して、いくつかの会社は 株主優待を発行している会社があります。 この場合、配当だけでなく、株主優待も視野に入れて考えることができます。 例えば金券や優待券などはネットオークションを通じて売却することもできますし、金券ショップで売ることもできます。 また、自分自身で使うこともできます。 このように、現金による配当以外の魅力も配当利回りに加えても良いと考えられます。 こうした配当金の株主優待の換金価値を加えたものを「 優待利回り」などと呼ぶことがあります。 ただし、株主優待の廃止は「取締役会の決議事項」とされており、会社側は配当よりもさらに簡単に優待を廃止することはできますので、その点もしっかり考慮しましょう。 また、株主優待は保有する株数によって優待内容や割合が変わることも多いので、利回り計算する場合が注意が必要です。 配当利回りが低い会社はダメ企業? 配当利回りが低い=悪い会社というわけではありません。 特に、成長企業などは配当として外部にお金をだすよりも、そのお金を自社内で再投資して収益を上げる方が効率であるというケースも多々あります。 そうした会社は配当は低くても成長によってが上昇。 結果的に株価も大幅に上昇することで株主に対してインカムゲインではなくキャピタルゲインで果実を還元してくれることになるわけです。 そのため、一概に配当利回りが低い会社は悪い会社であるとはいえないわけです。

次の