自分 を 漢字 一文字 で 表す と。 平成最後にあなた自身を漢字一文字で表すなら?ニコニコ超会議特別企画「#平成最後の漢字一文字」を実施

エントリーシート(ES)の『あなたを漢字一文字で表現してください』の書き方とは?具体例を含めた攻略法

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

A ベストアンサー 「平」です。 小さなトラブルは色々ありましたが、 まずまず「平穏」な一年だったと思います。 まだ今年は終わっていませんが・・。 今年は日本国内でいくつも大きな災害が起きて、 沢山の方が亡くなって、今でも大変な生活をしてらっしゃるのに、 平穏で良かった・・なんて言ってはいけないのかもしれないのですが。 ただ、わたしが今こうしてあたたかい部屋でパソコンに向かっていられるのも、 たまたま、なんですよね。 たまたま、災害の起きた地域に住んでいなかっただけ。 地震などで亡くなった方たちも被害に遭った方たちも 直前までは今のわたしのように平穏に暮らしていた筈です。 でもそんな生活は一瞬で覆されてしまうんですよね。 何でもない毎日が本当は何よりも大切なんだなと 感じました。 つい忘れてしまいがちですが、 忘れてはいけないんだなと思います。 そんな意味を込めて「平」という字にしました。 Q あと、3週間ほどで、ある学校の推薦入試です。 その学校のでは、推薦入試のさい、作文があるのですが、 テーマが、漢字一文字なのです。 例えば、「金」「橋」など。 こういうテーマの書き方がほとんど思い浮かびません。 その漢字からどんな事について書けばいいのか、分かりません。 それの、いい見つけ方や、書き出しなど、ホント困ってます。 何でもいいので、いい書き方のアドバイスを下さい。 注意する事など何でも結構です。 ちなみに、40分600文字です。 あと、題名や名前は600文字にはいるのですか? 普通は、原稿用紙は600文字一枚しか配られないのですか? 下書き用の原稿用紙とかって配られるんでしょうか? 最後に、面接の方の質問もするので、そちらもできればお願いします。 おねがいします A ベストアンサー まず、こういうことから云うのは何ですが、貴方がよほど、文章力に自信がない限り、文章力では、上手な人には太刀打ちできません。 悲しいことですが、文章力のある人の文章は、或る程度文章が分かると、一目瞭然なのです。 (わたしは、相対的には、文章力がないのです)。 従って、率直に、自分の実力のなかで、文章を書くことが重要です。 こういう前置きを置くのは、文章力がなくとも、文章や構成には、「技術」があり、基本的な技術を知っていて書くのと、そうでないのでは、確かに違いが出てくるからです。 「起承転結」のことですが、あまり考えても意味がありません。 というか、随想とか、論文の「構成技術」というもののなかに自然に、こういうことも入って来るのです。 600字ですと、小論文を書けと云われても、結局、随想や作文の類になります。 わたしは、整理されていない長い文章が幾らでも出てくるので、600字などという字数はあまりに少なすぎて、あっというまに、起の部分つまり、枕を書いているだけで600字行きそうですが、貴方の場合、そういうことはないと思います。 「起」というのは、「枕」とも云い、話を始める時の、呼び込みのような文章ですが、600字だと、割合的に1行20字ぐらいになると思います。 最初に書く文書が「起」です。 例えば、「金」だと、一番スタンダードには、「金というと、たいへん価値があると世のなかでは考えられています」が「起」または、「枕」の文章です。 これはGOLDの金のことだとなります。 600字ですから、MONEYの金について書いていると、まとまらなくなる可能性があります。 しかし、一応、体裁の整った文章を、600字で書くためには、枕から考えてもいいですが、それより、中身をまず考えることです。 もし、補助用のメモとかが使えるようなら、そこで、何を書くかを、簡単にメモします。 まず、メインになる話題を考えます。 ここは面白い話だ、こういうことを主張したいと思う内容です。 「金はたいへん価値あるとされている」という話にするなら、何を書くと、メインの話になるかです。 ご存じ無いかも知れませんが、イスラエル人がモーセに率いられてエジプトから出た後、なかなか目的地にたどり着かないので、人々は不安を感じ、各自の装飾品を集めて、金を集め溶かして、金の子牛を造り、それを拝んでいました。 しかし、モーセが十戒を持って山から下りて来て、それを知って非常に怒ったという話があります。 この「金の子牛」の話を、話の「花」というか、中心になる話題・内容としようと思ったら、「起」の部分で、GOLDの金の話だということを示す一行の紹介を書き、それから、少し別の、しかし金に関係ある話をし、これで100字か150字ほどです。 それから、話の流れとして、「「金の子牛」をイスラエルの人は拝んでいたという話を聞いています」と書いて、ここから、「金の子牛」の話に移るのです。 これが、「転」になります。 こうして、金の子牛の話を書いた後、まとめないといけないので、「金を神様だと拝んでいた人もいたように、金はとても貴重なものと考えられていました。 けれども、モーセが怒ったように、人間は、金を人間の幸福のために使うべきで、金に支配されたりすることは、やはり本末転倒なのだと思います」と書くと、これで結論つまり「結び」です。 金の子牛の話は、難しいので、書きにくいですが、自分の知っていることで、人があまり知らないこととか、指摘するとなるほどと思うようなことを、まず、話の「中心の話題」、「テーマ」として、考え、そこに、導くための文章、最後に、どう結論を付けて、話を「引き締めるか」、こういうことを考えて、構成するというのが、「起承転結」の付け方です。 中心となる話は、最初は分からないようにする方が、意外性があって、面白いので、最初は、少し違う話を書いて、それから、本題に切り替えるので、これを「転」というのです。 600字だと、こういう構成を考えると、あっというまに過ぎてしまいます。 だから、簡潔に要領よく書きます。 文章は短くします。 構成の仕方は、上に述べたように、もっとも普通の方法は、話の中心の話題をまず考える、この話題にどう導くかで、最初の言葉を考え、関連したことを書いた後、主題に入るということです。 そして、最後に、全体のまとめの言葉を書くのです。 「そういう訳で、金は美しいですが、それは人間が使うためで、金に人間が使われてはおかしいのです」という風に、教訓風なことにしてもよいですし、「金については、色々ありますが、わたしも、金の耳飾りなど、一つぐらいなら欲しいと思っています。 欲張りでしょうか」でもいいです。 何か、話が一応「終わった」と感じさせることを書くのが、「結び」です。 これは、理屈でなく、実際にそういう構成ができるか、うまく構成どうりに書けるかということが問題で、三、四個、上に述べたような「構成」を行って、全体を構想して、書いてみる練習をされるとよいでしょう。 なかなか難しいです。 難しいので、練習した方がよいのです。 なお、これは余計なことですが、文章としての技法としては、色々な感覚や感情を出す(視覚、聴覚、臭覚、味覚、などの感覚。 色、光、響き、冷たい、熱いなど)、色彩を出す、具体的描写を出すなどすると、文章に、イメージや、味わいが出てきます。 文章の達人は、こんなことはしませんが、知っておいて、損はありません。 ただ、実際に使う場合は、一回か二回という風に、意図的には少しにした方がいいです。 文章の技術を考えていて、主題の展開が書けなくなるということがあるからです。 まず、こういうことから云うのは何ですが、貴方がよほど、文章力に自信がない限り、文章力では、上手な人には太刀打ちできません。 悲しいことですが、文章力のある人の文章は、或る程度文章が分かると、一目瞭然なのです。 (わたしは、相対的には、文章力がないのです)。 従って、率直に、自分の実力のなかで、文章を書くことが重要です。 こういう前置きを置くのは、文章力がなくとも、文章や構成には、「技術」があり、基本的な技術を知っていて書くのと、そうでないのでは、確かに違いが出て... A ベストアンサー なかなかおもしろそうな質問ですね。 ズシンとくる、強い意志を持った字を書いてみます。 『兆』ちょう、きざし まず、お金の単位で兆というと、非常に大きな単位です。 億というお金なら、一生でおそらく稼いでいるでしょう。 宝くじでも得ることができます。 しかし! 兆の単位は相当強運が続いても得ることはできない、いわば神秘的な数字です。 『鉄』てつ 地味な字に見えるかもしれません。 しかし、人は『非常に硬いもの』『非常に重いもの』を字で表すならば、『鉄のように』でしょう。 ダイヤモンドのように硬いとか、鋼のように硬いとは言わないでしょう。 重いなら『石のように』ということもありますが。 『極』きわみ、きょく 多くを語る必要はないでしょう。 読んで字のごとく物事を『極める』のです。 子供の字に使うのでしたら、参考にならないですが。

次の

あなたを漢字一文字であらわしてください

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

面接は誰しも緊張しますが、「百聞は一見に如かず」と言うようにいくら履歴書に立派な経歴や意気込みを書いていたとしても、実際に顔と顔を合わせる面接で、履歴書と大きく違うイメージだとすればどうしてもそちらのイメージが上書きされてしまいます。 髪やメイク、姿勢や服装など隅々まで清潔さが感じられるかどうか、また社会人としての自覚をもっているかは必ずチェックされます。 面接では、「なぜこの会社で働きたいと思ったのか」「どのような仕事をしたいのか」など志望動機を聞かれることはもちろんですが、「あなたはどんな人物ですか?」という自分自身について尋ねられることもあります。 自分がどのような人間かを上手に表現できるかどうかも、面接官や採用担当者のイメージにプラスになるために、大切なスキルだといえます。 「自分を一言で表すと?」と聞かれた場合 面接で答えづらい質問の一つに「自分を一言で表すと?」という質問があるのではないでしょうか? 自己PRは面接の基本ですし、前述したように、様々な活動や経験をアピールすることはさほど難しくありません。 しかし「自分を一言で表すと」という質問になると、自分の特質を拾い集めてまとめて、適切な言葉を探さなければなりません。 「自分を一言で表すと?」と突然尋ねられても、言葉に詰まってしまうことも十分考えられます。 もし「自分を一言で表すと?」という質問に答えられない場合、自分自身をしっかり分析出来ていないと捉えられる可能性があります。 アピールするポイントをまとめて、どのように自分を一言で表すことができるのか事前に考えておきましょう。 「自分を一言で表すと?」と尋ねられても、普通はすぐに言葉がでてきません。 実はこれは当たり前で、自分を一言で表すことができる、単純な人などいないからです。 それでもあえて、「自分を一言で表すと?」という質問をしているのは、 柔軟な発想や、表現のセンス、完成の豊かさなどを見たいという意図もあるのが理由の一つです。 杓子定規な人間は、ルールには忠実ですが、トラブルがおきたときや、想定外の要素が入ったときには、思考が停止してしまいます。 少し斜めからの質問でも、センスよく、柔軟な発想で回答できるかどうかは、不確定要素も含めて、仕事ができる人間かどうかを判断する手掛かりになります。 理由4:コミュニケーション能力 長所とは、言うまでもなく、自分の良いところ、他の人より優れているところなどです。 ただ、面接官や採用担当者と、1対1で仲良くなるわけではありません。 面接は親睦会ではないので、面接でアピールすべき長所とは、「会社にとってプラスになると感じられる長所」です。 当然のことながら、面接を受けている会社によっても、求められている長所が異なります。 求められている長所を理解しないまま、的外れなアピールをしてしまうと、「ん? なにをいっているんだろうな?」と思われてしまう可能性もあります。 自分で長所だと思っている部分を、そのまま素直に答えればよい、というわけでもないのです。 回答例1:自分を一言で表すと「負けず嫌い」 「自分を一言で表すと?」と質問されたときの、回答に含めてもいいですし、その他の自己PRでも使いやすい四字熟語もあります。 ・臥薪嘗胆(がしんしょうたん) 目的を果たすために、あらゆる苦難に耐える ・七転八起(しちてんはっき) 何度失敗しても、また起き上がって努力する ・熟慮断行(じゅくりょだんこう) よく考え、十分に検討したうえで、思い切って実行する ・切磋琢磨(せっさたくま) 仲間同士でお互い励まし合い、学問や仕事に励む ・創意工夫(そういくふう) 新しいことを考え出し、いろいろ手段をめぐらす ・粉骨砕身(ふんこつさいしん) 全力で努力すること。 また、骨身を惜しまず一生懸命に働く ・勇往邁進(ゆうおうまいしん) 勇気を持って目的に向かい、突き進む 「自分を一言で表すと?」という質問は、非常にやっかいだと感じている方もおられるかもしれません。 冒頭で述べた通り、人は一言で表現できるほど単純ではないですし、まだまだ「自分がいったいどういう人間か?」を測れるほど、人生経験を積んでいないと考えてしまうかもしれません。 就職後も学ぶこと、経験することはあるので、「自分を一言で表すと?」という質問に、就職後の自分まで含める必要はありません。 面接ではそこまで含めて「自分を一言で表すと?」と尋ねているわけではないのです。 これから成長する、変わる可能性も想定したうえで、「今の自分」を一言で表現してみましょう。 とはいえ、「自分を一言で表すと?」という質問は、しっかり準備していなければ、咄嗟に答えられないでしょう。 長所をアピールするにしても、短所を表現するにしても、「自分を一言で表すと?」という質問に、柔軟なセンスあふれる答え方ができるように準備しておきましょう。 自分を一言で表す言葉の参考例を見てみよう.

次の

ご自分や身内などを「漢字1文字だけ」で表してください。 ・…

自分 を 漢字 一文字 で 表す と

この記事の目次• 常にネガティブに考えていた過去の自分に、前向きになれ!と伝えたいという意味で」(22歳男性/機械・精密機器/その他) ・「望。 自分の望み、願望に向かうことの大切さを過去の自分に伝えたいです。 不満や悩みがあっても、その裏側には必ず願望があり、望むことで実現するものだと思うためです」(30歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系) ・「熱。 モチベーションを持ちもっと物事に集中して、時間を有効活用して欲しい」(25歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職) 若いときは自分に自信がなくて、不安もたくさんあって、悩むこともたくさんありました。 もし過去の自分に何かアドバイスができるなら、こんな漢字を贈って励ましてあげたいですね。 いま色々詰め込んでいるが、なにかを学ぶのは楽しいんでもっと前からやっていたかった」(27歳男性/マスコミ・広告/その他) ・「上。 現状に満足せずに、努力しなさい」(24歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職) ・「伸。 あきらめずに人より大変なことも多いが、勉強したり考えたりすれば生きやすくなってくることもあるよ、と」(34歳女性/小売店/クリエイティブ職) 何も知らない癖に、とにかく知ったかぶりして「世の中どうせ」とか「自分なんか」と思うことが多かった若い頃。 努力次第でどうにでもなる、ということが、年を取ってからでないとわからないのは、不思議ですね。 引用元- 大切な人の贈る漢字一文字は… 大切な人に贈りたい漢字1文字は何ですか? 1位:笑 2位:感 3位:謝 4位:友 5位:楽 6位:愛 7位:優 8位:幸 9位:絆 10位:心 11位:夢 12位:生 13位:支 14位:仲 15位:信 16位:命 17位:恩 18位:努 19位:健 20位:頑 日本漢字能力検定協会 京都市 が調査した結果は上記の通りです。 追加するとすれば、「会いたい」「逢いたい」とかでしょうか。 たった1文字でも、上記の漢字は、あまりネガティブなイメージが浮かばないのが凄い。 言葉には、やはり感情を揺さぶる力があるようです。 引用元- 結婚生活に贈る漢字一文字とは… 9月から11月の秋は、ブライダルのトップシーズンといわれるほど、年間で婚礼組数が多くなる時期。 結婚をイメージする漢字の1位は「絆」だった。 「結婚についてあなたのイメージを『漢字1文字』で表現してください」と、結婚に対してどのようなイメージを持っているのか聞いてみたところ、1位は【絆】(30%)だった。 パートナーとの絆だけでなく、「結婚式で、新郎の母親が披露したフラダンスに新婦も途中参加し、新しい絆ができた」といったエピソードも寄せられ、新たな親子の絆を実感する人も。 ぼくが、おこっているとき も、ないているときも手をにぎってくれます。 そうしてもらうと、ぼくは、とても気も ちよくなります。 ぼくは、あたたかくて、やわらかいおばあちゃんの手が大すきです。 毎日、毎日、迎えてくれる憩いの場にありがとう。 毎日、毎日、迎えてくれる温かい心にありがとう。 自分が安心してホッとする場は家であり、家族に囲まれた空間です。 自分にそのような場が在ることはとても幸せなことだと思います。 これから先も、ずっと、みんなを迎える温かい家族でいようね。 引用元- 今年一年を通してみんなに贈る漢字一文字 今年の漢字 同じ漢字検定協会が毎年暮れに発表しているのが「今年の漢字」です。 1995年から始まって、2013年12月まで計19回行われています。 まさに年末の恒例行事といってもいいでしょう。 ちなみに2013年の「今年の漢字」第一位は、「輪」でした。 2020年五輪・パラ五輪の東京開催が決定し、日本中が「輪」になって歓喜にわいた年ということで、「輪」に決まりました。 台風や洪水など自然災害で多くの支援の「輪」が広がり、人とのつながりの「輪」を感じた1年であったのも理由のひとつでした。 引用元- 「今年の漢字」とは 12月15日(火)、今年の世相を「安」の一文字に託して、日本を代表する寺「清水寺」の森清範貫主に大きく揮毫していただき、清水寺のご本尊・清水型十一面千手観音像に奉納する儀式を行います。 引用元- ツイッターでのつぶやきや口コミ.

次の