コロナ かからない 人。 新型コロナウィルスに感染しやすい人に、血液型が関係あるのは本当か?その理由とは!

緊急事態宣言中の北海道へこっそり旅行に行ってみた。

コロナ かからない 人

今月のお悩み 外食を控えていたら太ってしまいました アラフォー会社員の女性です。 おいしいものが好きで、新型コロナウイルス感染症が拡大してからは 外食をしなくなったのですが、結果として太ってしまいました。 以前から食べ歩きが大好きで、時々、会社帰りにデパ地下を探索し、ご褒美にスイーツを買って帰るのも楽しみにしていました。 30代前半までは食べても太らない体質でしたが、36歳を過ぎてからは、 年1㎏のペースで体重が増量。 現在は、ベストだと思っていた昔の体重から8kgも増えてしまった状態です。 ここ2、3年は太らないように、平日は自炊をして、油の量や調味料にも注意し、肉も脂質の少ないものを選ぶなど、食事には気をつけていました。 最近は、新型コロナウイルス対策で在宅勤務となり、外食はまったくしなくなりましたが、その分、家でのごはんにお金をかけるようになりました。 特にハマっているのは、近所のお店でおいしそうな テイクアウトのランチを探すこと、ちょっといい レストランの食事を配達で頼むことです。 また、週末は スイーツを手作りしています。 スコーンやクッキーを手作りするとたくさんできてしまうし、ケーキも1ホール焼くので、何日かかけて食べるとしても、以前より甘いものを食べ過ぎてしまいます。 月に一度、評判の良いレストランに一緒に行っていた食いしん坊仲間の友人に、「在宅勤務で太ってヤバイ」と伝えると、「私は 外食しなくなったからむしろヤセてきた。 かえって健康的だよ」という返事がきて、ショックを受けました。 なぜ同じように外食を控えているのに、私だけ太ってしまったのでしょうか…。 せめて在宅勤務前の状態に戻りたいです。 アドバイスをお願いします。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

緊急事態宣言中の北海道へこっそり旅行に行ってみた。

コロナ かからない 人

10 コロナウイルスが世界で猛威をふるっています。 、中国以外の感染者数も300人を超え、中国では900人以上の死亡者が確認されています。 コロナウイルスの流行が終わることは誰もが望むところですが、今回はこのウイルスの流行をきっかけに各国であらわになった排他主義や人種差別に目を向けてみたいと思います。 差別対象がどんどん広がる ウイルスの発祥地として当初、武漢という特定の町の名前が出てきたときから嫌な予感はしていましたが、案の定、数日後には温泉地の箱根で「中国人お断り」とが登場したり(現在、貼り紙は外されました)、札幌市でも「中国人入店禁止」の貼り紙を掲げたラーメン店が物議を醸しました。 いうまでもなくこれらの貼り紙は人種差別的であり、場合によって民法の不法行為が成立する可能性がありますし、国連の人種差別撤廃条約にも違反しています。 それにしても興味深いのは「中国国内では武漢出身者が差別され」「日本国内では中国人が差別され」「ヨーロッパではアジア人が差別されている」という点です。 つまり地域によって、差別される対象の人々はどんどんひろくなっていっており、もはや合理的なウイルス対策とはいえない類の「対策」が目立ちます。 直訳すると「お大事に」という意味)と声をかけてコミュニケーションを図る習慣があります。 同氏がパンダの赤ちゃんの取材のためにベルリンの動物園に行き、動物園の職員から話を聞こうとしたところ、職員の人が後ずさりをし、明らかに遠ざかろうとしたエピソードがに書かれています。 彼はその後、同園の別の職員に話しかけるも、その人は返事をせず無言で立ち去ったそう。 Ku氏は動物園で職員同士が「お前はやっぱりコロナが怖いのか」とからかうような口調で会話している様子も目撃しています。 このようにコロナウイルスの登場によって、ヨーロッパではアジア人への差別行為が起きていますが、前述のMartin Ku氏は記事を「中国人に見えるからといって、中国人だとは限りません。 また中国人であっても、直近で中国を訪れた人ばかりではありません。 尚、実際に中国を訪れた中国人であっても、全員が感染しているわけではありません。 やはりコロナウイルスの対策として一番有効なのは手洗いとデリカシーです」と皮肉たっぷりに締めくくっています。 問題は「元からあった人種差別」 この流れを見ると、コロナウイルスのせいで人種差別が起きていると思ってしまいそうですが、は元からあったものです。 コロナウイルスの流行を受けて、フランスでは地方紙の「クーリエ・ピカール」が表紙に「黄色いアラート」というタイトルをつけ、批判を浴びましたが(同誌は後に謝罪)、とっさに「黄色」という言葉が出てかつ印刷してしまうのは、元から東洋人に対する人種差別的な考えがあったと考えて良いでしょう。 そんななか、フランスでは JeNeSuisPasUnVirus (私はウイルスではありません)というハッシュタグがSNSで多く使われるようになり、ドイツ語 IchbinkeinVirusやイタリア語 NonSonoVirusでの投稿も目立ちます。 先週フランス旅行をした筆者の日本人の知人は、現地のタクシーで乗車拒否をされたそうです。 日本へ帰国してから「日本で『外国人には家を貸さない』としている大家さんについて報道があっても、今まで他人事だと思っていたけれど、コロナが流行っている時期にフランスを旅行して、国や出身で差別されることがどんなに理不尽なことか身に染みて分かった」と話していたのが印象的でした。 は欧州の社会に元からあるものでしたが、現在は「コロナウイルスという大義名分のもと」堂々と差別行為が行われているというのが現状です。 ただ「大義名分」に関しては、日本においても「元から中国人を快く思っていなかったところを、コロナウイルスという大義名分ができたから堂々と中国人をお断りするようになった」という側面もあるようです。 歴史に学ぶべきこと 日本政府によるチャーター便で、武漢在住の日本人が4回に分けて帰国しました。 チャーター機の第4便には、日本人と共に中国人配偶者や中国籍の子供も乗っていましたが、インターネットでは「なぜ中国の人も、日本政府のチャーター機に乗せるのか」という声も多く見られます。 しかし人道的観点から家族なら一緒に行動をするのは当たり前です。 単なる「ネットの声」だとはいえ、国籍を理由に「家族であっても、引き離すべき」と考える人が少なからずいるということは、社会として危険な兆候ではないでしょうか。 日本では大正12年9月1日に起きた関東大震災の際「朝鮮人が井戸に毒を入れている」などと噂が飛び交い、これを真に受けた住民たちが自警団を結成し、多くの朝鮮人や中国人が殺されました。 14世紀にヨーロッパでペストが流行した際にはドイツなどで「ペストが流行っているのは、ユダヤ人が井戸に毒を入れていたからだ」との噂が飛び交い、これが各地でユダヤ人のポグロム(殺戮、虐殺)へと発展しました。 国と時代が全く違うのに、自然災害が起きた時や病気が流行った時に、それをマイノリティーのせいにし、「彼らが井戸に毒を入れたからだ」という展開になるのはなんとも恐ろしい偶然です。 いつの時代も、どの国でも人間の本質はあまり変わらないのかもしれません。 だからこそ「博愛精神は平常時や平和な時だけ」なんていうことにならないように、非常事態の際の人間性が問われているのではないでしょうか。 でも、何もそんなに難しく考えることはありません。 ウイルスを憎んで、人を憎まず、ということです。

次の

金かからない楽しみを…コロナで変化した価値観「新たな格差」も

コロナ かからない 人

そろそろ東京で患者が増える事になるかも知れません。 ここで、かかりやすい人たちを紹介しておきましょう。 「生物学的要因 一部の患者は、他の患者よりもウイルスの負荷が高くなる可能性があります。 つまり、より感染性が高くなります が、その理由は不明です。 Ball教授は次のように述べています。 「大部分の発生では、スーパースプレッダーが見つかりますが、メズムは実際にはわかりません。 私たちがよく考えるのは、これらの人々が大量のウイルスを生産していることであり、それは一般に大量の感染の可能性につながります。 しかし、なぜ特定の人々が大量のウイルスを生産するのですか?わかりません。 」 の疫学の教授であるマーク・ウールハウスは次のように述べています。 「彼らが他の種類の患者よりも長い間感染しているかどうかという問題でもあり、周囲の人々のリスクを高めます。 また、症状を示す前に感染するかどうかの問題でもあります。 」 それでは、誰が病気を広めているのでしょうか?ここでは、最も可能性の高い10人の犯人を紹介します。 1.国際旅行者 公衆衛生の専門家は、1日もかからずに世界中を飛び回ることができるようになれば、ますますつながる世界で病気がになる可能性があることを長い間警告してきました。 2003年、世界旅行はの世界的な広がりの要因でした。 病気が最初に発生した中国のの最初の患者を治療した医師は、香港に旅行する前に知らずに病気を拾いました。 ここで、彼は外国人旅行者でいっぱいのホテルに滞在し、カナダ、、、台湾を含む母国にウイルスを持ち帰った他の15人のホテル客に病気を広めました。 この超広まったイベントに関与したイギリス人男性は、で国際会議に出席しており、他の数人もこの病気に感染していました。 会議の参加者の1人はマレーシアで、2人は韓国で陽性でした。 2.咳通勤者 ジャーナルEnvironmental Healthに掲載されたの通勤者に関する研究では、 長い旅をしている人や忙しい乗り換え駅を利用している人が最も感染しやすいことがわかりました。 ロンドン中心部から最も遠くに住んでいる人々は、特に混雑する乗換駅で地下鉄から降りなければならない場合、地下でより長く過ごし、より多くの感染した人々とする可能性があります。 大学土木工学部のララ・ゴシェ博士と研究の筆頭著者は、乗り換えする人は用心する必要があると述べた。 「彼らはより多くの人々とし、感染するリスクが高くなります。 」 3.フライト フライトは、感染の可能性があることで有名ですが、あなたが考えるかもしれない理由ではありません。 2年前に発表された研究で、エ大学の研究者は、フライトで 病気を広める可能性が最も高いのは乗客ではなく客室乗務員のメンバーであると結論付けました。 研究者は、米国のインフルエンザシーズン中に10大陸横断便で乗客と乗組員を観察し、客室乗務員の病気のメンバーがフライトあたり平均4. 6人の乗客に感染する可能性が高いことを発見しました。 感染した乗客は、フライトごとに1人未満に感染する可能性がありました。 調査の主著者であり、エ大学データサイエンスセンターの教授であるヴィッキーストーバーヘルツバーグは、客室乗務員が乗客にリスクをもたらす一方で、互いに感染する可能性が高いと述べました。 「彼らはギャレーで一緒に多くの時間を過ごし、彼らがサービスに時間を費やしているとき、彼らはキャビンを素早く移動します」と彼女は言いました。 4.社会の蝶 パーからパブに飛び立ち、空中キスをして握手する人は、スーパースプレッダーになる可能性があります。 公衆衛生では、感染者から2メートル以内に少なくとも15分を費やした人は密接な者であり、病気にかかるリスクが最も高いと述べています。 そのため、パーで長く親密なチャットをしている人は、特に伝染性があります。 大学の医学教授ポール・ハンターは、感染者と社会的に混ざり合う人は誰でも検疫すべきだと言います。 「それが私であり、[感染した人々]を知っていて、彼らと社会的に混合していたなら、私は確実に自己隔離するでしょう」と彼は言います。 5.クルーズ船 クルーズは、感染の可能性があることで有名です。 米国疾病対策予防センターは毎年、米国の港に停泊するクルーズ船での胃腸疾患の発生件数に関する数値を発表しています。 2019年には、10種類のクルーズライナーで嘔吐バグが発生しましたが、その大半はでした。 最新の数字は、3500の合計のうち130人の乗客がいることを示し、現在、横浜、日本で隔離されたダイヤモンドプリンセスクルーズ客船の、陽性をテストしました。 「はのような水滴によって広がり、クルーズ船を引き裂きます」とハンター教授は言います。 「クルーズライナーで病気にかかった場合、それを止めるのは非常に困難です」と彼は言います。 6.入院患者 多くの超広大なイベントは病院に関連しており、Journal of the American Medical Associationの最近の論文では、 医療従事者に対するこの新しいの危険性が強調されています。 疾病の発生の地である中国に入院した138人の患者の報告は、1つの超広汎な出来事で、 1人の患者が10人の医療従事者に感染したことを示した。 Mersのでは、病院が広範囲に伝染する特定の感染源でした。 の伝染病の専門家であるファリダ・アル・ホサニ博士は、2012年にウイルスが出現して以来89件のウイルスが発生しており、病院で最も危険な領域は、症例が診断される前の救急部門です。 「問題は、非常に一般的な症状を伴う症例が発生し、救急部門から別の病棟に入院することであり、この経路のすべてが危険にさらされていることです」と彼女は言います。 マスクを提供し、呼吸器症状のある患者が隔離されるようにすることで病院の労働者を保護することは、この病気を封じ込めるのに重要です。 「これらは小さなものですが、大きな影響を与えました」と彼女は言います。 7.怠惰な掃除人 Journal of Hospital Infectionの最近の研究では、Mers and は、 ガラス、金属、プラスチックなどの無生物の表面で平均4〜5日間、場合によっては最大9日間持続することが示されています。 気温が低く湿度が高いと寿命が長くなる可能性があることが研究でわかっています。 しかし、良いニュースは、これらのバグは古き良き時代の漂白剤で簡単に殺せることです、と研究者は発見しました。 8.髪がちらついている人 ウイルスを口、鼻、または目から拾うことができるので、病気を拾うための完璧な方法は汚染された表面に触れてから顔に触れることだと専門家は警告しています。 学生の観察研究では、 1時間に平均で驚くほど23回顔に触れていることがわかりました。 ですから、同僚やが 一日中、顔から髪をブラッシングしたり、鼻を掻いたり、目をこすったりして過ごした場合、彼らは病気を拾う危険性が最も高く、それを広める可能性があります。 9.一見健康な患者 まだ症状を示していない場合、の患者が病気を伝染させることができるかどうかはまだ明らかではありません。 これは、を制御しようとする人々にとって重要な質問です。 ドイツの同僚を訪れる中国人女性は、病気にならずに数人を感染させたと言われています。 ただし、これらのレポートは後に疑問視されました。 そして、イギリスのスーパースプレッダーが症状を示していたかどうかはまだ不明ですが、彼はスキーに行き、ブライトンへの帰国時にパブを訪れるのに十分でした。 「スーパースプレッダーは多くのウイルスを生産しているとよく考えられますが、これは多くの感染の可能性につながり、症状を示していることを示唆しています」とBall教授は述べています。 「しかし、この男はフランスではひどい病気ではなかったようです。 だから、彼が明白な症状を持っているかどうかを知るために前進することが重要になるでしょう。 」 10.子供 は主に高齢者に影響を与えるようですが、9歳の英国人の少年を含む一部の子供たちがを拾いました。 子どもたちは、 学校や保育園で互いに密接にして多くの時間を費やすため、病気を広めるのに最適です。 の学校は、東南アジアを訪れた1人の生徒が最近症状を示し始めた後、生徒を家に送りました。 また、中国の学生がいる学校は、来週の半期休暇のために生徒を英国に滞在させるように勧めるべきだと言われています。 」 このリストから逆算すれば、 不要の海外旅行には行かない、日常生活の中で手洗いを励行する、密接な他人とのを極力避ける、子供にも気をつける、列車の乗り換えの際は気をつけるといった対応で、今回の肺炎は回避できるのではないでしょうか。 病原菌のありそうな平らな場所に直接手で触れないのが最も重要であるように思います。 FirstHedge.

次の