フレッツ光 西日本。 お問い合わせ|NTT西日本

フレッツ光のプロバイダー

フレッツ光 西日本

結論としては、• OCN• ソフトバンク• ソネット• ビッグローブ が、よく利用されています。 excite 5200円/月 最安:BB. excite マンション 4125円/月 最安:BB. excite 3850円/月 最安:BB. 特に、フレッツ光は、プロバイダ数が多いですが、 『その中で、もし選ぶなら、どの回線が良いか?』について、このページでは紹介しています。 『フレッツ光』の契約の際は、西日本/東日本のエリアによって料金が異なります。 下記の記事は、各エリアごとの、「プロバイダ&月額料金」・サービスの特徴です。 下記の、表が『フレッツ光』と その他、 現状でもっともお得な 大手の回線を比較した内容です。 「セット割」と「キャッシュバックキャンペーン」 があってお得なのは、 現在、 『ドコモ光』『auひかり』 『ビッグローブ光』『ソフトバンク光』 『NURO光』など大手のネット回線です。 の 月額料金と、最大額特典をまとめています。 excite』が最安で、• 月額料金[戸建て] : 5230 円• 月額料金[マンション]: 4125 円 です。 excite』が最安です。 月額料金[戸建て] : 5200 円• excite 5200円/月 最安:BB. excite マンション 4125円/月 最安:BB. excite 3850円/月 最安:BB. 「フレッツ光」のプロバイダ選びでは、 サービスの内容と、価格がもっとも気になる点ですね。 下の表に、 大手プロバイダーの料金・サービスの比較をしています。 それぞれ大手のプロバイダなので、どの回線でも大きなサービスの違いはありませんが、『OCN』は利用者数が多いためか、速度制限を実施していたことがあります。 ちなみに、『ソネット』は、速度低下が起こっている地域もあるようです。 【『フレッツ光NTT西日本』公式 戸建て&マンションプラン】 について、 下のボタンをクリックすると、 主要なプランの金額を比較出来ます。 基本月額料金 4730円[戸建て] 3750円[マンション] という金額に、 550〜1320円[戸建て] 550〜1045円[マンション] がプラスされます。 合計で言うと、最低でも 4730+550=5280円[戸建て] 3750+550=4125円[マンション] なので、フレッツ光は、 かなり高額になってきていることが 分かります。 ぜひ、他のお得だと言われている した上で、 契約することをオススメします。 戸建て : フレッツ光ネクスト【ファミリー隼/スーパーハイスピードタイプ 隼】• 集合住宅: フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】 が、フレッツの一般回線では、『 1Gbps』なので、品質面でもっとも安心です。 <出典:> <出典:> 西日本まとめ:『フレッツ光 NTT西日本』のプロバイダは、 1000円近く上乗せになるため全般的に割高になります! 『フレッツ光西日本エリア』の場合、 ASAHIネット/BB. excite/ビッグローブ WAKWAK/OCN//ぷらら ソネット/DTI/ nifty/hi-ho の10社から、選ぶだけなので、上記の表を参考にしつつ、 価格面と速度とサポートで、比較することをオススメします。 プロバイダ込みの月額料金[戸建て] : 6400円• プロバイダ込みの月額料金[マンション]: 4125円 です。 速度では、• 戸建て : フレッツ光ネクスト【ファミリー隼/スーパーハイスピードタイプ 隼】• 集合住宅: フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】 が、フレッツの一般回線では、『 1Gbps』なので、品質面でもっとも安心です。 『フレッツ光 』のデメリット 『光コラボレーション』と比べた際に、プロバイダ料金が確実に、別途支払いになってしまう点が、 「フレッツ光」のデメリットです。 毎月+1000円近くの出費となるため、プロバイダ料金を払わずに済む「光コラボレーション」の 『』 『』 その他、『』などのキャリア系のネット回線 は、キャンペーンに力を入れているのでオススメです。 ちなみに、 「光コラボレーション」は、フレッツ光回線をキャリアなどが、インフラを借りているので、インフラ面での回線の品質では、全く問題ありません。 基本月額料金 5200円[戸建て] 3350円[マンション] という金額に、 500〜1200円[戸建て] 500〜950円[マンション] がプラスされます。 合計で言うと、最低でも 5700円〜[戸建て] 3900円〜[マンション] です。 西日本同様、フレッツ光は、 かなり高額になってきています。 した上で、 契約することをオススメします。 フレッツ光の東日本エリアでは、安定している 『1Gbps』であるため、最終的にオススメなのは、• マンション:フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ/ ギガラインタイプ• 戸建て :フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ です。 Excite 月額500円 を選択した場合 東日本・西日本ともに、 10個のプロバイダの中から選べば良いので、分かりやすいですね! 『フレッツ光東日本エリア』の場合、 WAKWAK/ソネット/ぷらら/OCN hi-ho/DTI/ビッグローブ/BB. excite ASAHIネット/ nifty の10社から、選ぶだけなので、上記の表を参考にしつつ、 価格面と速度とサポートで、比較することをオススメします。 プロバイダ選びで重要なポイントは、大きく分けて、 安さ・速度・サポートです。 安さであれば「BBエキサイト」の月々の プロバイダー料金が500円というのが最も安いです。 料金面では、 「BBエキサイト」、または、16ヵ月分のプロバイダ料金が無料の 「 nifty」を、利用すると、コストを下げることができます。 NTT東日本の月額料金をまとめると、上記全10社のうち、 最もお得なのは、 『BB. excite』です。 月額料金[戸建て] : 5700円• 月額料金[マンション]: 3850円 です。 excite』がお得で、• 月額料金[戸建て] : 6490円• 月額料金[マンション]: 4620 円 です。 excite』がお得です。 月額料金[戸建て] : 5700円• 最終的には、 することでお得な回線を見つけることができます。 東日本まとめ:『フレッツ光』「NTT東日本」のプロバイダは、 西日本同様、1000円近く上乗せになるため全般的に割高に! オススメしたいのは、 「OCN」です。 NTTグループなので、『フレッツ光ネクスト』で選ぶなら同じ系列である点で安心感があります。 プロバイダ規模として、なんと言っても国内最大手です。 プロバイダの中では、 OCNは信頼のブランドですが、月額料金も決して安いわけではなく、多くのユーザーが料金よりも使いやすさ、が魅力です。 7割方のシェアとなっているため、安心感があります。 また、長年使ってきた、プロバイダのメールアドレスを変えたくないということで、使い続けている人も少なくないのも事実です。 ただやはり、 「プロバイダ料金」を別途、払わなくてはいけないと言う点で、西日本と同じデメリットがあります。 ページ最後に、 していますので、ぜひ参考にしてください。 【速度・サービス・料金】の違いは? スピード面では、『 IPV6』は、インターネットプロトコルバージョン(IPV)は次世代規格の6を扱う規格です。 これまでの『IPV4』と比べて、『IPV6』の方が上位機能ですが、さらに「IPV6」の機能を十分に活かすためには、 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」に対応のプロバイダから選ぶことをオススメします。 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」は、速度の改善の対応が、ただの「IPv6」よりさらに優れているため、 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」のプロバイダを利用することで、速度が改善したという声が、多いです。 もしこれからプロバイダを選ぶなら、スピード・サービス面では、「IPV6プラス」という「IpV6」のさらに上位サービスをドコモ光内で無料で必ず提供している 『GMOとくとくBB』がオススメ。 フレッツ光のサービスと比較した際、 フレッツ光はキャッシュバックのキャンペーンが少ないので、トータルで安くなることと、無料で『IPv6プラス IPv6オプション 』という速度改善サービスを提供している点で、オススメです。 の記事 の記事はこちら プロバイダを選ぶ際の7つの基準 『これまで満足できるプロバイダと出会えていない!』 『どのプロバイダが良いのか分からない!』 という場合の、プロバイダの選択の方法を7つにまとめました。 毎月同じ利用料金を支払うということです。 これが例え1,000円の違いであっても、年に12,000円、10年支払えば120,000円です。 本当に良い回線を選べるならば、年間のトータルコストとして考えても、品質の高い回線を選んでおけば良かった!という声も、多いようです。 ネット回線で、料金だけに注目して、後で後悔する・注意点としては、• 実は速度制限が、頻繁に行われていて、非常に遅い• エリア的に、回線を増強していない地域だったため、常に速度がでない• 安さゆえにプロバイダメールなどのオプションが別料金で、最終的に月額費用が高くなる• 固定IPが使えない/無料のホームページが使えない/セキュリティ面で気になる ということなどが、あります。 まずは、 『初期費用』『違約金額』『オプション費用』のトータルコストの確認が必要です。 【確認しておきたい3つのコスト】• 『初期費用• 『違約金額』• 『オプション費用』 トータルコストで比較することが、最もオススメです。 その際、2016年以降、『セット割 キャリア割引 』が、各社の目玉として、バカにならない金額になってきています。 月に数百円でも、年間もしくは、2年以上利用することが最近では増えたこともあり、 毎月の【割引額】 X 24 がいくらになるか?という視点で、トータルコストから差し引いたときの金額を確認しましょう! あわせて、『キャッシュバックキャンペーン』が、多くのネット回線で実施されています。 たとえば一日の転送速度が30GBを超えると(個人ユーザーに対して)速度規制をかける、などです。 中には15GBで速度規制、というプロバイダもあります。 これについては、実データを公表しているプロバイダはありませんので、体感的に遅くなったな、ということで判断します。 大手プロバイダでも行われていることなので、注意が必要です。 夜の20時以降のゴールデンタイムと呼ばれる混雑する時間帯から、深夜にかけて、インターネット回線はもっとも混雑します。 この時間帯に、速度制限がかけられていないか?をチェックしてみるのは一つの方法です。 しかし、人の気持ちや思いというのは千差万別です。 信憑性に欠ける部分があるかと思えば的を得ている部分もあったりするので、 口コミは参考程度に、確認の意味で押さえておくと、大きな失敗を避けることができます。 知名度と比例する傾向にあるのですが、知名度の高さと加入者の多さは大手の証でもあり、安心感を得られると言う点でオススメです。 400のプロバイダの中で、絞っていく際に、少なくとも名の知れたプロバイダを優先して考えることで、かなり数が絞られてきます。 しかし、現在のところプロバイダのサポートを受けるタイミングとしては、• 『開通し、接続する際のサポート』• 『解約する際の手続きのサポート』• 『障害などがあった際に、問い合わせる場合のサポート』 の大きく3つのサポートは確認したい点です。 そもそも、問い合わせをせざるをえないプロバイダは、あまりオススメできないということにもなりますが、 トラブルがあった際でも、しっかりサポートをしてもらえるか?という点は、長期的に契約する際には重要です。 とは言え、事前にサポートの質を確認することはできないため、敢えていうならば、 24時間対応か?/フリーダイヤルはあるか?/電話がつながりやすいか? などが目安になります。 気になる人は事前に、口コミなどでチェックしてみましょう。 それでも、このサービスがあったほうがいいというユーザーとして、 法人・SOHO・個人事業主などや、開発者などのコアなユーザーであるケースが多いです。 必要な場合には、プロバイダ・ネット回線選びの時点で、事前にしっかり確認しておくことが必要です。 大手のネット回線では、多くが2年ごとの縛り契約 またはまれに3年契約 が、ほとんどです。 契約時には、必ず事前に、 『2年縛り』なのか?/『3年縛り』なのか? という視点で、違約金の有無を、確認しましょう! まれに、 「速度が出ない」「サポートが悪い」などで、すぐに変更したいというケースがあります。 そんな場合にも、縛り契約が、アシカセになって解約時の予想外の負担になってしまうこともあります。 違約金に関しては、多くの回線で解約月以外の解約の際は、違約金が発生します。 ただ、『 auひかり』や、『ソフトバンク光』の一部のWEBキャンペーンを利用すると、 新規で別のネット回線に契約する際には、違約金や、初期工事費まで負担するサービスもあります。 『解約月の前後1ヶ月は、解約金がかかりません!』という内容になっているネット回線がほとんどですが、詳細は、しっかり確認が必要です。 速度改善に向けて:IPv6接続のサービスがスタートしています! 関東圏内限定となる 『NURO光』ですが、下りの速度が一般的な1Gbpsが多い中で、2倍の2Gbpsとなっています。 ドコモ光のGMOトクトクBBは、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続によって速度向上の実績があります。 地域要因や混雑する時間帯によって混み合うことがあるのが光回線のなので、 サービス面で、良心的な回線を選ぶことが最善策だと言えます。 大手キャリアの 『ドコモ光』『ソフトバンク光』『OCN光』など「サービス名」+「光」と最後に付くサービスは、ほぼ「光コラボレーション」です。 また『eo光』等の電力系の回線も例外として存在します。 従来は、回線業者であるNTTフレッツ光が利用者に光回線を提供していたのですが、 光コラボの場合は、『プロバイダである接続事業者』が光回線を提供します。 光コラボの場合は NTTフレッツ光が光回線を卸売りする、というイメージです。 利用者にとっては、• 『回線業者と接続業者』この両者が一つとなることで支払窓口が一つになること• 併せて月額料金が安くなること• 問い合わせも一本化できること など 様々なメリットがあります。 デメリットは、「光コラボ」から「光コラボ」の手続きが、若干煩雑になる点です。 手続きの際に、光コラボ同士の乗り換えの場合には、長めに手続きの時間がかかる、と覚えておきましょう。 「光コラボレーション」以外の『電力系』&『ケーブル系』サービス 西日本エリアでは、大手の電力会社も、回線接続サービスを行ってい場合があります。 電力系のネット回線 電力会社名 コミュファ光 中部電力 eo光 関西電力 MEGAEGG 中国電力 ピカラ光 四国電力 BBIQ光 九州電力 正確には、各電力会社がグループ会社を作ってそこからサービスを提供しているので、電力系ネット回線といわれています。 他には、J:COMなどのケーブルテレビでインターネット接続ができます。 ケーブルテレビを利用している人には安価でネット接続ができるのですが、基本料金が高いため、ネット回線だけのために契約するのは、コストを事前に確認してみましょう。 120MB/320MBなど低速回線であったり、月額コストが6500円という基本料金になっていることもあり、割高であるケースが多いです。 他にはソネットが提供しているNURO光もあります。 これは速くて安いと評判で関東・関西・東海エリアに限られるのですが、現時点では、 上限速度が、2Gbpsと、他回線の2倍の速度であることもあり、最強・最速のネットサービスと言えます。 ソニー公式で、最速回線と名乗っています。 光コラボ以外の選択肢としては、携帯キャリア系、電力系、ケーブルテレビ、NURO光など、選択肢も様々です。 『フレッツ光』プロバイダー 実際の契約エリアの速度の確認を 過去に回線選びで失敗した!という方も多いはず。。 そういうかたにこそ、規格を確認して欲しいです。 遅くて後悔した経験があるかたのほうが、慎重に選ぶ傾向があります。 速度面でオススメできるサービスについて調べています。 規格の面から考えたときに、 オススメなのは、「IPv6プラス オプション 」に対応したプロバイダです! なぜか!? これまでの「IPv4 PPPoE方式 」の規格よりも、高速な環境を提供できているのが、『IPv6プラス または、IPv6オプション 』なんです。 【3種類のIPv6の通信方法まとめ】 速度が改善する?? プロバイダー 『IPv6 PPPoE』 速度改善が限定的 DTI /BB. 現在、 『IPv6プラス または、IPv6オプション 』に対応しているのは、大手だと• ビッグローブ• ニフティ• ドコモ光 プロバイダ:GMO などがあります。 ビッグローブ/ニフティは、フレッツ光のプロバイダとして選ぶことができますが、キャンペーン 現金還元 では、 『ビッグローブ光』は、キャンペーン額が大きいです。 さらに積極的に速度改善を行っているのは、 ドコモ光経由のGMOです。 を目指しているので、オススメです。 他に、速度面で、通常の光回線 1Gbps のは、インフラ面で、ほかのサービスと差別化をしていて、実測値でも1Gbpsを越えている例があるなど、非常に期待できます。 さらに、マンション・アパートでも、 『NURO光』の場合、直接光ファイバーが、室内まで届くので 他の多くの回線では、光回線は分岐され分配されます 、高速回線がそのまま届く確率が高いです。 以上の、4つのサービスのリンク先の、webキャンペーンから申し込むことで、地元の量販店で申し込むよりお得に、手軽に申込みが可能です。 申し込み後も、公式のサポートがいつでも受けられるので、安心です 実際の契約エリアの速度の確認を 当サイトでは、速度計測ツールを公開予定です。 公開の際には、地域ごとの速度や、回線ごとのトータルの速度ランキングも用意する予定ですので、ぜひご期待ください。 『フレッツ光』のプロバイダ一覧比較 おすすめ新規乗り換えキャンペーン まとめ フレッツ光の、プロバイダについて、一覧で比較してみましたが、 現在、キャンペーン金額で比較した際、お得な回線は、 キャリア 『ドコモ光』『auひかり』『ソフトバンク光』 の回線です。 「OCN」「ソネット」「ビッグローブ」 についても、 フレッツ光経由で契約するよりも、「光コラボレーション」で契約する方が、お得な流れになっています。 NTTフレッツが、光コラボレーションを始め、各プロバイダが、手数料を差し引いた一括の月額料金で済む、独自の光回線をスタートしたためです。 回線自体は、NTTフレッツから借りている回線なので、物理的な品質はこれまでと変わりません。 さらに窓口が1つになった上に、プロバイダ料金が込みでお得になり、オススメです。 上部の の詳細を、下記に キャンペーンごとの キャッシュバック額&月額料金として、 まとめています。 むずかしい計算が多い光回線。 特にフレッツは、複雑です。 複雑な割に、計算しても安くないことが分かりました。。 すこしでも分かりやすくと思い、 最安のプランを必死にまとめてみましたが、 役立つ点が、一部分でも、ありましたら幸いです。 当サイトでは、WEB限定特典をオススメしています。 *下記は、期間限定ですので、お早めのお申し込みをオススメしています。 ・ 大きなキャッシュバック額があること ・KDDI au から 毎年感謝状をもらっていること ・公式特典を受けて、さらに 上乗せで独自特典までもらえること が、他の申込窓口との大きな違いです。 申込窓口をweb独自特典からにするだけで お得に契約できます。 下記、ご参考に!.

次の

会員ログイン|CLUB NTT

フレッツ光 西日本

フレッツ光西日本では、回線だけでなくプロバイダも契約しなければインターネットを使うことができません。 といっても、プロバイダにはあまりにも多くの選択肢があるので、どこと契約すればいいのかわからないですよね? プロバイダを選ぶときは、基本的に知名度が高い事業者に絞ってから契約先を考えます。 知名度の高い事業者を絞る際、プロバイダを選ぶポイントを知っておけば、自然に有力な契約先候補が見えてきます。 ここでは、フレッツ光西日本で利用するおすすめのプロバイダ3社を紹介します。 主要のプロバイダも紹介するので、これからフレッツ光西日本を契約しようと考えている人は参考に読んでみてくださいね。 AsahiNet• excite• BIGLOBE• WAKWAK• OCN• plala• So-net• DTI• nifty• hi-ho OCNとplalaはフレッツ光と同じNTT系列のプロバイダなので、名前を見ただけで信頼できると思う人は少なくありません。 BIGLOBEはNEC、So-netはソニー、 niftyは富士通と大手企業が運営しているので、安心して契約できそうな印象を受けると思います。 パック契約に対応していない主要プロバイダ 推奨プロバイダの他にもフレッツ光西日本に対応しているプロバイダはいくつもありますが、300社以上の数があるので全てを把握するのは困難です。 といっても、大半のプロバイダは知名度が低いうえに評判がイマイチなので、全ての事業者を覚えておく必要はありません。 (知名度が低いプロバイダの評判がイマイチな理由は後で詳しく説明します) 推奨されていないプロバイダは、 以下の3社を知っておけば十分です。 Yahoo! GMOとくとくBB• IIJ 上記の3社はフレッツ光西日本の推奨プロバイダではありませんが、全て知名度が高い事業者です。 Yahoo! BBは検索エンジンやニュースサイトとして有名などで、説明は不要でしょう。 GMOとくとくBBとIIJは日本でインターネットの普及が始まった1990年代からサービスを開始したプロバイダなので、信頼度は決して低くありません。 300社以上あるプロバイダの中から有名な事業者を厳選すれば、選択肢は13社まで絞ることができます。 しかし、13社でも選択肢は多いので、どのような考え方でプロバイダを選べばいいのかわからないですよね? プロバイダの選び方は意外とシンプルで、方法さえ知っておけばベストな事業者と巡りあることができます。 プロバイダの選び方の基本は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 フレッツ光西日本のプロバイダを選ぶ際の考え方 プロバイダを選ぶときは、ほとんど人が利用料金の安さを基準にしがちです。 確かに、「利用料金が安い事業者を選ぶ」という考えはインターネット回線を契約するときの鉄則です。 しかし、フレッツ光西日本のプロバイダを契約するときは話が変わってきます。 月額料金の安さでプロバイダを選んではいけない 先ほど紹介した13社の月額料金を比較してみると、契約するプロバイダによって値段が違うことがわかります。 フレッツ光西日本推奨プロバイダの月額料金 プロバイダ名 戸建て マンション AsahiNet 開通月:0円 1~11ヶ月目:490円 12ヶ月目以降:780円 開通月:0円 1~11ヶ月目:490円 12ヶ月目以降:700円 BB. excite 500円 500円 BIGLOBE 開通月:0円 1~36ヶ月目:500円 37ヶ月目以降:1,000円 開通月:0円 1~36ヶ月目:500円 37ヶ月目以降:850円 WAKWAK 開通月:0円 1~23ヶ月目:500円 24ヶ月目以降:950円 開通月:0円 1~23ヶ月目:500円 24ヶ月目以降:800円 OCN 開通月:0円 1ヶ月目以降:1,100円 (商品券15,000円分 プレゼントあり) 開通月:0円 1ヶ月目以降:810円 (商品券9,000円分 プレゼントあり) plala 開通月~11ヶ月目:0円 12ヶ月目以降:1,000円 開通月~11ヶ月目:0円 12ヶ月目以降:800円 So-net 開通月:0円 1~11ヶ月目:700円 12ヶ月目以降:1,000円 開通月:0円 1~11ヶ月目:600円 12ヶ月目以降:900円 DTI 開通月:0円 1~23ヶ月目:475円 24ヶ月目以降:951円 開通月:0円 1~23ヶ月目:340円 24ヶ月目以降:680円 nifty 開通月~16ヶ月目:0円 17ヶ月目以降:1,000円 開通月~16ヶ月目:0円 17ヶ月目以降:950円 hi-ho 開通月~3ヶ月目:0円 4ヶ月目以降:1,200円 開通月~3ヶ月目:0円 4ヶ月目以降:890円 Yahoo! BB・GMOとくとくBB・IIJの月額料金 プロバイダ名 戸建て マンション Yahoo! BB 開通月:0円 1ヶ月目以降:1,200円 開通月:0円 1ヶ月目以降:950円 GMOとくとくBB 開通月~11ヶ月目:0円 12ヶ月目以降:760円 開通月~11ヶ月目:0円 12ヶ月目以降:530円 IIJ 2,000円 2,000円 上記の表をザッと見てみると、ほとんどの人は月額料金が安いBB. exciteを選びたいと思うのではないでしょうか? MEMO しかし、実際に出る通信速度は、契約するプロバイダによって大きく左右されます。 フレッツ光西日本の回線はあくまでインターネットに接続するための道でしかありません。 プロバイダのサーバーを通らなければインターネット通信を利用することができません。 全てのプロバイダは、NTTの基地局にあらゆるユーザーの通信を管理する装置を設置しています。 通信管理装置にはプロバイダによってクオリティの良し悪しが大きく異なります。 評判が良くない事業者を契約すると、利用者が多い夜の時間はサーバーが混み合って通信速度が遅くなります。 (もしくは、サーバーの混雑を緩和するために通信速度規制が入ります) たとえば、月額料金が500円と最安のBB. exciteの利用者からは、通信速度がとても遅いという声が多く挙がっています。 ここでたわしハウスの1Gbps回線の速度を見てみましょう。 プロバイダはbb. 11Mbpsぷらら はなくそかー? — ぬこくろ だんちょー始めました。 しかし、 BB. exciteとplalaはホームページすら読み込めないほど速度が落ちるので、基本的に選ぶべきではないプロバイダと言わざるを得ません。 知名度が低いプロバイダも通信速度が遅いと感じた利用者が多いので、選択肢に入れないほうがいいでしょう。 上記の口コミ事例があることを踏まえると、月額料金の安さや知名度の高さだけでプロバイダを選ぶと通信速度が遅くてストレスを抱える恐れがあると考えるべきです。 フレッツ光西日本のプロバイダを契約するときは、通信速度の評判が良い事業者を選ばなければいけないわけです。 通信速度の評価が高いプロバイダを知る方法 ほとんどのプロバイダは公式サイトにフレッツ光西日本と同じ最大速度を記載しています。 ですので、どの事業者の通信速度が高く評価されているのか知ることができません。 しかし、利用者からの口コミが見られるSNSやサイトを駆使すれば、通信速度の評判が良いプロバイダを知ることができます。 Twitterや価格. comにある口コミ 人気SNSの1つ「Twitter」では、検索バーで「(プロバイダ名) 速度」と入力すれば候補に入っているプロバイダの通信速度にまつわる評判を知ることができます。 利用者からの口コミで具体的な通信速度の数字がわかるので、評価が高いプロバイダを知る近道になるでしょう。 「価格. com」にもさまざまなプロバイダを利用した人からの口コミが多く集まっているので、インターネット回線を契約するときの参考資料になります。 comでのplalaの口コミ。 「Twitter」と「価格. com」の2つを活用すれば候補に入っているプロバイダの通信速度の評価がわかり、快適にインターネットを利用できる事業者が自然に見えてきます。 ISP規制情報での評判 「Twitter」と「価格. com」の口コミに加えて、「ISP規制情報」が定めている評価ランクを参考にすれば、ベストなプロバイダはどれなのかがより鮮明に見えてきます。 ISP規制情報とは集められた口コミをもとにして、プロバイダを以下の4段階で評価をランク付けしているサイトです。 ISP規制情報 ランク一覧 ランク 内容 ランクA 規制がとても緩い ランクB 上り速度の規制が緩い ランクC 下りと上りの速度規制が厳しい 問題外 下りと上りの速度規制が非常に厳しい 回線が切断されたと同じような帯域制限がある 2018年5月の時点でランクAに位置付けられているプロバイダはありませんが、 ランクBの事業者を選べばほとんど問題はありません。 iPv6に対応しているかも重要なポイント 接続方式を「iPv6」に切り替えることができるかも、プロバイダを選ぶ際の重要なポイントです。 iPv6とは最新の接続方式で、サーバー上で混雑しない経路を通ってインターネットを利用する特徴があります。 従来の接続方式には、利用者が多い夜の時間にサーバーが混雑して通信速度が遅くなる恐れがありました。 iPv6は混雑しない経路を通ることで、どの時間帯でも通信速度が安定します。 現在、多くの事業者がiPv6の対応を開始していますが、未だに利用できない事業者も少なくありません。 iPv6に対応していないプロバイダは、通信速度が遅い可能性が高くなっています。 特に知名度が低いプロバイダはiPv6に対応していない事業者が多いので、地雷と考えるべきです。 これからフレッツ光西日本を契約するなら、iPv6対応したプロバイダの利用が必須と言っていいでしょう。 プロバイダの選び方の基本は以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 フレッツ光西日本でおすすめのプロバイダ3社を紹介! フレッツ光西日本でおすすめできるプロバイダは3つに絞られるので、それほど悩む必要はありません。 ここで紹介する3社のプロバイダを選べば、通信速度はおおむね安定すると思っていいでしょう。 1位:iPv6を利用したときの評価が高いBIGLOBE 知名度が高い事業者の多くはiPv6へ対応する動きを見せていますが、フレッツ光西日本ではiPv6が利用できないプロバイダは少なくありません。 BIGLOBEはほとんどエリアでiPv6が利用できる数少ないプロバイダの1つなので、通信速度の安定性はピカイチと言えます。 光回線のプロバイダをIPv6プラス対応 Biglobe にしてルータもv6対応のものに取り替えて設定したら比較にならない位爆速になりました👏 混雑しやすいこの時間で300Mbps超え…😳 — わさび wasabin225 プロバイダーの件ですが・・・。 2位:同じくiPv6を利用すると安定性が高まるSo-net So-netもBIGLOBEと同じで、接続方式をiPv6に切り替えると優秀な通信速度を叩きだしてくれるプロバイダです。 So-netでiPv6を利用した人からは、通信速度がとても速いという口コミが多く寄せられています。 夜はネット激遅に困り、v6プラス申し込んだら超快適に。 写真は昨夜22時頃の計測。 前は夜は下りで1Mbpsを切る酷さ。 今は夜だと遅くて40、早けりゃ100Mbps超えで雲泥の差。 — shiwapen shiwapen So-net IPv6にしたらこんなんなった!! — かつきち katsukichi1974 しかし、BIGLOBEと比べると月額料金が高いので、2位という結果になりました。 BIGLOBEかSo-netのどちらかを契約して接続方式をiPv6にすれば、通信速度は安定する可能性が高いと思っていいでしょう。 3位:月額料金は高いけど通信速度の安定度は断トツで高いGaming+ 先ほど紹介した主要プロバイダの中には入っていませんが、オンラインゲームで遊びたい人ならGaming+がおすすめです。 Gaming+は名前の通りオンラインゲーマーに向けたプロバイダなので、通信速度にはずば抜けて高い安定性があります。 まとめ フレッツ光西日本に対応しているプロバイダは300社以上も存在していますが、選択肢になる事業者はそれほど多くありません。 知名度が低い事業者は通信速度の評価が低いので、名前が知られている主要プロバイダ13社が選択肢と考えましょう。 13社の中からでもプロバイダを選ぶのは難しいですが、.

次の

フレッツ光東日本と西日本の違いは?

フレッツ光 西日本

結論としては、• OCN• ソフトバンク• ソネット• ビッグローブ が、よく利用されています。 excite 5200円/月 最安:BB. excite マンション 4125円/月 最安:BB. excite 3850円/月 最安:BB. 特に、フレッツ光は、プロバイダ数が多いですが、 『その中で、もし選ぶなら、どの回線が良いか?』について、このページでは紹介しています。 『フレッツ光』の契約の際は、西日本/東日本のエリアによって料金が異なります。 下記の記事は、各エリアごとの、「プロバイダ&月額料金」・サービスの特徴です。 下記の、表が『フレッツ光』と その他、 現状でもっともお得な 大手の回線を比較した内容です。 「セット割」と「キャッシュバックキャンペーン」 があってお得なのは、 現在、 『ドコモ光』『auひかり』 『ビッグローブ光』『ソフトバンク光』 『NURO光』など大手のネット回線です。 の 月額料金と、最大額特典をまとめています。 excite』が最安で、• 月額料金[戸建て] : 5230 円• 月額料金[マンション]: 4125 円 です。 excite』が最安です。 月額料金[戸建て] : 5200 円• excite 5200円/月 最安:BB. excite マンション 4125円/月 最安:BB. excite 3850円/月 最安:BB. 「フレッツ光」のプロバイダ選びでは、 サービスの内容と、価格がもっとも気になる点ですね。 下の表に、 大手プロバイダーの料金・サービスの比較をしています。 それぞれ大手のプロバイダなので、どの回線でも大きなサービスの違いはありませんが、『OCN』は利用者数が多いためか、速度制限を実施していたことがあります。 ちなみに、『ソネット』は、速度低下が起こっている地域もあるようです。 【『フレッツ光NTT西日本』公式 戸建て&マンションプラン】 について、 下のボタンをクリックすると、 主要なプランの金額を比較出来ます。 基本月額料金 4730円[戸建て] 3750円[マンション] という金額に、 550〜1320円[戸建て] 550〜1045円[マンション] がプラスされます。 合計で言うと、最低でも 4730+550=5280円[戸建て] 3750+550=4125円[マンション] なので、フレッツ光は、 かなり高額になってきていることが 分かります。 ぜひ、他のお得だと言われている した上で、 契約することをオススメします。 戸建て : フレッツ光ネクスト【ファミリー隼/スーパーハイスピードタイプ 隼】• 集合住宅: フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】 が、フレッツの一般回線では、『 1Gbps』なので、品質面でもっとも安心です。 <出典:> <出典:> 西日本まとめ:『フレッツ光 NTT西日本』のプロバイダは、 1000円近く上乗せになるため全般的に割高になります! 『フレッツ光西日本エリア』の場合、 ASAHIネット/BB. excite/ビッグローブ WAKWAK/OCN//ぷらら ソネット/DTI/ nifty/hi-ho の10社から、選ぶだけなので、上記の表を参考にしつつ、 価格面と速度とサポートで、比較することをオススメします。 プロバイダ込みの月額料金[戸建て] : 6400円• プロバイダ込みの月額料金[マンション]: 4125円 です。 速度では、• 戸建て : フレッツ光ネクスト【ファミリー隼/スーパーハイスピードタイプ 隼】• 集合住宅: フレッツ光ネクスト【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】 が、フレッツの一般回線では、『 1Gbps』なので、品質面でもっとも安心です。 『フレッツ光 』のデメリット 『光コラボレーション』と比べた際に、プロバイダ料金が確実に、別途支払いになってしまう点が、 「フレッツ光」のデメリットです。 毎月+1000円近くの出費となるため、プロバイダ料金を払わずに済む「光コラボレーション」の 『』 『』 その他、『』などのキャリア系のネット回線 は、キャンペーンに力を入れているのでオススメです。 ちなみに、 「光コラボレーション」は、フレッツ光回線をキャリアなどが、インフラを借りているので、インフラ面での回線の品質では、全く問題ありません。 基本月額料金 5200円[戸建て] 3350円[マンション] という金額に、 500〜1200円[戸建て] 500〜950円[マンション] がプラスされます。 合計で言うと、最低でも 5700円〜[戸建て] 3900円〜[マンション] です。 西日本同様、フレッツ光は、 かなり高額になってきています。 した上で、 契約することをオススメします。 フレッツ光の東日本エリアでは、安定している 『1Gbps』であるため、最終的にオススメなのは、• マンション:フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ/ ギガラインタイプ• 戸建て :フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ です。 Excite 月額500円 を選択した場合 東日本・西日本ともに、 10個のプロバイダの中から選べば良いので、分かりやすいですね! 『フレッツ光東日本エリア』の場合、 WAKWAK/ソネット/ぷらら/OCN hi-ho/DTI/ビッグローブ/BB. excite ASAHIネット/ nifty の10社から、選ぶだけなので、上記の表を参考にしつつ、 価格面と速度とサポートで、比較することをオススメします。 プロバイダ選びで重要なポイントは、大きく分けて、 安さ・速度・サポートです。 安さであれば「BBエキサイト」の月々の プロバイダー料金が500円というのが最も安いです。 料金面では、 「BBエキサイト」、または、16ヵ月分のプロバイダ料金が無料の 「 nifty」を、利用すると、コストを下げることができます。 NTT東日本の月額料金をまとめると、上記全10社のうち、 最もお得なのは、 『BB. excite』です。 月額料金[戸建て] : 5700円• 月額料金[マンション]: 3850円 です。 excite』がお得で、• 月額料金[戸建て] : 6490円• 月額料金[マンション]: 4620 円 です。 excite』がお得です。 月額料金[戸建て] : 5700円• 最終的には、 することでお得な回線を見つけることができます。 東日本まとめ:『フレッツ光』「NTT東日本」のプロバイダは、 西日本同様、1000円近く上乗せになるため全般的に割高に! オススメしたいのは、 「OCN」です。 NTTグループなので、『フレッツ光ネクスト』で選ぶなら同じ系列である点で安心感があります。 プロバイダ規模として、なんと言っても国内最大手です。 プロバイダの中では、 OCNは信頼のブランドですが、月額料金も決して安いわけではなく、多くのユーザーが料金よりも使いやすさ、が魅力です。 7割方のシェアとなっているため、安心感があります。 また、長年使ってきた、プロバイダのメールアドレスを変えたくないということで、使い続けている人も少なくないのも事実です。 ただやはり、 「プロバイダ料金」を別途、払わなくてはいけないと言う点で、西日本と同じデメリットがあります。 ページ最後に、 していますので、ぜひ参考にしてください。 【速度・サービス・料金】の違いは? スピード面では、『 IPV6』は、インターネットプロトコルバージョン(IPV)は次世代規格の6を扱う規格です。 これまでの『IPV4』と比べて、『IPV6』の方が上位機能ですが、さらに「IPV6」の機能を十分に活かすためには、 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」に対応のプロバイダから選ぶことをオススメします。 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」は、速度の改善の対応が、ただの「IPv6」よりさらに優れているため、 「IPV6プラス またはIPv6オプション 」のプロバイダを利用することで、速度が改善したという声が、多いです。 もしこれからプロバイダを選ぶなら、スピード・サービス面では、「IPV6プラス」という「IpV6」のさらに上位サービスをドコモ光内で無料で必ず提供している 『GMOとくとくBB』がオススメ。 フレッツ光のサービスと比較した際、 フレッツ光はキャッシュバックのキャンペーンが少ないので、トータルで安くなることと、無料で『IPv6プラス IPv6オプション 』という速度改善サービスを提供している点で、オススメです。 の記事 の記事はこちら プロバイダを選ぶ際の7つの基準 『これまで満足できるプロバイダと出会えていない!』 『どのプロバイダが良いのか分からない!』 という場合の、プロバイダの選択の方法を7つにまとめました。 毎月同じ利用料金を支払うということです。 これが例え1,000円の違いであっても、年に12,000円、10年支払えば120,000円です。 本当に良い回線を選べるならば、年間のトータルコストとして考えても、品質の高い回線を選んでおけば良かった!という声も、多いようです。 ネット回線で、料金だけに注目して、後で後悔する・注意点としては、• 実は速度制限が、頻繁に行われていて、非常に遅い• エリア的に、回線を増強していない地域だったため、常に速度がでない• 安さゆえにプロバイダメールなどのオプションが別料金で、最終的に月額費用が高くなる• 固定IPが使えない/無料のホームページが使えない/セキュリティ面で気になる ということなどが、あります。 まずは、 『初期費用』『違約金額』『オプション費用』のトータルコストの確認が必要です。 【確認しておきたい3つのコスト】• 『初期費用• 『違約金額』• 『オプション費用』 トータルコストで比較することが、最もオススメです。 その際、2016年以降、『セット割 キャリア割引 』が、各社の目玉として、バカにならない金額になってきています。 月に数百円でも、年間もしくは、2年以上利用することが最近では増えたこともあり、 毎月の【割引額】 X 24 がいくらになるか?という視点で、トータルコストから差し引いたときの金額を確認しましょう! あわせて、『キャッシュバックキャンペーン』が、多くのネット回線で実施されています。 たとえば一日の転送速度が30GBを超えると(個人ユーザーに対して)速度規制をかける、などです。 中には15GBで速度規制、というプロバイダもあります。 これについては、実データを公表しているプロバイダはありませんので、体感的に遅くなったな、ということで判断します。 大手プロバイダでも行われていることなので、注意が必要です。 夜の20時以降のゴールデンタイムと呼ばれる混雑する時間帯から、深夜にかけて、インターネット回線はもっとも混雑します。 この時間帯に、速度制限がかけられていないか?をチェックしてみるのは一つの方法です。 しかし、人の気持ちや思いというのは千差万別です。 信憑性に欠ける部分があるかと思えば的を得ている部分もあったりするので、 口コミは参考程度に、確認の意味で押さえておくと、大きな失敗を避けることができます。 知名度と比例する傾向にあるのですが、知名度の高さと加入者の多さは大手の証でもあり、安心感を得られると言う点でオススメです。 400のプロバイダの中で、絞っていく際に、少なくとも名の知れたプロバイダを優先して考えることで、かなり数が絞られてきます。 しかし、現在のところプロバイダのサポートを受けるタイミングとしては、• 『開通し、接続する際のサポート』• 『解約する際の手続きのサポート』• 『障害などがあった際に、問い合わせる場合のサポート』 の大きく3つのサポートは確認したい点です。 そもそも、問い合わせをせざるをえないプロバイダは、あまりオススメできないということにもなりますが、 トラブルがあった際でも、しっかりサポートをしてもらえるか?という点は、長期的に契約する際には重要です。 とは言え、事前にサポートの質を確認することはできないため、敢えていうならば、 24時間対応か?/フリーダイヤルはあるか?/電話がつながりやすいか? などが目安になります。 気になる人は事前に、口コミなどでチェックしてみましょう。 それでも、このサービスがあったほうがいいというユーザーとして、 法人・SOHO・個人事業主などや、開発者などのコアなユーザーであるケースが多いです。 必要な場合には、プロバイダ・ネット回線選びの時点で、事前にしっかり確認しておくことが必要です。 大手のネット回線では、多くが2年ごとの縛り契約 またはまれに3年契約 が、ほとんどです。 契約時には、必ず事前に、 『2年縛り』なのか?/『3年縛り』なのか? という視点で、違約金の有無を、確認しましょう! まれに、 「速度が出ない」「サポートが悪い」などで、すぐに変更したいというケースがあります。 そんな場合にも、縛り契約が、アシカセになって解約時の予想外の負担になってしまうこともあります。 違約金に関しては、多くの回線で解約月以外の解約の際は、違約金が発生します。 ただ、『 auひかり』や、『ソフトバンク光』の一部のWEBキャンペーンを利用すると、 新規で別のネット回線に契約する際には、違約金や、初期工事費まで負担するサービスもあります。 『解約月の前後1ヶ月は、解約金がかかりません!』という内容になっているネット回線がほとんどですが、詳細は、しっかり確認が必要です。 速度改善に向けて:IPv6接続のサービスがスタートしています! 関東圏内限定となる 『NURO光』ですが、下りの速度が一般的な1Gbpsが多い中で、2倍の2Gbpsとなっています。 ドコモ光のGMOトクトクBBは、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続によって速度向上の実績があります。 地域要因や混雑する時間帯によって混み合うことがあるのが光回線のなので、 サービス面で、良心的な回線を選ぶことが最善策だと言えます。 大手キャリアの 『ドコモ光』『ソフトバンク光』『OCN光』など「サービス名」+「光」と最後に付くサービスは、ほぼ「光コラボレーション」です。 また『eo光』等の電力系の回線も例外として存在します。 従来は、回線業者であるNTTフレッツ光が利用者に光回線を提供していたのですが、 光コラボの場合は、『プロバイダである接続事業者』が光回線を提供します。 光コラボの場合は NTTフレッツ光が光回線を卸売りする、というイメージです。 利用者にとっては、• 『回線業者と接続業者』この両者が一つとなることで支払窓口が一つになること• 併せて月額料金が安くなること• 問い合わせも一本化できること など 様々なメリットがあります。 デメリットは、「光コラボ」から「光コラボ」の手続きが、若干煩雑になる点です。 手続きの際に、光コラボ同士の乗り換えの場合には、長めに手続きの時間がかかる、と覚えておきましょう。 「光コラボレーション」以外の『電力系』&『ケーブル系』サービス 西日本エリアでは、大手の電力会社も、回線接続サービスを行ってい場合があります。 電力系のネット回線 電力会社名 コミュファ光 中部電力 eo光 関西電力 MEGAEGG 中国電力 ピカラ光 四国電力 BBIQ光 九州電力 正確には、各電力会社がグループ会社を作ってそこからサービスを提供しているので、電力系ネット回線といわれています。 他には、J:COMなどのケーブルテレビでインターネット接続ができます。 ケーブルテレビを利用している人には安価でネット接続ができるのですが、基本料金が高いため、ネット回線だけのために契約するのは、コストを事前に確認してみましょう。 120MB/320MBなど低速回線であったり、月額コストが6500円という基本料金になっていることもあり、割高であるケースが多いです。 他にはソネットが提供しているNURO光もあります。 これは速くて安いと評判で関東・関西・東海エリアに限られるのですが、現時点では、 上限速度が、2Gbpsと、他回線の2倍の速度であることもあり、最強・最速のネットサービスと言えます。 ソニー公式で、最速回線と名乗っています。 光コラボ以外の選択肢としては、携帯キャリア系、電力系、ケーブルテレビ、NURO光など、選択肢も様々です。 『フレッツ光』プロバイダー 実際の契約エリアの速度の確認を 過去に回線選びで失敗した!という方も多いはず。。 そういうかたにこそ、規格を確認して欲しいです。 遅くて後悔した経験があるかたのほうが、慎重に選ぶ傾向があります。 速度面でオススメできるサービスについて調べています。 規格の面から考えたときに、 オススメなのは、「IPv6プラス オプション 」に対応したプロバイダです! なぜか!? これまでの「IPv4 PPPoE方式 」の規格よりも、高速な環境を提供できているのが、『IPv6プラス または、IPv6オプション 』なんです。 【3種類のIPv6の通信方法まとめ】 速度が改善する?? プロバイダー 『IPv6 PPPoE』 速度改善が限定的 DTI /BB. 現在、 『IPv6プラス または、IPv6オプション 』に対応しているのは、大手だと• ビッグローブ• ニフティ• ドコモ光 プロバイダ:GMO などがあります。 ビッグローブ/ニフティは、フレッツ光のプロバイダとして選ぶことができますが、キャンペーン 現金還元 では、 『ビッグローブ光』は、キャンペーン額が大きいです。 さらに積極的に速度改善を行っているのは、 ドコモ光経由のGMOです。 を目指しているので、オススメです。 他に、速度面で、通常の光回線 1Gbps のは、インフラ面で、ほかのサービスと差別化をしていて、実測値でも1Gbpsを越えている例があるなど、非常に期待できます。 さらに、マンション・アパートでも、 『NURO光』の場合、直接光ファイバーが、室内まで届くので 他の多くの回線では、光回線は分岐され分配されます 、高速回線がそのまま届く確率が高いです。 以上の、4つのサービスのリンク先の、webキャンペーンから申し込むことで、地元の量販店で申し込むよりお得に、手軽に申込みが可能です。 申し込み後も、公式のサポートがいつでも受けられるので、安心です 実際の契約エリアの速度の確認を 当サイトでは、速度計測ツールを公開予定です。 公開の際には、地域ごとの速度や、回線ごとのトータルの速度ランキングも用意する予定ですので、ぜひご期待ください。 『フレッツ光』のプロバイダ一覧比較 おすすめ新規乗り換えキャンペーン まとめ フレッツ光の、プロバイダについて、一覧で比較してみましたが、 現在、キャンペーン金額で比較した際、お得な回線は、 キャリア 『ドコモ光』『auひかり』『ソフトバンク光』 の回線です。 「OCN」「ソネット」「ビッグローブ」 についても、 フレッツ光経由で契約するよりも、「光コラボレーション」で契約する方が、お得な流れになっています。 NTTフレッツが、光コラボレーションを始め、各プロバイダが、手数料を差し引いた一括の月額料金で済む、独自の光回線をスタートしたためです。 回線自体は、NTTフレッツから借りている回線なので、物理的な品質はこれまでと変わりません。 さらに窓口が1つになった上に、プロバイダ料金が込みでお得になり、オススメです。 上部の の詳細を、下記に キャンペーンごとの キャッシュバック額&月額料金として、 まとめています。 むずかしい計算が多い光回線。 特にフレッツは、複雑です。 複雑な割に、計算しても安くないことが分かりました。。 すこしでも分かりやすくと思い、 最安のプランを必死にまとめてみましたが、 役立つ点が、一部分でも、ありましたら幸いです。 当サイトでは、WEB限定特典をオススメしています。 *下記は、期間限定ですので、お早めのお申し込みをオススメしています。 ・ 大きなキャッシュバック額があること ・KDDI au から 毎年感謝状をもらっていること ・公式特典を受けて、さらに 上乗せで独自特典までもらえること が、他の申込窓口との大きな違いです。 申込窓口をweb独自特典からにするだけで お得に契約できます。 下記、ご参考に!.

次の