ガーゴイル ゲッコー。 爬虫類が飼いたいのですが迷っています

爬虫類が飼いたいのですが迷っています

ガーゴイル ゲッコー

>>>ガーゴイルゲッコー ガーゴイルゲッコー 学 名: Rhacodactylus auriculatus 別 名:ホソユビミカドヤモリ、ツノミカドヤモリ 英 名:Gargoyle Gecko, New Caledonian Bumpy Gecko 分 布:仏領ニューカレドニア 全 長:15-18cm 、とともに大人気の壁チョロであるラコダクチルス属の代表種です。 これまたクレスの時と同じように写真の技術があまりにも未熟で、上の写真ではさっぱりわからないのですが、後頭部とその側面に角のような突起が全部で5本あり、神話やゲームなどに出てくる半獣半人の魔物「ガーゴイル」を彷彿させるため、このように呼ばれています。 体色には変異が激しく、写真のようなストライプ模様の個体から樹皮のような不規則な斑紋、あるいはレッドと呼ばれる赤い斑紋が不規則に入る個体までさまざまです。 また他のヤモリ同様に比較的素早く体色の明暗を変えるために、本来はどのような体色なのかわかりにくくもあります。 生息地ではラコダクチルスの仲間の中でもっとも多く見られ、標高900m前後の森林の木で樹上生活を送っていますが、木の幹の比較的低い場所(1m前後の高さ)に多く、道路などを横断する姿を観察することもあるそうです。 主に夜行性ですが、日中にバスキングをしているような姿も観察されています。 餌は昆虫類と思われますが、飼育下では他種に比べて小型のヤモリやトカゲなどを好んで食べる特徴もあるようです。 また花を食べることも知られています。 自然下での繁殖生態などもあまりわかっていませんが、飼育下では年間に3-7クラッチを産卵するようです。 1クラッチで2卵ずつを産卵し、45-90日程度(平均80日程度)の間に孵化します。 他のラコダクチルスと同様に比較的丈夫で、ハンドリングもしやすく、ちょっと体高があるので哺乳類っぽい感じがして人気もあります。 ところが若干、飼育にはクセがあるようでカルシウム不足になりやすかったり多湿環境を好んだりするようです。 カルシウムの添加は必須 基本的な世話 いわゆる樹上性・住家性ヤモリの飼育方法• 立体活動ができるようにする• 水入れは設置した方がよい• 一日に一回は霧吹きをする などさらに• 日光浴をするらしい• 14(マリン企画)」および海外サイトを参考にしました。 <おすすめINDEX> from All About from All About <参考サイト> Terra Herps. では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!• 自分の持っているガーゴイルゲッコーに関する情報を書きたい!• 星野の情報はココが間違っている!• みなさんが提供した情報や意見を読みたい! そんなあなたはをクリック!.

次の

【ガーゴイルゲッコーの生態!】飼育方法や値段等9つのポイント!

ガーゴイル ゲッコー

スポンサーリンク 寿命 ガーゴイルゲッコーの 平均的な寿命は約10年です。 身体が大きく日光浴をするので他の夜行性ヤモリよりも体調管理をしやすく体力があるので長生きさせることは比較的容易な種類ではないでしょうか。 販売価格 ガーゴイルゲッコーは野生動物の輸出が禁止されているニューカレドニアの固有種なので流通個体は飼育下繁殖されたCB個体のみとなります。 そのため入荷される時期は不定期で常にお店のウェブサイトで入荷情報をチェックしておく必要があります。 気になる 販売価格は約2万円です。 ガーゴイルゲッコーの飼い方 温度や飼育ケース 樹上性なので高さのある風通しの良い飼育ケースが好ましいと思います。 大きさとしては余裕を持って 90cm規格以上の飼育ケースを選ぶと良いでしょう。 高さのある流木や止まり木などを立体的に配置して観葉植物もレイアウトするとストレス緩和に繋がりオススメです。 紫外線ライトは日中のみ点灯すると良いでしょう。 紫外線ライトは半年から1年程度で効果が薄れてくるので定期的に新しいものと交換する必要があります。 霧吹きをする際に生体に直接当たらないように気をつけながら行ってください。 霧吹きの水は必ずカルキを抜いて新しい水と交換してから使用してください。 水入れはなるべく設置するようにしてエアレーションや小型の投げ込み式フィルターを入れて水を動かすようにします。 湿った環境を維持しているとカビやキノコなどが発生する場合があるので、その都度タワシや歯ブラシでこそげ落として木酢液を塗っておくと予防にも繋がります。 スポンサーリンク 本種は壁面を歩くことができるので脱走されないように蓋を必ずして配線を通す穴から出られないことを確認しましょう。 餌の与え方 ガーゴイルゲッコーの食性は動物私欲メインでコオロギやデュビアなど一般的な昆虫食を与えます。 カタツムリや小型の爬虫類・哺乳類も捕食することが知られているので飼育した際は与えてみても良いでしょう。 ただし毒のある多足類やサソリのような強靭なハサミを持っている動物を餌に与えると怪我をしてしまう可能性があるので予め取り除いておくか与えないようにしましょう。 またフルーツや昆虫ゼリーも摂食するので様々な餌をバランス良く与えることが健康的に育てる上で大切となります。 維持費用はリクガメや昼行性のトカゲほど電気代は必要ありませんので 月々約1000円未満で維持できるでしょう。 複数飼育 ガーゴイルゲッコーは「テールイーター」と呼ばれることもあるほど様々な爬虫類を摂食することで知られているので同種間においても共食いをします。 そのため繁殖を狙うとき以外は基本的に単独飼育が推奨されます。 また透明な仕切りで隔離しているとストレスが溜まりやすいので別々の容器で管理したほうが維持しやすいのではないでしょうか。 飼育上で気を付けること バスキングをさせている場合はクル病などの病気の心配はありませんが、念のためにビタミン剤やカルシウム剤を餌にダスティングしておくと安心です。 病気になった際は動物病院へ行くことをお勧めします。 人間用の目薬は爬虫類の病気や怪我に有効な抗生物質が微量に含まれているものがあるので、それを応急処置として使用する方法もあります。 それほど気性は荒くないのですが空腹時に指を噛まれることがあるので、噛まれた後は必ず石鹸で手を洗うようにしないとサルモネラ菌を口に入れてしまう可能性があります。 まとめ 様々な生餌に食いつき周囲と擬態できる能力があるので見ていても飽きることがないほど色々な姿を観察することができます。 体力もあり丈夫な種類なので飼育環境を整えることができる方は気軽にお迎えすることができます。

次の

ガーゴイルゲッコーを飼い始めて約8ヶ月の備忘録。順調に育っておる……!

ガーゴイル ゲッコー

>>>ガーゴイルゲッコー ガーゴイルゲッコー 学 名: Rhacodactylus auriculatus 別 名:ホソユビミカドヤモリ、ツノミカドヤモリ 英 名:Gargoyle Gecko, New Caledonian Bumpy Gecko 分 布:仏領ニューカレドニア 全 長:15-18cm 、とともに大人気の壁チョロであるラコダクチルス属の代表種です。 これまたクレスの時と同じように写真の技術があまりにも未熟で、上の写真ではさっぱりわからないのですが、後頭部とその側面に角のような突起が全部で5本あり、神話やゲームなどに出てくる半獣半人の魔物「ガーゴイル」を彷彿させるため、このように呼ばれています。 体色には変異が激しく、写真のようなストライプ模様の個体から樹皮のような不規則な斑紋、あるいはレッドと呼ばれる赤い斑紋が不規則に入る個体までさまざまです。 また他のヤモリ同様に比較的素早く体色の明暗を変えるために、本来はどのような体色なのかわかりにくくもあります。 生息地ではラコダクチルスの仲間の中でもっとも多く見られ、標高900m前後の森林の木で樹上生活を送っていますが、木の幹の比較的低い場所(1m前後の高さ)に多く、道路などを横断する姿を観察することもあるそうです。 主に夜行性ですが、日中にバスキングをしているような姿も観察されています。 餌は昆虫類と思われますが、飼育下では他種に比べて小型のヤモリやトカゲなどを好んで食べる特徴もあるようです。 また花を食べることも知られています。 自然下での繁殖生態などもあまりわかっていませんが、飼育下では年間に3-7クラッチを産卵するようです。 1クラッチで2卵ずつを産卵し、45-90日程度(平均80日程度)の間に孵化します。 他のラコダクチルスと同様に比較的丈夫で、ハンドリングもしやすく、ちょっと体高があるので哺乳類っぽい感じがして人気もあります。 ところが若干、飼育にはクセがあるようでカルシウム不足になりやすかったり多湿環境を好んだりするようです。 カルシウムの添加は必須 基本的な世話 いわゆる樹上性・住家性ヤモリの飼育方法• 立体活動ができるようにする• 水入れは設置した方がよい• 一日に一回は霧吹きをする などさらに• 日光浴をするらしい• 14(マリン企画)」および海外サイトを参考にしました。 <おすすめINDEX> from All About from All About <参考サイト> Terra Herps. では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!• 自分の持っているガーゴイルゲッコーに関する情報を書きたい!• 星野の情報はココが間違っている!• みなさんが提供した情報や意見を読みたい! そんなあなたはをクリック!.

次の