気を許す 意味。 許すとはどういうことですか

油断を許さない?予断を許さない?正しい方と意味は?

気を許す 意味

許しとは,違反を容赦する行為です。 聖書で「許す」と訳されているギリシャ語にはもともと,返済を請求せずに債権を「手放す」という意味があります。 イエスはこの点を用い,ご自分の追随者たちにこう祈るよう教えました。 「わたしたちの罪をお許しください。 わたしたち自身も,わたしたちに負い目のある者すべてを許しますから」。 ()さらに,憐れみ(あわれみ)に欠けた奴隷のたとえ話をしたときも,許すことと負債を帳消しにすることを同等の行為とみなされました。 わたしたちが憤慨するのをやめ,傷つけられた,あるいは何かを失ったということに対して返報する権利を一切放棄するなら,人を許したことになります。 聖書は,真の許しは利己心のない愛に基づいている,と教えています。 愛は「傷つけられてもそれを根に持た[ない]」からです。 許すとはこのような意味ではない• 違反を大目に見る。 聖書は実際,悪い行為を無害で容認できると主張する人たちを非としています。 違反がなかったかのように振る舞う。 神はダビデ王が犯した重大な罪を許しましたが,その行為の結果からダビデを守ることはしませんでした。 ダビデの罪を記録に残し,後世に伝えることさえしたのです。 付け入れられるままにする。 例えば,だれかにお金を貸したとしましょう。 その人はそのお金を浪費してしまい,約束したとおりには借金の返済ができなくなります。 そして深く反省し,謝罪してくれます。 あなたはその人を許すため,恨みを抱かないこと,その件を蒸し返さないこと,さらには借金を帳消しにすることさえできます。 でも,その人にはこれ以上お金を貸さないようにするかもしれません。 正当な根拠もなく容赦する。 神は,意図的に悪意のある罪を犯す人,自分の間違いを認めない人,行動を改めない人,自分が傷つけた人に謝罪しない人をお許しになりません。 ()そうした悔い改めない人たちは神の敵になります。 神はわたしたちに,ご自分が許さないそうした人たちを許すよう求めてはおられません。 では,あなたがむごい仕打ちの被害者になり,加害者は謝ることはおろか,自分が危害を加えたことを認めることさえしない場合はどうですか。 聖書のアドバイスにはこうあります。 「怒りをやめ,激怒を捨てよ」。 ()相手の悪行に目をつぶらないものの,のを避けられます。 神は必ず当人に責任を問われることを確信してください。 ()そして神が,現在わたしたちを苦しめている深い悲しみや心痛のなくなる時代をもたらしてくださる,ということを知るなら,さらに慰められるでしょう。 聖書はこう述べています。 「自分の霊にせき立てられて腹を立ててはならない。 腹立ちは愚鈍な者たちの胸に宿るからである」。 人を許すには• 許すことには何が関係するかを思い出す。 悪行を大目に見るとか,そんなことはなかったかのように振る舞うことではありません。 ただ,その件から手を引くだけのことです。 許すならどんな良いことがあるかを覚えておく。 怒りや恨みを捨てるなら,いつも穏やかな気持ちでいることができ,健康も増進され,幸福感が増します。 ()さらに重要なのは,人を許すことは,自分自身の罪を神に許していただくための鍵だということです。 相手の身になって考える。 わたしたちは皆,不完全です。 ()自分が許されるとありがたく思うのであれば,同じように他の人の間違いを許すべきです。 理性的になる。 不満の原因が小さなことであれば,「引き続き互いに忍び……なさい」という聖書のアドバイスを適用することができます。 すぐに行動する。 怒りを募らせるのではなく,できるだけ早く許すよう努力しましょう。

次の

気兼ねなくの意味を正しく理解してビジネスシーンで使うコツ

気を許す 意味

人は多くの人との触れ合いで大きく成長していくものですが、それだけに人との出会いは自分の人生にとって、非常に重要なことです。 もし、あなたが一生をともにできる恋人との出会いがあったなら、これまでの人生が大きく変わっていきますが、それは恋人のように愛情を注ぐ相手だけではありません。 友人も同じで親友と呼ぶことができる人との出会いも、自分の人生を大きく左右することなってきます。 それだけにこれから出会うであろう人との出会いや巡り合いは、人生の大きな転換点になる可能性もあるのです。 そのような時に思い浮かんでくる言葉が、 「心を許す」というものではないでしょうか? この言葉の意味をしみじみと噛みしめることができる場面は、親しい友人との触れ合いや、恋人との時間を共有している時かもしれません。 今回は、この 「心を許す」について見ていきたいと思います。 「心許す」の言葉の使い方 では、 「心を許す」という言葉はどんな場合に使うことができるのでしょうか? 前項でも述べましたが、本当に信頼できる人と出会って時に、この言葉が出てくるのではないかと思います。 今まであまり気にしていなかった人でも、何かのきっかけでゆっくりと会話をする機会ができたとしましょう。 そのことで、相手の性格や思い、考え方を理解することがあります。 「この人は、こんな素晴らしい面があったんだ」というように、その時にその人の本当の姿を知ることになり、それから相手に全幅の信頼を置くことができるようになることがあります。 このような時に 「心を許す」ということになるのではないかと思うのです。 「気を遣う必要のない」 「気を遣う必要のない」という表現が 「心を許す」という言葉に近い意味を持つ言葉の1つとて挙げることができます。 人によっては、気を遣ってしまう人がいるものですが、相性の善し悪しとも言えるかもしれません。 その人と特に仲が悪いわけでもなく、嫌いでもないのですが、どうしても一緒にいるだけで苦痛の感じることがないでしょうか? これは、相性かもしれないのですが、その一方で一緒にいても、特別に気を遣う必要のない人もいるはずです。 ある意味 「心を許す」ことができる相手でもあるわけです。 特に職場の上司でも、取引先に同行してもらっていると、その場の空気が重たくなり、辛くなった経験を持った人もいるでしょう。 しかし、 「気を遣う必要のない」相手なら、会話がなくても平気なのです。

次の

心の扉を開くって英語でなんて言うの?

気を許す 意味

気兼ねなくという言葉の意味は、少し違った解釈をしている人もいるようです。 ビジネスシーンでは、何かを伝える際の言葉遣いや文面は、社会人のマナーとして大切です。 そこで今回は「気兼ねなく」の意味や使い方について、詳しくご解説していきましょう。 気兼ねなくの意味と例文について プライベートでもよく使うことがある「気兼ねなく」という言葉。 意識しないで、さまざまなシーンで聞かれたり使われたりしています。 誤った使い方をしないために、正しい意味について見ていきましょう。 「気兼ね」とはどんな意味がある? 日本人はあらゆる場面で他人に気を遣い接することがあり、とくにビジネスシーンは失敗が許されないため、相手との関係によっては言葉遣いには慎重になりますよね。 欧米文化と比較すると、日本文化は相手に必要以上に謝ったり、気を遣ったりする場面が多いといわれています。 「すみません」と何気なく言ってしまうシーンがよくあるように、日本は他人に対して気を配ることが文化といえるでしょう。 そのような背景で生まれた「気兼ね」という言葉は、相手に気を遣い遠慮すること。 本当は自分はこうしたいけれど相手のためにやらない、そんな心遣いが「気兼ね」の根底にある意味なのです。 気兼ねなくの意味について 気兼ねなくの意味は、他人に気を遣う際の表現で「気軽に」「遠慮なく」という言葉と同じ意味があります。 気兼ねとは遠慮という意味がありますので、気兼ねしないとは「遠慮しない」ということ。 「なく」というのは否定を意味しますので、遠慮なく、という意味の言葉になります。 使い方について 気兼ねなくの意味を相手に伝える際には、動詞と組み合わせて文章にすることがあります。 相手に遠慮してほしくない、という配慮をする場合に使用されています。 たとえば「気兼ねなく言ってください」「気兼ねなくお申し付けください」「気兼ねなくご相談ください」など。 ビジネスシーンではお得意先や上司など、自分より立場が上の人に丁寧に話す際に使用することがよくありますよね。 気を許すという意味 気兼ねなくという意味ですが、言葉を少し変えると違う意味として使用できます。 気を許している関係がある場合に、気兼ねないと表現できます。 ビジネスでの使い方例 「気兼ねなく」をビジネスで使う場合の例文をご紹介しましょう。 大切なミーティングや接待などで使うことがよくあります。 類語はビジネスシーンや日常会話でもよく使われています。 「気軽に」という表現について 気兼ねなくと同じ意味を持つ「気軽に」という言葉、このほうが使いやすいと感じる人もいるでしょう。 「気軽に」は気兼ねなくの類義語で、気を楽にしてという意味があります。 「気兼ねなく」よりも少し柔らかい言い方になりますので、ビジネスシーンなら親しい関係の上司や付き合いの長いお得意先などにも使えます。 気軽にでは少し軽々しいと思う場合は「お気軽に」と接頭語をつけて敬語表現に変えるのも可能です。 たとえば「気軽な仲間」「気軽に行ける場所」、またはビジネスで使う場合には「お気軽にいつでもお申し付けください」と言うこともあります。 「遠慮なく」について 遠慮なくはとても幅広く使える言葉で、他人に対して行動や言動を控えめにせず、自由にしてくださいと気を遣う意味があります。 また相手だけでなく、自分自身に対して使うこともあるでしょう。 たとえばお客様にお茶とお菓子を出して「遠慮なくお召し上がりください」と促す場合。 逆に自分がお客の場合は「遠慮なくいただきます」と使います。 敬意を表したい場合には「ご遠慮なく」と、もっと丁寧に使うケースもあります。 「心置きなく」はどんな意味? 「心置きなく」は「心配せずに」「遠慮せずに」という意味がある表現です。 気兼ねなくの類語ですが、もっと相手を落ち着かせる時にも使える言葉です。 たとえば「心置きなく仰ってください」「心置きなく語り合う」「心置きなくお休みください」など。 なくとは「無く」という意味がありますので、他者に対して気兼ねしないよう伝える時に使用します。 気配りのマナーについて ビジネスではプライベート以上に、相手への気配りが必要です。 「どうぞ」というだけよりも「気兼ねなくどうぞ」と言われたほうが気持ちは楽になりますよね。 このような気配りは、いくつかのポイントをおさえてビジネスで活かしましょう。 仕事ができる人は気配り上手 「気配り」というのは相手がやりたい、やってほしいと思うことを先回りして行動することです。 気配りは自分中心に考えているとできないことで、相手の仕草や行動を観察していないとできません。 また気配りしていると相手に伝えるためには、言葉や態度に出してアピールする必要があります。 たとえば汗をかいて室内に入ってきた人にそっとタオルを手渡したり、冷たい飲み物を提供したりすること。 相手が「暑い」と一言伝えなくても、気持ちを察するのが気配りです。 気配りができる人は仕事ができるのは、この観察力が優れているため。 自分が置かれた環境、相手の考えていることを読む力があるため、気持ちよく仕事ができる相手になります。 また気配りは相手を思ってやることなので、時には自分に厳しく我慢しなければならない場面もあるでしょう。 言葉以上に難しい「気配り」は、上手にできる人ほど余裕があるといえます。 積極的になる ここで何かやってあげるべきと思っても、積極性がない人は気配りが不足する場合もあります。 やるべきことがわかっていても、頭の中をよぎるだけでは気配りにはなりません。 必要なのは行動力と積極性。 誰かやるだろう、やらなくてもいいだろうという迷いを捨てて、積極的に相手に近づくのがコツなのです。 たとえば紙を一枚手にしている人が、何か探している素振り。 ペンを探していると考えられます。 一歩先を読み、ここでスッとペンを差し出すには勇気が必要です。 気配りは何度も積み重ねると、上手になり自然と行動力へとつながるでしょう。 ビジネスシーンでできる気配り 気配りをしたほうもされたほうも、とても気分がよく嬉しくなります。 ビジネスシーンでは人柄をアピールするのも大切なので、気配りできる人になり仕事をスムーズに進めるのも必要です。 ビジネスマナーの基本でもある気配りは、あらゆるシーンでできるもの。 たとえば上司だけでなく同僚、会社に出入りする業者など、誰にでもきちんと挨拶するのは気配りです。 また物を手渡す際、たとえばハサミを渡す際に刃先を自分が握るのは、相手を傷つけないマナーと気配り。 同じく書類を相手が読みやすい方向で渡す、電話に出られないほど忙しい人の代わりに電話応対してあげるなど。 ビジネスマナーは相手のことをよく考えて、もし自分だったらと視点を変えてみると、気配り精神が生まれてきます。 まとめ 気兼ねなくの意味を理解して、相手と自分の関係をよりよく改善してください。 相手を思う気持ちは、ビジネスシーンでも大切なもの。 気持ちが伝わる言葉遣いを普段から意識してくださいね。

次の