ハリポタ 魔法。 ゴブストーン!ルールは?|ハリーポッター(ハリポタ)&ホグワーツの謎t | ポッターポータル PotterPortal

世界の魔法学校:ワガドゥー(ウガンダ/アフリカ)

ハリポタ 魔法

出来事 [ ] 紀元前 [ ]• 紀元前1000年ごろ• 古代エジプトの墓に呪いが掛けられる。 紀元前500年• 古代ギリシアで数名の魔法使い(バジリスクを作った「腐ったハーポ」など)が有名になる。 紀元前382年• オリバンダー杖店創業。 12世紀以前 [ ]• 962年• ヨーロッパの魔法使いと魔女が箒(ほうき)を移動や輸送のために使う。 993年• 、、、がを創設する。 その後、スリザリンがほかの創設者と決裂し、を造り、そこにを封じ、ホグワーツを去る。 10世紀• 箒レースがスウェーデンで始まる。 11世紀• クレオスシアンについての悲劇的な詩がスコットランドで詠まれる。 1005年• 「暴れ者グンターの優勝」が描かれる。 1107年• ガッスリー・ロッホレンはモントローズからアーブロースまでの短距離を箒で飛ぶ。 1163年• パドルミア・ユナイテッドが結成される。 11世紀• ガーティ・ケドルがクィアディッチ湿原の競技についてサクソン語で日記を記す。 1100年代初頭• スニジェット狩りが始まる。 12世紀• 魔法使いどうしが物々交換を始める。 グッドウィン・ニーンがオラフにクウィーデッチについての手紙を送る。 スニジェット狩りについての壁掛けが書かれる。 13世紀 [ ]• 1203年• ホリヘッド・ハーピーズが結成される。 1269年• バーバルス・ブラッグがクィアディッチにスニジェットを持ち込む。 1289年• 国際魔法戦士条約に関する史実がある。 9月 - サルジニア魔法使いの小委員会に関する史実がある。 1291年• ケンメアー・ケストレルズが結成される。 1292年• プライド・オブ・ポーツリーが結成される。 1294年ごろ• が始まる。 1296年• マンティコアが人を傷つけるが、怖いため誰も処刑できず放免になる。 14世紀 [ ]• 14世紀• 変わり者のウェリンデンが何度も火あぶりにあう。 バードック・マルドゥーンが魔法界で2足歩行する生物にとしての地位を与えた。 その後ヒトたる存在を招集し、魔法界の法律についてサミットを開催するが、が大量の2足歩行の生物を集めたため失敗。 スティックストックが廃れる。 1312年• ウィムボーン・ワスプスが結成される。 14世紀なかばごろ• エルフリダ・ラッグがスニジェットを殺したり、の試合に使用することを禁止し、保護区をサマセットに設ける。 ボーマン・ライトがスニジェットの代わりとして、黄金のスニッチを発明する。 1357年• シプリアン・ユーデルが試合中に観衆のひとりから呪いをかけられ、死亡する。 1362年• 魔法評議会が町から50マイル以内でクィディッチをすることを禁ずる禁止令を出す。 1368年• 魔法評議会が禁止令の内容を100マイルに変更する。 1385年• ザカリアス・マンプスがクィディッチの試合についての記述を残す。 1398年• ザカリアス・マンプスがクィディッチの原則を詳しく規定する。 15世紀 [ ]• 15世紀• ビーターが魔法で強化されたバットを使いはじめる。 1400年はじめごろ• インゴルファがクィディッチについての詩を残す。 マクレリーの「ああ、わが足は変身せり」にクィディッチについてのくだりがある。 1402年• ケアフィリー・カタパルツが結成される。 1422年• ウィグタウン・ワンダラーズが結成される。 1473年• 第1回クィディッチ・ワールドカップが開催される。 1492年• 10月31日 - ニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿(のちの)が死亡。 16世紀 [ ]• 16世紀はじめ• 金属ブラッジャーが試験的に使われはじめる。 1520年• タッツヒル・トルネードーズが結成される。 1538年• クィディッチで相手チームに対する杖の使用の禁止令が制定される。 1600年はじめごろ• マンゴ・ボナムが聖マンゴ魔法疾患傷害病院を設立する。 17世紀 [ ]• 17世紀• ヨーロッパの薬草学者のグループが調査のためにニュージーランドに渡り、クィディッチが伝わる。 17世紀はじめ• クィディッチが北アメリカに伝わる。 1612年• の旅籠が小鬼の反乱の本部になる。 アップルビー・アローズが結成される。 1620年• クィンティウス・ウンフラビルが「魔法戦士の高貴なスポーツ」を出版する。 1637年• 狼人間の行動綱領に関する史実がある。 1652年• クィディッチのヨーロッパ杯が設立される。 1674年• イギリスとアイルランドのクィディッチ・リーグが設立される。 1689年• 国際機密保持法が制定される。 1692年• 国際魔法使い機密保持法が制定される。 国際魔法使い連盟が常時杖を携帯する権利を確立する。 国際魔法使い連盟がサミットを開催し、魔法生物についての議論が7週間行なわれる。 18世紀 [ ]• 18世紀ごろ• クィディッチがオーストラリアで広まる。 アブラハム・ピースグッドがクォドポットを考案する。 1709年• ワーロック法が制定される。 1711年• クァッフルがクィディッチの試合中に泥沼に落ち、豪雨で見つからなくなる。 冬 - クァッフルが赤く塗られはじめる。 1722年• ヒッポグリフが事件を起こし、有罪になる。 その後、によれば気持ち悪いことをされたらしい。 ディリス・ダーウェントが聖マンゴの癒者になる。 1741年• ディリス・ダーウェントが聖マンゴの癒者をやめ、ホグワーツの校長になる。 1749年• 秘密保護法が違反される。 1750年• 国際魔法使い機密保持法が制定される。 魔法ゲームおよびスポーツ局がイギリスで創設される。 第73条が魔法秘密維持国際法に追加され、世界じゅうの魔法官庁が従う。 1762年• クレオスシアンが非合法となる。 1768年• ディリス・ダーウェントがホグワーツの校長をやめる。 1782年• レシフォードの最古の記録が残る(フラビウス・ベルピーが休暇中、パプアニューギニアでレシフォールドに襲われる)。 1792年• コカトリスが三大魔法学校対抗試合で暴れ、3校の校長を負傷させる。 1794年• アクロマンチュラの最古の記録が残る(ボルネオで目撃される)。 1799年• ドラゴンのウクライナ・アイアンベリー種が黒海で小型帆船を運び去る。 19世紀 [ ]• 1800年代はじめ• シュレイクの群れが航海中のに侮辱を受けた魔法使いによって創られたとされる。 1802年• ドラゴンのノルウェー・リッジバック種がノルウェー沖で子鯨をさらったとされる。 1811年• グローガン・スタンプがヒトたる存在の定義を定める。 1812年• バンコリー・バンガーズの選手がアップルビー・アローズとの試合後にブラッジャーを解き放ち、ドラゴンのヘブリデス・ブラック種をマスコットにしようと出かけ、インバネスの上空を飛んでいるときに魔法省の役人に逮捕される。 1820年• エリオット・スメスウィックがクッション呪文を発明する。 1824年• ガリバー・ホークビーが「オーグリーが鳴いた時、私はなぜ死ななかったか」を出版する。 1836年• ザビエル・ラストリックが300人の群集のまえでタップダンスをして、姿を消す。 1875年• 握り呪文が発明される。 1879年• エリアス・グリムストームがオークシャフト79を作る。 1881年• 夏 - 誕生。 1883年• クィディッチでゴール用バスケットが使われなくなることについての記事が「」に載る。 1884年• スニッチがボドミン荒地でのクィディッチ試合で半年間捕まらなかった。 クァッフルを持ったチェイサー以外はスコア・エリアに入れなくなる。 1891 - 1892年ごろ• がマグルの少年3人に暴行され、アリアナの父パーシバルが少年に復讐してアズカバンに送られる。 ダンブルドア一家がに引っ越す。 1892年• チャドリー・キャノンズが最後に優勝する。 9月1日 - 、エルファイアス・ドージがホグワーツに入学する。 1894年• アップルビー・アローズのファン・クラブの、チェイサーが点を取った際に杖から矢を放つ慣わしを魔法ゲームおよびスポーツ局が禁止する。 1895年• 9月1日 - がホグワーツに入学する。 1897年• 2月24日 - 誕生。 1899年• がダームストラング専門学校を放校になる。 夏 - グリンデルバルドがを訪れ、アルバス・ダンブルドアと親交を結ぶ。 19世紀末• ペルー・バイパーツース種が急増したため、国際魔法使い連盟が始末屋を送り込む。 20世紀 [ ]• 1901年• ムーントリマーがグラディス・ブースデイによって作られる。 1918年• ニュート・スキャマンダーがオーガスタス・ワームに魔法動物概論の執筆を勧められる。 1921年• ロデリック・プランプトンが対ケアフィリー・カタパルツ戦でスニッチ捕獲の最短記録を出す。 1925年• がに呪いをかけ、モーフィンとがアズカバンに収監される。 その後、トム・リドル・シニアとメローピーが結婚する。 1926年• ニュート・スキャマンダー、ニューヨークを訪問する。 クリーンスイープ箒製造会社が設立される。 トム・リドル・シニアが妊娠中のメローピーを捨てる。 12月31日 - トム・マールヴォロ・リドル(のちの)が孤児院で産まれる。 1927年• ニュート・スキャマンダーが「」を出版する。 1929年• コメット商事が設立される。 シグナス・ブラック誕生。 1932年• イルフラクーム事件が起きる。 アップルビー・アローズがヴラツァ・ヴァルチャーズに勝利する。 1934年• クリーンスイープ2号が発売される。 1935年• ジョコンダ・サイクスがオークシャフトで初の箒による大西洋横断を成功する。 1937年• クリーンスイープ3号が発売される。 1938年• 9月1日 - トム・マールヴォロ・リドルがホグワーツに入学する。 コメット180号が発売される。 1940年• 9月1日 - がホグワーツに入学する。 ティンダーブラスト社が設立される。 1943年• 6月 - トムが秘密の部屋を開く。 ハグリッドがホグワーツを退学になる。 7 - 8月 - トムがリドル一家を殺害し、モーフィンに罪を被せ、指輪を奪う。 1945年• ダンブルドアがを破り、を手に入れる。 トムがホグワーツの教職を希望するが断られる。 1945 - 1946年ごろ• トムがを殺し、ホキーに罪を被せ、サラザール・スリザリンのロケットとヘルガ・ハッフルパフのカップを奪う。 1947年• 9月1日 - がホグワーツに入学する [ ]。 ニュート・スキャマンダーが独力で「狼人間登録簿」を作成する。 バチルダ・バグショットがリトル・レッドブックスから「魔法史」を出版する。 1948年ごろ• アイリーン・プリンスが使ったリバチウス・ボラージ著「上級魔法薬」が発行される。 1949年• 水中人がスコットランド海岸沖で青葦毛のヒッポキャンパスを捕獲し、飼いならす。 1952年• エラビー・アンド・スパドモア社がスイフトスティックを発表する。 1953年• クィディッチ史上もっとも見応えのある試合のひとつ、ホリヘッド・ハーピーズ対ハイデルベルグ・ハリヤーズの試合が行なわれる。 1955年• ユニバーサル箒株式会社がシューティング・スター(流れ星)発表する。 1955 - 1956年ごろ• ダンブルドアがホグワーツの校長になる。 1956年• 冬、ダンブルドアとヴォルデモートが会合。 2人の交渉は決裂し、以降1998年まで「闇の魔術に対する防衛術」の教師が1年以上在籍不能となる。 12月 - がホグワーツの変身術の教職に就く。 ケアフリー・カタパルツがヨーロッパ杯優勝戦でノルウェーのカラシオック・カイツに勝利する。 1960年代• マグナス・マクドナルドがクレオスシアンの再開キャンペーンを展開する。 1963年• 1965年• 1 - 2月ごろ - がに噛まれる [ ]。 ニュート・スキャマンダーが実験的飼育禁止令を成立させる。 1966年ごろ• ヴォルデモートが力を付けはじめる。 1967年• ニンバス競技用箒会社が設立する。 1968 - 1970年ごろ• とが駆け落ちする。 1970年• 第一次魔法戦争が勃発。 ダンブルドアが「不死鳥の騎士団」を組織。 ヴォルデモートは対抗勢力を粛清し、史上最強の闇の魔法使いと呼ばれるようになる。 1971年• 9月1日 - 、、、、、がホグワーツに入学する。 1972年• ブレナム・ストークが「マグルは見た」を出版する。 チャドリー・キャノンズのモットーが「勝つぞ」から「祈ろう、なにとぞうまくいきますように」に変わる。 9月1日 - 、ダーク・クレスウェルがホグワーツに入学する。 1973年• ヤヌス・シッキーがレシフォールドに襲われたように見せかけ、グリーン・ドラゴンの女主人と暮らそうとするが失敗する。 1975年• 「毛深い鼻面、ヒトのハート」ウィズ・ハード・ブックス」から出版される。 1976年• 6月 - 、がをいじめる。 1978年• ユニバーサル箒株式会社が破産する。 1978 - 1979年ごろ• ジェームズとリリーが結婚する。 1979年• サラザール・スリザリンのロケットがすり替えられる。 レギュラス・ブラックが死亡する。 ニュート・スキャマンダーが「魔法動物学」への貢献に対してマーリン勲章勲二等を授与される。 1979年後半 - 1980年前半• ホグワーツの占い学の面接が行なわれ、が1回目の本物の予言をする。 その後、ホグワーツの占い学の教職に就く。 ダンブルドアがスネイプを不死鳥の騎士団に迎え入れる。 1970年代末• 強い雌に追放された雌のオーストラリア・ニュージーランド・オパールアイと思われるものによるカンガルー殺しが続発する。 1980年• 7月31日 - 誕生。 1981年• スネイプがホグワーツの魔法薬学の教職に就く。 10月31日 - 第一次魔法戦争が終結。 、夫妻が殺害され、がに死の呪いをかけられるが、リリーの愛の守護魔法で死を免れ、額に稲妻形の傷がつく。 ヴォルデモートが一時的に破滅し、魔法界に平和が訪れる。 ハリーがダーズリー家に預けられる。 シリウス・ブラックが殺害の罪を着せられて逮捕され、アズカバンに収監される。 、ロドルファス・レストレンジ、ラバスタン・レストレンジ、がフランク・ロングボトム、アリス・ロングボトムを磔の呪いにかけ、アズカバンに収監される。 ロングボトム夫妻が聖マンゴ魔法疾患傷害病院に入院する。 1982年• 夏 - がエルフィンストーン・アーカートと結婚する [ ]。 9月1日 - がホグワーツに入学する。 1982年ごろ• がアズカバンを脱獄する。 1984年• 9月1日 - 、がホグワーツに入学する。 1986年• ウガンダのパトンガ・プラウドスティックスがモントロー・バグパイプズと引き分ける。 1987年• ウィルヘルム・ウィグワーシーがリトル・レッド・ブックスから「イギリスにおけるマグルの家庭生活と社会的慣習」を出版する。 9月1日 - 、たちがホグワーツに入学する。 1989年• 9月1日 - フレッド・ウィーズリー、ジョージ・ウィーズリー、たちがホグワーツに入学する。 1990年• フライト・アンド・バーカー社がツィガー90を発表する。 9月1日 - たちがホグワーツに入学する。 物語開始以降 [ ]• 1991年• 9月1日 - ハリー・ポッター、、、、たちがホグワーツに入学する。 1992年• 6月 - が死亡する。 9月1日 - 、、たちがホグワーツに入学する。 10月31日以前 - リドルに操られたジニーが秘密の部屋を開く。 1993年• 5月 - ハリーがリドルの日記をバジリスクの牙で破壊する。 7月31日以前 - シリウスがを脱獄する。 テキサスのスウィートスター・オールスターズが5日間にわたるスリルな試合でクィベロン・クァッフルパンチャーズに勝利する。 1994年• 6月6日 - トレローニーが2回目の本物の予言をする。 7 - 8月 - 第422回クィディッチ・ワールドカップが開催される。 9月1日 - 三大魔法学校対抗試合がホグワーツで行なわれることが知らされる。 10月31日 - 三大魔法学校対抗試合の各校の代表選手が決まる。 11月24日 - 三大魔法学校対抗試合の第一の課題が行われる。 日本の豊橋天狗がリトアニアのゴロドク・ガーゴイルズに敗れる。 1995年• 2月24日 - 三大魔法学校対抗試合の第二の課題が行なわれる。 6月24日 - 三大魔法学校対抗試合の第三の課題が行なわれる。 ヴォルデモートが復活する。 セドリックがペティグリューに殺される。 7 - 8月 - がふたたび結集する。 10月第1週 - が結集する。 1996年• 1月 - 10人のがアズカバンから脱獄する。 6月18日 - 神秘部の戦いが起こる。 シリウスが死亡する。 ルシウスら11人の死喰い人が逮捕される。 がダイアゴン横丁でウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店を開く。 が魔法大臣になる。 7 - 8月 - ダンブルドアがマールヴォロ・ゴーントの指輪をゴドリック・グリフィンドールの剣で破壊する。 1997年• 6月 - トレローニーが3回目の本物の予言をする。 ダンブルドアとハリーがホークラックスを破壊するため、海の崖にある洞窟へ向かう。 第1次ホグワーツの戦いが起きる。 ダンブルドアがスネイプによって殺害される。 7月26日(土) - ダーズリー一家が騎士団の保護下に入り家を去る。 ハリーが騎士団員とでハリーに化けた6人とともに2人1組になり、プリベット通り4番地から去る。 7月31日 - ハリー、ロン、ハーマイオニーにダンブルドアの遺品が渡される。 8月1日 - との結婚式が行なわれる。 がヴォルデモートの支配下になり、パイアス・シックネスが傀儡の魔法大臣になる。 ハリー、ロン、ハーマイオニーがヴォルデモートのを破壊する旅に出る。 8月後半 - スネイプがホグワーツの校長になる。 9月 - ハリー、ロン、ハーマイオニーが魔法省に忍び込む。 12月24日 - ハリー、ハーマイオニーがゴドリックの谷に着く。 その後バチルダ・バグショットに会い、蛇に襲われる。 その際にハリーの杖が折れる。 1998年• 3月 - ハリー、ロン、ハーマイオニーがルシウスらに捕まるが、の助けでほかの捕らえられていた数名とともに脱出する。 ドビー死亡。 5月 - ハリー、ロン、ハーマイオニーがグリンゴッツに忍び込み、の金庫からヘルガ・ハッフルパフのカップを奪う。 5月2日 - 第2次ホグワーツの戦いが起きる。 ネビルがをゴドリック・グリフィンドールの剣で殺害する。 パイアス・シックネスが戦いで死亡する。 セブルス・スネイプが死亡する。 ハリーがすべての死の秘宝をそろえる。 ヴォルデモートが死亡(消滅)する。 が魔法省の暫定大臣に指名される。 9月30日以前 - ハリーが闇祓い局に就職する。 21世紀 [ ]• 2007年• ハリーが魔法省闇祓い局局長になる。 2008年• 「吟遊詩人ビードルの物語」をハーマイオニーが新たに現代英語に訳す。 2017年• 9月 - 、、がホグワーツに入学する。 ネビル・ロングボトムがホグワーツの薬草学の教職に就いている。 キングズリー・シャックルボルトは、魔法大臣になっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 『』第1章。 『』第5章。 『』第6章。 『』第5章。 『』第14章。 『』第31章。 『』第15章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第11章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第28章。 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』第17章。 『』第17章。 『』第6章。 『』第16章。 『』第15章。 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第37章。 『』第33章。 『』第15章。 『』第1章。 『ハリー・ポッターと賢者の石』第15章。 『』第10章。 『』第19章。 『』第30章。 『』第6章。 『』第3章。 『ハリー・ポッターと賢者の石』第6章。 『』第8章。 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』第18章。 『』第3章。 『』第8章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第16章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第20章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第26章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第31章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第32章。 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第36章。 『』第4章。 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第16章。 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第35章。 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第36章。 『』第5章。 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第6章。 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第23章。 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第25章。 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第26章。 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第27章。 『』第3章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第4章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第7章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第8章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第9章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第13章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第17章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第23章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第26章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第34章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第36章。 『ハリー・ポッターと死の秘宝』エピローグ。 『幻の動物とその生息地』 [ ].

次の

ホグワーツ魔法魔術学校

ハリポタ 魔法

世界観は『ハリポタ』と同じだからおなじみのアイテムが楽しい 同じ世界の出来事 大前提として、『』と『ファンタビ』は同じ世界の出来事。 『ファンタビ』の主人公ニュート・スキャマンダー()は、『ハリポタ』のハリーたちが通うホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」を書いた人物。 『ハリポタ』のホグワーツの校長ダンブルドアは、『ファンタビ』ではまだ校長ではなく若き教師で、前作『』ではセリフで語られただけだが、続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に登場する。 ダンブルドアの元親友、闇の魔法使いグリンデルバルドも活動している。 時代は『ハリポタ』より前だが、世界は同じなのだ。 『ハリポタ』でのホグワーツ校長ダンブルドア(左) - Warner Bros. 『ファンタビ』シリーズはストーリーも脚本も、『ハリポタ』の原作者が担当。 『ハリポタ』はローリングが書いた原作小説の映画化で、脚本家は別人だったが、『ファンタビ』は原作者が直接脚本を書いている。 同じ世界になるのも当たり前。 だから、映像のタッチ、雰囲気も『ハリポタ』直系なのだ。 前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも、おなじみの呪文「オブリビエイト(忘れよ)」が何度も出てくる。 銀行の金庫の扉を開けるときは「アロホモーラ(開け)」だし、暗い場所では「ルーモス(光よ)」と、『ハリポタ』でおなじみの呪文が続々出てきて、そのたびにニヤリとさせられる。 『ハリポタ』と『ファンタビ』は呪文も同じだ!- Warner Bros. 魔法省や酒場では屋敷しもべたちが働いているし、犯罪社会の裏情報はゴブリンに尋ねる。 原作で知っていたあの生物が、目の前で動く姿が観られるのも楽しい。 でもココが違う!時代、場所、出身寮が別! 時代が別 まず、時代が別。 『ハリポタ』は現代が舞台だったが、前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は1926年の出来事。 『ハリポタ』の物語より前の出来事が描かれるのが楽しみなところ。 特に『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で注目なのは、ダンブルドアとグリンデルバルドのドラマ。 2人が若かった頃の出来事は、『』でもごくわずかだけ描かれたが、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ではその後にどんなドラマがあったのかが描かれるはず。 ダンブルドアを、グリンデルバルドをが演じるので、2人の対決シーンは期待大。 『ファンタビ』はシリーズ全5作だと発表されているので、2人の対決が何度も楽しめるかも? 『黒い魔法使いの誕生』でダンブルドアを演じるジュード・ロウ(右) - C 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights C JKR. [PR] ドラマの舞台が別 次に、ドラマの舞台が『ハリポタ』とは別。 『ハリポタ』はイギリスだったが、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はアメリカ・ニューヨーク、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』はフランス・パリが舞台。 他の国の魔法世界がどうなっているのかを、観られるのも楽しみなところ。 また、主人公ニュートが魔法動物の研究家なので、いろんな種類の魔法生物が登場するのも、このシリーズのお約束。 きっと毎回、新しい魔法生物が活躍してくれるだろう。 ホグワーツのハッフルパフ寮出身 そして、『ファンタビ』の魅力の1つは、主人公がホグワーツのハッフルパフ寮出身だということにある。 ちなみに、ハリーはグリフィンドール寮。 主人公のタイプが違うから、ドラマの雰囲気もちょっと違うのだ。 そこでちょっと、2人の寮を比較してみよう。 『ハリポタ』のハリー、ロン、ハーマイオニーの寮はグリフィンドール。 勇気、騎士道精神、決断力を尊ぶ寮で、象徴動物はライオン。 ハリーたちはグリフィンドール寮出身だ! - Warner Bros. 忠誠心、忍耐力、勤勉さを尊び、象徴動物はアナグマ。 『ハリポタ』では三大魔法学校対抗試合に出場したセドリック・ディゴリーや、ルーピン先生と結婚した魔法使いニンファドーラ・トンクスがこの寮だった。 ちなみにあと2つの寮は、野心と狡猾(こうかつ)さを尊び象徴動物がヘビのスリザリンと、知性と知識、知恵を尊び象徴動物がワシのレイブンクローだ。 そこで所属寮を意識してストーリーを見直すと、『ハリポタ』はハリーがグリフィンドール的な勇気と決断力で、謎を解き悪と対決する話。 しかし『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ニュートが悪と戦うというよりも、彼が見知らぬ土地でハッフルパフ的な忠誠心と忍耐力を発揮して、そこで出会った人々と友人になる物語だった。 映画のラストのほっこりした感じも、ハッフルパフっぽい。 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の人間界のほっこりさん代表ジェイコブ()は、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の予告編に登場、またニュートと一緒に冒険することが判明している。 『ファンタビ』第1弾に続き、第2弾も普通の人間(ノー・マジ)ジェイコブ(左)が登場 - C 2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights C JKR. 『ファンタビ』は『ハリポタ』世界の魅力を備えつつ、『ハリポタ』とはちょっと違う魅力も詰まっているのだ。

次の

魔法省

ハリポタ 魔法

リンク 「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物 魔法生物名をクリックすると、詳細の説明ページが開きます。 Bundimun• Centaur• Chimaera• Chizpurfle• Clabbert• Crup• Demiguise• Diricawl• Dugbog• Erkling• Erumpent• Fairy• Fire Crab• Fwooper• Ghoul• Glumbumble• Gnome• Graphorn• Hiebehind• Hodag• Horklump• Imp• Jarvey• Jobberknoll• Knarl• Kneazle• Leprechaun• Lethifold• Lobalug• Manticore• Moke• Mooncalf• Niffler• Nogtail• Nundu• Pixie• Plimpy• Pogrebin• Porlock• Puffskein• Quintaped• Ramora• Red Cap• Runespoor• Shrake• Snallygaster• Snidget• Sphinx• Streeler• Tebo• Troll• Unicorn• Wampus Cat• Werewolf• Yeti.

次の