お から ドーナツ レシピ。 ふんわりもっちり食感!人気の「豆腐ドーナツ」レシピ10選

簡単なのに美味しいよ!ドーナツレシピ♪小麦粉から簡単に手作り!卵なしや揚げないレシピも!

お から ドーナツ レシピ

最近ではローソンやセブンイレブンなど身近なコンビニエンスストアでも気軽に美味しいドーナツが買えるようになりました。 コンビニなので手軽に手土産に買えますし、食べる機会も増えたように思います。 そんなドーナツを自宅で手作りできたら嬉しくありませんか!? ホットケーキミックスだと少ない材料で作れるのがメリットですが、どんなに工夫してもやっぱり味はホットケーキ風になるのがデメリットでしょうか。 アレンジをきかせたい方には小麦粉から作るドーナツがオススメです。 小麦粉220g• ベーキングパウダー10g• 牛乳130cc• 溶かしバター10g• バニラエッセンス少々 を全てボールに入れて混ぜます。 べたつかないようにまな板と手に打ち粉 小麦粉 分量外 をつけ適度な厚さ 5ミリくらい にして型抜きします。 紙コップとペットボトルのキャップで簡単にドーナツの型になりますよ。 型抜きする時のドーナツの厚さは5ミリくらいが一番ふんわりドーナツになります。 豆腐入りなので冷めてももちもちでダイエット中の方や健康志向の方にオススメです。 作り方は、• 強力粉80g• 薄力粉50g• きなこ、てんさい糖(きび糖や白砂糖でも 20g• 塩ひとつまみ• ベーキングパウダー3g をボールに入れて泡だて器でざっくり混ぜ、水切りしていない絹豆腐150gを入れてよく混ぜ合わせます。 生地がひとつにまとまってきたら5等分にして成型します。 オーブンを190度に余熱しておき、天板にクッキングシートを敷くか、天板にバターかマーガリンを塗り、ドーナツの間隔をあけながら並べます。 ちなみにこのグルテンですが薄力粉は少なく、強力粉には多く入っています。 グルテンの少ない薄力粉でドーナツを作ると生地に粘りがでませんので、もし両方とも自宅にあるならば強力粉+薄力粉のコンビがオススメです。

次の

サクふわ食感が美味しい!人気のおからドーナツレシピ10選

お から ドーナツ レシピ

最近ではローソンやセブンイレブンなど身近なコンビニエンスストアでも気軽に美味しいドーナツが買えるようになりました。 コンビニなので手軽に手土産に買えますし、食べる機会も増えたように思います。 そんなドーナツを自宅で手作りできたら嬉しくありませんか!? ホットケーキミックスだと少ない材料で作れるのがメリットですが、どんなに工夫してもやっぱり味はホットケーキ風になるのがデメリットでしょうか。 アレンジをきかせたい方には小麦粉から作るドーナツがオススメです。 小麦粉220g• ベーキングパウダー10g• 牛乳130cc• 溶かしバター10g• バニラエッセンス少々 を全てボールに入れて混ぜます。 べたつかないようにまな板と手に打ち粉 小麦粉 分量外 をつけ適度な厚さ 5ミリくらい にして型抜きします。 紙コップとペットボトルのキャップで簡単にドーナツの型になりますよ。 型抜きする時のドーナツの厚さは5ミリくらいが一番ふんわりドーナツになります。 豆腐入りなので冷めてももちもちでダイエット中の方や健康志向の方にオススメです。 作り方は、• 強力粉80g• 薄力粉50g• きなこ、てんさい糖(きび糖や白砂糖でも 20g• 塩ひとつまみ• ベーキングパウダー3g をボールに入れて泡だて器でざっくり混ぜ、水切りしていない絹豆腐150gを入れてよく混ぜ合わせます。 生地がひとつにまとまってきたら5等分にして成型します。 オーブンを190度に余熱しておき、天板にクッキングシートを敷くか、天板にバターかマーガリンを塗り、ドーナツの間隔をあけながら並べます。 ちなみにこのグルテンですが薄力粉は少なく、強力粉には多く入っています。 グルテンの少ない薄力粉でドーナツを作ると生地に粘りがでませんので、もし両方とも自宅にあるならば強力粉+薄力粉のコンビがオススメです。

次の

ドーナッツ

お から ドーナツ レシピ

ドーナツの歴史について ドーナツは、美味しくて、手軽に作れるおやつです。 ドーナツという名前の由来はとても興味深く、「Doughドウ」(生地)と「Nutナッツ」(木の実)がくっついて「ドウナッツDoughnutドウナッツ」(生地で作った木の実)という意味があるようです。 最初に作られたドーナツには、ナッツが練り込まれていたようです。 ぜひ、食べてみたいですね。 もともとは今のように真ん中に穴があいた形ではありませんでした。 17世紀ごろオランダでクルミを真ん中に載せた揚げ菓子が食べられていたようですが、この菓子には穴はあいておらず、これがドーナツの原型とされています。 時代とともに、ドーナツの形や食べ方も変化し、第二次世界大戦後にはミルクドーナツが大流行し、世界中で「栄養のあるおやつ」として広まるようになりました。 ドーナツは今でも大人気のおやつですね。 ドーナツの調理法について ドーナツは、材料も安価で揃えられて、手軽に作れるので、是非マスターしたいですね。 まずは、基本のドーナツの作り方を覚えておきましょう。 まずは、室温に戻したバターをクリーム状になるまでまぜ、砂糖を2回に分けて加えよく混ぜます。 溶いた卵を少しずつ加えて混ぜ、牛乳も加えて混ぜます。 小麦粉・片栗粉・ベーキングパウダーを加えてヘラで切るように混ぜ、ひとまとまりになったら、厚さ7mm程度にのばし、粉をつけた型で抜きます。 揚げ油を約160度に熱し、ドーナツ生地をきつね色になるまで揚げます。 こんがり揚がったら油を切って完成。 マスターしたら、アレンジレシピにもチャレンジしてくださいね。 HBで簡単にできるふわふわドーナツのレシピです。 牛乳にバターを入れ加熱し溶かしておきます。 HBに牛乳・粉類・イーストの順に入れ、一次発酵させ取り出します。 生地を一個50gで9つに分け濡れ布巾をかけ10分置き、生地の真ん中に指を入れ形を整えます。 網の上で一時間二次発酵させます。 180度の油で揚げて、熱いうちにグレーズに浸して完成。 グレーズは粉砂糖でも代用してもOK. ボウルに豆腐とホットケーキミックスを入れて、粉っぽさがなくなるまでしっかりと捏ねます。 180度の油で、生地を丸めながら揚げます。 すぐに浮いてくるので転がしながらきつね色になるまで揚げます。 網にあげて油を切り、最後にグラニュー糖をまぶして完成。 グラニュー糖の上から、きな粉をまぶしても美味しいですよ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の