リトル ショップ オブ ホラーズ。 映画「リトルショップオブホラーズ (1986年) 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ミュージカル「リトルショップオブホラーズ」2020キャスト&チケット

リトル ショップ オブ ホラーズ

ストーリー [ ] みなしごのさえないシーモアは、ムシュニク店長に拾われ育てられて以来、恋人の歯医者の暴力から逃れられないオードリーといっしょに花屋で働いている。 そのシーモアが、ある日、中華街で奇妙な植物の鉢を買ってきた。 それを店先に飾ったところ、客が興味をひかれて押しかけてきた。 店長は、その植物を絶対に枯らすな、と命じるが、しかしその植物は、シーモアの血を吸う宇宙植物だった。 シーモア・クレルボーン - (): 花屋の店員• オードリー - (): 花屋の店員• ムシュニク - (): 花屋の店長• オリン・スクリヴェロ - (): サドの歯医者• オードリー II - ()• パトリック・マーティン - (): 世界植物興業• ウィンク・ウィルキンソン - (): ラジオのDJ• アーサー・デントン - (): マゾの患者• 最初の客 - (金尾哲夫)• 歯科医の看護師 - 製作経緯 [ ] の1960年公開の同名映画が、とのコンビによって、1982年にオフブロードウェイでミュージカル化され、大ヒットした。 このミュージカルをフランク・オズが映画化した。 したがって、映画のリメイクというより、ミュージカルの映画化である。 エピソード [ ] この作品も、元のコーマンの映画、ミュージカルと同様に、悲劇で終わるよう撮影された。 しかしながら、公開直前のスニークレビューにおいて、結末に不満が出た。 このため、急遽、最後の10分が追加再撮影され、現在のものとなった。 そして、その後の舞台においても、この映画のハッピーエンドバージョンの方が上演されることが多い。 このミュージカル映画の成功により、メンケンとアッシュマンのコンビは、が指揮する新ディズニーの長編アニメーション部門に抜擢され、『』に始まるの作品群を築く。 しかしオリジナルを製作・監督したロジャー・コーマンによると、「内容はさておき、予算に3000万ドルなんて掛けすぎ。 収益率が悪くなるだけだ」とビジネス面においてのみ批判している(元作品の予算は12,000ドル、撮影日数2日だった)。 脚注 [ ].

次の

映画「リトルショップオブホラーズ (1986年) 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

リトル ショップ オブ ホラーズ

ストーリー [ ] みなしごのさえないシーモアは、ムシュニク店長に拾われ育てられて以来、恋人の歯医者の暴力から逃れられないオードリーといっしょに花屋で働いている。 そのシーモアが、ある日、中華街で奇妙な植物の鉢を買ってきた。 それを店先に飾ったところ、客が興味をひかれて押しかけてきた。 店長は、その植物を絶対に枯らすな、と命じるが、しかしその植物は、シーモアの血を吸う宇宙植物だった。 シーモア・クレルボーン - (): 花屋の店員• オードリー - (): 花屋の店員• ムシュニク - (): 花屋の店長• オリン・スクリヴェロ - (): サドの歯医者• オードリー II - ()• パトリック・マーティン - (): 世界植物興業• ウィンク・ウィルキンソン - (): ラジオのDJ• アーサー・デントン - (): マゾの患者• 最初の客 - (金尾哲夫)• 歯科医の看護師 - 製作経緯 [ ] の1960年公開の同名映画が、とのコンビによって、1982年にオフブロードウェイでミュージカル化され、大ヒットした。 このミュージカルをフランク・オズが映画化した。 したがって、映画のリメイクというより、ミュージカルの映画化である。 エピソード [ ] この作品も、元のコーマンの映画、ミュージカルと同様に、悲劇で終わるよう撮影された。 しかしながら、公開直前のスニークレビューにおいて、結末に不満が出た。 このため、急遽、最後の10分が追加再撮影され、現在のものとなった。 そして、その後の舞台においても、この映画のハッピーエンドバージョンの方が上演されることが多い。 このミュージカル映画の成功により、メンケンとアッシュマンのコンビは、が指揮する新ディズニーの長編アニメーション部門に抜擢され、『』に始まるの作品群を築く。 しかしオリジナルを製作・監督したロジャー・コーマンによると、「内容はさておき、予算に3000万ドルなんて掛けすぎ。 収益率が悪くなるだけだ」とビジネス面においてのみ批判している(元作品の予算は12,000ドル、撮影日数2日だった)。 脚注 [ ].

次の

映画『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

リトル ショップ オブ ホラーズ

リトル・ショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ:起 街の花屋の店員・シーモアは心優しい性格ですが、少々どんくさい性格でいつもドジばかり踏んでいました。 花屋の鬼店長・マシュニクの娘・オードリーに密かに想いを寄せています。 ある日マシュニクは、彼の目に余る行動についに痺れを切らして「何か店に役立つことをやらないとクビだ」と怒鳴り散らしました。 慌てたシーモアは、今育てている珍しい植物を店に出して、客寄せにしようと提案します。 ところが、彼が持ってきたのは今にも枯れそうな、小さなハエトリソウのような植物でした。 彼はこの植物に「オードリージュニア」と名付けて可愛がっていましたが、マシュニクは納得しません。 とにかく大きく育てて、人目をひくような代物にしろと命令しました。 リトル・ショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ:承 しかし、どんなに水や肥料をやってもオードリージュニアは育ちません。 困り果てたシーモアは、ひょんなことからこの植物の肥料が人間の血液だということを発見します。 しかも驚いた事に、血液をあげた瞬間、人間の言葉で「腹が減った」とご飯をせっつくのでした。 翌日、植物はぐんと大きくなっていました。 これにはマシュニクもご満悦で、ニコニコとしていましたが、しばらくすると植物はしんなりとしてしまい、またマシュニクに怒鳴られるのでした。 あんまりにも血液を欲しがるので、シーモアの両手は傷だらけになっていました。 けれど、なおも植物はご飯を欲しがります。 このままでは、自分が倒れてしまうと思った彼は、仕方なくご飯探しに街へ出かけます。 リトル・ショップ・オブ・ホラーズのネタバレあらすじ:転 街へ出向いた彼は、運悪く人を殺してしまいます。 動転した彼は、ひとまず死体を店へ持ち帰りますが、店ではお腹を空かせたオードリージュニアが相変わらずご飯をねだってきます。 そこで彼は証拠隠滅も兼ねて、なんと死体を植物に食べさせてしまいます。 それからも、いろいろな理由で何人もの人を食べていったオードリージュニアは、どんどん成長し、ますます食欲を増していきます。 店ではシーモアとオードリー、良い雰囲気になったとしても、植物は空気を読まずにご飯の催促をしてきます。 頭にきたシーモアは植物に暴言を履きますが、あっけなくオードリージュニアの催眠術にかかってしまい、またご飯探しに出かけさせられます。 リトル・ショップ・オブ・ホラーズの結末 何人もの人が不可解に失踪したことで、ついに警察が動き出します。 捜査の手が、花屋の中まで入ると、巨大に成長したオードリージュニアがついに花を咲かせます。 なんとそれは植物に食われた犠牲者の顔をしているのでした。 シーモアは思わずその場から逃げ出し、警察は彼を追いかけます。 なんとか警察を巻いて店に戻ってきた彼に、植物はまだまだご飯をねだります。 彼はとうとうナイフを手にし、決死の覚悟でオードリージュニアの胃袋へ飛び込んでいくのだった。 しばらくすると、植物はまたひとつ花を咲かせます。 それはシーモアの顔でした。 彼は「僕は悪くない…」と弱々しくつぶやくと、しょんぼりと枯れてしまうのでした。

次の