え なこ 禰 豆子。 鬼滅の刃196話ネタバレ確定!禰󠄀豆子が人間に戻る?珠世の薬に隠されていたもう1つの効果とは?

無症状

え なこ 禰 豆子

< ・ Wikipedia:索引 ねは読み仮名が「ね」で始まる記事の一覧である。 下表太字の読み仮名で始まる記事は別のページに分離されている。 ね あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 ね [ ]• 【仮名】• 【曖昧】• (ね)【曖昧】• (ね)【】• 【千葉県の地名】• 【の都市】 ねあ [ ]• (ねあがりいんせき)• (ねあがりのうぎょうきょうどうくみあい)• (ねあがりまち)【】• (ねあずかいきょう)【】• 【架空人】• (ねあもにしゅうどういん)【】• (ねあんでるだに)【】• 【曖昧さ回避】• 【の町】• (ねうえき)【】• 【アルゼンチン】• 【軍艦】• (ねうすとらしむいきゅうふりげーと)【軍艦】• 【西欧】• 【選手】• (ねうまふ)【】• 【の町】• 【民族】 ねえ [ ]• 【曖昧さ回避】• 【楽曲】• (ねぇおにいちゃぁーんいもうとたちのどっきどきゆうわくがっせん)【】• (ねぇきいて? うちゅうをすくうのは、きっとおすし ではなく、でんぱぐみいんく)【】• (ねえちゃんとしようよっ)【ゲーム】• (ねえねえぱらだいすおれとねえちゃんのあまあませいかつ)【ゲーム】• 【楽曲】• 【架空】 ねお [ ] 参照 ねか [ ]• 【独海軍】• ()【曖昧】• 【楽曲】• (ねがいごとのもちぐされ)【楽曲】• 【シングル】• (ねがおをみせて)【楽曲】• (ねがかり)【釣り】• (ねがけ)【装身具】• 【チーム】• (ねがさえき)【】• (ねがさかぶ)【経済】• 【大統領】• (ねかたきどう)【】• 【曖昧】• 【楽団】• 【選挙戦術】• 【漫画】• 【アルバム】• (ねかびじゅつかん)【インドネシアの美術館】• (ねがふ)【東京都】• (ねがぽじてん)【アプリ】• (ねがみじゅん)【】• (ねがみせいや)【】• (ねがみひろし)【水泳選手】• 【楽曲】 ねき [ ]• 【曖昧さ回避】• ()【植物】• (ねぎ)【】• (ねぎあか)【植物】• (ねきあきら)【曖昧さ回避】• (ねぎうち)【千葉県】• (ねぎうちじょう)【】• (ねぎし)【曖昧さ回避】• 【年寄】• 【東京都】• (ねぎしこふんぐん)【埼玉県】• (ねぎししずもり)【】• (ねぎしじゅうたくちく)【】• (ねぎししょうがっこう)【曖昧】• (ねぎししんごろう)【剣術家】• (ねぎししんりんこうえん)【】• (ねぎしステークス)【】• (ねぎしせん)【JR東日本】• (ねぎしだい)【曖昧さ回避】• (ねぎしたいき)【子役】• (ねぎしたかし)【】• (ねぎしたけし)【】• (ねぎしちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (ねぎしちょう)【曖昧さ回避】• (ねぎきとしえ)【女優】• (ねぎしのりこ)【】• (ねぎしはちまんじんじゃ)【横浜市】• 【監督】• (ねぎしまい)【モデル】• (ねぎしまいこ)【アナウンサー】• (ねぎしまち)【曖昧さ回避】• (ねぎしむら)【曖昧さ回避】• (ねぎしやよい)【奏者】• (ねぎしゆい)【曖昧さ回避】• (ねぎしゆういち)【ナレーター】• (ねぎしゆうざん)【幕末志士】• (ねぎしりゅう)【曖昧さ回避】• (ねぎぞく)【植物】 ねきた [ ]• (ねぎちょう)【弘前市】• (ねきつばさ)【俳優】• 【食品】• (ねぎねえさん)【漫画】• (ねぎぼうず)【植物】• (ねぎやき)【食品】 ねく [ ] 参照 ねけ [ ]• 【イスラエル】• 【イスラエルの大学】• 【曖昧さ回避】• 【物理学】 ねこ [ ] 参照 ねさ [ ]• (ねざめのとこ)【】• (ねざめはつでんしょ)【水力発電所】• 【バレエ団】• (ねざーらんどのしんわ)【アルバム】• 【王】• 【】 ねし [ ]• 【植物】• 【ゲーム機】• (ねじしき)【漫画】• 【曖昧】• (ねじのかいてん)【小説】• 【草】• 【漫画】• 【漫画】• (ねじまきどりくろにくる)【】• 【政治家】• 【蹴球団】• (ねじめきよとし)【】• (ねじめけんいち)【歴史学者】• (ねじめさえき)【脚本家】• (ねじめしげなが)【戦国武将】• (ねじめしょういち)【作家】• (ねじめしんご)【サッカー選手】• (ねじめちゅうけいきょく)• 【政治家】• 【小説】• (ねじょう)【】• 【地名】• (ねじょうおおはし)【橋】• (ねしょうべん)• 【曖昧】• 【団体】• 【曖昧】• (ねじれたいえ)【小説】• (ねじれたきずな)【TVドラマ】• (ねじれたぎわく)【TVドラマ】• (ねじれのいち)【】• (ねじろざかのたたかい)【合戦】• 【豆類】• (ねじんじゃ)【千葉県】• (ねじんじゃ)【横浜市】 ねす [ ] 参照 ねせ [ ]• (ねせしてぃとりでのたたかい)【戦闘】• 【の】 ねそ [ ]• 【海王星】• (ねそこふんぐん)【対馬】• (ねそじゃんくしょん)【韓国】• (ねぞえじょう)【宮城県】• (ねそりのだいけいかぼく)【】 ねた [ ]• 【曖昧さ回避】• 【の町】• (ねーたーかぐん)【数学】• (ねだかちょう)【愛知県】• (ねーたーかん)【数学】• (ねたきり)【医療・介護】• (ねーたーじーすばーすちゃんどらぼーすこくさいくうこう)【】• 【数学】• (ねだてかねお)【心理学者】• 【歌手】• 【曖昧さ回避】• (ねーたーのていり)【数学】• (ねだひろふみ)【漫画家】• (ねたふりしてるおとこたち)【テレビドラマ】• 【サッカー選手】• (ねちえき)【】• (ねちがえ)• (ねちじょう)【】• (ねちむら)【】• 【曖昧さ回避】 ねつ [ ] 参照 ねて [ ]• 【サッカー選手】• (ねていとうけん)• 【政治家】• 【小説】• 【ブルガリア】• 【オランダ】• 【オランダ】• 【曖昧さ回避】• (ねどこ)【落語】• (ねどじょう)【下総国】• 【選手】• 【の都市】• 【ラジオ】• 【漫画】• (ねとられ)【性的嗜好】• 【イタリアの町】• 【製品】 ねな [ ]• 【歌手】• 【絵本】• 【バスケットボール選手】• (ねなしかずらぞく)【植物】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【俗語】 ねに [ ]• 【化学】 ねね [ ]• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (ねね)【戦国女性】• (ねねこ)【】• (ねねつご)• (ねねつじちかんく)【】 ねの [ ]• (ねのうえこうげん)【岐阜県】• (ねのかねみ)【飛鳥貴族】• (ねのかみこふん)【曖昧さ回避】• (ねのくに)【日本神話】• (ねのしろいしばいぱす)【仙台市】• (ねのしろいしむら)【】• (ねのしろいしゆうびんきょく)【曖昧】• (ねのじんじゃ)【横浜市】• (ねのひ)【曖昧さ回避】• ねは [ ] 参照 ねひ [ ]• 【イタリアの町】• 【の都市】• (ねぴあんとう)【オーストラリア】• (ねびきけんすけ)【サッカー選手】• 【曖昧】• 【医薬】• 【曖昧】• 【ゲーム】• 【イタリアの都市】• 【曖昧】• 【小説家】• 【首相】• 【楽団】• 【俳優】• 【画家】• 【物理学者】• 【架空人】• 【ロシアの都市】 ねふ [ ]• 【天使】• 【王妃】• 【架空人】• 【エジプト王妃】• 【エジプト神話】• (ねぶかじる)【料理】• 【曖昧さ回避】• (ねぶかどねざるいっせい)• (ねぶかどねざるにせい)【王】• (ねぶかまこと)【登山家】• (ねぶかわえき)【】• (ねぶかわおんせん)【神奈川県】• (ねぶかわむら)【神奈川県】• 【女優】• (ねふすきーおおどおり)【ロシア】• (ねぶたおんせん)【】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• 【蹴球団】• 【蹴球団】• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• 【英海軍】• 【英海軍】• 【昆虫】• 【彫刻作品】• 【女神】• (ねぶとくわがたぞく)【】• (ねふどさばく)【】• (ねぶとり)【】• (ねふはんのう)【化学】• (-ひょうが)【アンデス山脈】• 【TV番組】• 【TV番組】• (ねぶみかめら)【漫画】• 【ラジオ番組】• 【哺乳類】• 【抗うつ薬】• (ねぷりか)【TV番組】• 【TV番組】• 【曖昧】• 【企業】• 【果物】• 【】 ねへ [ ]• (ねへみやき)• 【俳優】• 【植物】 ねほ [ ]• 【サッカー選手】• (ねほうじ)【曖昧さ回避】• (ねぼけしょちょう)• 【西ローマ皇帝】• (ネポスこどもくらぶ)【TV番組】• 【縁故主義】• 【聖人】• 【TV番組】• 【曖昧さ回避】• 【製造業】• 【飲料】 ねま [ ]• 【曖昧さ回避】• (ねまき)【衣服】• (ねまたんさすぞく)【植物】• (ねまちおんせん)【】• (ねまてぃっくえきしょう)【】• 【ラグビー選手】• 【曖昧さ回避】• 【サッカー選手】• 【バスケット選手】• 【バスケット選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• 【サッカー選手】• (ねまはぐん)【曖昧さ回避】• (ねまひろかず)【バスケットボール選手】• (ねまーる)【プログラミング言語】• 【ロシア】• 【企業】• (ねまんかわ)【東欧】• (ねまんぶんか)【考古学】 ねみ [ ]• 【イタリアの町】• (ねみちじんじゃ)【岐阜県】• 【製造業】• (-にほんじん-)【TV番組】• (ねむ)• 【曖昧さ回避】• 【雑誌】• (ねむす)【機械構造】• (ねむずえんたーぷらいず)【企業】• 【植物】• (ねむのきか)【植物】• (ねむのきむら)【】• 【競走馬】• 【テレビドラマ】• (ねむっていくあのくもよ)【小説】• (ねむらないたいりくくろのす)【ゲーム】• (ねむりきょうしろうえんげつさっぽう)• (ねむりきょうしろうぶらいひかえ)• (ねむりぞーと)【三重県】• (ねむりのもり)【小説】• (ねむりひめのいぶ)【漫画】• 【魚類】• 【昆虫】• (ねむるきば)【漫画】• (ねむるジプシーおんな)【絵画】• 【曖昧】• 【架空の人物】• (ねむれないよるとぱずるのひには)【ゲーム】• (ねむれないよるをかぞえて)【TVドラマ】• (ねむれぬしんじゅ)【小説】• (ねむれぬよる)【楽曲】• 【映画】• (ねむれるきょうしつのもじょ)【漫画】• (ねむれるびーなす)【絵画】• 【絵画】• (ねむれるヴィーナスとキューピッドサテュロス)【絵画】• (ねむれるもり)【TVドラマ】• 【バレエ】• 【海上自衛隊】• (ねむろ)【曖昧】• (ねむろしみんらじお)【北海道】• (ねむろしやくしょ)• (ねむろしんこうきょく)• (ねむろしんぶん)• (ねむろだいいちひこうじょう)【廃止】• (ねむろだいにひこうじょう)【日本海軍】• (ねむろたくしょくてつどう)【廃線】• (ねむろどうろ)【北海道】• (ねむろなかしべつどうろ)• (ねむろのくに)【】• (ねむろはんとう)【北海道】• (ねむろはんとうおきじしん)• (ねむろはんとうちゃしあとぐん)【史跡】• (ねむろふっとぱす)【道路】• (ねむろぶんとんきち)【航空自衛隊】• (ねむろほくぶしょうぼうじむくみあい)【消防組合】• (ねむろほんせん)【JR北海道】• (ねむろみなとえき)【】• (ねむろめいしょうこうとうがっこう)【私立学校】• (ねむろゆうびんきょく)• (ねむろわん)【北海道】 ねめ [ ]• (ねめあのしし)【ギリシア神話】• 【恐竜】• (ねめしあぞく)【植物】• 【ギリシアの】• 【映画】• (ねめしすないんてぃかい)【ゲーム】• 【曖昧】• 【曖昧】• 【】 ねも [ ]• 【曖昧さ回避】• 【架空の兵器】• (ねもせんちょう)【架空人】• (ねもせんちょうとかいていとし)【映画】 ねもた [ ]• (ねもと)【曖昧さ回避】• (ねもとえき)【】• (ねもとかおり)【雀士】• (ねもとかおる)【職員】• (ねもとかなめ)【歌手】• (ねもとけいこ)【声優】• (ねもとけんじ)【意匠家】• (ねもとこうた)【声優】• (ねもとさん)【山】• (ねもとしのぶ)【モデル】• (ねもとしゅんいち)【野球選手】• (ねもとしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ねもとしんたろう)【俳優】• (ねもとたかし)【漫画家】• (ねもとたかし)【野球選手】• (ねもとたくみ)【政治家】• (ねもとたけのり)【奏者】• (ねもとなおと)【】• (ねもとのりひこ)【アナウンサー】• (ねもとはるの)【バスケットボール選手】• (ねもとはるみ)【タレント】• (ねもとまさえ)【女優】• (ねもとまさかず)【俳優】• ねもとまさよし 【地本問屋】• (ねもとみお)【アナウンサー】• (ねもとやくひん)【企業】• (ねもとやすひろ)【】• (ねもとゆういち)【サッカー選手】• (ねもとゆうじ)【】• (ねもとよしのぶ)【】• (ねもとりくお)【】• (ねもとりつこ)【女優】• (ねもとりゅうき)【野球選手】• (ねもとりゅうたろう)【政治家】• (ねもとりょういち)【政治家】• (ねもとりょうすけ)【サッカー選手】• (ねもとれんき)【俳優】 ねもな [ ]• 【薬】• 【植物】 ねや [ ]• (ねやがわ)【】• 【公園】• (ねやがわふうふさつがいじけん)【日本の殺人事件】• (ねやこふん)【大阪府】• (ねやみちこ)【声優】• 【漫画】• (ねらいうち)【楽曲】• (ねらったこいのおとしかた)【映画】• (ねらわれたがくえん)【小説】• ねり [ ]• (ねり)【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• 【テニス選手】• (ねりあめ)【】• (ねりえさ)【釣り】• 【政治家】• 【野球選手】• 【イネ品種】• (ねりがし)【菓子】• (ねりがみ)【曖昧さ回避】• 【サッカー選手】• 【スラング】• (ねりかんぶらざーずげったまねー)【OVA】• (ねりきゆみこ)【モデル】• ()【菓子】• 【政治家】• (ねりけしごむ)【】• (ねりざけ)• 【作家】• 【曖昧さ回避】• (ねりすくうぐんきち)【アメリカ空軍】• 【歌手】• 【イタリア海軍】• 【スイスの人物】• 【ロシアの都市】• (ねりねぞく)【植物】• 【歌手】• 【野球選手】• 【音楽家】• 【報道人】• 【医薬品】• 【サッカー選手】• 【ロシアの村】• (ねりま)【曖昧さ回避】• (ねりまあにめーしょんきょうぎかい)• (ねりまいっかごにんさつがいじけん)• (ねりまいんたーちぇんじ)【】• (ねりまえき)【】• (ねりまかすがちょうえき)【】• (ねりまく)【東京都】• (ねりまけいさつしょ)【】• (ねりまさんおくえんじけん)【強盗事件】• (ねりまじけん)【殺人事件】• (ねりまじょう)【】• (ねりましょうぼうじょ)• (ねりまそうごううんどうじょう)• (ねりまそうごうびょういん)• (ねりまそうこえき)【廃駅】• (ねりまだいこん)【】• 【漫画】• (ねりまたかのだいえき)【】• (ねりまちゅうとんち)【東京都】• (ねりまとんねる)【道路】• (ねりまはくさんじんじゃのおおけやき)【植物】• (ねりまぶんかせんたー)• (ねりままち)• (ねりまゆうびんきょく)• 【バレーボール選手】• 【歌手】• (ねりもの)【曖昧さ回避】 ねりや [ ]• 【ロシアの都市】• 【歌手】• (ねりりうめねり)【菓子】• 【政治家】• 【リトアニアの都市】 ねる [ ] 参照 ねれ [ ]• 【ギリシャ神話】• 【曖昧さ回避】• (ねれいゆうじ)【野球選手】• 【曖昧さ回避】• (ねれとばかわ)【東欧】• (ねれとばのたたかい)【第二次世界大戦】• ねろ [ ]• 【ローマ皇帝】• 【架空の兵器】• (ねろうるふしょう)【文学賞】• 【ローマ皇族】• (ねろばーにんぐろむ)【ソフト】• (ねろべるくとざんてつどう)【ドイツ】• 【イタリアの町】• 【精油】• 【アーチェリー選手】• 【香料】• 【架空の悪魔】• 【曖昧さ回避】•

次の

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

え なこ 禰 豆子

2020年の 3 月2日(月曜)発売の 週刊少年ジャンプからの情報です! まずは、前回の195話の内容を振り返ってみたいと思います。 前回は、戦場から 無惨が逃げ出すという意外な展開に… 無惨は戦いの中、 緑壱の事を思い出し 緑壱は初め弱く見え覇気も闘気も憎しみの殺意もない こんな人物に首を刎ね切り刻むとは思っていなかったようです。 また、無惨には何百年もの期間 太陽の光のように無惨の細胞を灼き続ける傷跡が残っており 無惨にとっては 緑壱は 本当のバケモノと言っていました。 炭治郎は傷を隠せない程になっている無惨をみて 確実に弱っていると確信を持ちました! みんなが繋いだ1秒が無惨を追い詰めたと みんなに感謝しながら戦っていました! 炭治郎は無惨の身体をよく見る事で 傷が動く所に心臓と脳があるとにらみました。 透明な世界が感知されなくても急所を狙える事が分かりました。 伊黒の目をどうにかしたいと思っていた炭治郎は 愈史郎が持ってきていた札に気が付きました。 その時、鎹烏が 「夜明ケマデ四十分!!」 と叫びました! これを聞いていた無惨は ものすごいスピードで 戦場から逃げ出しました! 炭治郎は、一瞬驚き戸惑いましたがすぐに 「逃げた!」 「逃げた 伊黒さん 無惨が逃げた!!」 と言いました! 伊黒もそれを聞いて驚きましたが 当然だ!と思いなおし 無惨は誇りをもった侍でもなければ 感情で行動する人間でもない 無惨は生きる事だけに固執した生命体 夜明けも近く命が脅かされれば 逃亡する事に一切の抵抗がない と思いました。 逃げていく無惨に対し炭治郎は、必死に追いかけていましたが その距離はどんどん遠くなり追いつけなくなっていました。 そんな こんな負け方あんまりだ みんなの命が無駄になってしまう、、 逃げていく無惨は逃亡中に 鬼殺隊の亡骸を踏みつけながら走っていきました。 その光景をみた炭治郎はキレて 鬼殺隊が持っていた刀を無惨に向け投げ始めました! 弱っている無惨はそれを弾いていましたが しつこい虫共。 払っても纏わりつく。 と嫌がっており 今は斬撃よりも体に深く刀が貫通する方が危険だと考えていました。 そのため、この炭治郎の攻撃は無視する事はできませんでした。 ですが、無惨が炭治郎に対応している瞬間 無惨の上空から伊黒が無惨の背後から喉元に 刀を深く差し込みました!! 無惨は膝を付くほどのダメージを受けましたが すぐさま背後にいる伊黒に触手で攻撃を仕掛けました! しかし、炭治郎がその攻撃を阻止し 愈史郎の持っていた視覚を共有する札を渡そうとしました。 ですが、無惨の攻撃により 炭治郎が持ってきた札は炭治郎の手を離れました。 炭治郎は伊黒に指示を送り 無惨の攻撃を避けさせました。 伊黒は炭治郎が何か渡してくる事には感づいていましたが 小さすぎて分からない状態でした。 しかし、 鏑丸が札を取り伊黒に付けました! 伊黒は 「炭治郎」「感謝する」 と言い これにより伊黒と鏑丸は視覚を共有し 伊黒は格段に戦いやすい状況となりました! 視覚が開けてきた伊黒は炭治郎に 挟み込むように立ち回れと言い 絶対に無惨をここから逃がさないように指示しました! この2人の立ち回りに 無惨はイライラしており 遂には 息切れまで起こしていました! 無惨に体力の限界が近づいたのです! そして、無惨と炭治郎達が激闘を繰り広げる中 戦場の近くから何者かが戦いの様子を確認していまいた。 その人物とは炭治郎の危機を察し目を覚ました 禰󠄀豆子だったのです! 禰󠄀豆子は右目からのみ涙を流しており 左目は鬼のままとなっていました! 禰󠄀豆子が到着し運命が動き出す。 禰󠄀豆子が人間に戻る!? 炭治郎が戦っている戦場に向かっている禰󠄀豆子。 禰󠄀豆子が炭治郎の元に向かう時に禰󠄀豆子は 色んな記憶を思い出しました! 炭治郎が出かけたあの日 炭治郎達の家族の元に 無惨が現れ家族を攻撃し始めました! 弟が攻撃を受けながら 「逃げて!お姉ちゃん逃げて!」 と言っていましたが、無惨は容赦なく家族を襲い 太陽を克服する鬼を求めていたようで 炭治郎の家族に 自身の血の注入を行っていました! 無惨が家族を殺しに来た時の記憶を思い出し 怒りを感じる禰󠄀豆子は 鬼化が進んでいるようでした。 しかし 炭治郎の記憶を思い出し涙を流し始める禰󠄀豆子 禰󠄀豆子は仲間との記憶を思い出し 義勇、鱗滝、善逸、伊之助、産屋敷、煉獄、実弥、柱達、カナヲ達、しのぶ を思い返しました。 禰󠄀豆子は鼓動が早くなり息遣いが荒くなっていました。 仲間達との記憶を思い出す事で鬼化が収まり 人間に戻りつつありました。 そんな中 「禰󠄀豆子」という手を差し伸べる炭治郎の姿を思い出しました! さらに 「兄ちゃんが守る」 「何があっても」 「お前だけは」 この記憶を思い出し、禰󠄀豆子はついに 私は竈門禰󠄀豆子!と涙を流しながら 自信の存在を思い出しました! 無惨の作戦! 炭治郎と伊黒により徹底的に追い詰められている無惨は 身体に 息切れの症状が出ていました! 無惨と言えど多くの人物と戦い 珠世の薬の効果にて弱っているため 限界が近づいているようでした! 無惨は、炭治郎達に挟まれて戦っているため その場から逃げ出す事が困難となっていました。 さらに、近くで命の気配がすると感づいており 止めを刺しきれていない 柱達が戻ってくる! と考えていました。 無惨は鬼狩りという組織が数珠繋ぎのようになって ひとつの生き物のように絡めとられると思いました。 *無惨は鬼殺隊を少し認めているようでした。 ここで、鎹烏が 「夜明ケマデ三十五分!!」 と言いまいた! これを聞いた無惨はこれ以上危険を犯す必要がないと判断し 無惨は 自分自身が分裂し逃げようとしました! しかし 無惨が分裂をしようとしているのを見て 炭治郎は、伊黒に向かって 「伊黒さん無惨が分裂する!」 「細かく飛び散って逃げる!」 と大きな声で知らせていました。 分裂して2人になれば簡単に逃げれると思っている無惨は 細胞分裂を起こそうとしますが 途中で止まってしまいまいた! 珠世の薬の秘密! 分裂をして逃げようとしていた無惨ですが 分裂が出来ない事に気が付きました! 無惨は、すぐに 珠世の仕業だという事を理解し 薬の効果が3つあると思いました。 1つは、 人間返り! 2つ目は、 老化! そして、3つ目は 分裂阻害! 「女狐が!」と珠世にキレていましたが 無惨の薬に対する考えは外れていました! *無惨の中にある珠世の細胞が「残念」「はずれです」と不敵な笑みを浮かべていました! すると 無惨は逃げている途中で 急に吐 血 しました! 炭治郎もその変化に驚いていました! 珠世の言う言葉では 薬は 4つあり 3つの薬で弱った所に 細胞破壊の薬が効き始めると言っていました! 分裂に失敗した無惨に対し 珠世が 「さぁお前の大嫌いな死がすぐ其処まで来たぞ!」 と無惨に対し圧をかけていました! ここで、196話は終わりました。 まとめ 今回の話では、炭治郎の危機を察した禰󠄀豆子が到着し 無惨(鬼)の支配を断ち切り人間に戻る事に成功しました! また、無惨はまだ能力を隠しており 分裂し逃げるという行動をとろうとしますが ここで、珠世が命がけで仕込んでいた薬の効果が発動しました! 珠世の薬には 4つの効果があったようで 3つの効果が発動し無惨が弱ってきた所でその効果が出るように細工されていたようです! これにより、無惨はさらに 弱体化する事だと思います! こうなってくると、現時点での 炭治郎と 伊黒の協力により 無惨をこの戦場から逃がす事なく 夜明けまで戦い続ける事が出来るでしょう! 無惨が吐血するほどの薬の効果! 内部から珠世の薬で破壊し 外部は炭治郎達による攻撃! 無惨は相当なダメージを負っていると思います。 そのため、次の話くらいで炭治郎の日の呼吸で無惨に止めを刺し始めるのではないでしょうか? 禰󠄀豆子も登場し、人間に戻った為 いよいよクライマックスになってきましたね! どんな形で決着がつくのか非常に楽しみです! *ちなみに、この話を元に次の話の考察もしてみました!.

次の

索引「な」31ページ目

え なこ 禰 豆子

上を向こうが下を向こうが、後ろ、前、左右。 どこまでも続く、何もない白い空間。 「お姉ちゃん!! やっと気づいた!」 禰󠄀豆子は視線をさげると、そこには幼い少女。 彼女を見て一度首を傾げ、反対方向にも首を傾げ、 「お姉ちゃん!」 もう一度呼ばれたことで、ハッとした。 「……花子?」 そこにはもういなくなったはずの存在。 末妹の姿があった。 「姉ちゃん!」 「姉ちゃん!!」 次は横から声を掛けられた。 「竹雄! 茂!」 少年が二人。 弟の姿がそこにいた。 「なんで…? ここはどこ?」 禰󠄀豆子の困惑は明らかであった。 自分の弟妹たちが亡くなったのは禰󠄀豆子が一番よく知っている。 自分の目の前で無残にも殺されたのをこの目ではっきりと見た。 「禰󠄀豆子」 弟たちの奥から静かだがしっかりとした声が聞こえた。 顔をあげる禰󠄀豆子。 その瞬間、目からは大粒の涙が溢れだした。 「お、母さん……」 声が震える禰󠄀豆子。 そして、気付く。 「おねえちゃん」 母、葵枝と手を繋いでいる、一番小さな存在に。 「…六太」 自分の腕の中で死んでいった一番下の弟。 「みんな……なんで……」 禰󠄀豆子が信じられないという表情でいると、ふっと頭の上に優しく手が乗った。 「……禰󠄀豆子、今あなたの体は戻っている。 ゆっくりだけどね。 その間に、ここであなたの覚悟を決めなくてはならないの」 「…お母さん…何を言っているの?」 優しく撫でられていることに安心することはなかった。 それ程までに母の言葉は重く感じた。 「ここは禰󠄀豆子、あなたの意識の世界。 意識の世界に入れるのはその本人か、本人に干渉できる者たちだけ。 私たちはずっと見守ってきたわ。 禰󠄀豆子」 ぼたぼたと禰󠄀豆子の瞳からあふれでてくる涙を、弟たちが手を伸ばしてそれぞれ拭っていく。 「姉ちゃん。 姉ちゃんは目が覚めても、兄ちゃんのところに行くだろう?」 竹雄は禰󠄀豆子に笑顔を向ける。 「兄ちゃんのことをよろしく頼むよ。 姉ちゃん」 茂の言葉に 「お兄ちゃんはすぐに無茶しちゃうから。 お兄ちゃんをお願い。 お姉ちゃん」 花子の言葉。 「おねえちゃん……きをつけて…」 「…六太……みんな……」 禰󠄀豆子は無理矢理涙を止めて、やっと笑顔を向ける。 「禰󠄀豆子、覚悟は決めた様ね。 あなたのその力は必ず役に立つわ。 私たちが終わるまで、その力を禰󠄀豆子の身体に留めておくから」 最後に母が、禰󠄀豆子の額に自分の額をかさねる。 「大丈夫。 私たちはいつでもそばにいる」 それを最後に、家族に背中をおされる。 そんなに大きくない手が五つ、しっかりと禰󠄀豆子の背中に感触を残す。 禰󠄀豆子は押された方向にまっすぐに歩き出す。 何もないように見える白い空間だが、その先に目的の場所があるような気がして足を進める。 もう振り返ることはない。 「あとは、あの方々に任せましょう…きっと禰󠄀豆子を導いてくれる」 母、葵枝の声は願うようにその空間に消えていった。 [newpage] *** 禰󠄀豆子はどのくらい歩いたかは分からなかった。 前も後ろも右も左も真っ白いだけの空間。 進んでいるのか止まっているのかも分からない。 それでも最愛の家族が示してくれた方に歩き続けた。 「感心感心!! この空間を止まることもなく進んでいくとは! 実に感心だ!!」 後ろからのいきなりの声。 禰󠄀豆子はおもわず振り返る。 「君を待っていたぞ! 竈門妹よ!」 そこには派手な髪色をした鬼殺隊の剣士がいた。 炎を模した羽織を羽織っている。 「……煉獄さん…?」 「ほう! 鬼と時の意識はあるのか! 実に素晴らしいことだ!」 「なぜ………私の家族が此処に居るならわかります。 ですが、なぜあなたまで……あなたは…あなたの家族の元に………」 禰󠄀豆子は振るえる声でそれをつたえると、煉獄はにかっと笑った。 「ふむ! 俺の心配をしてくれるとは、竈門少年の言っていた様に、君はとても優しい子だな! だが、俺にも俺の役割があってここに来た!!」 「役割…」 とんっと禰󠄀豆子の額に煉獄の指が触れる。 まっすぐに額にあたる指。 そして、煉獄のまっすぐな視線。 禰󠄀豆子は逸らせなかった。 「君が鬼だった時の記憶は必ず役にたつ。 鬼の時に何を学び、何を吸収した? 考えろ」 「え……」 「集中」 キンと空気が張り詰めた。 その瞬間走馬灯のように、禰󠄀豆子の頭の中にこれまでのことが事細かに駆け巡る。 膝をつき、肩で息をしている。 「よし!! これで大丈夫だな!」 煉獄は禰󠄀豆子に手を貸してゆっくりと立たせて、肩に手を置く。 「君は大丈夫だ! 人間の時の優しさ。 鬼の時の強さ。 すべてを持っている。 それは君の助けにもなるし、君の兄、竈門少年の助けにもなるはずだ!」 煉獄は禰󠄀豆子を無理矢理回れ右して、背中を思いっきり叩いた。 「進め!! 竈門禰󠄀豆子よ!! 必ず勝負をつけてきてくれ!!」 背中を叩かれた禰󠄀豆子は勢いで二、三歩進むが、そのまま振り返らずに進み続けた。 五歩、十歩と歩いていくうちに、自分の進むべき場所が見えてきた。 「……大丈夫ですよ。 あなたの用いるすべてが、あなたの関わったすべてが、あなたの助けになるはずです」 つんっと背中をつつかれた感触があった。 「え」 その瞬間に視界の端に蝶が舞ったような感じがして視線を向けるが、何もない。 でも、確かにこの背中には『七人』の感触が残っている。 さぁ、この空間からの出口はすぐそこだ。 「待ってて、お兄ちゃん。 すぐに行くから」 [newpage] *** 「ぬぅ?…胡蝶、何をした?」 煉獄の隣にひらりと着地した蟲柱の胡蝶しのぶ。 「あら、煉獄さん。 ちょっとしたおまじないですよ」 「ほう」 「禰󠄀豆子ちゃんにここでのことを意識の薄い夢に思わせただけですよ。 戦いに集中してほしいですからね。 戦いが終わったら徐々に思い出してくれるはずです」 「なるほど!! 俺はそこまでは意識は回らなかったな!! よもやよもやだ!! 穴があったら入りたい!」 素直に自分を咎める煉獄にしのぶは軽く笑った。 「人間の時の禰󠄀豆子ちゃんとゆっくりお話ししてみたかったですが…きっとカナヲやアオイたちといい友人になってくれるはずですから、それはうちの子たちに任せましょう」 「そうだな! 俺の弟の千寿郎とも仲良くしてくれるはずだ!!」 そこで、しのぶはすっと刀を掴もうとして空を掴んだ。 「ああ……煉獄さん。 私はあの人のところに行かなければ」 「うむ! 竈門少年のご家族も二人を見守りに行ったであろう。 俺らも行こう。 戦いの結末を」.

次の