スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない。 国内線は何分前空港到着でギリセーフ?各社チェックイン締切検証!

これで安心!スカイマークの搭乗手続き方法まとめ

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

Contents• 自動チェックイン機の使用と流れ 自動チェックイン機の前に来たら、まず支払番号やQRコード、予約番号などを入力する画面が表示されます。 その後流れに沿って操作を完了したら、手荷物を預ける工程に移ります。 必要なものは搭乗券と手荷物タグで、この二つを持ってカウンターへ赴きましょう。 もし手荷物がなければ、そのまま搭乗券を受け取ります。 これら作業が完了したら、領収書の発行を行うか否かを選択します。 画面に大きく発行するしないの文字が表示されるので、希望のボタンをタッチして作業を完了しましょう。 後は、保安検査場を通り搭乗口へ向かって自動チェックイン完了です。 また、これら作業は出発20分前には済ませておきましょう。 いつトラブルが発生して、出発に間に合わなくなるかわかりません。 自動チェックイン機ではなくカウンターでの手続きが必要な場合 一部ケースにおいては、自動チェックイン機ではなくカウンターでの手続きが必要となります。 まずは、12歳未満の子供が単独で予約しているケースです。 また、予約をまだ完了していない方もカウンターで手続きを行います。 支払いがまだ完了していない場合も同様なので、該当する場合はカウンターを訪れましょう。 他にも、差額調整を必要としているケースや払い戻しがある場合などもカウンターでの手続きになります。 料金周りに関してはカウンターを頼ることも多くなるので、覚えておくと便利でしょう。 また、団体運賃を使ってスカイマークに搭乗される方もカウンターにて手続きを行います。 搭乗者数が9名以上でも同様なので、複数人で搭乗する場合は注意しましょう。 自動チェックイン機をラクラク済ませよう 基本的には、画面に同操作をしたら良いのか表示されている為迷わないはずです。 手続自体もそれほど多くなく、すぐ完了する為焦る必要はありません。 とにかく出発前20分前に済ませること、これだけは厳守しましょう。

次の

スカイマークのおすすめの座席はココ!座席指定の方法も解説!

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

現実的に書きますが。。。 間に合うことは間に合いますよ。 「普通に」という定義が難しいのですが、「慣れている人」なら普通に間に合う時間ですね。 スカイマークの場合、JALやANAのように事前にチェックインを済ませて直接保安検査場に向かうということが出来ません。 必ず、チェックインカウンターでチェックインすることが必要です。 そしてその際には、「航空引換証」もしくは決済したクレジットカードなどを提示して、搭乗券を受け取る必要があります。 そして、そのチェックインの締め切りは、出発時刻の20分前です。 第一ターミナル駅ということは、モノレールですから、駅に到着して15分以内にチェックインカウンターに到着してチェックインを済ませることが必要です。 単にチェックインカウンターに到着すればOKではありませんから、殆ど余裕はありません。 特にスカイマークのチェックインカウンターは、第一ターミナル駅から一番遠いところにありますから、どんなに急いでも5分はかかるでしょう。 また、チェックインできたとしても、スカイマークの推奨する15分前に搭乗ゲートに到着することは不可能です。 何故ならスカイマークの搭乗口は一番遠いところにあるか、バスでの移動になります。 バスに乗らなくても、一番遠い搭乗ゲートまでは保安検査場を通過してから最低でも5分、チェックインを済ませてからだと10分近くはかかります。 結構急ぎ足で移動しないと厳しいと思いますよ。 ^^; スカイマークの場合は、航空引換証か決済したクレジットカードなどを チェックインカウンターで提示して搭乗券を受け取らなければなりません。 羽田空港の場合チェックインの締切が20分前までです。 (参考) ですので、モノレールが空港ビルに到着して、第一ターミナルの 出発ロビーに移動し、チェックインを済ませるまでの余裕は 15分間しかありません。 さらにギリギリにチェックインできたとして、 出発まであと20分しかないわけですから 駆け足で保安検査場を通過してゲートに向かわなければなりません。

次の

国内線は何分前空港到着でギリセーフ?各社チェックイン締切検証!

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

初めてスカイマークを利用する方の中には、空港へ到着してからどのような手続きを行って搭乗口へ向かうか分からず不安な方も多いのではないでしょうか。 今回はスカイマークの搭乗手続きから搭乗までの流れをご紹介します。 当日は早めに家を出よう! 飛行機を利用するときに注意したいのが、移動中のトラブルです。 トラブルに巻き込まれないよう、公共交通機関の遅れなども考慮し、早めに家を出るよう心がけましょう。 目安として、1時間前には空港へ到着しておくと安心です。 また、ゴールデンウィークやお盆、年末年始は空港の混雑が予想されるので、時間に余裕を持って空港へ向かうと良いでしょう。 スカイマークの搭乗手続きの方法は2種類 搭乗手続きは、スカイマークの空港カウンターまたは自動チェックイン機で行えます。 受付時刻はどちらも 搭乗する飛行機の出発予定時刻の2時間前から出発20分前までです。 なお、羽田空港、新千歳空港、神戸空港、福岡空港は空港カウンターの営業時間開始からいつでも搭乗手続きを行えます。 便利な自動チェックイン機 搭乗手続きは、予約番号や照会番号を入力、またはQRコードをかざすことで搭乗券を発行できる自動チェックイン機のほうが便利です。 荷物を預ける場合は、搭乗券と手荷物タグが同時に発行されます。 預ける荷物がない場合は搭乗券のみ発行されます。 自動チェックイン機を利用することで、空港カウンターに並ぶこと無く、搭乗手続きができます。 また、自動チェックイン機では、領収書を発行できます。 荷物は早めに預ける 荷物を預ける場合、スカイマークの空港カウンターで手続きを行います。 空港カウンターで搭乗手続きを行った場合、そのまま荷物をスカイマークの空港スタッフへ預けます。 また、自動チェックイン機を使って搭乗手続きが完了した場合は、手荷物タグを持ってカウンターで荷物を預けます。 スカイマークの預け荷物については次の記事を参考にしてください 保安検査場を通過した後は、早めに搭乗口へ 搭乗手続き後は保安検査場で手荷物検査を受けます。 手荷物検査時に、危険物を持っている場合、飛行機に搭乗できません。 危険物だと認識しづらいペットボトルなどを機内に持ち込む場合などは特に注意が必要です。 また、ライターやガスボンベなど、一部機内に持ち込めない荷物が多数あります。 そのため、保安検査場に向かう前に、かばんやスーツケースの中身を確認しておくと良いでしょう。 保安検査場で機内に持ち込めない荷物があった場合、検査場にある廃棄箱に捨てなければならない場合があります。 保安検査場を通過した後は、 出発時刻の15分前までに搭乗口に集合しておく必要があります。 保安検査強化月間やお盆、お正月などの繁忙期は、保安検査場が特に混雑します。 搭乗手続き完了後は早めに保安検査場へ移動しましょう。 保安検査場については次の記事も参考にしてください 危険物については次の記事も参考にしてください 搭乗までの流れで気をつけたい点 スカイマークでは3歳未満の子どもと一緒に搭乗する場合、幼児搭乗券が必要です。 搭乗手続き時に空港カウンターなどにいるスカイマークの係員に伝える必要があります。 赤ちゃんと一緒に飛行機に搭乗する場合、優先案内やベビーカーの貸し出しのサービスを利用できます。 ベビーカーについては次の記事も参考にしてください さいごに 空港へ向かうときは、公共交通機関の遅れなども考慮し、1時間前までに空港に到着しておくと安心です。 スカイマークでは搭乗手続きを出発20分前までに済まし、15分前までに搭乗口へ向かう必要があります。 保安検査場では一部、機内に持ち込めない荷物があります。 検査場に向かう前に、かばんやスーツケースの中身をチェックしましょう。 保安検査場を通過した後は、いよいよ飛行機への搭乗です。 楽しいフライトを思う存分、楽しみましょう! 飛行機に初めて乗る場合や飛行機の乗り方に不安がある方は次の記事も参考にしてください スカイマークについては次の記事も参考にしてください 部屋数 1部屋目 大人 名 子供 名 宿泊時の 年齢を入力してください 子供1 歳 子供2 歳 子供3 歳 子供4 歳•

次の