コロナ ウイルス いつ 終息。 コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

コロナ収束時期はいつ?終息した国やその後の生き方はどうなるのか。今後の見通しなど

コロナ ウイルス いつ 終息

石井貴士さん、 投資家なので、医学の知識ではなく、 歴史や統計的な数字から今回のウイルス感染の終息を、 スペイン風邪と同じ感染拡大の形態を取る、としたスタンスで予測してます。 第一波が、武漢の感染、第二波が世界的なパンデミックで、それが終息したころ第三波が来ると予測しています。 時間的な経過は、 第二波が3月~9月で終息してすぐ 第三波が来て9月~翌年3月までで終息、というものです。 1928年(スペイン風邪の年)と今の人口や交通機関など人の移動スピードや範囲も相当違うので、微妙ですが、この動画、経済の変化についても語っていて、こちらは説得力あるし面白いですね。 「 大暴落時の地獄待ち」は凄い! このコロナ騒動で経済もピンチですが、石井さんのように、このような ピンチをチャンスだと見る、したたかな投資家もいます。 2、ビル・ゲイツの終息予測 ビル・ゲイツの名は誰でも知っていると思いますが、今のビル・ゲイツは奥さんと 医療財団を立ち上げ、 感染症の防止にも力を注いでいます。 ですから医学について、素人ではありません。 そのビル・ゲイツがTVニュースのインタビューに答えて「 6月頃に元通りになる(最低限の日常)」と楽観的な予測をしていますが、これはちょっと楽観的過ぎかもしれません。 元々経営者で発言に影響力のある人ですから、その辺を考慮して、 盛ってのポジティブ発言かも・・。 根本的に 感染を根絶するには、ワクチンが必要でその開発や普及で 18か月を要するだろうとの予測です。 こちらは真実味があります。 3、SARSの感染歴から予測 同じコロナウイルスの2003年に流行した「 SARS」の感染の経過から、今回の新型コロナウイルスの終息を予測するという情報が多いですね。 全く同じ性質ではないでしょうが、理にかなっているように思います。 SARSは感染拡大から 半年で終息しています。 そこから算出すると 夏ごろまでには終息(8月~9月)といったところでしょうか。 4.気温上昇による変化 気温や湿度の上昇が感染を抑制する、という見方もあります。 インフルエンザウイルスは、気温が上がれば感染が抑制されるというのは事実です。 SARSにしてもその傾向があったとの見方があるようです。 以上のようなことから、今回の新型コロナウイルスも 夏には終息に向かうという見解もあります。 しかし 「新型」でありデータはないので根拠のない予測の域は出ない予測です。 5、一般人の終息予想( niftyニュース、アンケート) 全く専門家でも何でもない普通の市民のアンケートですが、一番多いのが、「 来年1月以降」ですね。 「 終息することはない」と悲観的な人も1割います。 それはいくら何でもないと思いますが・・。 しかし、一般市民が「これは長期戦になるぞ」と覚悟してるいる人が多いってことですが、それは悪いことではないですね。

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ ウイルス いつ 終息

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の

新型コロナウイルスの日本国内の終息時期、3割が「来年以降」と予測|@DIME アットダイム

コロナ ウイルス いつ 終息

[画像のクリックで拡大表示] 3月13日の金曜日は、26歳のフィオナ・ローレンスタインさんにとって不運な日だった。 週末にかけて高熱が出て、咳が始まり、やがて息切れがして話しづらくなった。 病院に行って検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかったので、入院して酸素吸入が施された。 2日後には退院できるほどに回復したが、症状はそれで終わらなかった。 やがて激しい下痢が始まり、嗅覚を失い、喉の痛みと蕁麻疹(じんましん)に悩まされた。 なかでも厄介だったのは、最初の症状が出てから約1カ月後に現れた、強い疲労感と激しい頭痛だった。 言葉が出にくくなり、集中力を失い、話している途中で何を言おうとしていたのか忘れてしまうようになった。 「トラックにぶつけられたようなものでした」と彼女は振り返る。 「数日間はどうにか仕事をこなしていましたが、ある日、ついにベッドから出られなくなりました」 新型コロナウイルスに感染した人の中に、なぜローレンスタインさんのように発症から数週間から数カ月間も症状がぶり返す人がいるのかは、まだわかっていない。 症状が長期間続く患者は、一部のウイルスが体内にとどまる「持続感染」の状態にあるのかもしれない。 研究者たちは今、ウイルスの持続性、つまりウイルスが患者の体内に残る期間を明らかにしようとしている。 新型コロナウイルスの持続性を理解することは重要だ。 なぜなら、患者がウイルスを他人にうつす恐れのある期間や、患者を隔離するべき期間、あるいは再感染の可能性があるかどうかさえも、それで決まるからだ。 「ウイルスの持続性は厄介です」と、米国立がん研究所がん研究センターの上席研究員でエイズウイルス(HIV)の薬剤耐性を研究しているメアリー・カーニー氏は話す。 特に新型コロナウイルスについては、個人や臓器によってウイルスの持続性にどのような差があるのかがまだわかっていないと氏は言う。 新型コロナウイルスのゲノムは、DNAではなくRNAでできている。 C型肝炎ウイルスもRNAウイルスだが、持続感染により、最初の感染から数十年経ってから肝硬変や肝臓がんに進行することがある。 「持続感染が長期にわたる場合、その影響も長期的である可能性があります」とカーニー氏は言う。 新型コロナウイルスは発見から間もないため、長期的な持続感染の可能性やその影響はまだ明らかでないが、調査する必要がある。

次の