トンデモ 野党 と メディア の 非 常識。 自民の野党批判冊子 首相「見てない」 野党は抗議「大人げない」

石破茂が激怒 自民党本部が全議員に“ネトウヨ本”を配布

トンデモ 野党 と メディア の 非 常識

2019年6月26日 水 野党攻撃冊子 自民が配布 身内からも「品性欠く」「こんなもの誰が読む」 自民党本部が野党やメディアを「乱心」「偏向」などと攻撃する冊子を参院選対策として所属国会議員に配布しています。 これには、党内からも批判が出ています。 冊子の名前は『フェイク情報が蝕(むしば)むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識』。 挿絵に描かれた日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表とおぼしき人物たちは、よだれを垂らしたり、犬のような姿で青筋を立てるなど下品極まりない描写です。 「朝日」や「東京」、「沖縄タイムス」などに対しては「フェイクこそが本流のメディア」などと攻撃。 その一方で安倍政権の実績を延々と強調しています。 沖縄2紙をはじめ世論の批判が高まっています。 自民党本部は11日付で各議員事務所に1人25冊と大量に送付。 通知では「関係者と共有し、参院選に向けた演説資料としてご活用ください」としています。 冊子を受け取ったある党関係者は「品性に欠けている」と批判。 別の関係者は「ゴミ捨て場に山のように捨ててある。 こんなもの誰が読むのか」と嘆きます。 報道によると、同党の加藤勝信総務会長は「(本の)中身は読んでいない。 どういう趣旨で配られたか承知していない」(21日、記者会見)と述べましたが、極めて無責任な対応です。 編集・発行は「テラスプレス」で、インターネットサイト「terracePRESS」に掲載された記事を加筆修正してまとめたとしますが、同サイトにも執筆者や運営主体の記載はなく、実態は不明です。

次の

過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性|日刊ゲンダイDIGITAL

トンデモ 野党 と メディア の 非 常識

自民党が謎の冊子を配付 頂きました。 後で読もう。 この冊子は『テラスプレス』というサイトに掲載された記事を加筆修正してまとめたもので、全142ページのものだといいます。 配付の目的は、自民党本部が自民党議員の参院選に向けた演説の参考資料や支援者への配布用として配られたそうです。 また自民党本部は、日刊ゲンダイに「ニュースサイト『テラスプレス』の許可を得て、参考資料として配布した」とコメントしたとか。 確かにタッチがそっくりだなぁ テラスプレスのサイトにはイラストは無いので冊子にするときに加えられたのだろうけど、この絵師がどなたかわからんのだろうか? — 田頭 悟 den0728 アフリカ出張のあいだに妙な本が届いていました。 数ページ読みましたが、とても活用できるようなものではありません。 わが党を応援する意図をお持ちなのかもしれませんが、ひいきの引き倒しもいいところです。 しかも10冊余りも。 扱いに困ります。 サイトを見てみると、平均して2、3日に1記事くらいのペースで更新されていますが、時には1日に2記事更新されることもあるようです。 もっとも古い記事は 2018年の7月13日「」というもので、アベノミクスを賞賛する内容の記事。 サイト全体の記事傾向としては、主に野党を攻撃し、自民党・安倍政権を擁護する内容で、同じ自民でも主流派ではない石破茂などは攻撃されることもあるようです。 しかし『テラスプレス』が奇妙なのは、広告がまったくなく、つまり目に見える形で収益に繋げるようなことをしていないこと。 さらには検索避けの「noindex」タグは仕込まれており、そのことで検索しても出てこないようにされています。 そして運営情報がまったく記載されておらず、問い合わせもできないようになっています。 こうしたことからネットメディアの「BUZZAP! 」は『テラスプレス』について、「冊子は情報サイトの記事から作ったもので自民党本部の見解ではない」とする責任回避のためのものなのではないか、と推測しています。 つまり最初から冊子ありきで作られたサイトだいう仮説です。 その仮説が正しいなら、『テラスプレス』運営者に入る収益は、自民党から流れている可能性すらあることになります。 テラスプレスのサイト・ホームページを見るには? 下記のリンクからサイト『テラスプレス』は見ることができます。

次の

過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性|日刊ゲンダイDIGITAL

トンデモ 野党 と メディア の 非 常識

記事はテラスプレスのものとほぼ同じであり、野党党首をバカにしたような顔漫画をそえて、一冊にまとめている。 TBS「ニュース23」の党首討論でこの冊子の件が取り上げられ、キャスターが「立憲民主枝野代表の無責任を嗤う」と書かれていることを示して考えを求めた時、安倍首相は「党本部でいろいろな冊子を配っていますが、 いちいち見ていない」と断ったうえでこう言った。 「 無責任といえば無責任だと思いますよ。 統一候補を選んでいるにもかかわらず、共産党は自衛隊違憲だと言い、立憲の枝野さんは合憲だといっている」。 いつもの話のすり替えだが、安倍首相のこの言いぶりから、 冊子が配られていることはもちろん、 野党批判の中身についても知っていることがうかがえる。 ところで、「テラスプレス」なるサイトが奇妙なのは、その名で検索してもページが出てこないことだ。 つまり運営者は アクセス数にまったく興味がないようなのである。 その点では、映画に描かれたような ネットによる情報操作とは多少、 趣が異なる。 運営主体や執筆者は不明だが、昨年7月以来150本近くも記事が投稿されており、 内容は安倍応援団そのものであっても、文章は分かりやすい。 いわば新聞記者が書いたような感じである。 他に、はっきりしていることがある。 同じ自民党なのに、 石破茂氏には敵対的なのだ。 このサイトへの投稿が始まったのは昨年7月13日ごろだが、8月6日の記事では、総裁選への出馬意向を固めた石破氏について、加計学園問題とからめ「 獣医師の既得権益を守るために動いた」 と批判している。 総裁選を安倍氏が有利に戦えるように意図した記事であるのは明白だ。 だから、 口が裂けても自民党本部がからんでいるとは言えないだろう。 あえて運営主体をわからないようにし、当然、連絡もとれないようにしている。 この奇怪なサイトの正体は何者なのか。 その点、 総裁選で内閣情報調査室が安倍氏のために活動していたという情報があるのは、気になるところだ。 総裁選から遡ること5ヶ月前、内調スパイたちは石破氏に関する情報収集に動き出していた。 (今井良著『内閣情報調査室』より).

次の