艦 これ ニコニコ。 艦隊これくしょん

MMD艦これとは (エムエムディーカンコレとは) [単語記事]

艦 これ ニコニコ

) これが概要だ、よろしく頼むぞ をとした露出の多い着衣と、長い、を模した巨大なパックが特徴。 リートのような引き締まったと、グーな部分が共存したもびっくりの ワガボディ。 露出が多い装をしているが、大破姿は恥ずかしそうに身を捩って隠す。 そのでスな見たに、一部がマニンなどと叫ぶ。 反論 とした軍人然とした立ち振る舞いも特徴。 何事にも動じない性格付けと言える。 逆に言えば感情の起伏が少なく、含蓄あるのといった印。 また、資料が多いからか史実も多く、知っていればとするを喋ってくれる。 意外なとしてによる戦意高揚する効果が高い。 同じく「大好き(高揚効果が高い)」なたちと近しい味覚を持っているのだろうか。 またでの展開で勢では一に類が並ばない・・・おそらく、開戦時の聯合艦隊の長官であったは大の、且つ下戸であるため、ののと合わせてそれがとなっているのではないかとも言われている。 内ではのを付けられた。 そのは高く、建造のは論、も高域の限定となり取得機会が少ない。 稼働当初は撃・対・防御がとともにだった。 は(なら・もを上回る)にその座を譲っているが、は更に希少性が高い(のみで入手可)上に運用がべらぼうに高い(なんとの2倍以上! )、は装に(5)が要される、は現状での限定のため、通常の艦隊戦としてはが依然として現状である。 但し多くのの例に漏れず「低速」扱いであり、「高速」の艦とべて回避が劣るとされている。 また、消費する燃料・もあのをぐ悪さ。 2盛りあたりの燃料・消費量はが15・15なのに対しは20・(ちなみには ・)である。 を食わない分悪評は少ないが、実際運用すると遠征を軽視したを覚せてくれる。 ではが登場しない場合、がの管理やの揮を取っている事が多く、前線よりも執務室で命している場面が多々見られる。 これはは他のに対して時には厳しい示ができそうな事や常に面なだから抜されやすい。 では上の官の立場になっている。 この改二は・・・うむ、さらに強くなるな! の「」終了後に伴うでが。 図鑑ーは。 としてだけでなく である氏のとしても初のとなった。 装は一番艦らしく堂々の 「」 装設計図が要されるだけでなく、必要資も 「00・鋼材00」とこれまでの最大である。 終了直後のだったため、要される資材に装を断念しているも少なくない模様・・・ 面ではそれまで素肌を出していた姿の上にいナー込みの船体をにしたコートを身に着けており旗艦らしい精悍な表情を見せる。 装も上部の連装から初期装備である試製三連装に換装し と同様のに 、副も14単装から長10になり、上部に対機も追加された。 また同時された港 「聯合艦隊旗艦」はこの長門改二のであり、双方が相まって非常に勇壮である。 待望だったも追加され、訓練やに明け暮れへの対抗意識も見られる概ねの艦隊旗艦らしい発言が多い・・・というか正しく「のの艦隊勤務」そのままである。 そして、相変わらずのは健在。 改装されたこの長門、まだまだ新入り達には負けないさ は前の諸による予想「級以上、未満」の通りで部分部分で を上回るであり、も・のに次ぐ。 当然ながら消費燃費・も相応に悪化する(の8割程度)。 また、運の上限値がに次ぐ「 」まで上昇。 艦としてはとなった 初期値は ただしはしてもには届かず99で頭打ちになる。 細かい変化としての搭載が3番のみ6機搭載可になっており、による制権補助・なしの制権確保でもできる だけのとして「 すべての大発動艇やの径や高が装備可」という後述の「」を彷彿とさせる特徴が付いた。 論だけではなく、前者の大発動艇はのの際に鎮湾で中だったが急遽を満載して湾にした際の故事や戦中におけるとしての任務(これはも実施している)のとえる。 更に換装のも変更され、低速としてはと同様に「最速」まで持っていけるようになった。 やったね!これでも追いかけられるよ ・・・もとい、元のが列強えの「」 ではない攻撃・防御・速を兼ね備えたの意味 として生まれた出自からも総じて本来の一番艦と聯合艦隊旗艦を彷彿させる姿になったとえる。 ちなみにその若い頃?のをした屈曲煙突時代のもしずま氏によって書き下ろされており、後述の商品及びで立体化されている。 通称「」 ここまで書くと史実とのを拾っただけのお遊び要素にしか見えないが、「大発が装備できる」というのは何気に、内の戦略でも極めて重要な特徴になり得る。 昨今のどころか通常域でも常連化しつつある系だが、従来の三式弾やWG42などの対地兵装に加え、大発系の上陸艇系も特効装備として重要。 どれか一つ装備していればいいというものではなく、複数種の併用によって物によっては倍々の効果を発揮し、がの撃でを出す状態になる事すらある。 ところが、既存のはこの手の装備は三式弾しか装備できない(がWG42と三式弾を併用できる程度)ため、対地に限ってはWG42+大発系複数種が併用できる一部のに逆転されてしまっていた。 しかし長門改二は従来の三式弾に加えて大発系統を全て装備できるため、特化するにはの弾着観測射撃などとトレードにはなるものの、高威の対地攻撃ができるようになったのだ。 ので 特殊攻撃【一斉射かッ…胸が熱いな!】が。 の時のそのままである冗談のような名前なんだが「としての正式名称」である。 先の初で加入したの「 」同様の条件による複数標への攻撃でありその発動条件が• 一番艦 旗艦 に長門改二を配置する• 二番艦に ・でも可 を配置する• 艦隊にを入れないこと• 梯形を選択 以上の条件を満たすことで発動し、一番艦 即ち長門改二 の専用と二番艦との特殊後に 3回の撃を実施 弾着観測射撃と違い、制権喪失でも発動が確認されている 一回の攻撃が通常時の1. 4倍強ので込まれるのだが前述の条件の通り梯形による発動のため、1. 4倍以上とはいえ基礎がかなり落ちており、有効にするには及び二番艦の装備の修や発動させるも重要になる。 この辺りは「 」と同様だが、あちらは複縦のため低下のがこちら程ではない代わりに特殊攻撃発動時の倍率が落ちる。 一方でとの関係を見ると、4人を編成できるのはこちらのである。 非常に編成になり、使えるも限られるが大きなであることに間違いはない。 また、 の編成条件の関係で運用の常套手段である隊列後方での運用ができるのもこちらだけ。 さらにとして1人がいさえすれば制権を投げ捨てていても発動ができるので、編成制限の厳しい域でも高の三連撃を繰り出せる点もとして挙げられるだろう。 なお、現時点 19年 では他のに対して・を二番艦にする事で更なる倍率向上 約1. 6倍強 がある。 つまるところ、この攻撃の肝としては 梯形に与えられた撃の下降補正に対して 特殊攻撃自体の補正をこれでもかというくらい積み上げる点にある。 較対となる は「発動を狙うで制権を取りつつを編成してなおかつ固定要件も満たす」という条件を潜り抜けるとがになってしまうといった状況や、艦種自体はが乗る構成だがが破してしまったといった状況から結果的にが低下してしまうことも多い。 利点としてはがの高い一人が固定で、中破未満である自分の2発+の1発といった構成から破による低下を受けるが低くが乗りやすい点も特徴として挙げられるだろう。 また、も後方にすることで撃戦の2巡、共に殲滅を維持することができる。 と、言えば聞こえはいいのだが・・・形補正は当然それ以外の攻撃にもかかる。 他の撃艦への影は視できるものではなく、などの状況次第では との較どころか特殊攻撃を狙わずにそのまま 単縦を取った場合ですら較対となり、その結果 総合的に見て殲滅で負けることも往々にしてある。 そう言った事情もあり、それほど積極的に採用される戦法ではなかった。 なかったのだが・・・ 18年末からにかけたイベ『』においてでもこの特殊攻撃を発動できるようになった。 において設定された発動用の形は 第二警航行序列(前方警)つまり、 と同じ撃に補正のかからない形である。 これはどういうことかというと、 梯形の大きな低下補正に合わせて設定された 以上の上昇倍率を と同じ形補正からぶっ放せるということである。 二番艦をにしてを搭載し、補正が付く高性の電探を装備しようものなら をしてもう一隻もついでに葬り去ることすら可である。 運が良ければ三枚抜きしたところから自艦隊の行動順が繰り上がった長射程艦が動き始めるため、決まればそれだけで敵艦隊を封殺し得る狂ったを出せるようになったのだ。 の再来である。 これにより、て多くの艦隊で旗艦に返り咲いたようである。 ただし同じ艦隊にが採用されることはまずなくなってしまったが。 発動時にはも専用グラになる 補正がより増加するとしても追加され、通常域においても切り札として充分できるようになった。 ただし、 発動するとそのの長門改二と二番艦の消費が1. 5倍になるので戦で使うなら気にならないが、中で使うと残量によるペナルが発生するため長丁場の末の戦では不利になり兼ねないので発動には充分留意したい。 あまり「ながもん」には触れないでもらいたいものだな とした立ち振る舞いやの度胸など、璧な印を与える。 しかし、の間では「 ではとかを視してばっかり狙う(気がする)」ことや「 実は以外はからっきしの」、更に前述の話に絡めて「 のではあるが嗜好や心根がっぽい」 …等のが増え始め、一定の支持を得ている模様。 いわゆるの芽である。 これについては にのであったこと、民の徴として知られていたが万が一にも沈むことがないようにとのような扱いであったこと、そして才を発揮させてもらえぬまま役割を終えたことへの側が考えたであるという見方もできる。 何より小さい子達と邪気に付き合えるは かわいいと思います。 最近ではに近い性格である「(ながと)」との 「()」とで区別している模様。 こういった な像を嫌うへの配慮であろう。 のを描いた「とあるの一日」では、が勃発し大喧が始まったたちを一、場を収める頼もしい一面を見せた。 …かと思えば、騒動の元になった「 九一式」を一つ食べるや否やたちまち虜になってしまい「これはどこで売っているんだ?」と問い質す場面も描かれた。 でものを知らないのにを集めてやろうとしたり、などではに恥ずかしがっているなどの影も見られる。 のはどちらもな対応を見せているので余計に際立つ。 くっ…公式もなかなかやるな…! No. 一番艦 誇りあるの。 からのをに奪われがちでちょっと対抗心が。 『』第1巻 な紹介!より まさかこんなを拾うとはも思わなかった。 達はの姿がで見られるとは思ってなかったのである。 8話 をした際にたちを驚かせるのに失敗してに気を遣われた。 (本人く「 すまない・・・こういったことは苦手なのだ・・・!」) は一番怖いと評判だったのにどこで差がついたのか• 10話 がに着任した時、にを振る舞って好評を博す姿に「でを釣るのはズルくないか!」と。 10話 当のから「私は秘匿扱いでGF旗艦として民からだったのは」とフォローされても、「でもその後にやになる機会が多いのはじゃないかー!」と叫んでた。 しかしやっぱり気のに。 にり合うのを止めようと嗜められている。 18話 にが配備され装を外してだらける達を一するも、によってから漏れる温かいを送られてしたつにもぐりこんでしまう。 24話 間の寒中、と一緒に。 (・「が増えてるーーー!!」)• (話)皆でお様をやる時に「 お内裏様とお様は かな?」と言われ拗ねる。 に親王飾りを用意してもらってニッコリ。 ……と、 好きかつっぽい性格は半化した模様。 なお、これらは ないし半の範疇で、 人によっては不快感を持たれるので 時と場所と場合を考えて使うのが望ましい。 守られなかった場合、としてから出されます。 それでいて26. 5ノット(史実によると更に高速で航行可)という機動も持ち合わせ、通りの走攻守のったの「()の」として、軍条約の締結の遠因となったといわれている。 結果、艦「」と共に「軍3位の 」を徴する艦であった。 余談だが、この「口径連装」の重量は一基で0程度。 はこれを4基積んでいる。 つまり、前後のを左右片手づつに持ってにしているような状態である。 換算するととしては色々齬が出るのだが、のパワさを現す一例と言えるだろう。 4年に 魔を受け、機系統の出据え置き+重装甲化しながらノットが出るというバと化す。 しかしに突入すると、最大のである重油不足が を除く 他のと同様ににも祟り、一部の大規模戦を除いて不遇な内地生活を余儀なくされる。 結果、艦の爆沈をの前で見届けることとなった。 その後、にて防艦という名で下港にされたままとなり、どの高や機を降ろされる。 襲による損傷も資材不足によりできず、残な姿となりを迎えた。 はに接収され、そしてに……即ちの標的とされる。 第一の際には投下されたが遠方に逸れ、爆心1. 5km地点での被弾による表面融解のみで済んだ。 第二の際は部にを開けられた上に用の機まで搭載され、爆心から0mほどの地点で被弾した。 にもかかわらず、5度傾斜するのみで沈まず耐えたとされる。 しかし4日後、は人知れずの間に沈没。 環礁の底で一解体されていないとして眠っている。 なお、このには「」等も標的となっており、敵味方問わずあらゆる意味で「」の時代のひとつのにあたる出来事であったといえる。 の記事と被ってしまうが、の旗と旗は「」に登場し、氏の浄財によりに寄付されている。 同艦であるの、、錨、旗掲揚棹なども屋外展示されているため、で史実のにを持ったにとっては来訪する価値のある見学スポットであろう 上期時点、旗は保管状態の悪化により非開になっており修復了はである 待ちに待った動画か。 胸が熱いな。 の生涯をる。 前後編会わせて分えなのでご視聴は計画的に・・・ 少し、静画も必要だな ながもん MMDモデル MMDモデル(ニコニ立体) 新たな商品が入荷したようだ。 楽しみだな なんと、とのの第1弾として登場である。 なお、自体は上記のものと同じ模様。 それから、 本品には同梱されておりません。 応援団か ありがたい。 皆となら奴とも戦えるな 第一戦隊、出撃するぞ!•

次の

艦COREとは (カンコアとは) [単語記事]

艦 これ ニコニコ

艦CORE、またはARMORED艦COREとは、との作品に付けられるである。 概要 や、あるいはの題材として、とを組み合わせたもの。 かねてよりにおいてはやに代表されるようなのは多くあり、同じくのであるとの性は非常に高い。 没に1もいるし。 また、にもFの艦隊および旗艦 兼本社のンスや、など艦要素はあるので、このあたりのもいずれ登場するかもしれない。 尚、このが付いている作品(特にや)はえてしてカタか粒子により汚染されたであることが多く、高でも付いている。 というか、やが重度の患者であることが多い。 なお、『を開発している「」の親会社「」が、を開発している「」を化する』というがなされた。 つまり、の双方ともにのが作る、という状況になったということ。 両ともにしているたちの間からは、これからのなどに期待するも挙がった。 ACシリーズと帝国海軍 ここだけの話、初代における・製の名前のは、実はのだったりする。 なので、カタは現時点でされているといないとに関わらず、該当する艦とと機体を題材にしてみるのも悪くないのではないだろうか。 の艦 での扱い 状況 (内は時期) (5番艦) 製のベーシック。 軽装という設定だが、におけるス機のな硬さで有名。 その性質上機動性と隠密性を重視しており、でその素性を示す物はされている。 とという、典的な二脚の標準アセン。 そのはどこか者を思わせるが、某のそれとは異なり推進機ではない。 射撃武装もさることながら、その打撃の威は侮れない。 脚部先端に球形の動輪を備え、自在な移動が可。 では初の呼び出しをやってくる敵がこれ。 程輪は巨大ではないが、が高速でを取りながらや機を撃つ図は、。 その性質上、単体でのは高くはい。 としては較的大で、設定上はのも用いられている。 すでにはよく見られる。 &電(製)• (ジェネレータ)• (初代、、など)• (開発段階で没になった)• (初代及びAに登場する)• (におけるKE頭 l. (上述の製及び、に登場する軽量二脚脚部)• (の、及びにおけるオータ、の本名)• (装様式がに近いため武装が肥大化する傾向にある。 では実際に大化した)• とはいの、軍機ではあるがその扱いは間の迎撃用の闘機であり、残念ながら艦上機ではない。 したがって、そもそも間に戦が発生しないのではされてもあまり意味はないのだが、へのは的と思われる。 更に言えば、同様の事は十分にになるを秘めている(こちらも局戦)にも言える。 更に ここに「」を混ぜることで「霧のARMORED艦CORE」となる。 とやのっぷりがうと混ざってしまうようだ。 化したとか。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の

不知火(艦これ)とは (シラヌイとは) [単語記事]

艦 これ ニコニコ

艦CORE、またはARMORED艦COREとは、との作品に付けられるである。 概要 や、あるいはの題材として、とを組み合わせたもの。 かねてよりにおいてはやに代表されるようなのは多くあり、同じくのであるとの性は非常に高い。 没に1もいるし。 また、にもFの艦隊および旗艦 兼本社のンスや、など艦要素はあるので、このあたりのもいずれ登場するかもしれない。 尚、このが付いている作品(特にや)はえてしてカタか粒子により汚染されたであることが多く、高でも付いている。 というか、やが重度の患者であることが多い。 なお、『を開発している「」の親会社「」が、を開発している「」を化する』というがなされた。 つまり、の双方ともにのが作る、という状況になったということ。 両ともにしているたちの間からは、これからのなどに期待するも挙がった。 ACシリーズと帝国海軍 ここだけの話、初代における・製の名前のは、実はのだったりする。 なので、カタは現時点でされているといないとに関わらず、該当する艦とと機体を題材にしてみるのも悪くないのではないだろうか。 の艦 での扱い 状況 (内は時期) (5番艦) 製のベーシック。 軽装という設定だが、におけるス機のな硬さで有名。 その性質上機動性と隠密性を重視しており、でその素性を示す物はされている。 とという、典的な二脚の標準アセン。 そのはどこか者を思わせるが、某のそれとは異なり推進機ではない。 射撃武装もさることながら、その打撃の威は侮れない。 脚部先端に球形の動輪を備え、自在な移動が可。 では初の呼び出しをやってくる敵がこれ。 程輪は巨大ではないが、が高速でを取りながらや機を撃つ図は、。 その性質上、単体でのは高くはい。 としては較的大で、設定上はのも用いられている。 すでにはよく見られる。 &電(製)• (ジェネレータ)• (初代、、など)• (開発段階で没になった)• (初代及びAに登場する)• (におけるKE頭 l. (上述の製及び、に登場する軽量二脚脚部)• (の、及びにおけるオータ、の本名)• (装様式がに近いため武装が肥大化する傾向にある。 では実際に大化した)• とはいの、軍機ではあるがその扱いは間の迎撃用の闘機であり、残念ながら艦上機ではない。 したがって、そもそも間に戦が発生しないのではされてもあまり意味はないのだが、へのは的と思われる。 更に言えば、同様の事は十分にになるを秘めている(こちらも局戦)にも言える。 更に ここに「」を混ぜることで「霧のARMORED艦CORE」となる。 とやのっぷりがうと混ざってしまうようだ。 化したとか。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の