神奈川 放射線科。 放射線治療科 スタッフ紹介 | 神奈川県立がんセンター

小田原市

神奈川 放射線科

放射線科の業務 放射線科の仕事は、大きく診断と治療に分かれます。 放射線診断は、画像診断とも呼ばれ、X線を使った単純X線撮影、CT検査、透視・造影検査や放射性同位元素を用いた核医学検査から得られる画像だけでなく、放射線を使わない超音波検査(US)やMRI検査での画像を総合的に判断し、放射線診断専門医が病気の診断を行います。 画像診断に用いられる検査法には、それぞれ長所と短所があり、知りたい目的によって検査法を選択する、あるいはいくつかの検査法を組み合わせて病気の診断を進めます。 放射線治療は、主にがんの治療として行われ、外科手術、化学療法とともに小児がんの集学的治療の一翼として大きな役割を担っています。 放射線治療装置を備え、放射線治療専門医が診療科からの質問・相談に対して専門的な助言をするとともに、治療計画や実際の治療を行っています。 電子化された画像データは、PACSと呼ばれる画像保存通信システムに保存され、病院内の様々な場所(診察室や病棟、読影室など)で閲覧可能で、迅速に診療に用いられます。 放射線診断医はこの画像データをもとに診断報告書を作成し、その内容も電子データとして保管され、必要な場所で閲覧されます。 画像の読影、報告書作成は放射線診断医の主な仕事の一つですが、検査の適応や、目的に合わせた適切な検査法の選択について主治医や担当医と協議したり、適切に必要な検査が行えるよう放射線技師と協力して、「最小の侵襲で最大の情報を得る」をモットーに、チーム医療の一員として迅速な診療に寄与できるよう対応しています。 また、定期的あるいは臨時に行う他科医師とのカンファレンスも重要な業務です。 画像診断、放射線治療ともに院内からの依頼を原則としていますが、院外からの相談症例に対しても可能な限り対応しています。 画像検査について 病気の診断のために行われる画像検査には様々な種類があります。 X線を使った検査(単純X線撮影-レントゲン撮影-、CT検査、透視・造影検査、心臓カテーテル・血管造影検査)、放射性同位元素を用いた核医学検査(RI検査)、放射線被ばくを伴わない検査(超音波検査、MRI検査)に大きく分類されます。 これら各検査法には、それぞれ長所・短所があり、得られる情報にも違いがあります。 そのため、知りたい情報を得るために適した検査法を選択し、診断に役立てています。 CT検査やMRI検査、RI検査などの特殊検査は、画像から得られる情報が多いですが、検査中に動かずにじっとしている必要があるため、小さなお子さんの場合には薬を使って眠った状態で検査を行うことがしばしばあります。 正確な診断のために必要なことですが、できるだけ薬を使わないで検査が行えるように、検査中の固定の工夫や、音楽を聴いたりDVDの映像を見たりするなどの工夫をしています。 超音波検査は、多少の動きがあっても検査を行うことができ、放射線被ばくのない有用な検査法です。 ただし、泣いて暴れてしまう状態では他の検査と同じく適切に診断することは難しいため、検査の目的によっては1-2歳の小さなお子さんは眠った状態で行うことが必要な場合があります。 ご両親と一緒にDVDを見ながら検査をするなどの工夫で、できるだけお子さんへの侵襲が少ない状態で検査ができるようにしています。 検査のための被ばくは、病気の診断や治療に欠かせないものですが、できるだけ少ない被ばくで診断に必要な情報を得るよう、放射線科医師・放射線技術科技師は常に努力しています。 CT撮影装置 超音波検査室 MRI撮影室 検査室や撮影装置には、子供たちの不安が 少なくなるよう、明るく楽しい雰囲気にしています。 アンパンマンなどのDVDを見ながら検査を受けるなどの工夫もしています。 眠った状態で検査を行う場合は、安全に検査が できるように、モニターでの観察などを行います.

次の

小田原市

神奈川 放射線科

放射線腫瘍科は、いろいろな腫瘍に対する放射線治療を担当している診療科です。 肺がんは、放射線治療を施行するがんの中で、最も多い腫瘍の一つです。 肺がんを治すには、手術・抗がん剤とうまく組み合わせた、個々の患者さんに最も適した集学的治療が必要です。 呼吸器グループでは、毎週キャンサーボードを行い、活発に意見を出し合い、ときに意見の対立をみることもありますが、十分に討論して患者さんの治療方針を検討しています。 私たちも肺がんの放射線治療のプロとして積極的に意見を述べています。 最近の放射線治療の進歩、とくに機器の高精度化にはめざましいものがあります。 当科でも、肺腫瘍に対する定位放射線治療(SRT)や前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)などの高精度放射線治療を行っています。 平成25年11月に開院した新病院には4台の放射線治療装置が設置され、平成26年4月からは全リニアックがフル稼働します。 将来は5台体制で高精度放射線治療を行う予定です。 神奈川県のみならず日本でも最大規模の放射線治療施設となります。 また、平成27年度には重粒子線治療施設i-ROCK(Ion-beam Radiation Oncology Center in Kanagawa)での重粒子線治療を開始します。 がんセンター併設型の重粒子線治療施設は、世界で唯一です。 このような大規模な施設になればなるほど、安全で正確な治療が要求されます。 そのためには、放射線腫瘍医、医学物理士、放射線治療技師、看護師、事務員など放射線治療に携わるすべての職種のものが、目標を同じくしてチーム医療体制をとることが必要です。 私たちは、日々、患者さんの声を聞きながら、よりよい医療を提供できるよう努力しています。 最高の放射線治療施設をめざして。 (3)肺がんの標準的治療を示すガイドライン作成を担う 肺がんの治療は、放射線治療だけでなく手術や抗がん剤治療、それぞれを組み合わせた集学的治療と多岐にわたります。 また、肺がんの進行度(病期)や病理所見(小細胞癌か非小細胞癌か、非小細胞肺癌のなかでも扁平上皮癌か非扁平上皮癌か)などのがんの状態や、治療を受ける患者さんの状態(全身状態や合併症など)によって、治療方針が決まります。 現在、多くのがんで標準的治療を示すガイドラインが示されています。 私たちは、日本肺癌学会の肺癌診療ガイドラインの作成委員(中山)・作成協力委員(野中)として、放射線治療や集学的治療の標準的な方法を、日本を代表する医師たちと検討しており、日々、最新の情報を得ながらガイドライン作りと日常臨床に生かしています。

次の

放射線科<診療科のご案内 | 神奈川県立足柄上病院

神奈川 放射線科

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医 井上 優介 主任教授 画像診断• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 日本核医学会核医学専門医• PET核医学認定医• 臨床研修指導医 原留 弘樹 教授 (新世紀医療開発センター) 画像診断、MRI 特に肝 胆 膵領域• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 臨床研修指導医 浮洲 龍太郎 准教授 診断主任 画像診断 特に頭頸部・脳神経• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• PET核医学認定医• 検診マンモグラフィ読影認定医師• 臨床研修指導医 松永 敬二 診療准教授 IVR主任 画像診断、IVR 特に消化器領域• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 日本IVR学会専門医 ウッドハムス 玲子 講師 画像診断、IVR 特に乳腺画像診断• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 検診マンモグラフィ読影認定医師• 日本IVR学会専門医• 日本脈管学会脈管専門医• 腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医 藤井 馨 診療講師 画像診断、IVR• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 日本IVR学会専門医 大塚 亜沙未 助教(研究員) 画像診断• 日本医学放射線学会放射線診断専門医• 検診マンモグラフィ読影認定医師 島田 理恵 助教(研究員) 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医 猪狩 知美 助教(病棟医) 画像診断、IVR• 検診マンモグラフィ読影認定医師 岩﨑 莉瑛 助教(病棟医) 画像診断、IVR• 三井 康平 助教(病棟医) 画像診断、IVR• 安達 みずほ 助教(病棟医) 画像診断、IVR• 清水 宏一 助教(病棟医) 画像診断、IVR• 日本医学放射線学会放射線科専門医.

次の