イッテq初期。 イッテQ!やらせ疑惑で、なぜ日テレが初期対応を誤ったのか?

激変!『イッテQ!』など「路線変更」で生き残った人気番組たち

イッテq初期

5月26日、NEWSの手越祐也の芸能活動自粛が発表された。 手越は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令中の4月下旬に、都内の飲食での飲み会をする様子が『週刊文春』 文藝春秋 に報じられ、所属のジャニーズ事務所も一部の事実を認めていた。 しかし、報道後の23日にも飲み会をしていたと、ニュースサイト「文春オンライン」 同 で続報が出てしまったため、事務所が事態を重く見て、謹慎を言い渡した形だろう。 これを受け、手越がレギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ! 』 日本テレビ系 には、当面の間、出演を見合わせる。 さらに一部のネット上で「『イッテQ』出演者の不祥事の多さは指摘する声もある。 「『イッテQ』は、出演者が次々と不幸に見舞われることで知られています。 初期にレギュラーを務めていたオセロは、中島知子が洗脳騒動で番組から消えてしまいました。 また相方の松嶋尚美も、第二子出産と育児を名目に番組からフェードアウト。 のちにコンビは解散に至っています。 そして、宮川大輔による人気コーナー『世界で一番盛り上がるのは何祭り? さらにロケ中に、ANZEN漫才みやぞんが骨折、フォーリンラブーのバービーがアキレス腱を断裂する事故も発生しています」 芸能ライター 『イッテQ』はロケ主体の番組であり事故リスクが他番組より高く、さらに人気タレントが多く出演し、長く続いていることから出演者のスキャンダルが生ずる確率もほかの番組に比べれば多いと見ることは出来るだろう。 ただ、あまりにも不祥事が多すぎるのは否めない。 やらせ問題を乗り越え番組は何とか存続したが、今度こそ本当のピンチを迎える可能性もありそうだ。 外部サイト.

次の

内村光良、不祥事続きの『イッテQ』10月降板へ……後任MCには出川哲朗がガチで急浮上|日刊サイゾー

イッテq初期

5月26日、のの芸能活動自粛が発表された。 手越は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令中の4月下旬に、都内の飲食での飲み会をする様子が『週刊文春』 文藝春秋 に報じられ、所属のジャニーズ事務所も一部の事実を認めていた。 しかし、報道後の23日にも飲み会をしていたと、ニュースサイト「文春オンライン」 同 で続報が出てしまったため、事務所が事態を重く見て、謹慎を言い渡した形だろう。 これを受け、手越がレギュラー出演する『』 日本テレビ系 には、当面の間、出演を見合わせる。 さらに一部のネット上で「『イッテQ』出演者の不祥事の多さは指摘する声もある。 「『イッテQ』は、出演者が次々と不幸に見舞われることで知られています。 初期にレギュラーを務めていたオセロは、中島知子が洗脳騒動で番組から消えてしまいました。 また相方の松嶋尚美も、第二子出産と育児を名目に番組からフェードアウト。 のちにコンビは解散に至っています。 そして、宮川大輔による人気コーナー『世界で一番盛り上がるのは何祭り? さらにロケ中に、ANZEN漫才みやぞんが骨折、フォーリンラブーのバービーがアキレス腱を断裂する事故も発生しています」 芸能ライター 『イッテQ』はロケ主体の番組であり事故リスクが他番組より高く、さらに人気タレントが多く出演し、長く続いていることから出演者のスキャンダルが生ずる確率もほかの番組に比べれば多いと見ることは出来るだろう。 ただ、あまりにも不祥事が多すぎるのは否めない。 やらせ問題を乗り越え番組は何とか存続したが、今度こそ本当のピンチを迎える可能性もありそうだ。

次の

『イッテQ』出演者の不祥事が多すぎる!「洗脳騒動で消えた」「不倫降板」いわくつきフェードアウトの数々

イッテq初期

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 視聴率が取れなくなると、番組はテコ入れにテコ入れを重ね、どんどん内容が変わっていく。 そして当初のコンセプトとまるで違う内容で、世間に定着してしまうことがある。 代表的なのは『さまぁ~ず』と優香がMCを務める番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 』(テレビ朝日系)。 今では高学歴タレントが集う本格派クイズ番組になっているが、元のコンセプトは全く違う。 レギュラー出演する芸人たちが、それぞれバラエティーに富んだ「クイズ」を持ち寄ってプレゼン。 『さまぁ~ず』と優香がそのクイズを採点するといったものだった。 しかし視聴率低迷の中で、「プレッシャーSTUDY」というお勉強クイズ企画がヒットしたため番組が一新。 今では「プレッシャーSTUDY」しかやらなくなり、初期段階でレギュラーだった青木さやか、『アンタッチャブル』、『ロバート』、『南海キャンディーズ』といった芸人たちの出演機会が激減してしまった。 『イッテQ!』も大激変? 『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)も、初期のコンセプトはまるで違う。 今の番組は、『ダウンタウン』がゲストとお酒を酌み交わし、本音で語り合う「本音ではしご酒」という企画のみを放送している。 しかし当初は、ほぼ生放送(5分遅れのディレイ放送)をするというコンセプトだった。 そのため、番組名に「なう」がついている。 だがある日、スペシャル企画で「本音ではしご酒」を放送したところ大ヒット。 それから「本音ではしご酒」だけを放送するようになり、番組プロデューサーも、「(過去の形には)もう戻らない」と明言している。 今や民法トップのバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)も、初期のコンセプトとは違う。 最初は、「蛍の光で勉強できるの?」「宝石は買うのと探すのどっちが安い?」といった子供の疑問を調査するべく、世界各地に子供とともに出向き、現地で疑問を解決する番組であったのだ。 テコ入れをして番組内容が変わってしまうのは悲しいが、テコ入れしないまま打ち切りになるよりはマシかもしれない。

次の