碧海 さり お。 碧海さりお

サッカー本田魂で星組新人公演初主演/碧海さりお

碧海 さり お

宝塚歌劇の星組「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」新人公演が25日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、5年目の碧海さりおが初主演した。 石川・星稜高出身で、在学中に来校したOB本田圭佑が口にした「何事にも限界はない。 あきらめたら、自分が負けだ」との言葉を胸に、宝塚音楽学校は4度目の挑戦で合格した。 本田譲りの不屈の魂で、念願の主演をゲット。 初センターには「ライトがとってもまぶしかった。 カツラにも慣れないと。 東京(公演)ではもっとしっかりお見せしたい」と決意も新たにした。 稽古場で「0番」に立った時から「いろんな人の思いを背負っている。 責任をもって」と覚悟を決め、開演の直前までは「緊張しなかった」という。 「ところが舞台に出た瞬間、すごく緊張して…」と苦笑。 それでも「お客様の拍手が支えになりました」と言い、無事に主役を務め終え、安堵(あんど)の笑みを浮かべた。 本公演は、新トップ礼真琴と相手娘役・舞空瞳の本拠地お披露目。 入団から約1年後の「こうもり」新人公演で、礼の役に抜てきされた縁もある。 この日、礼から「上手にしなくていいから、思い切り楽しんでおいで」と言われ、送り出され「すごい気持ちが楽になりました」と感謝した。 ヒロインは、6年目の桜庭舞(さくらば・まい)。 主演の碧海より1年、本役のトップ娘役舞空より2年先輩になる。 桜庭は「朝からずっと緊張していて、(舞台で)からだがフラフラしてしまった」と言いつつ、舞空への思いも吐露。 「稽古場の時点から(自身の演技を)どう感じたか伝えてくれ、今回は(舞空の)大劇場お披露目でもあり、一緒に緊張してくれ、温かい気持ちになりました」と話していた。 東京宝塚劇場は4月9日。

次の

サッカー本田魂で星組新人公演初主演/碧海さりお

碧海 さり お

宝塚歌劇の星組「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」新人公演が25日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、5年目の碧海さりおが初主演した。 石川・星稜高出身で、在学中に来校したOB本田圭佑が口にした「何事にも限界はない。 あきらめたら、自分が負けだ」との言葉を胸に、宝塚音楽学校は4度目の挑戦で合格した。 本田譲りの不屈の魂で、念願の主演をゲット。 初センターには「ライトがとってもまぶしかった。 カツラにも慣れないと。 東京(公演)ではもっとしっかりお見せしたい」と決意も新たにした。 稽古場で「0番」に立った時から「いろんな人の思いを背負っている。 責任をもって」と覚悟を決め、開演の直前までは「緊張しなかった」という。 「ところが舞台に出た瞬間、すごく緊張して…」と苦笑。 それでも「お客様の拍手が支えになりました」と言い、無事に主役を務め終え、安堵(あんど)の笑みを浮かべた。 本公演は、新トップ礼真琴と相手娘役・舞空瞳の本拠地お披露目。 入団から約1年後の「こうもり」新人公演で、礼の役に抜てきされた縁もある。 この日、礼から「上手にしなくていいから、思い切り楽しんでおいで」と言われ、送り出され「すごい気持ちが楽になりました」と感謝した。 ヒロインは、6年目の桜庭舞(さくらば・まい)。 主演の碧海より1年、本役のトップ娘役舞空より2年先輩になる。 桜庭は「朝からずっと緊張していて、(舞台で)からだがフラフラしてしまった」と言いつつ、舞空への思いも吐露。 「稽古場の時点から(自身の演技を)どう感じたか伝えてくれ、今回は(舞空の)大劇場お披露目でもあり、一緒に緊張してくれ、温かい気持ちになりました」と話していた。 東京宝塚劇場は4月9日。

次の

星組の新人公演で碧海さりお初主演「すごく緊張」

碧海 さり お

碧海さりお 芸名 碧海さりお(あおいみ さりお) 誕生日 6月16日 出身地 石川県金沢市 出身校 星稜高等学校 身長 169cm 初舞台 2015年『1789』(101期) 入団時成績 5番(40人中) 新人公演主演 1回『眩耀の谷』 碧海さんの出身校は、松井秀喜さんや本田圭祐さんの母校としても有名な星稜高校。 スポーツ選手を輩出しているイメージの強い学校でちょっと意外でした。 ちなみに、碧海さんが青陵高校としては初のタカラジェンヌです。 碧海さんは、宝塚音楽学校を4回目の受験で合格。 本田圭祐さんの 【何事にも限界はない。 あきらめたら、自分が負けだ】という言葉を胸に、受験を乗り越えたという強いメンタルの持ち主ですね。 新人公演初主演は入団5年目で射止めました。 同期で新人公演主演を務めているのは、縣千と鷹翔千空で、3人目の主演となりました。 桜庭舞 芸名 桜庭舞(さくらば まい) 誕生日 6月28日 出身地 東京都町田市 出身校 相模女子大学高等部 身長 163cm 初舞台 2014年『宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!! 』(100期) 入団時成績 15番(39人中) 新人公演ヒロイン 1回『眩耀の谷』 ヒロインは、入団6年目の桜庭舞さん。 本役の舞空瞳さんより2学年上です。 新人公演で自分より下級生の役を演じるって、そう多くないことですが、本役の舞空さんもお披露目公演ということで、どちらもフレッシュ! 桜庭さんは、舞空さんに対し「稽古場の時から(自身の演技を)どう感じたか伝えてくれて、今回は(舞空さんの)大劇場お披露目でもあり、一緒に緊張してくれ、温かい気持ちになりました」 と話されていました。 100期はスター揃いで、新人公演ヒロイン経験者は、星風まどか、華優希、音くり寿、天彩峰里に次いで5人目となった。 男役は、聖乃あすか、風間柚乃、極美慎など将来有望な若手スターを輩出している。 星組新人公演『眩耀の谷』感想 続いて、実際に新人公演を観劇された方の感想を見ていきたいと思います。 全体 まずは全体的な感想ですが、高く評価されている方が多い印象を受けました。 星組大劇場新人公演 感想 ・極美慎さんに髭が似合うとは知らなんだ ・綾音美蘭さん神の使いめちゃくちゃ可愛く美しい好き ・澄華あまねさん美しい王后と、いい声出す汶族のヨナ二役はあまねさんの良さを堪能させてくれすぎて感謝 ・稀惺かずとさんキラキラオーラ増しすぎてこれからどうなるの— R nayujura 本公演でも話題となった「謎の男」を演じた天飛華音さんの間合いと貫禄はさすがと目を引いたようです。 星組の新人公演メンバーは、今後注目されていくだろう生徒が多いように感じます。 碧海さん、桜庭さんの魅力をおさえて、今度の観劇時に注目したいと思います。 まず、碧海さんの魅力から。 碧海さんは【ダンスが得意】というイメージが強かったのですが、新人公演で礼真琴さんの役をしっかり演じきったということで、今後歌唱力にも注目が集まりそうですね。 礼さんより優しく包み込みような声と声量の大きさの使い分けが見事のようですし、碧海さんの声に魅了されるファンが増えるのはないでしょうか。 そして、桜庭さんは本公演で初エトワールにも抜擢されるほどの歌唱力の持ち主。 新人公演でもその歌唱力を存分に発揮していらっしゃるようです。 さらに、演技力にも注目です。 新人公演では、憧花の母性や悲しさを繊細に表現し、観客の心を大きく動かしたようです。 歌唱力と演技力が高い娘役は、宝塚で貴重な存在ですから、今後の活躍が楽しみです。 まとめ ここまで星組新人公演について見てきました。 まとめると・・・.

次の