金属 バット ネタ。 金属バット「黒人が触ったもの座れるか!」はAマッソ「大坂なおみ漂白ネタ」と同じなのか?

金属バット×ラランドのツーマンライブで見えた2組の強み【レポ・考察】

金属 バット ネタ

金属バット小林Twitterより お笑いコンビAマッソが、イベントで披露したネタで人種差別発言をし、問題となった。 村上愛が投げた<大坂なおみに必要なものは?>というお題に、加納愛子が<漂白剤。 あの人日焼けし過ぎやろ>と返したことが、白人至上主義に基づき黒人を差別する価値観を無意識に内包していて「笑えない」ということだ。 Aマッソの所属するワタナベエンターテイメントは謝罪文を出し、マッソの二人も謝罪と反省を記した手書きの文章を公表。 コンプライアンス、アンチレイシズム、ダイバーシティ……といった言葉が並ぶが、まずは歴史と人権について学ぶことなのだろうと思う。 他方、吉本興業に所属する金属バットにも「こっちも人種差別ネタがある!」と騒動が飛び火、炎上している。 Twitterでは「Aマッソの肌色漂白発言がダメなら、金属バットのほうがもっとダイレクトに差別発言をしている」と憤る声が増殖中で、「Aマッソもダメだし金属バットもダメ」「こんな差別をしていたら日本のお笑いは死ぬ」と断罪する向きが強い。 問題視されている金属バットの漫才は「早口言葉」。 舞台に出てきて、小林は友安の親が「極左」だとイジる。 「極左や。 やめろ。 親の思想をいじるな。 お前は片親やないか」(友保) 「やめろ」(小林) こうしたイジり合いのあと、小林は早口言葉が特技だといって、次のような架空の早口言葉をいくつか披露。 「坊主は上手に納税の義務を回避している」(小林) 「赤紙来た青ざめた希望を捨てた」(小林) そして友保に「生麦~のやつをやって」と、早口言葉の定番「生麦生米生卵」を言うよう促されて、小林はこう言う。 「生麦を食べるのは人間にあらず。 生米を食べるのは人間にあらず。 生卵を食べるのは日本人特有の文化だ。 すなわち日本人は人間にあらず。 イエローモンキーなのである」(小林) 全然早口ではなくテンポが遅いので、友保はまずそこをツッコむ。 そのうえで、「差別が入ったわ。 あんたムチャクチャやわほんとに~」と言い、畳み掛けるように最後のやりとりになる。 「入ってない、そんな意味はないから」(小林) 「意味しかなかったわ。 名誉白人ぶってるもん、お前」(友保) 「意味はない、じゃあ最後にキレイな早口言葉言おか。 キレイな、み~んな幸せになる早口言葉。 黒人、白人、黄色人種。 みんな合わせて地球人」(小林) 「……めっちゃ遅いな。 いいねえ。 黒人も白人も黄色人種もね、差別なく、地球っていうひとつの星に住んでんねんから。 地球人、差別なく、キレイに生きよ。 いーいこと言ってんのよ、本当にねえ。 山田くん、ちょっと~コバちゃんに座布団40kg持ってきて、うん。 黒人に運ばせてよ」(友保) 「なんで黒人に運ばすの! なんで黒人に運ばすのよ、お前。 黒人が触ったもの座れるか!」(小林) 「おいポンポンー!」(友保) このネタを見て筆者は、自分らもイエローモンキー(有色人種であり被差別群)であるにもかかわらず、白人気取りで黒人を嘲笑する日本人の滑稽さを揶揄するネタ、という解釈をした。 上から目線のキレイごとを述べた人物(小林)が、実は強い差別意識の持ち主だった、という結末だからだ。 少なくとも、政治的な知識が一切なく「配慮に欠ける」から無意識に出てしまった言葉、というわけではなく、敢えて日本社会を風刺するため練ったネタといえると思う。 その点では、Aマッソの「大坂なおみに漂白剤」発言とは全然違うものではないだろうか。 だがもちろん「その解釈は違う」という指摘もあるだろう。 あるいは、「だとしてもNGなこれだけの理由がある」といった批判もありえる。 この問題は言葉狩りで封じ込めるのではなく、議論が必要だ。 これまで「人種差別」の問題に鈍感でいられた日本国内においては、特に。 金属バットおよび吉本興業には、「配慮が足りなかった」などと言葉を濁した謝罪をしないでほしい。 開き直るのもまた違うだろう。 言葉を尽くして意図を説明してもらいたい。

次の

金属バットの黒人差別ネタが炎上?批判、動画、つまらない、解散?|若手お笑い芸人面白ランキング

金属 バット ネタ

一問一答は次の通り。 コメントを寄せるだけでも炎上商法的なお笑いに加担しているようで嫌なのですが、率直な感想を言うなら、ショックというよりも「呆れた」です。 金属バットのお2人は、 「言ってはいけないことを言って笑いをとる」という確信犯でやっているような印象を持ちました。 小さい子がウンコちんこと叫んで笑っているのと同じレベルにしか見えなかった。 めっちゃダサいし、何も面白くない。 私はこのお2人のネタの露悪的手法よりも、それを聴いて 観客が笑っているということに、より絶望を覚えます。 いまだに、エイズに対して、蔑んだりバカにされて当然のものだと内心思っている人がいるんだなと。 「あいつはエイズだ」って、面白いですか? 現在、日本には約3万人ものHIV陽性者が暮らしています。 一緒にネタを聴いてる観客の中にも当事者がいるかもしれない、という想像力があったら笑う気にならないと思うのですが。 そして、もし実際に当事者がいたら、わざわざ足を運んで見に来たお笑いライブで、ネタを聞いて笑うのではなく 自分の一番笑われたくないことを笑われて、ものすごく悲しいでしょうね。 お笑いは尖ってないと面白くない、という考え方がありますよね。 あれもこれも言っちゃダメ、では成り立たない…という面もありますが、 尖るなら、もっとチャレンジングな対象をネタにしたらどうなのかなと思います。 また、ライブはクローズな場で、本当に聞きたい人だけが来るのだから、いわゆる「やばい」ネタでも自由にやる!という考え方もよく聞かれます。 たまたま初めて、このグループを知った私がとやかく言うなと思う人もいるでしょう。 しかし、いまの時代、こうしてネット動画で大勢の目に触れるということは、テレビに流れるのと同じ前提で、倫理観を持たないといけないはずです。 もし、 どうしてもこんなひどいネタをやるという芸風ならば、ネットに流さないでほしいですね。 違うネタについては何とも比較しようがないです。 件の金属バットのネタについては、 批評性や皮肉は何も感じませんでした。 そもそも差別は、人々がみんなで意識や行動に反映していかないと変えられないもので、 「差別するヤツは差別する」とわざわざ口にする人は、自分は誰かを差別していたい、という意思表明でしかないと思っています。 三倉茉奈さんが肯定している点については、私の問題意識としては彼女個人への中傷はポイントではないので、特に意識しなくて良いかなと思います。 少なくとも彼女はHIV陽性ではないのでしょうし。 でも、 彼女の大切な人がHIVに感染していると判明したら、きっと彼女に打ち明けることはないでしょうね。

次の

金属バットのネタの評価がすごい!黒木華やケンコバ、ハライチも大ファン?

金属 バット ネタ

金属バット小林Twitterより お笑いコンビAマッソが、イベントで披露したネタで人種差別発言をし、問題となった。 村上愛が投げた<大坂なおみに必要なものは?>というお題に、加納愛子が<漂白剤。 あの人日焼けし過ぎやろ>と返したことが、白人至上主義に基づき黒人を差別する価値観を無意識に内包していて「笑えない」ということだ。 Aマッソの所属するワタナベエンターテイメントは謝罪文を出し、マッソの二人も謝罪と反省を記した手書きの文章を公表。 コンプライアンス、アンチレイシズム、ダイバーシティ……といった言葉が並ぶが、まずは歴史と人権について学ぶことなのだろうと思う。 他方、吉本興業に所属する金属バットにも「こっちも人種差別ネタがある!」と騒動が飛び火、炎上している。 Twitterでは「Aマッソの肌色漂白発言がダメなら、金属バットのほうがもっとダイレクトに差別発言をしている」と憤る声が増殖中で、「Aマッソもダメだし金属バットもダメ」「こんな差別をしていたら日本のお笑いは死ぬ」と断罪する向きが強い。 問題視されている金属バットの漫才は「早口言葉」。 舞台に出てきて、小林は友安の親が「極左」だとイジる。 「極左や。 やめろ。 親の思想をいじるな。 お前は片親やないか」(友保) 「やめろ」(小林) こうしたイジり合いのあと、小林は早口言葉が特技だといって、次のような架空の早口言葉をいくつか披露。 「坊主は上手に納税の義務を回避している」(小林) 「赤紙来た青ざめた希望を捨てた」(小林) そして友保に「生麦~のやつをやって」と、早口言葉の定番「生麦生米生卵」を言うよう促されて、小林はこう言う。 「生麦を食べるのは人間にあらず。 生米を食べるのは人間にあらず。 生卵を食べるのは日本人特有の文化だ。 すなわち日本人は人間にあらず。 イエローモンキーなのである」(小林) 全然早口ではなくテンポが遅いので、友保はまずそこをツッコむ。 そのうえで、「差別が入ったわ。 あんたムチャクチャやわほんとに~」と言い、畳み掛けるように最後のやりとりになる。 「入ってない、そんな意味はないから」(小林) 「意味しかなかったわ。 名誉白人ぶってるもん、お前」(友保) 「意味はない、じゃあ最後にキレイな早口言葉言おか。 キレイな、み~んな幸せになる早口言葉。 黒人、白人、黄色人種。 みんな合わせて地球人」(小林) 「……めっちゃ遅いな。 いいねえ。 黒人も白人も黄色人種もね、差別なく、地球っていうひとつの星に住んでんねんから。 地球人、差別なく、キレイに生きよ。 いーいこと言ってんのよ、本当にねえ。 山田くん、ちょっと~コバちゃんに座布団40kg持ってきて、うん。 黒人に運ばせてよ」(友保) 「なんで黒人に運ばすの! なんで黒人に運ばすのよ、お前。 黒人が触ったもの座れるか!」(小林) 「おいポンポンー!」(友保) このネタを見て筆者は、自分らもイエローモンキー(有色人種であり被差別群)であるにもかかわらず、白人気取りで黒人を嘲笑する日本人の滑稽さを揶揄するネタ、という解釈をした。 上から目線のキレイごとを述べた人物(小林)が、実は強い差別意識の持ち主だった、という結末だからだ。 少なくとも、政治的な知識が一切なく「配慮に欠ける」から無意識に出てしまった言葉、というわけではなく、敢えて日本社会を風刺するため練ったネタといえると思う。 その点では、Aマッソの「大坂なおみに漂白剤」発言とは全然違うものではないだろうか。 だがもちろん「その解釈は違う」という指摘もあるだろう。 あるいは、「だとしてもNGなこれだけの理由がある」といった批判もありえる。 この問題は言葉狩りで封じ込めるのではなく、議論が必要だ。 これまで「人種差別」の問題に鈍感でいられた日本国内においては、特に。 金属バットおよび吉本興業には、「配慮が足りなかった」などと言葉を濁した謝罪をしないでほしい。 開き直るのもまた違うだろう。 言葉を尽くして意図を説明してもらいたい。

次の