スタッドレス タイヤ 保管 方法。 スタッドレスタイヤの交換時期と正しい保管方法|チューリッヒ

スタッドレスタイヤの正しい保管方法やおすすめの保管場所は?|アルファトランク 公式ブログ

スタッドレス タイヤ 保管 方法

ただ今「酷暑2018」の真っ最中ですが、世の中では「スタッドレスタイヤ」の発表会が行われています。 話を聞くだけでもちょっと涼しくなって有り難い感じです。 そんなときにフと思ったこと……夏場のスタッドレスタイヤの保管方法です。 スタッドレスタイヤって、東京あたりだと使用期間は冬場の4ヵ月ほど。 スタッドレスタイヤは使い捨てではないので当然、その他8ヵ月間ほどは保管することになります。 先日、ドイツのタイヤメーカー「コンチネンタル」のの発表会の時に、興味深い話をうかがいました。 タイヤは、気温25度以下ならばひび割れなどの劣化はせず、5年ほどは使用有効期限が保てるそうです。 しかし、保管状況によっては35度になると緩やかに劣化は進み、55度になるとたった2週間で1年間使ったのと同じくらい劣化し、75度だと3日間で1年分=1ヵ月で10年分も劣化するそう(驚) ちなみに、ここでいう「劣化」というのは、「製品の性能が劣る」 という意味と、ヒビなどの「製品自体が劣化する」ことも含んだものとお読みくださいね。 酷暑2018とはいえ、まさか日本で75度なんて気温は…サウナの中じゃあるまいし、ねぇ。 でも、35度や日向の密閉場所なら55度だってあり得るかもしれません。 「1シーズン使い捨て」になんかにならないよう、上手なスタッドレスタイヤの保管方法を調べてみました。 このとき、トレッド面に小石などが挟まっていたら、タイヤを傷つけないようマイナスドライバーなどで取り除き、そしてよく乾燥させましょう。 ガムテープなどでしっかりと密閉しましょう。 また、縦て置く場合は、床との接地面がフラットスポットにならないよう、置きっぱなしにせず回転させるのがいいようです。 タイヤラック(約5000円〜)などがあるとなお良し、です。 そうそう、ホイール付きの場合はエア圧によってゴムが引っ張られて劣化しないよう、タイヤのエア圧を使用時の半分くらいに落としておきましょう。 ベランダ放置は雨風がしのげないのでダメ。 部屋の中…は以前、寝室兼の部屋にタイヤを置いたらタイヤ臭くて怒られた経験あり。 やはり、盗難防止のためにも鍵のかかるガレージ内や玄関などがベストなようです。 また、自動車用品店やタイヤ屋さん、ガソリンスタンドでも「預かりサービス」をやっているところもありますので、ご近所を調べてみてくださいね。 来シーズンもベストな状態でスタッドレスタイヤを履くためには、夏場の保管方法も大事だってことがよく分かりました。 今からでも遅くないですよ! [永光やすの・PHOTO提供Thanks:Nobu HIGUCHI((株)彩礼)] by カテゴリー : , , , タグ : , , ,.

次の

スタッドレスタイヤの正しい保管方法やおすすめの保管場所は?|アルファトランク 公式ブログ

スタッドレス タイヤ 保管 方法

毎年11月後半から12月にかけて、降雪が予想される地域にお住いの方々はクルマのタイヤをスタッドレスタイヤに交換するのではないでしょうか。 また、3月後半から4月にかけてノーマルタイヤに交換するのではないかと思います。 基本的には年に2回タイヤを交換する必要がありますが、ノーマルタイヤを装着している時にはスタッドレスタイヤ、スタッドレスタイヤを装着している時にはノーマルタイヤを保管しておかなくてはなりません。 クルマ1台分でタイヤ4本、2台分ならその倍です。 一軒家で物置があったり、マンションの物置スペースや倉庫があるなどスペースに困らない方は問題ありませんが、マンションやアパートにお住まいで保管場所が無く、室内にやむなく保管しているケースもあります。 今回は、交換後使用しないタイヤを預かり保管してくれるサービスを紹介するとともに、参考となる保管料金やメリット・デメリットについて詳しく解説します。 タイヤ保管サービスとは 冬期間に使用しないノーマルタイヤや冬期間以外に使用しないスタッドレスタイヤを、ディーラーやガソリンスタンド、タイヤショップ、カー用品店がユーザーの タイヤを有償で預かり保管するサービスです。 保管料金は、各地域やディーラー、ショップにより異なりますので、お近くのショップに直接お問い合わせください。 また、クルマへのタイヤ脱着料金は別途必要になります。 タイヤ保管サービスを利用するユーザー側のメリット タイヤ保管サービスを利用することで、タイヤを自宅に保管する必要がなくなります。 室内に保管している方は、室内のスペースが有効に使用でき、タイヤ独特のゴム臭さから解放されます。 自宅のベランダやアパートやマンションでの2階以上にお住まいの方は、タイヤを運ぶ労力から解放されます。 アパートでエレベーターが無い場合は、タイヤ交換のたびに苦しい思いをしていたことが無くなります。 タイヤを業者に預けることで、 タイヤの劣化につながる紫外線があたらない専用の保管倉庫に保管するためタイヤの劣化を防ぐことができます。 また、タイヤ交換時には、空気圧調整も行ってくれたり、ホイールバランスも調整してくれるケースもあります。 タイヤ保管サービスのショップ側のメリット タイヤ保管サービスを利用していただくことで、ショップ側にも大きなメリットがあります。 極端な例えになりますが、タイヤを担保にしていると考えてもよいのです。 毎年、タイヤ交換の時期になると、ユーザーからタイヤ交換の予約が入り、タイヤ交換に伴う脱着工賃を売り上げることができます。 さらに、タイヤの減り具合やゴム質の劣化、ヒビなどを理由にタイヤの買い替えを促すことが容易になり、 新しいタイヤの販売につながり易くなります。 新車を販売するディーラーの場合、クルマの点検や車検のみならず、タイヤ交換の時期にも来店していただけることで、新型車の紹介や代替えの勧めなど話しやすい環境になり、ユーザーの囲い込みに大きく貢献するサービスになります。 タイヤ保管サービスのデメリット タイヤ保管サービスを利用することでメリットが多くありますが、デメリットもあります。 タイヤの交換の際には、 いつでも交換できるわけではありません。 大抵、タイヤは店舗とは別の保管倉庫に保管しています。 例えば東京トヨペットの場合には、ブリヂストンタイヤの倉庫に保管するなど、管理を徹底しています。 そのため、タイヤを交換する場合には、予め予約が必要で、予約に合わせて倉庫からタイヤを運んでこなければなりません。 大抵は、10日以上前の予約や2週間以上前の予約が必要になっていますので、ショップに預ける際にご確認ください。 タイヤが劣化したなどの理由でタイヤを交換したい、新しいタイヤに交換したい場合に、他店に持って行きにくい状況にあり、タイヤを預けたショップで購入するケースも少なくありません。 他店に持っていったり、インターネットで安いタイヤに履き替えたい場合には、 そのタイヤを履いている時に交換することをおすすめします。 ノーマルタイヤは11月頃、スタッドレスタイヤは3月頃に新しいタイヤを購入し、タイヤを入れ替えてからタイヤを預け保管してもらうことで自由にタイヤの履き替えが可能になります。 現在装着しているタイヤと保管していたタイヤを交換する際に、まだそんなにタイヤが減ってないのに買い替えを勧めてくる場合があります。 特に、ガソリンスタンドに多く見られます。 ガソリンスタンドは、ガソリン価格をギリギリの価格で設定しているため、物販で収益をプラスするしかありません。 そのため、スタッフにもタイヤの買い替えやエンジンオイル交換など積極的に勧めるよう指導しているスタンドもあります。 タイヤ保管サービスの料金紹介 タイヤ保管サービスの料金は、各地域により異なります。 また、ショップによっても異なりますので実際にタイヤ保管サービスを利用の際には、利用したいショップに直接お問い合わせください。 ここでは、参考までに一例を紹介します。 なお、オートバックスやイエローハットなど各地に出店しているカー用品販売店でも、各地域によって異なります。 ホームページを確認しても「詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください」と表記されています。 14インチは軽自動車サイズ、16インチは普通車サイズで、カー用品店及びガソリンスタンドの料金例は店舗に電話にて確認した料金になります。 また、料金はタイヤ保管料金のみで、タイヤ交換(脱着)料金は含まれていません。 タイヤ交換(脱着)料金は、2,160円から3,240円が目安です。 17インチサイズや18インチサイズのアルミホイールの場合、RV車の場合など別途追加料金が必要なショップもありますので、併せてご確認ください。 イエローハットがカー用品店では安く、ガソリンスタンドもほぼ同額です。 タイヤ専門店も安い料金ですが、そのショップで購入したかどうかでも料金が異なる場合があります。 また、ホイールのインチ数によっても金額が異なりますので、17インチや18インチの場合は、さらに金額が上乗せになるケースがほとんどです。 イエローハットのタイヤ保管料金がお得ですが、今回筆者が問い合わせたイエローハットの店舗では、タイヤを保管する倉庫がいっぱいのためお受けすることは出来ませんとのことでした。 お得にタイヤ保管サービスを利用するには、早めの予約が大切です。 トランクルームの利用は? 最近、自宅以外に保管場所が欲しい、バイクを収納しておく場所が欲しい、コレクションアイテムを隠しておく場所が欲しいなど様々な理由でトランクルームを利用する方が増加しています。 プレハブ建物のように屋外にあるトランクルームのほか、建物内に小さく区切られた部屋がある屋内のトランクルームもあります。 トランクルームまでクルマでタイヤを運び、トランクルームにタイヤを保管する方法もタイヤ保管には良い方法です。 タイヤ以外にも、空いているスペースに自宅に保管していてすぐには使用しない物も保管することが可能です。 トランクルームの利用料金は? トランクルームの利用料金は、各地域により異なります。 また、屋内・屋外によっても、広さによっても料金が異なります。 トランクルーム利用料金 東京23区内 約8,000円/月~ 大阪市内 約5,400円/月~ 仙台市内中心部付近 約4,400円/月~ 参考:HOMES 各地域で、中心部に近いほど月額利用料金が高くなり、郊外ほど安くなります。 トランクルームでタイヤを保管するメリット タイヤ保管のためトランクルームを利用することで、自宅で保管していたスペースを空けることができます。 アパートやマンションでタイヤを運ぶ手間が無くなります。 直射日光が当たることなくタイヤが紫外線から守られることでゴム質の劣化を防ぐことができます。 ショップのタイヤ保管サービスと異なるメリットは、 タイヤを自由に取り出すことができ、もちろん予約の必要はありません。 タイヤの劣化に伴うタイヤ購入の際には、インターネットでタイヤを選んだり、カーショップ、タイヤ専門店を見て回るなど、気軽に自由にタイヤを選ぶことが可能です。 ショップのように勧められることはありません。 トランクルームでタイヤを保管するデメリット タイヤ保管のためトランクルームを利用するデメリットは、月額利用料金が高額であることです。 1か月分の利用料金でショップに約半年間タイヤを預けることができます。 トランクルームまでは、ユーザー自身で搬入する必要があります。 屋内のトランクルームの場合、搬入路が狭いケースや2階以上の保管場所の場合、自宅保管と同じような労力が必要になる場合もあります。 トランクルームは、自宅の倉庫と同様のため、 タイヤ交換は自分自身で行うか、改めてショップに予約するなど持ち込み交換をお願いする必要があります。

次の

タイヤを自宅で保管する正しい方法や場所とは?

スタッドレス タイヤ 保管 方法

目次でパッと理解する• タイヤは使わなくても劣化する!? 車のタイヤは使わなくても劣化が進行します。 化学物質であるタイヤは紫外線の影響を受けやすいパーツなので、車を屋外に保管していると直射日光がじりじりとタイヤを照らします。 またタイヤは酸化しやすい性質があるので、屋外に停めていると酸性雨を浴び続け、長期間車を使わないとタイヤは劣化が進み、性能が低下するのです。 タイヤの寿命を延ばす保管方法 タイヤは保管方法に気をつければ寿命を延ばして性能を保つことができます。 夏用・スタッドレスタイヤの寿命をどんな方法で延ばせるのか、効果的な方法を一つずつ見ていきましょう。 タイヤの汚れを落とす タイヤを取り外したら、雪や泥汚れを洗浄して汚れをしっかりと落とします。 汚れたまま放置すると、タイヤが傷む原因になります。 泥や雪による汚れが付着しているので洗剤を使いたくなりますが、水洗いで充分です。 頑固な汚れは洗剤を使用してOKですが、きちんと洗い流すようにしましょう。 洗ったあとにタイヤワックスは? ツヤ出し剤としてタイヤをより黒く見せるタイヤワックスは、おすすめしません。 化学物質である油性のタイヤワックスは、タイヤによくない紫外線と反応するのでツヤ出し剤の役目を果たすどころか、タイヤの性能を低下させます。 タイヤメーカーには、油性タイプのワックスを非推奨としている会社もあります。 タイヤをしっかり乾燥させる 外したタイヤは、泥汚れを洗い流したあとタイヤを乾燥させないと、カビが生えたり水分がゴム成分の間に入り込んでタイヤの性能を落とします。 雑巾または要らないタオルでふき取って、自然乾燥させてください。 紫外線がタイヤに悪い影響を与えるので、太陽光で乾燥させてはいけません。 溝に挟まった小石やガラスの欠片も、を防ぐためにも除去しましょう。 タイヤの空気圧を下げる タイヤを保管するときは、空気圧をエアーゲージで確認して、規定の半分くらいの値まで下げておきます。 空気圧を下げないと空気が内側からタイヤの表面を押すので、ゴムに対して負担をかける作用があるからです。 ビニール袋に入れて専用カバーをかける やむを得ずタイヤを屋外、または外気に触れる場所に保管するときは、専用のビニール袋を使う方法があり、紫外線と雨水や雪による劣化を避けられます。 ビニール袋に入れたら内部で結露する可能性があります。 風通しのよい場所に保管しましょう。 直射日光を避ける タイヤは紫外線を浴びると劣化が進むので、直射日光を避けて保管することは「キホンのキ」ですが、自宅に太陽を遮るスペースがない場合もあるでしょう。 値段も1枚800円、4枚で2,800円と遮光性の割に手頃な価格帯で販売されています。 オゾンや油類がかからないようにする 環境問題で語られるオゾンも「オゾンクラック」と呼ばれるを発生させます。 紫外線は禁物ですが、オゾン成分は劣化したバッテリーからも発生するといわれ、保管場所にも細心の注意を払いましょう。 油も禁物です。 石油製品で化学物質のタイヤは、油分と相性が良すぎるのです。 油がタイヤの成分に浸透しすぎて、タイヤを保護する劣化防止剤を溶かして性能を落とします。 油性のツヤ出し剤の化学物質も紫外線と反応しやすいので、油分をタイヤに付着させてはいけません。 熱が発生する装置の近くには保管しない タイヤに悪い影響を与えるのは紫外線に加えて油と酸、そして熱です。 石油製品のタイヤは強い熱にさらされると、高い温度で徐々に変形することは簡単に想像できますね。 万一熱でタイヤが発火すると、黒煙を発して燃えるので深刻な環境破壊をもたらします。 熱もタイヤには大敵なのです。 おすすめのタイヤの保管方法は?屋外VS屋内 住まいの関係で屋外または屋内に保管する方、それぞれでしょう。 屋外と屋内に保管する場合の注意点に気をつけてください。 保管場所の気温や湿度が重要なポイント タイヤの保管は冷暗所がベストといわれますが、雪が降るほど極端に低い温度である必要はありません。 遮光性があって、かつ高温で湿気が多い場所でなければよいのです。 条件を満たせば物置も大丈夫です。 日本の温暖な気候は問題ありませんが、高い温度や湿気に見舞われる猛暑日や、熱帯夜が続く真夏は風通しをよくしましょう。 マンション住まいの方はベランダに保管する場合もあるでしょう。 直射日光や雨を浴びせたり、湿気にさらさなければ大丈夫です。 屋外保管の場合は盗難にも注意 屋外の保管方法は盗難に気をつけましょう。 2016年度の日本損害保険協会による統計でパーツ別の盗難件数はタイヤが3番目と、意外と盗まれやすいのです。 参考: 盗難されるリスクの他に、万一放火されると黒い煙を上げて燃え盛り、周囲に大きな被害を及ぼします。 紫外線を避けるカバーに収納しておけば目立たず、直射日光を浴びたり湿気にさらされたりすることもありません。 タイヤ保管時の置き方を考える タイヤは保管するときの置き方も大事です。 床面や接地部分に無造作に置いてはいけません。 トレッド部が変形しないことも大事です。 タイヤ本体だけ、またはホイール付きなのか、どちらの状態で保管するかで置き方も変わります。 タイヤは横積み(平積み)と縦積みのどっちがいい? タイヤ本体だけなら縦積みに保管する方法がベストです。 横積みで保管する方法は、時間が経過する間に下部のタイヤが重みで変形します。 ホイール付きのタイヤは、空気圧を半分にして横積みで保管しましょう。 ホイール付きの重みでトレッド部が変形する事態を避けられます。 保管時の接地面やタイヤ同士の接触は? タイヤを保管するとき、無造作に置いてはいけません。 タイヤのゴムと接した床面や接地部分が変質しないよう、必ず段ボールなどを敷いて保管しましょう。 タイヤを土の上に直接置くのも、泥汚れが影響するのでダメですが、タイヤ同士は密着しても問題ありません。 床面や設置部分に、お風呂で使う簀の子(すのこ)を使うのもおすすめの保管方法です。 また、使わないゴミ袋もよいでしょう。 タイヤラックを使うのはアリ? 屋外に保管するパーツとして、またトレッド部の変形を避けるため、縦積み・横積み用のタイヤラックと遮光性・防水性に優れたタイヤカバーはお勧めです。 ただし直射日光や雨があたる場所は避けます。 またカバーで覆うときは、内部が結露することがあります。 風通しのよいところに保管しましょう。 自宅以外でタイヤを保管する方法は? 自宅に物置や屋根のある場所など、タイヤを保管する絶好のスペースがなければ、タイヤ保管サービスを利用する方法があります。 カー用品店や屋外のレンタルスペース、トランクルームなど色々あります。 特色を理解して保管しましょう。 カー用品販売店 カー用品店やタイヤ専門店では、タイヤ保管サービスを行っています。 自宅で保管場所をとられることもなく、遮光性・防水性も心配無用です。 着脱したタイヤを自分で保管スペースまで運ぶ手間もないので便利です。 料金は1シーズン(半年)4,000~10,000円程度で利用できます。 参考: 屋外のレンタルスペース 大きな道路沿いにプレハブやコンテナ状の収納スペースを提供しているのが、屋外のレンタルスペースです。 広さは0. 5帖くらいで、タイヤだけを保管するには充分すぎます。 屋外ですが断熱もしっかりしていて、遮光性・防水性も不安はありません。 ただし利用料金が月額2,000円くらいなので、半年保管するとカー用品店やタイヤ専門店より同じくらいか高くなり、タイヤの着脱も自分で行うデメリットがあります。 トランクルーム トランクルームは筆者の友人も、家に置ききれないコレクターズアイテムの収納に利用しています。 直射日光など外気の影響が避けられ、自宅のスペースを余分に確保することもないのでタイヤの保管に適しています。 安いところは月額料金900円から利用できます。 デメリットは屋外のレンタルスペースと共通しますが、トランクルームは倉庫法に基づいて運営しているので、盗難・破損の補償が受けられます。 レンタルスペースは倉庫法が適用されません。 まとめ タイヤには目に見えない負荷がかかるパーツなので、保管方法は大事です。 保管方法の基本は直射日光と熱、油を避けることです。 自宅にスペースがなければタイヤ保管サービスをうまく利用しましょう。 目が飛び出るほど高価でもないので、タイヤを頻繁に交換するくらいなら安いものです。 交換した直後の汚れも充分に落とし、床面や設置部分に無造作に置かないことも心がけ、少しでも長くタイヤを使いましょう!.

次の