スッキリ 加藤 浩次 ラーメン。 『スッキリ』コーナーで加藤浩次の妻・カオリさんに反響 結婚20年目の夫婦愛が話題|ニフティニュース

20日放送『スッキリ』ツッコミの声が続出「もうTシャツにしか目がいかない…」「気づいた瞬間、声出して笑ってしまった」

スッキリ 加藤 浩次 ラーメン

の(50)が4月20日、『』(日本テレビ系)に出演。 緊急企画コーナー「一度作ってみたかった」で見せた、妻・カオリさんとの仲睦まじい様子が反響を呼んでいる。 「長時間かかる豚骨スープを作ってみたかった」という加藤は、自宅で豚骨ラーメン作りに挑戦。 その撮影係をカオリさんが務めた。 調理する過程でためらう加藤に、カオリさんは「浩次のやり方でやれば良いよ」とアドバイス。 またカオリさんが撮影係を担当するにあたって不安な素振りを見せると、加藤は「カオリの感性で撮れば良いよ」とフォローした。 そういった互いを尊重し合うやりとりに、視聴者から称賛の声が上がった。 《加藤家 夫婦円満すぎて 可愛すぎた。 早く続きみたいし 浩次クッキング シリーズ化して欲しい》 《加藤浩次夫婦が素敵な関係! 2人の掛け合いが仲のいい夫婦感がよく分かる!》 《結婚して子どもがいても名前呼びする夫婦は素敵って思っちゃう》 「カオリさんはドラマなどにも出演していた元女優です。 一目惚れした加藤さんのアプローチで交際に発展したそうです。 その後2人は01年に結婚。 一家でバラエティ番組に出演するほどの円満ぶりは有名です。 妻であるカオリさんに対する信頼は絶大だという。 「加藤さんが悩んだときは、まずカオリさんに自分の考えが誤っていないかどうか相談すると聞きました。 その信頼ぶりは、仕事にも反映されているようです。 昨年加藤さんは吉本興業とエージェント契約を結ぶにあたって、個人事務所を設立。 3人の子ども達が成長してきたこともあり、スケジュール管理は『妻に任せる』とも語っていました。 現在、カオリさんは代表取締役を務めています」(前出・テレビ局関係者) 視聴者に寄り添った発言で度々注目を集める加藤。 カオリさんの支えが反映されているようだ。

次の

加藤浩次(Tシャツ)画像や動画は?スッキリで自宅で豚骨ラーメンを作る様子を公開

スッキリ 加藤 浩次 ラーメン

の(50)が4月20日、『』(日本テレビ系)に出演。 緊急企画コーナー「一度作ってみたかった」で見せた、妻・カオリさんとの仲睦まじい様子が反響を呼んでいる。 「長時間かかる豚骨スープを作ってみたかった」という加藤は、自宅で豚骨ラーメン作りに挑戦。 その撮影係をカオリさんが務めた。 調理する過程でためらう加藤に、カオリさんは「浩次のやり方でやれば良いよ」とアドバイス。 またカオリさんが撮影係を担当するにあたって不安な素振りを見せると、加藤は「カオリの感性で撮れば良いよ」とフォローした。 そういった互いを尊重し合うやりとりに、視聴者から称賛の声が上がった。 《加藤家 夫婦円満すぎて 可愛すぎた。 早く続きみたいし 浩次クッキング シリーズ化して欲しい》 《加藤浩次夫婦が素敵な関係! 2人の掛け合いが仲のいい夫婦感がよく分かる!》 《結婚して子どもがいても名前呼びする夫婦は素敵って思っちゃう》 「カオリさんはドラマなどにも出演していた元女優です。 一目惚れした加藤さんのアプローチで交際に発展したそうです。 その後2人は01年に結婚。 一家でバラエティ番組に出演するほどの円満ぶりは有名です。 妻であるカオリさんに対する信頼は絶大だという。 「加藤さんが悩んだときは、まずカオリさんに自分の考えが誤っていないかどうか相談すると聞きました。 その信頼ぶりは、仕事にも反映されているようです。 昨年加藤さんは吉本興業とエージェント契約を結ぶにあたって、個人事務所を設立。 3人の子ども達が成長してきたこともあり、スケジュール管理は『妻に任せる』とも語っていました。 現在、カオリさんは代表取締役を務めています」(前出・テレビ局関係者) 視聴者に寄り添った発言で度々注目を集める加藤。 カオリさんの支えが反映されているようだ。

次の

加藤浩次の豚骨ラーメン・ラーメン屋・奥さんが話題

スッキリ 加藤 浩次 ラーメン

2020年4月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』 毎週月-金 13:00-15:30 にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、加藤浩次が『スッキリ』でスープから豚骨ラーメン作りを行って「今まで普通に与えられていたものが、いかにありがたいか」痛感したと語っていたと明かしていた。 山里亮太:つい最近、加藤浩次さんが番組で豚骨ラーメンを作ってて。 外山惠理:ああ、はいはい。 山里亮太:いいらしいですよ。 今まで普通に与えられてたものとか、自分が接してきたものが、いかにありがたいものかって認識するには、何かをゼロから作ってみるって、めちゃくちゃいい。 外山惠理:そうか。 山里亮太:豚骨ラーメン。 めちゃくちゃ大変で。 外山惠理:うん。 山里亮太:で、そう考えた時に、話を聞いたら本当大変そうで。 そう考えた時、ラーメン屋さんで、豚骨ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメンがある店なんて奇跡だって。 外山惠理:いやぁ。 だって豚骨ラーメンってさ、ずーっと煮なきゃいけないんだよ。 山里亮太:8時間。 外山惠理:そうじゃないと、ニオイが出ちゃうからって、豚骨ラーメン屋さんがおっしゃってたもん、だって。 山里亮太:でしょ。 外山惠理:大変なんだよ。 山里亮太:今、時間があるからこそね。 その流れで、加藤さんが「天の声の友人も、お前なんか作れよ」って言われたの。 外山惠理:うん、うん。 山里亮太:加藤浩次さんが、奥様が撮って、で、子供たちも最後試食で出てきて。 豚骨ラーメンってみんな知ってるけど作ったことがなくて、しかも作ってる画に力がある。 骨ぶっ叩いたり。 外山惠理:うん。 山里亮太:それを第一回でやった後に、何ができるだろうって 笑 外山惠理:ふふ 笑 山里亮太:この後、春菜ちゃんとかがいくんだけど。 外山惠理:へぇ。 山里亮太:春菜ちゃんは、クッキーとか焼けばいけると思うの。 「ステラおばさんから実際に聞きました」みたいなので。 外山惠理:うん。 山里亮太:今、大変なもんで、何かあるのかなって思って。

次の