そら いろ クリニック。 診療科目・治療内容

そらいろこどもクリニック

そら いろ クリニック

院長からのメッセージ 咳が長引くと睡眠不足になったり、食欲が落ちたり、人目が気になったり、仕事に影響がでたり。 身体的、精神的にもしんどいですよね。 大学卒業後、内科全般の診療に携わった後、まだ謎の多い呼吸器やアレルギーに惹かれ、呼吸器専門医になりました。 肺癌や結核など呼吸器全般の診療を行ってきましたが、感染、アレルギー、お腹の病気、鼻の病気、心因的要素など様々な原因が関与する咳や喘息の奥深さが魅力的で、専門的に診療・研究に携わってきました。 咳や喘息は診断が難しく、経験が大切になります。 これまで多くの患者さんの診療に関わってきた経験をもとに、これからもたくさんの患者さんに還元したいと思っています。 結核、肺炎、肺癌など怖い病気で咳が長引くことがありますが、喘息など治療でよくなる病気が多いです。 長引く咳や喘息の症状は日常生活に大きな影を落とします。 一刻も早く症状をよくして、あなたの日常を取り戻していただきたいと思います。 是非一度当院にご相談ください。 星座:かに座 血液型:A型 好きなもの コーヒー(深煎り)、絵を観ること(描くのは苦手)、音楽を聴くこと(楽器は弾けません)、お酒(何でも飲みます) マツオカそらいろクリニック院長 松岡 弘典 マツオカそらいろ クリニックのこだわり 呼吸器専門医による診察 長年咳の原因がわからず、怖い病気ではないかと不安を抱え、県外など遠方から来られる患者さんも多いです。 咳が長引くと日常生活に様々な影響がでます。 睡眠不足、仕事に支障が出る、胸が痛い、趣味が楽しめない。 本当につらい症状だと思います。 治療をすることで症状が改善し、 「夜眠れるようになってうれしいです。 」 「仕事中咳が出なくなって楽になった。 」 「美術館やコンサート会場に自信を持って行くことができるようになった。 」 そのような言葉を聞くことができると本当に嬉しく、咳・喘息の診療ができることをありがたく感じます。 咳や喘息は診断が難しい病気です。 診断に有用な検査も限られることから、「経験」が大切になってまいります。 私はこれまで1万人を超える呼吸器疾患の患者さんの診療にたずさわり、試行錯誤しながら咳や喘息患者さんのお役に立てるよう臨床や研究に従事してきました。 その中で咳や喘息の診断には患者さんからの聞き取り(問診)が非常に大切だと考えています。 患者さんの訴えをしっかり伺うことや、診察前にお渡しする詳細な問診票が咳や喘息の診断には重要です。 さらにレントゲンや肺機能検査、呼気NO検査等を行い診断につなげてまいります。 呼吸器専門医として咳で悩まれているあなたのお役に立ちたいと思います。 患者さんに応じたお薬を処方 咳の原因のなかでも喘息や咳喘息は特に多い病気です。 治療に吸入薬を用いますが、実は同じ吸入薬でも患者さんによって効果が異なることがあります。 これまで使用されてきた吸入薬の種類を変えるだけで症状が改善することもしばしばあり、吸入薬選択の大切さを感じます。 私は呼吸器病の中でも喘息や咳を専門的に診療、研究してきたため、何種類もある吸入薬の特性をもとに、患者さんの病状や年齢、生活スタイルに応じ、適した吸入薬を選ぶことが可能です。 その結果より早く症状が改善する可能性が高くなります。 また、吸入薬は内服薬と異なり、「吸入方法」が大切です。 吸入方法が誤っているために症状が良くならないこともあります。 そのため当院では院長が吸入方法を直接伝授しております。 気持ちに寄り添った医療 病院やクリニックに好んで通院される方は少ないと思います(私もそうです 笑 )。 多くの方は不安や恐怖など負のイメージを抱えて通院されるのではないでしょうか。 そんな患者さんに安心して医療を受けていただき、笑顔になってもらえるようなクリニックでありたいと思っています。 患者さんの話をよく伺い、病気の説明書などを用い、わかりやすい言葉で説明いたします(もちろん決して怒ったりしません(笑))。 なるべく無理なく治療が継続できるよう、患者さんの性格や体質、ライフスタイルにも配慮して患者さんに合った治療法を提案しております。 そしてスタッフ一同明るく、優しい対応を心がけております。 クリニックの内装は自然素材で作られた床材、塗料を使用しており、アレルギーに配慮しております。 また色の専門家指導のもと、患者さんがリラックスできる色合いで内装を仕上げております。 院内処方 当クリニックではお薬を院内で処方しております。 咳や熱の患者さんが1ヶ所で診察から処方まで済ませられる方が体への負担が少なくなると思うからです。 もう一つのメリットとして院外処方よりもお安くなり、お財布にも優しくなります。 ただ薬剤師さんからのアドバイスがほしい、かかりつけの薬局があるため院外処方を希望される場合などは院外処方も可能です。

次の

マツオカそらいろクリニック

そら いろ クリニック

睡眠時無呼吸症候群 「いびき」のせいで寝ている間に息が止まってしまうことがあります。 もしそれが頻回に起こると、体がだるい、集中できない、なぜか日中眠い、という症状が出てきます。 その結果、大きな事故等を起こす危険すらあり、アメリカのスリーマイル島の原発事故やチェルノブイリ原発事故は睡眠時無呼吸症候群が原因と言われています。 また重度になれば、健康な方と比べ心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなるといわれており、「たかがいびき」などと決してあなどれません。 しかし適切な診断、治療を行うことで、症状は大幅に改善し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らすことができます。 当院では睡眠時無呼吸の検査を行っております。 もし今、少しでも気になることがございましたら、是非お気軽にご相談ください。 点滴治療 自由診療になりますが、皆さんの健康に役立つと考えられるものを用意しております。 プラセンタ注射 プラセンタは西洋東洋を問わず、紀元前から薬として使われてきた長い歴史があります。 そのため、肌への好影響だけでなく、更年期障害・喘息・アトピー性皮膚炎等アレルギー疾患・肝斑(しみ)などの疾患への効果も期待できると考えられています。 価格 初診料 2000円 プラセンタ 1A 1000円 プラセンタ 2A 1900円 ビタミン点滴 日々不足しがちなビタミン。

次の

上尾の歯科医院 そらいろ歯科クリニック|埼玉県上尾市の歯医者

そら いろ クリニック

webからご希望をいただいた場合、その時点で空きがなくても、後日キャンセルが出た場合メールでお知らせしますので、 をご利用ください。 お電話より予約が取りやすくなります。 <新型コロナウィルス対策について> 風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、マスク着用などの咳エチケットや手洗いの実施がとても重要ですので感染症対策に努めていただきますようお願いいたします。 なお当院では新型コロナウィルスの検査及び診断は行えません。 通院中の患者様につきましては、体調不良などの理由で来院が難しい場合は、お電話でご相談ください。 2020. 1 土曜診療のお知らせ 6月13日・27日 7月11日・18日10:00〜13:00 その他診療時間の変更等は でご確認ください。 インタヴュー記事 ドクターズファイル 雑誌の記事まとめ GLITTER「心の病気」で、院長のコメントが掲載されています。 an 1994号"カラダにいいことはじめよう"で、院長高橋のインタヴュー記事。 「清流」院長高橋のインタヴュー記事。 テーマは、「女ともだち」について。 Hanako特別編集カラダ徹底メンテBOOKでおすすめのクリニック。 診療案内 そらクリニック外苑前は、女性医師による女性のための完全予約制メンタルクリニックです。 うつ、不安、不眠などの相談はもちろん、職場のメンタルヘルス、家庭内の悩みについてもお気軽にご相談ください。 スタッフも全て女性ですのでご安心ください。 診察の結果、適切な治療を提案します。 必要な場合は、臨床心理士によるカウンセリングも行います。 予約についての詳細は、「 」をご覧のうえ、ご連絡ください 現在ご予約が混み合っておりますが、webの予約フォームをご利用になりご希望をいただければ、空きが出た場合にこちらからご連絡します。 ご注意下さい。 祝日はお休みです。 また夏休み、冬休みなどがあります。 詳細は でお知らせします。 facebook.

次の