絶品 料理 レシピ。 伊勢丹シェフが教える 簡単&絶品!「鴨肉」レシピ

ハレとケのレシピ 絶品トマト料理6品

絶品 料理 レシピ

鶏、豚、牛。 家で作るお肉料理の素材バリエーションといえばたいていこの3パターンで、料理もマンネリ気味……。 年末に向けて、手軽にごちそう感を演出できる素材があるならぜひ知りたいところです。 「そんなときにおすすめなのが、鴨肉です」。 そう語るのは、肉料理といえばこの人、伊勢丹新宿店「アイズミートセレクション」の岩田晴美シェフ。 その選択肢は今までありませんでした。 「扱ったことのない肉は難しいと思いがちですが、鴨肉は下処理も不要で、レシピも意外とシンプル。 簡単なのに本格的な『ごちそう』の雰囲気が出せるので、肉料理にマンネリを感じている主婦の方や、趣味で料理を嗜む男性にもぜひチャレンジしてみてほしいです」 今回はプロ直伝、おもてなしにもぴったりな「鴨肉のバルサミコソース りんごのソテー添え」を紹介します! はじめての鴨肉レシピ、ポイントはたったの2つ! 今回のシェフのレシピのポイントは以下の2つです! 材料(2~3人分)• 鴨肉…1~2枚• ミックススパイス…適量 <りんごのソテー>• りんご…1個• グラニュー糖…15g• バター…適量• レモン…1個 <じゃがいものガレット>• じゃがいも…2個• バター…適量 <その他の付け合わせ>• きのこ(今回はポルチーニ茸とジロール茸を使用。 しいたけ、マッシュルームなどでもOK)…適量• 塩、こしょう、パセリ…各適量 <ソース>• 「レンジで温めることによって、焦げやすいバターの『乳清』が分離します。 ちなみにじゃがいもは水にさらしません。 さらすとでんぷんが溶けて、じゃがいも同士がくっつかなくなってしまうためです。 キツネ色になったらひっくり返して、両面を焼きます」 <付け合わせのきのこ、玉ねぎを焼く> じゃがいものガレットを焼いたフライパンにきのこ、エシャロットを入れ、強火で焼く 食べやすく切ったきのことエシャロットのみじん切りを炒め、焼き色がついたら塩、こしょうで味を調え、刻んだパセリをふりかけます。 噛むほどに鴨肉のうまみが……! いつもの鶏肉とは全く違う味わいに感動。 じゃがいものガレットのパリパリ感、りんごのソテーの甘酸っぱさと、口の中で味わいが次々と変化していき、再び鴨肉へ……ああ至福。 これは、ワインがいくらでも進んでしまいそうです! 先入観を持たず、新しい料理にもチャレンジして! 鴨肉料理、と聞いて構えてしまいましたが、実際に手順を見てみると確かにシンプル。 「今回付け合わせを3つ提案しましたが、組み合わせを考えて、できるところからで大丈夫。 難しいポイントや技は、本来は必要ないんです。 遊びゴコロを持ちながら、基本に素直にチャレンジすることが、いちばん料理の上達につながると思います」 華やかな見た目は、パーティや週末のディナーにもぴったりです。 ぜひチャレンジしてみてください!.

次の

ハレとケのレシピ 絶品トマト料理6品

絶品 料理 レシピ

Contents• 2.一口大に切り分けます。 3.卵を塩を入れてトッピング。 4.卵をフライパンで7割ほど火がとおるまで炒め、取り出します。 5.合わせ調味料を作ります。 7.合わせ調味料を入れ、卵を戻してさっと絡めます。 8.仕上げにレモンを絞って完成です。 トマトの冷やし麺 トマトのうまみだけを取った秘伝のタレが特徴です! <作り方> 1.よく冷やしたトマト(8個)を横2つに切り、中身の種とジュースを取り出し器によけておきます。 2.中身を取り出したトマトを細かく刻んで、塩を2つまみ入れてまぜます。 3.1. で取り出した種とジュースを裏ごしして、水分を取り出します。 4.ミキサーに、刻んだトマトと2の水分を入れて攪拌します。 5.ボウルにさらし布で濾した状態で一晩、 冷蔵庫に置きます。 (トマト水はどんどん風味が失われるので、冷たくするほどよいとのこと) 6.あさり(120g)、昆布(3cm角)、水(150ml)を沸騰させて2分ほど煮詰めます。 7.あさりの口が開いたら、ザルで濾します。 8.あさりの汁(100ml)に、一晩濾したトマト水(400ml)、米酢(小さじ2)、塩(小さじ1 を加えます。 9.トッピングを用意します。 10.牛肉のロース薄切りを塩コショウして片栗粉をつけて、さっとしゃぶしゃぶします。 牛ロース(120g)、塩・こしょう・片栗粉(少々)、すだち(2個) 11.茹でた麺をざるにあげてよく絞ります。 (にごりが入るとトマトのスープが台無しになるので要注意です! 12. 器から何から何までギンギンに冷やしておくのがコツ。 13.ミトマト、牛肉、すだちを絞っていれて出来上がり。 トマトのチャイニーズジャム トマト水を作った後のトマトでジャムを作ることができます!無駄がなくて素晴らしいですね。 トマトソースとしても使えます。 2.ソミュール液の材料を入れて沸騰させます。 3.耐熱容器にミニトマトとオレンジと熱々のソミュール液を入れて冷蔵庫で一晩ねかせて完成です。 トマトと桃のガスパチョ パーティでも目立つスープです。 トマトの甘味を桃が引き立てる効果があり、バランスのよい甘味になります。 <材料> トマト:3個 桃:1個 <作り方> 1.トマトと桃を一緒に湯むきします。 (トマト:5秒~8秒、桃:12秒くらい) 2.氷水にいれてから皮をむきます。 3.桃とトマトを細かく(2cm角)を切ります。 4.とろみの材料を作ります。 5.3と4をまぜて 冷蔵庫で一晩寝かせます。 6.一晩寝かせた5.をミキサーに入れてオリーブオイル(大さじ3)を加えて混ぜます。 1分くらい長くまぜることで滑らかな食感になります。 7.トッピングのサラダを作ります。 じゃこと鰹節を加えているところがポイント。 日持ちもします。 2.1.に(調味料)を加えてまぜます。 3.冷ややっこを用意します。 ちりめんじゃこ(20g)、削り節(2g)、ごま油(小さじ1)を フライパンでサクサクになるまで炒り、豆腐の上に乗せます。 4.3.の冷ややっこにトマトダレをかけて完成です。 きんめだいとトマトの炊き合わせ 煮魚はトマトとの相性が最高だそうです! トマトのグルタミン酸とカツオのイノシン酸でうまみがかけ算されます。 1.トマトをへたをとって半分に切ります。 3.2。 のフライパンにトマトを入れて、中火で焼きます。 4.だしを作ります。 だし(150ml)、しょうゆ(大さじ2)、みりん(大さじ2) 5.だしを3.のフライパンに入れてフタををしめて火を止めて30分ほど置きます。 6.お湯をわかしたお鍋にさし水をして温度を下げてから、金目鯛(切り身4切れ)をさっと入れて引きあげます。 8.フライパンに水(270ml)、酒(270ml)、みりん(140ml)、砂糖(50g)、ごぼう(1本5㎝くらいに切ったもの)を入れます。 9.おたまでかき混ぜながら1分強くらい沸かし、しょうゆ(130ml)を入れて低温にしたところで、金目鯛を入れてフタをして煮ます。 11.キンメダイと煮野菜を盛り付けて完成です。 早速作ってみませんか?.

次の

リュウジのバズレシピ.com

絶品 料理 レシピ

鶏、豚、牛。 家で作るお肉料理の素材バリエーションといえばたいていこの3パターンで、料理もマンネリ気味……。 年末に向けて、手軽にごちそう感を演出できる素材があるならぜひ知りたいところです。 「そんなときにおすすめなのが、鴨肉です」。 そう語るのは、肉料理といえばこの人、伊勢丹新宿店「アイズミートセレクション」の岩田晴美シェフ。 その選択肢は今までありませんでした。 「扱ったことのない肉は難しいと思いがちですが、鴨肉は下処理も不要で、レシピも意外とシンプル。 簡単なのに本格的な『ごちそう』の雰囲気が出せるので、肉料理にマンネリを感じている主婦の方や、趣味で料理を嗜む男性にもぜひチャレンジしてみてほしいです」 今回はプロ直伝、おもてなしにもぴったりな「鴨肉のバルサミコソース りんごのソテー添え」を紹介します! はじめての鴨肉レシピ、ポイントはたったの2つ! 今回のシェフのレシピのポイントは以下の2つです! 材料(2~3人分)• 鴨肉…1~2枚• ミックススパイス…適量 <りんごのソテー>• りんご…1個• グラニュー糖…15g• バター…適量• レモン…1個 <じゃがいものガレット>• じゃがいも…2個• バター…適量 <その他の付け合わせ>• きのこ(今回はポルチーニ茸とジロール茸を使用。 しいたけ、マッシュルームなどでもOK)…適量• 塩、こしょう、パセリ…各適量 <ソース>• 「レンジで温めることによって、焦げやすいバターの『乳清』が分離します。 ちなみにじゃがいもは水にさらしません。 さらすとでんぷんが溶けて、じゃがいも同士がくっつかなくなってしまうためです。 キツネ色になったらひっくり返して、両面を焼きます」 <付け合わせのきのこ、玉ねぎを焼く> じゃがいものガレットを焼いたフライパンにきのこ、エシャロットを入れ、強火で焼く 食べやすく切ったきのことエシャロットのみじん切りを炒め、焼き色がついたら塩、こしょうで味を調え、刻んだパセリをふりかけます。 噛むほどに鴨肉のうまみが……! いつもの鶏肉とは全く違う味わいに感動。 じゃがいものガレットのパリパリ感、りんごのソテーの甘酸っぱさと、口の中で味わいが次々と変化していき、再び鴨肉へ……ああ至福。 これは、ワインがいくらでも進んでしまいそうです! 先入観を持たず、新しい料理にもチャレンジして! 鴨肉料理、と聞いて構えてしまいましたが、実際に手順を見てみると確かにシンプル。 「今回付け合わせを3つ提案しましたが、組み合わせを考えて、できるところからで大丈夫。 難しいポイントや技は、本来は必要ないんです。 遊びゴコロを持ちながら、基本に素直にチャレンジすることが、いちばん料理の上達につながると思います」 華やかな見た目は、パーティや週末のディナーにもぴったりです。 ぜひチャレンジしてみてください!.

次の