履歴 と web サイト データ を 消去。 Googleの検索履歴を消す方法!PC・Android・iPhoneなど解説 [インターネットサービス] All About

iPhoneのSafariでサイト閲覧履歴を消去する時に注意すべき事!

履歴 と web サイト データ を 消去

iPadで履歴とWebサイトデータを消去ができない場合のメモ Safariでは、閲覧したウェブサイトの履歴を残しておくことができる。 閲覧履歴を 履歴とWebサイトデータを消去での消去ができない場合の解決方法。 前提 ・実機:iPad iOS 12. 1 ・iPadには、ペアレンタルコントロール(親による制限)を設定。 ・ iPadには、 親 管理者 のAppleIDとは別に 子ども用Apple IDを用意。 iPadは、 子ども用Apple IDで動作する状態。 状況 ・ iPad上のSafariで、閲覧履歴がある。 ・ iPad上のSafariで、 履歴とWebサイトデータを消去の文字がグレーアウトしたまま。 グレーアウトした部分に触れても反応しない。 (履歴が消去できる場合は、青字で表示されているはず。 解決方法・手順• iPhoneの設定画面。 設定>スクリーンタイム スクリーンタイムオフを選択• まとめ 今回は、少々特殊なケースと思われる。 通常、 履歴とWebサイトデータを消去で、Safariでのウェブサイト閲覧履歴は消去されるので、グレーアウトしててどうにもならない場合、スクリーンタイムをオフを疑ってみるのも一つかと。 ポイントは、スクリーンタイムをオフにするのは、 親 管理者 のiPhone でって部分。 Mac Mojave 10. 3 では、ファミリー共有のスクリーンタイム設定が見つけられず。 iPad, 履歴, Webサイトデータ, 消去, できない, iOS12, 子ども, ペアレンタルコントロール.

次の

Safariの閲覧履歴、Webサイトデータを消去する方法【iPhone/iPad】

履歴 と web サイト データ を 消去

閲覧履歴やキャッシュなどから個人情報が漏えいする危険が……。 他人のPCを使って返却する際や、PCを修理に出す際、Webブラウザの閲覧履歴やキャッシュをそのままにしておくと、そこから個人情報やパスワードなどが漏えいしてしまう可能性がある。 また、キャッシュの影響によって、Webページが正常に表示されない、といった不具合が発生することもある。 このような場合、閲覧履歴やキャッシュなどのデータを削除(クリア)して、個人情報を守ったり、不具合を解消したりしよう。 本Tech TIPSでは、「Microsoft Edge」で閲覧履歴やキャッシュを削除する方法を解説する。 なお、Microsoft EdgeはWindows 10に標準でインストールされているバージョン(以下、Microsoft Edge)に加え、Chromiumをベースに開発した新しいMicrosoft Edge(以下、Chromium版Edge)がある。 それぞれで削除方法が若干異なるので、別々に解説していく。 両者を区別する方法についてはTech TIPS「」を参照していただきたい。 Microsoft Edgeの場合 Microsoft Edgeの場合、アドレスバーの右側にある[…]アイコンをクリックし、表示されたメニューをスクロールして、一番下の[設定]を選択する。 [設定]メニューに切り替わるので、左側のアイコンで[プライバシーとセキュリティ]を選択する。 [プライバシーとセキュリティ]メニューになったら、[クリアするデータの選択]ボタンをクリックする。 [閲覧データの消去]メニューになるので、ここで削除したいデータの項目を選択する。 Microsoft Edgeで閲覧履歴などを削除する(3) [閲覧データの消去]メニューに切り替わるので、ここで削除したいデータの種類を選択し、[クリア]ボタンをクリックする。 PCを修理に出す場合などは、全てのデータの種類をチェックしておくとよい。 他人のPCやPCを修理に出すような場合は、全てのデータを削除した方がよい。 ただし、Webサイトからログアウトされたり、ログイン時にID/パスワードの自動記入ができなくなったりするので、ID/パスワードは別途控えておいた方がよい。 Webページが正常に表示されないといった不具合の場合は、「Cookieと保存済みのWebサイトデータ」と「キャッシュされたデータとファイル」を削除すればいいだろう。 Chromium版Edgeの場合 Chromium版Edgeの場合、アドレスバーの右側にある[…]アイコンをクリックし、メニューの[設定]を選択する。 新しいタブで[設定]画面が開くので、左ペインで[プライバシーとサービス]を選択する(左ペインが表示されない場合は、Chromium版Edgeのウィンドウを広げるか、左上隅にある[三]アイコンをクリックする)。 右ペインが[プライバシー]画面に切り替わるので、「閲覧データをクリア」欄の[クリアするデータの選択]ボタンをクリックする。 [閲覧データをクリア]ダイアログが開くので、削除する時間の範囲を「すべての期間」「過去4週間」「過去1週間」「過去24時間」「過去1時間」から選び、削除したいデータの項目を選択して[今すぐクリア]ボタンをクリックする(パスワード以下はスクロールしないと表示されないので注意)。

次の

iPhoneのSafariでサイト閲覧履歴を消去する時に注意すべき事!

履歴 と web サイト データ を 消去

iPhoneやiPadの標準ブラウザであるSafariですが、ちょっといかがわしいサイトを見てしまった時に、Safariの閲覧履歴を消去したいですよね。 とくにSafariを新規タブで開いたときに残る、「よく閲覧するサイト」とか便利ですけど、もし人に見られたら嫌だなあというサイトもあるかもしれません。 また、履歴やWebサイトデータが貯まっていると、ストレージの容量を圧迫してしまい、SafariだけではなくiPhoneやiPadが重くなってしまう原因となります。 なので、定期的に閲覧履歴などは消去したいものです。 そこで今回はSafariの閲覧履歴、Webサイトデータを消去する方法を3つに分けてご紹介します。 よく閲覧するサイトが新規タブに表示されなくなる• ログインを保存している場合、すべてログアウトされる• クッキーも消える 弊害といってもこの程度です。 再ログインは面倒ですが、パスワード履歴や自動入力は別で管理しているので消えません。 人によっては、IDやパスワードの入力バーをタッチするだけで、入力候補が表示されるかと思います。 もし、自分の保存しているパスワード等を見たい場合は、【 設定 > Safari > パスワード】経由で閲覧しましょう。 この画面で、保存しているパスワード等も消すことが可能です。 Safariの閲覧履歴とWebサイトデータを一気に消去する まずは 一気に閲覧履歴とWebサイトデータを消去する方法です。 これが一番手っ取り早くて簡単な方法かもしれません。 手順を説明します。 設定アプリを起動して、Safariをタップしてください。 Safari画面の下の方に「 履歴とWebサイトデータを消去」という項目がありますので、タップして履歴とWebサイトデータを一気に消去します。 画像にもある通り、履歴やクッキー、iCloudアカウントにサインインしているデバイスから履歴が消去されることになるので、一読してから消去するようお願いします。 一気に消去するのは非常に楽ですが、個別にそれぞれ消したい人もいると思いますので、そちらも紹介します。 Safariの閲覧履歴のみ消去する まずは Safariの閲覧履歴のみ消去しましょう。 閲覧履歴を消去する場合は、一気に消去するのとは違い、Safariアプリから行います。 Safariを開いたら、右下の本みたいなマークをタップしてください。 すると、ブックマーク画面に移動しますので、履歴をタップしてください。 一気に履歴を消去する方法と、1個ずつ履歴を消去するやり方が存在します。 まず、1個ずつ履歴を消去するには、一覧表示された履歴を左方向にスワイプします。 すると、削除というマークが出現するので、消したい場合はタップしてください。 もうひとつの一気に消去する方法は、画面右下の「消去」ボタンをタップしてください。 すると、どのくらいまでの期間の履歴を削除するか選択することができます。 お好みで消したい履歴期間を選択してください。 Safariの閲覧履歴を消去する方法はの紹介は以上となります。 SafariのWebサイトデータのみ消去する では最後に、 Webサイトデータのみを消去してみましょう。 これも簡単なのですぐに終わります。 まずは設定アプリを開いて、下の方にあるSafariをタップしてください。 Safari画面の一番下に「詳細」という項目があるのでタップしてください。 詳細画面の一番上にWebサイトデータがあるのでタップします。 個別に削除するには編集ボタンを押して、消したい項目をタップ。 すべて消去したい場合は「 全Webサイトデータを消去」をタップします。 これでWebサイトデータのみを消去することができました。 Safariが重かった人も少しは軽くなったかもしれませんよ。 閲覧履歴が消去できない場合の対処方法 人によっては、Safariの履歴消去ボタンが非活性だったりして閲覧履歴を消去できないようです。 その場合は、「 機能制限」をオフにしてみましょう。 機能制限をオフにするには、設定アプリを開いて、一般をタップします。 一般画面の真ん中くらいに「機能制限」という項目があります。 オンになっている場合はオフにしてあげましょう。 タップすると、4桁のパスワードを求められますので入力。 そして、「 機能制限を解除」をタップして再度パスワードを入力すれば完了です。 もし、閲覧履歴の一覧を見ることができても、右下にある「消去」ボタンがグレーの非活性だったりしてタップできない場合は、Safariの機能制限が掛かっている可能性もあります。 その場合は、機能制限をオフにしてあげることで解決する場合が多いので、ぜひ試してみて下さい。 最後に 以上が、Safariの閲覧履歴とWebサイトデータを消去する3つの方法でした。

次の