アルバハhl。 さとうは風マグナ(ゴブロ無し)でアルバハHLソロにチャレンジした|氷砂糖|note

【グラブル】アルバハHL・初心者光マグナでの攻略編成立ち回り

アルバハhl

・今までのアルバハHL みなさんが知っての通り、アルバハHLのドロップにはヒヒイロカネが設定されています。 僕は基本毎日アルバハHLの自発をしていますが、自発者以外にもヒヒイロカネのドロップがあるという理由で人がすぐに来てくれる印象がありました(僕も暇なときには救援で入ったりしてました)。 ・ 最近のアルバハHL 最近のアルバハHLは強いキャラや武器が増えた為か、敷居が下がっているように感じました。 少し前は6人全員がちゃんと動かないと失敗することもあったのに、今は適当に殴るだけで普通にクリアできちゃいますからね。 その為か、最近は自発者を募集して5人で高速狩りを行う 自発放置部屋なんていうのも共闘部屋でよく見かけますよね。 この方法で高速狩りを行い、ヒヒイロカネを100個ドロップした人もいるらしいです…羨ましい。 しかしながら、今回のヒヒイロカネドロップ調整はこの自発放置部屋が原因であるという噂が巷で囁かれているみたいです。 まあ十天衆の解放や終末5凸以外にも普通に武器の上限解放にも使用できるものを100個も200個も簡単に手に入れられると流石に運営もまずいと思ったんでしょうね。 金箱からのヒヒイロカネドロップ率が引き下げられ、代わりに自発箱からのドロップ率が引き上げられました。 自発箱の方は分かりませんが現在有志の方が行っているドロップ検証では、ヒヒイロカネの金箱ドロップ率は約 0. …すごい下げられましたね。 ・ ここで起きる問題 アルバハHLの金箱からのヒヒイロカネのドロップ率を0. 3%から0. 05%にまで下げたことによって何が起こるでしょうか? まず救援に来てくれる人は減るんじゃないかなと思ってます。 アルバハHLの救援に行くよりアーカーシャHLとかグランデHLに行った方がドロップする期待値は高いですからね。 ヒヒイロカネの荒稼ぎを防止するためには仕方のないことだったのかもしれませんが、まだアルバハHLをクリアしたことのない初心者でも自発するだけで簡単にオメガユニットを得ることができる環境がなくなってしまうのは新規が強くなりにくい状況になってしまうんじゃないかなと思います。 多分そのために天破の祈りがあるってことなんでしょうけど、天司の光輪を集めるのもめんどくさいって感じる人結構多いんじゃないでしょうか? 初心者以外にも、毎日アルバハの自発を日課にしている人(僕もです)は天破の祈りなんてほぼ使わないでしょうから、これから救援に来てくれる人がどんどん減っていく事態になんらかの解決策を考える必要があります。 例えばですが、自発じゃなくて6連部屋を作れば、自発したいという他の人も集まりやすいんじゃないかなと思います。 ただ、時間かかるし6連やっても金箱の効率落ちてるのでうまみがあんまりない等のデメリットもありますが… なんにせよ、今回のアルバハHLのドロップ調整は自発者だけが得をするようなシステムになってしまって救援する人のうまみが殆どなくなってしまっているのが問題かなと思ってます。 せめて半分の0. なんか愚痴を垂れ流すみたいになってしましましたが、今回の記事はこれくらいにしておこうと思います。 アルバハHLの救援は確かにうまみがあまり無くなってしまいましたが、それでも一応ドロップそのものは消されてないので掘り続ける!という人は是非頑張ってください(僕のような自発オンリーの人も助かります)。 あ、あと前回の記事では次はライジングフォースでアーカーシャHLの攻略記事を上げるつもりだと言ったんですが、あれテュポーン4凸が必須みたいなんですよね…僕は無凸しかもってないので厳しいですごめんなさい。 なので次に紹介するとしたらライジングフォースではなくソルジャー編成の紹介になると思います。 投稿ペースも流石に遅すぎるので、これからは紹介記事以外にも定期的に更新していけたらいいな~と思ってます。 では長くなりましたがまた次回の記事で。

次の

【グラブル】闇属性で挑むアルバハHLソロ【1回目】

アルバハhl

準備編 初見でも遠慮は無用 団が参加に条件をつけずに(誰でもウエルカム)募集している場合は基本的に 戦力は不問と考えていいです。 初見であってもまったく問題ありません。 ただしアルバハHLは注意点がいくつかあるので初見の場合は 事前に初見である旨は伝えるようにしてください(後述するスタンプと超越)。 装備がまだ揃っていなかったり必要な石(トール等)を持っていないと「寄生するの悪いから」といった理由で遠慮してしまう方もいると思いますけど、少なくとも団内ではそういう遠慮は無用です。 アルバハHLは初見で戦力になるのが困難(装備が揃っていたとしても)なマルチなので、そういったことを気にする必要はまったくありません。 主催する立場で 一番辛いのは団員が誰も来てくれないことです。 シュヴァ剣が多ければ多いほどHPが高くなって動きやすくなりますが、具体的な必要本数等を書くと心理的なハードルを上げてしまうのでここではあえて書きません。 光よりHPを高くできる属性が他にあるならそちらでの参戦もアリです。 不慣れな内はかばう持ちキャラを2人入れる アルバハHLは軽減不可の無属性多段攻撃を使用してきます。 この攻撃(無属性シリウス)はファランクスが無効で運が悪いと HP100%状態であっても主人公が死ぬ可能性がある非常に危険な技です。 この無属性シリウス対策として最も有効なのがかばう持ちキャラにかばわせるという方法です。 これは無属性シリウスをかばわせたときのSS。 かばったキャラは当然即死しますが、それ以外の3人はまったくの無傷。 主人公が落ちる可能性がゼロになるので安心して通過することができます。 無属性シリウスの使用回数は2回(50%トリガーと40%トリガー)なので、かばうキャラを2人入れることで実質ノーリスクで乗り切ることができるようになります。 かばうキャラがいない場合は自身の敵対心をアップさせるキャラを入れて無属性シリウスを引き付けるやり方もあります。 ただしかばうと違って確実ではないので、この方法で無属性シリウスを受ける時は必ずポーションなどで 主人公のHPを90%以上にしてから通過すること。 こうすることで75%のバースでメンバーチェンジが発生してAがサブに引いてもBがフロントに出てくるのでそれに50%のシリウスを受けさせることができます。 先日実装されたガイゼンボーガも一応記載しておきましたが、取得してる人は果たしているのだろうか・・・ サブ抜き編成はアルバハ上級者になるまで厳禁 アルバハHLに慣れている人はサブを抜いたフロント4人のみの編成にしているケースが目立ちますが(75%のバースでメンバーチェンジを発生させない為)、慣れていない内は絶対に真似しないでください。 ジョブとアビリティ ジョブはスパルタ一択 慣れてない内はファランクスを撃つタイミングを覚える意味でもスパルタ推奨。 セージはある程度慣れてからのほうがいいでしょう。 スパルタ・セージ以外のジョブで行くのはNGです。 EXアビリティはリヴァイヴ(蘇生)とクリアオールを入れるのがテンプレ編成となります。 特に不慣れな内はリヴァイヴがあったほうが心理的に安心感が生まれて動きやすくなると思います。 参戦者のアビリティ通知をONにしよう 通常のマルチだと鬱陶しいと感じる参戦者のアビリティ通知機能ですが、アルバハHLではファランクスの無駄打ち(重複)を避けるために重要となります。 スポンサーリンク 実戦編 ハイ!スタンプを押す箇所は3か所 アルバハHLは参戦者がトリガーを踏むたびにデバフが消去されるといった厄介なギミックがあるので、参戦者間での連携が必要になります。 現在のアルバハHLでは以下の3か所でスタンプを押す必要があります。 95%(ダイダロスウイング) 95%の特殊行動「ダイダロスウイング」が発動する度にアルバハに高揚という厄介なバフが付きます。 これは全員が95%を通過してから消さないとディスペルで消したその直後に再び高揚が付いたりするのでそれを防ぐためです。 不慣れな内は 必ず「ダイダロスウイング」の発動を目視してからスタンプを押すようにしてください。 70%(神撃) 70%の特殊行動「神撃」は発動するとアルバハに付与されているデバフが2つ消えます(参戦者ごとに)。 ここで一発目のトール(70トール)を撃ってアルバハにデバフを入れることになりますけど、全員が70%を通過してからトールを撃たないとせっかく入れたトールデバフが消えてしまうので、それを防ぐために70%を通過しましたという合図を送るためにスタンプを押します。 10%(ビッグバン) 70%の「神撃」は消去されるデバフは2つでしたが、こちらは誰かが10%を踏むたびにアルバハのデバフが全消去されます。 70%は一人通過してない人がいたとしてもデバフが全て消えるわけではありませんけど、こちらは一人通過してない人がいたらせっかくのトールデバフが全消去されてしまいしかも再度トールを入れることはほぼ不可能になります。 繰り返しになりますが 不慣れな内は必ず特殊行動を視認してからスタンプを押してください。 HP50%から31%の間は絶対にチャージMAX技を発動させない アルバハHLには 「理の超越」という発動させた瞬間に全ての参戦者が全滅する技があります。 発動条件はHP50%~31%の区間でチャージMAX技を発動させること。 上のSSのような状態で攻撃ボタンを押してしまうと「理の超越」が発動してしまい全ての参戦者が全滅してしまうので絶対にこの状態で攻撃ボタンは押さないようにしてください。 HP100%~HP75%の区間(特にHP90%台)はターゲッティングに注意 赤い印(ターゲッティング)がついた状態でターンを進めると「レギンレイヴ」という非常に強力な多段攻撃を使用してきます(トリガーとタイミングが重なった場合はトリガー優先) 「レギンレイヴ」を素受けするとパーティーが半壊するので必ずクリアで解除してから動くようにしてください(自分でクリアが使えない時は他の参戦者にクリアオールをかけて貰うまで待機) 慣れるまでは行動表を横に置いてそれを見ながら動く 下にまとめていますが、アルバハHLはHPトリガーの数が非常に多く覚えるのが大変です。 慣れるまではネットにある行動表などを横に置いてそれを見ながら戦うことをお勧めします。 無論その間はリロ殴りなどは厳禁。 厳密には素受けしてもいいトリガーと絶対にカットしないといけないトリガーがありますけど、慣れてない内は無属性シリウス等一部を除いて必ずファランクスがかかった状態でトリガーを受けるようにしてください。 団主催のアルバハHLは装備とかキャラの有無は気にせず積極的に参加しよう 今回の記事にはアルバハHLで必要となる装備レベルといった情報はあえて書いていません。 これはそういった情報を書いてしまうとそれを満たしていない人が団のアルバハHLに参加しにくくなってしまうのでそれを防ぐ為です。 団のアルバハHL参加の敷居はできるだけ低くしたい 個人的には〇〇を持ってないとダメとか言うぐらいなら最初から団で募集すべきではないと思います(速度が出ない人とやりたくないのであれば野良で高ランク限定募集でもすればいい) 完全に赤の他人である野良だと話は変わってきますけど、団内のアルバハHLに関しては無理しない範囲で気軽に参加してもらえたら嬉しいです。

次の

【グラブル】アルバハHL・初心者光マグナでの攻略編成立ち回り

アルバハhl

今回挑戦した編成を紹介しますね!! まず主人公はスパルタでは無く セージをチョイスしてみました。 過去に水セージで初クリア出来たから正直スパルタ よりも戦いやすいという経験談で選びましたw スパルタだとどうしてもカット手段が5ターン毎です。 アビリティ選択としてグラビティやスロウを積みたい所なのですが 主人公にセットしたいアビリティが多すぎて 終末4凸の火力低い編成だと70カットよりも回復や復活を優先した方が 継続して戦線を維持出来たというお話。 アビリティは クリアオール・リヴァイヴ・ディスペルシージ。 キャラ編成は解放フュンフ、アンチラ、ゾーイです!! サブにルシオを投入。 計5人! 私ここでやっちゃいけないミスを犯してますwwww 理由は後述・・・ まぁ結果的に何とかなりましたけどもねw 武器編成。 とにかく火力が出ないので 黄龍槍5凸で奥義火力を高めてあげましょう!! スパルタで挑戦する場合は バフ効果があるオメガ剣やコロゥ剣がオススメ!! 最近出たコスモス武器4凸のおかげで ダメージの上限が上がりました。 しかしアルバハHLソロでは満足にデバフ下限にするのは非常に難しい上に 終末4凸編成の場合火力が出せず時間が掛かるので トールで下限まで下げても気づいたらデバフが時間経過で解除されるのが 本当にキツイ。 だからこそのアンチラの4アビによる 消去不可永続デバフが重要だったりします!! 今回は純光でクリアしましたが余りにも時間掛かりましたねw 武器編成で1つミスしてました!! 終末武器4凸の ペンデュラムを変え忘れてますwwww そもそも奥義上限だったんですけど 古戦場2000万編成用にデルタペンデュラムのままにするという失態w なのでもっとタイムは速くなりますね^^ 召喚石編成はルシフェル5凸をメインにし、 フレンドを神石のゼウス4凸にしました!! ゼウス4凸の効果でバリアの耐久がかなり凄いと聞いていたのですが 実際凄かった・・・ ゼウス様すげぇ。 カットない時や痛いトリガーに合わせて使うと良いね! 黒麒麟2枚も入れましたが、正直1枚で良かった。 もう片方をハールートマールートにしてサブ効果でDA率上げたかったゾ。 最後に最初の方で編成をミスったと書きましたが、 それは15%の破局のとこの対処法で バランス調整後のルシオの3アビ効果で闇属性100カット2ターンって 書いてあってな?これ味方全体という意味かと思ったら 普通にルシオのみという糞雑魚ナメクジだったというお話。 いやぁ弱くは無いんだけど 存在が存在だけにそれぐらいはやって欲しかった感。

次の