モバイル パスモ 定期。 カード型定期券をモバイルSuicaへ移行(引き継ぎ)する方法が簡単だったので解説

「モバイルPASMO」2020年春スタート スマホでチャージ&定期券購入OK

モバイル パスモ 定期

結論:ApplePay アップルペイ はPASMO パスモ の定期に未対応… 出典: ApplePayはPASMOに対応しているの…? PASMOを持っていてこんな疑問を持った方も多いでしょうが、 結論ApplePayはPASMOには対応されていません。 0以上がインストールされた「おサイフケータイ」に対応するスマホのみであり、 iPhone iOS に対応したモバイルPASMOの導入は現状未定です…。 によれば、今後のPASMOのApple Payへの対応に関するPASMO協議会の広報担当者からの回答は「対応するかどうかも含めて、現時点では未定」だったそう。 Apple Payの対応については、PASMO協議会の広報担当者に聞いたところ「対応するかどうかも含めて、現時点では未定」という玉虫色の回答でした。 Apple Payの対応についてはアップル側での作業が必要となるため、Androidでのおサイフケータイ対応よりも一段ハードルが高いものと思われます。 ApplePay アップルペイ で使える交通系電子マネーは現状Suicaのみ 出典: なんだ、Apple PayでPASMOは使えないのか…。 と思われたかもしれませんが、 現状ApplePayで利用できる交通系電子マネーはSuicaのみです。 SuicaならApple Payを使って全国で利用できる 出典: SuicaならApple Payに登録して全国各地で改札をくぐり抜けることができる上、対応店舗でスマホ決済に使うことも可能です。 カードの種類を「Suica」に選択し、最初にチャージする金額を設定して「追加」をタップします。 利用規約に同意後、Apple Payに登録したカードを使ってSuicaの残高へチャージしましょう。 という方は、是非安心と信頼の三菱UFJグループが提供しているに登録してみてください! なぜApplePay アップルペイ でPASMO パスモ に登録やチャージができないの? では、なぜPASMOはApplePayに対応しておらず、モバイル版のPASMOも存在しないのでしょうか。 によると、PASMOがモバイル化に対応されない大きな理由として、• 技術的ハードル• 予算的ハードル といった2つが掲げられています。 また、PASMOの潜在的なモバイルユーザーに対し「アプリやシステムの開発と運用のリターンを得られるのか」といった予算的部分も懸念点であるとされています。 ・エリアの会社が多すぎて足並みを揃えられないからでは。 ・金がかかりすぎて難しいでしょう。 モバイルSuicaはJR東日本のように、資金力が桁違いに高い企業だからできたことです。 ・モバイルSuicaさえ会員数が頭打ちになり、JR東日本がAppleにヘルプを求めたくらいなので、PASMOは無理でしょうね。 PASMOでポイント還元サービスがスタート! 出典: 2019年10月1日より、PASMOの利用でもポイントが還元されるようになりました。 出典:• キャッシュレス・消費者還元事業とは? 2020年6月までの間、日本政府がキャッシュレス決済の普及を促進するべく、キャッシュレス決済を導入する店舗と、それを利用する消費者の双方を支援する事業のこと。 なお、PASMOでポイント還元を受け取る為にはポイント還元サービスに登録する必要があるので、気になる方はから登録してみてください! 「モバイルPASMO」が商標出願?いつApplePayにも対応される? とは言うものの、 2017年には株式会社パスモによって「モバイルPASMO」が商標出願されています。 その商標出願2107-122035によると、モバイルPASMOは腕時計型携帯情報端末、スマートフォンなどを対象とし、Suicaと同様にモバイルアプリやApplePayなどで利用可能なサービスが想定されているようです。 では、果たして本当に「モバイルPASMO」という名のサービスが誕生するのでしょうか? しかし、以下のTweetによると、どうやらこの商標は先行して登録を行っただけだとされており、計画こそあるものの、現時点 2017年時点 で何も進んでいないとされているようです。 PASMO(西武鉄道)から返答あり。 「モバイルPASMOの商標登録については計画こそあるものの、現時点では何も進んでいない」「(先行して登録だけを行ったのか?)そういうことになる」 — J j17sf 今後PASMOがモバイル版で登場するのかはまだ定かではありませんが、最新の情報には常にアンテナを張っておくと良いでしょう。 iPhoneでPASMO パスモ を使えるようにするやり方はないの? ApplePayのアプリ内にPASMOを搭載させる事は現状難しいですが、iPhoneケースを使ってそこにPASMOのICカードを物理的に格納すれば、 実質的にiPhoneを使ってPASMOで決済する事が可能となります。 例えば、「」と呼ばれるiPhoneケースを利用すれば、iPhoneの裏側にICカードを格納する事ができます。 電波干渉防止シートとは、iPhoneから発生される磁気を防ぎ、ICカードの読み取りを可能にする為に用いられるシートです。 iPhoneでは磁気が発生しているので、それがICカードの読み取りを邪魔する一つの要因となってしまいます。 上で紹介した「」なら、電波干渉シートも付属しているので、すぐに利用できる状態になります。 まとめ:現状ApplePayでPASMO パスモ を設定することはできない• 2020年4月現在ApplePayはPASMOに対応されていない• 交通系電子マネーでApplePayが利用できるのは現状Suicaのみ• 「モバイルPASMO」がAndroid版でリリースされたものの、iPhoneでのリリースはまだ未定となっている 以上がApplePayに関するPASMOの対応状況についてでしたが、現状交通系電子マネーでApplePayに対応されているのはSuicaのみであり、 今後いつPASMOが対応されるのかも不透明となっています。 Suicaで定期券を発行するには、通勤区間にJR東日本の路線が挟まれないといけないので、 私鉄沿線でPASMOを利用するユーザーにとってここが不便となります。 ですが、今後PASMOが無事モバイル化してApplePayに搭載される可能性もあるかもしれないので、常に最新情報をチェックするようにしておいてください。 お急ぎください!.

次の

「モバイルPASMO」始動。私鉄ユーザーもスマホ定期対応

モバイル パスモ 定期

AndroidスマホでモバイルPASMOを発行する方法、初期セットアップ手順、注意点です。 ついにPASMOが「モバイルPASMO」としてAndroidスマホに対応しました。 ただ、サービス開始直後は、モバイルPASMOは、おサイフケータイに対応しているAndroidスマホのみで利用できます。 モバイルSuicaのようにiPhoneのApple Payには対応していません(今後も不明) さらにAndroidスマホでも機種によっては注意点、制限があります。 「モバイルSuicaを使っているとモバイルPASMOは使えない」という口コミをたくさん見ましたが、これはある意味で正解であり、間違いでもあります。 実際にモバイルSuica発行済のPixel 4にモバイルPASMOを発行して使ってみました。 この記事では、 おサイフケータイに対応しているAndroidスマホでモバイルPASMOを発行する方法(初期セットアップ手順)や注意点を紹介します。 【Android】モバイルPASMOの概要と注意点 最初に。 おサイフケータイ対応したAndroidがモバイルPASMOを使うことができる まず大前提ですが、AndroidスマホでモバイルPASMOを利用する場合「おサイフケータイ」に対応している機種が必要となります。 この辺は、モバイルSuicaと同じです。 ちょっと残念な仕様です。。 ちなみにPixel 4などモバイルPASMOとモバイルSuicaの両方が使えるスマホで両方とも発行した場合は、おサイフケータイアプリで交通系ICカードのメインカードを選択する必要があります。 メインカードに設定されているカードから支払いが行われたり、駅の券売機で現金チャージができたりするようになります。 関連記事: そもそもモバイルPASMOに対応していないAndroidスマホもある。。 また、モバイルSuicaは使えるけどモバイルPASMOは使えないというAndroidスマホもたくさんあります。 Z5以前のXperiaシリーズや発売から時間が経っているGalaxy、AQUOSなど様々です。 リンク: モバイルPASMOのためにモバイルSuicaを削除するなら残高の残りはAmazonギフト券などにして全額使い切っておくのがオススメ 話がそれますが、2枚のカードを発行できないAndroidスマホユーザーでモバイルSuicaからモバイルPASMOに切り替えるためにモバイルSuicaを削除するという人は、削除前にモバイルSuicaの残高を使い切っておくことをオススメします。 モバイルSuicaは、Amazonでの買い物にも使えます。 中途半端な残高が残っているという人は、Amazonギフト券を買うことで残高をきれいさっぱり0円にできるのでオススメです。 関連記事: モバイルPASMOは年会費無料。 定期券の発行もできる ただし18歳未満の通学用定期券には非対応 モバイルPASMOは年会費無料で利用できます。 実際に発行する際に会員登録がありますが、すべて年会費無料です。 また、モバイルSuicaでは対応していなかった私鉄の鉄道やバス事業者の定期券を発行することもできます。 ただし、モバイルPASMOの定期券は18歳以上が条件となるため、通学用定期券を購入できるのは、大学生以上ということになります。 既存のPASMOの定期券を引き継ぐこともできません。 「記名式」と「無記名式」あり 再発行ができる「記名式」がオススメ モバイルPASMOにも「記名式」と「無記名式」があります。 発行時に選択するのですが、これはよほどの事情がない限りは「記名式」を選択しておくことをオススメします。 モバイルPASMOに会員登録&記名式PASMOを発行しておくことで、紛失や故障などの際に再発行ができるためです。 モバイルPASMOのクレジットカードチャージ(オートチャージ含む)または駅の券売機での現金チャージに対応 モバイルPASMOのチャージ方法は、クレジットカードチャージまたは駅の券売機での現金チャージとなります。 クレジットカードチャージは、3Dセキュアに対応したVISA、Mastercard、JCB、アメックスで行うことができます。 条件付きですがオートチャージにも対応しています。 関連記事: 以上がAndroidスマホでモバイルPASMOを使う場合の概要と注意点です。 自分が持っているAndroidスマホがモバイルPASMOに対応しているか?と現在モバイルSuicaを利用している人は、共存できるか(モバイルPASMOとモバイルSuicaが両方発行できるか)を確認してからモバイルPASMOの発行をどうぞ。 対応しているAndroidスマホにGoogle PlayからモバイルPASMOアプリをインストールすることでおサイフケータイアプリ内にPASMOが表示されるようになります。 Pixel 4(SIMフリー版)でモバイルPASMOを発行して使ってみた Google PlayからモバイルPASMOアプリをダウンロードしてインストールします。 モバイルPASMOアプリを起動します。 「PASMOを発行する」をタップします。 定期券ありのPASMOか定期券なしのPASMOなのかを選択します。 今回は定期券なしのPASMOを発行しました(もちろん後からでも定期券が発行できます) 記名式か無記名式かを選択します。 モバイルPASMOの会員登録が開始されます。 登録は簡単で年会費無料でオートチャージや再発行もできるようになります。 必要情報を入力して進みます。 「PASMOの名称」に設定した名称が、Androidスマホ上でモバイルPASMOを表示した時に右上に表示されるようになります。 また、クレジットカード登録も同時に行えますが、後からでも登録できるのでここでは「クレジットカードを登録しない」を選択しました。 関連記事: モバイルPASMOの会員登録完了です。 Androidスマホ上でモバイルPASMOを確認することができます。 おサイフケータイアプリ上でもPASMOが有効化されていることが確認することができます。 PASMOの詳細(識別IDやID番号)、残額履歴やバス利用特典サービスの確認などもできる PASMOを起動してチャージ残額の横の「i」をタップします。 識別IDやID番号といったPASMOの詳細を確認することができます。 残高のチャージや利用履歴も確認できます。 ついにAndroidスマホで使えるようになったモバイルPASMO モバイルSuicaとの共存が微妙だけど自宅や通勤通学先がPASMO(私鉄やバス)圏内の人は是非どうぞ ついにAndroidスマホで使えるようになったPASMO。 私鉄やバスの定期券も発行できるなどJRではなくPASMO圏内に住んでいる、通勤通学先があるなど心待ちにしていた人も多かったのではないでしょうか。 モバイルSuicaと一緒に使えない機種が多いことやiPhoneのApple Payにも対応してない(今後対応するかも不明)のがちょっと残念ですが、モバイルSuica同様間違いなく役立つものなので、既存のPASMOユーザーでモバイルPASMOが利用できる条件を満たせる人は、ぜひ移行を検討してみてください。

次の

モバイルPASMO(パスモ)定期が使えないバス会社・電車路線

モバイル パスモ 定期

PASMO定期の方おまたせしました! 株式会社パスモから「」が 2020年春からスタートすると発表されました! その名のとおり、まず Android端末からサービスが提供されます。 定期券にも対応! モバイルPASMOは、FeliCa搭載のスマートフォン上に発行できる バーチャルなPASMOカード。 物理カードと同じく改札や店頭端末にピッとかざせば支払いができます。 すでにJRの「 モバイルSuica」が有名ですが、あれのPASMO版ですね。 いつでもクレジットカードからPASMOにチャージができたり、定期券の購入にも利用できます。 定期券の購入に対応する鉄道やバス会社は、をご確認ください。 あと、故障や紛失時にも窓口に行かずに再発行手続きができるのもいいですね。 「じゃあ、PASMOじゃなくてSuica定期券にすればいいじゃないか?」という話になるわけですが、定期券内に JRの路線が入らないユーザーは。 つまり、私鉄オンリーのユーザーは涙を飲んでPASMOカードをスマホケースの裏に忍ばせたりしていたわけです。 それが、このモバイルPASMOで一発解決! モバイルPASMOの利用には、Android 6. 0以上がインストールされたスマートフォンが必要です。 また、開始日や対応機種、詳細は3月初旬にあらためて発表されるそうです。 あれ、iPhoneは…? いえ、知らない子ですね。 2020年1月21日 16:01訂正:初出時、「iPhoneケースの裏に忍ばせたり」と記載しておりましたが、適切ではないため「スマホケースの裏に忍ばせたり」に変更しました。 Source:.

次の