ベルト コンベア 自作。 マルヤス機械−マテハンスクール−3時間目 ベルト蛇行調整の極意はあるのか

こんな複雑な仕分けができるの!? AIを利用したキュウリ仕分け機を農家が自作

ベルト コンベア 自作

11月20日 「なに作ろう?」と聞く私に、「車でないもの作ろう」とこうしろう、「なんにすっが?」とオウム返しなかず。 三人で意見を出しあう。 「回転ずし」、「ベルトコンベア」、「エスカレータ」、「ムービィングウォーク」。 三人寄れば文殊の知恵であるが、事故になる可能性もある。 もちろん原発事故ではないが、こうしろうとかずは3才違いである。 3才ぐらいの差だとライバル意識が強くどちらかの意見を採用すると、もう一方がふくれ面になったりする。 結局、ベルトコンベアを作ることになった。 今回は似たり寄ったりのアイデアだったので丸く収まった。 MindStormsにはゴム製のキャタピラが2本付いているので、ブルドーザーやベルトコンベアが作れる。 さすがに「回転ずし」は無理だった。 書籍『MindStormsパーフェクトガイド』を参考に三人で工夫しながら、ベルトコンベアを作成した。 ベルトを動かす仕組みにはウォームギアを使用した。 まるで2階から引越しのために荷物を降ろすような様子に、こうしろうが「勉強しまっせ。 親子の会話が減ったとお嘆きの方にも『MindStorms』はお奨めだ。 11月27日 建築中の家を作成し、ベルトコンベアを繋げる。 2階にベルトコンベアで資材を運ぶという設定である。 さて、ここで登場するのが「レゴのおじちゃん」である。 レゴの人形のことであるが、こうしろうとかずは「レゴのおじちゃん」と呼んでいる。 このレゴのおじちゃんに小道具を持たせ、キャラクターを設定して配置すると現場は一気に盛り上がる。 こうしろうが建築現場に配置したおじちゃんはトランシーバーを持った現場監督、かずはリヤカーを押してベルトコンベアの下まで荷物を運ぶおじちゃんを作成した。 私が作ったのは、マスクをかぶって斧を持ったジェイソンである。 「なんでやねん」とこうしろうが関西弁で突っ込んだりする。 12月4日 ベルトコンベアのプログラムを作成する。 「2階まで荷物を運んで、2階に着いたら停止し、おじちゃんが次の荷物をリヤカーで運んで来るの待ってまた動き出す。 こんな動きを繰り返すプログラムを作ってみよう」とこうしろうにもちかけた。 「うんうん」、「わかるか?」、「わからん」今日はやけにストレートである。 「RCX CODEを作成する画面にして、Stack Controllers(スタックコントローラ)開いてごらん。 」こうしろうがマウスをクリックする。 「そこに、Repeat(リピート)ってあるやろ、うんそれそれ。 」英単語がわかるようなわからないような、こうしろうに説明するために、私の指はポインティング・デバイスと化す。 「Repeatはね、End Repeatとペアで使ってその間にはさんだコマンドを繰り返すんだ。 普通のRepeatは回数を指定して、その回数分繰り返すんだ。 もうひとつのRepeatはRepeat forever(リピート・フォーエバー)といって、ずーと繰り返すの。 今日はRepeat foreverを使ってみよう。 」あれ、富山弁じゃない!?真面目に話をする時は標準語になったりする。 無限ループが出来上がった。 『無限ループ』と聞いてドキッとしたあなたは、きっとプログラマだ。 MindStormsの場合、無限ループはちっとも怖くない。 RCXの小さなスイッチを押せばジ・エンドだ。 「beep 1」は運転開始の合図である。 「ON A for 150」は15秒間モーターを回す。 なぜ15秒間かというとベルトコンベアに載せた荷物が2階に着くまで15秒かかるからである。 「Wait 100」は10秒待つ。 その間にレゴのおじちゃんが新しい荷物をリヤカーで運んで来るわけである。 ちょっとのんきなベルトコンベアが出来上がった。

次の

Unity ベルトコンベアをつくる

ベルト コンベア 自作

MonotaRO (アマゾン)から 買えるようです。 なお、円周率は3. 14で計算しました。 バンコード丸ベルト 加工して見ました。 予備で買ってあるゴムベルトとう 今、出来たものを引っ張って見ますが。 頑丈ですね。 東急ハンズでは2ミリ 1メートル 140円でした。 5ミリの物も欲しかったのですが、これは無かったです。 千石で100円ですんでどうかなですが 手軽で出来るんで工具箱にあっても良いと思います。 ちなみにゴムベルトは秋葉原だと ラジオデパート、国際ラジオセンター 千石など数店で扱っています。 品物、品種も様々です。 メーカーの物が良いのですが ゴムベルトは手に入らない時、なんか考えて見るのも良いと思います。 自作ベルトは簡単に自作できます。 両端の部分をちょっと火にあぶり約30秒程度(冷やして)くっけておいて そのまま、一晩放置すればOKて感じです。 これが、一番、簡単です。 慣れれば、どんどん、出来ます。 5-7まであります。 0は常備そろえていたいのですが あれば便利だと思いますが余計なものを買っても仕方がないので 測ってから購入した方がいいかも知れません。 0のものが以前はアマゾンであったのですが現在(20141029)ではないようです。 他で扱っているかも知れませんのでネット検索をして見てください。 お薦め情報 電子工作、オーディオ自作に必要な電子部品 通販 真空管を中心にしていますが一般的な電子部品も多く扱っています。

次の

第8話 ベルトコンベアを作ろう!

ベルト コンベア 自作

まずはモータの仕組みをしっかり覚えることが大切だよ。 どんなモータがどんなことに向いているのかをそこで理解するんだ。 代わりに使う部品を教えて・・・って他力本願なことをして、 出来上がった物を「全部自分で考えた」と言い張れる図太い神経をしているなら、まあそれでも良いでしょう。 実力以上のことを要求された時に誰も手を貸してくれなくて挫折する人生を歩んでください。 ・・・本題・・・ 500gの錘を30cm動かすのに必要な仕事量はいくつ? まずはそれを計算してください。 続いてその仕事量をどのくらいの時間で達成するかを決めてください。 (一瞬で終わらせるのか、1時間かけて行うか…など) これでどの程度のモータが必要か分かりますね。 あとはそのモータを作るにあたって、構造、材質を検討してください。 場合によっては既製品のモータを使っても良いでしょう。 下のURLをクリックして参考にして計算することをお勧めします。 その下に1. 1項があります。 その他の空欄の数値を調べたり仮定します。 計算結果は交流モーターでの出力 =動力:W になります。 スプロケットやギヤーの比により定格回転数を揃える必要があります。 また、仮定の数値を基にコンベアを製作します。 製作後、試運転します。 試運転により移動速度やモーターの入力電流の数値を調べます。 1 設定した速度に達しているか? 2 モーターの定格電流以下か?を調べます。 これらの運転状況によりスプロケットやギヤーの比を変えたり、 モーターの出力 W、kW を変更します。 これらの変更により期待したコンベアが完成したことになります。 A ベストアンサー 40キロボルト=40000ボルト ただし電気的なエネルギーは 電圧と電流(おおざっぱにいえば電気の量)との兼ね合いですので、40キロボルトだけでは何とも言えません。 例: 落雷の電圧 数百万~十数億ボルト 感電したらもちろん危険 エネルギー特大 家庭用コンセント 100V(交流実効値) 感電したら危険 エネルギー大(長時間になればエネルギー大大) 単3乾電池 1. しかし、コンセントは100Vですが感電するのは・・・恐怖です。 A ベストアンサー モーターは直流のモーターとのことですが、動作可能な電圧範囲は幾らでしょうかね? 多少お金がかかってもよければ、スライダックを使ってAC100VをAC0V~AC130Vくらいまで電圧を可変し、スライダックの出力にブリッジダイオードを付けて整流して平滑コンデンサでリップルを均せばよろしい。 ここに書いてあることが理解できなければ、電気工学に詳しい誰かに頼んだほうがいいかもよ。 もうひとつの手は、市販のAC-DCインバーターを使うことですが、さて、出力電圧を自由に可変できるインバーターがあったっけ。 お金をかければ直流安定化電源を買うことですね。 「同時に2つ3つの制御って出来ますか?」とは、まったく独立して制御するってことでしょうか。 私なら自分で作っちゃいますが。 A ベストアンサー 自走式立体駐車場は、大概2200mm前後。 これは建物自体のフロア天井高が2700-3000mmくらいで、 これに照明、スプリンクラーなどが釣り下がるから、 大方2400mm暗いはあるハズ。 しかし、例え一部でも一番低いところを基準に表記しなければ事故に繋がるので、 入れるサイズとは若干異なると思います。 タワー型の立体パーキングは、ほぼ1550mmまで。 4台分だけ2000mm対応、とかのパーキングもありますが 都内の場合、ハイルーフ車は屋根の無い「平面駐車場」を利用するようになります。 ゆとりがあっても「ドアミラーやアンテナを畳み」出っ張りを無くすのが 正しい使い方です。 左右の重量バランスが重要なので、重心が高い車は混ぜたくないハズです。 クルクル回転している内に傾いてしまった結果、 「庫内で落下崩れを起こした」というニュースを見た記憶があるのでは。 Q DIYについての質問です。 蛍光灯のような引っ張ってオンオフする装置自体ではなく、ものでなく、紐を引っ張って物理的に今あるスイッチのオンオフをするような仕組みを作りたいと考えています。 紐を引っ張ると1回転し、物理的にボタンを押し、一回転して所定の場所(角度)に戻るような装置を探しています。 そういったものはご存知ないでしょうか? できればその装置のみを欲しいのですが、実際に売られているものにそういうものがついているといったものでも構いません。 オンオフしたいスイッチは少し堅いので、できれば強度が欲しいです。 高いところにスイッチがあり、台車を使わずに、そのスイッチオンオフを何度もしたいです。 それを紐で引っ張り、オンオフできればと考えての質問です。 ご存知の方はよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 溶接器って 1日中使っているわけではないですね。 だとしたら、エアコンを使わないでおいてエアコン用コンセントとにつなぐ方が良いです。 エアコン用配線はそれだけが単独の配線になっていますので、15A 目一杯使うことができます。 細かい話をすれば 20Aまで。 それに対してふつうのコンセントは、配線がいくつかのコンセントをひとまとめにしてあります。 全部ひっくるめて 20A までです。 ほかのコンセントで何アンペアか使っていると、溶接器だけで 15A を使うと全部で 20A をオーバーしてブレーカーが落ちることになります。 エアコン用コンセントにつなぐには溶接機の電源コードが短いと思いますが、延長コードはじゅうぶん太い物を使い、巻いたまま使用しないことです。 リールに巻いてあるコードは全部引き出し放熱をよくして使います。

次の