赤ちゃん 下痢 黄色。 赤ちゃんの下痢、長引いたという方

【小児科医監修】赤ちゃんの下痢が続くとき。緑色など便の色別に原因を解説|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

赤ちゃん 下痢 黄色

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 赤ちゃんの頃は、消化器官が未発達だったり、まだ整っていない時期もあって、ちょっとしたことで下痢になりやすいのが特徴です。 その原因も、母乳やミルク、離乳食などの食事であることもあれば、感染症などの病気のこともあったりと様々。 そこで今回は、赤ちゃんが下痢になる原因や、病院へ行ったほうが良い症状の見分け方、元気なときの対処法についてご紹介します。 赤ちゃんの下痢の見分け方は?普通のうんちとの違いは? 月齢が低い赤ちゃんの場合は、腸の機能が未発達だったり、腸内細菌のバランスが整っていなかったりするため、消化不良で便が柔らかくなることは珍しくありません。 新生児期から生後1~2ヶ月頃までは、1日5回以上柔らかいうんちをします。 母乳育児の場合、うんちが柔らかくなることが多く、下痢というよりも「軟便」であることがほとんどです。 しかし、赤ちゃんのうんちが以下のような場合は、下痢であると考えられます。 関連記事 赤ちゃんが下痢をする原因は? 赤ちゃんが下痢をする原因は、主に「食べ物」「感染性のウイルスや細菌」「食物アレルギー」の3つがあげられます。 ここからは、赤ちゃんが下痢をする原因とそれぞれの特徴についてご紹介します。 消化不良が原因による下痢 離乳食の場合、さつまいも・里芋・かぼちゃのような食物繊維や糖分が多い食べ物や、乳製品の摂り過ぎが原因で下痢になることがあります。 冷たいものを食べ過ぎたり、飲み過ぎた場合も下痢になることがあります。 感染性のウイルスや細菌が原因による下痢 ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス性の胃腸炎は、下痢を引き起こします。 便が白かったり、酸っぱい臭いがするなど、いつもと違うのが特徴です。 感染症やウイルスの場合、嘔吐を伴うことが多く、小さい子供では発熱することもあるので、下痢以外の症状も確認しましょう。 関連記事 食物アレルギーが原因による下痢 生後6ヶ月頃を過ぎると赤ちゃんに離乳食を与えはじめますが、卵、大豆、牛乳などでアレルギーを起こし、下痢になることもあります。 この場合には、原因となる食べ物を食べて数時間以内に起きます。 下痢以外にも、発疹がでる、呼吸が苦しいなどの症状があれば、アレルギー検査をおすすめします。 赤ちゃんが下痢だけど元気な場合は?病院へ行くべき? 基本的に、下痢をしていても熱がなく、食欲もあり、水分(母乳やミルクを含む)が適量摂れていれば、消化不良が原因だと考えられるので大きな問題はありません。 ウイルスが原因の下痢の場合、感染する恐れがあるので、電話で病院に持参した方が良いか確認し、必要であればしっかりとビニール袋に入れて結んでいくことが大切ですよ。 また、写真だけでもあると診察しやすくなるので、スマホなどでうんちの状態を撮っておくといいでしょう。 関連記事 赤ちゃんが下痢でも元気な場合の対処法は? 赤ちゃんの下痢は、1週間以上長引くこともあります。 下痢が長引くと、赤ちゃんの体や精神的にも負担になってしまいます。 赤ちゃんが下痢でも元気があり、家で様子をみる場合は以下の対処をしてあげましょう。 消化の良い食事にする 離乳食を始めたばかりや、離乳食の段階を進めたタイミングで下痢をした場合は、うんちの状態が良くなるまで一段階戻したり、慣れた食材を使ったりしましょう。 糖分を含んだ食べ物・果物・乳製品は下痢の間は避け、おかゆ、うどん、バナナ、りんごをすりおろしたものなど、消化の良いものを少しずつ時間を分けて食べさせてあげると良いですね。 粉ミルクで下痢をしているときは、ミルクを薄めるのではなく、1回の量を減らして、回数を分けてあげてください。 関連記事 赤ちゃんが下痢のときに注意することは? 赤ちゃんが下痢になったときに一番注意すべきことは「脱水症状」です。 脱水症状を引き起こさないために、こまめな水分補給を心がけてください。 母乳やミルク、月齢によっては麦茶やほうじ茶、湯冷ましなどを1口ずつ数回にわけて、スプーン1さじなど少量から飲ませてあげましょう。 白湯で体を温めてあげるのもおすすめです。 赤ちゃんが下痢をして元気でも、水分を受け付けなくなった場合は脱水症状を起こす可能性が高いので、すぐに病院を受診しましょう。 赤ちゃんが下痢になったら、冷静に状態を観察しよう 赤ちゃんが初めて下痢をした場合、ママやパパは慌ててしまいますよね。 しかし、下痢のときは、うんちの状態、下痢以外の症状など、冷静に赤ちゃんの状態を確認することが大切です。 赤ちゃんの様子がいつもと違う場合は、赤ちゃんの状態をメモしたものや、うんちの写真などを持って病院を受診することをおすすめします。 正しい情報を医師に伝えることで、赤ちゃんの下痢の原因がすぐに分かり、早期回復につながりますよ。

次の

赤ちゃんの下痢の色が緑や黄色!病気の可能性もあるの?

赤ちゃん 下痢 黄色

「黒のうんち」 胃や十二指腸から出血しているかも 黒い便は、便に血がまじっている可能性が。 胃や十二指腸など体の上のほうの消化管で出血があると、胃酸に反応して血液が黒くなるのです。 黒い便が続くなら、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気かもしれません。 大量の鼻血を飲み込んだり、乳首が切れるなど母乳に血液が混じっている場合にも便が黒くなることがあります。 貧血で鉄剤を飲んでいる子どもの便も黒っぽくなるので、気になるときは便を持って病院へ。 胃潰瘍 胃の粘膜が傷ついて出血 <どんな病気?> 出生時のストレスや胃腸炎、薬剤の影響などで、胃の粘膜に潰瘍ができる病気。 便が黒くなったり、赤や黒っぽい血を吐くことも。 生まれたての赤ちゃんの黒っぽいうんちは大丈夫? 「胎便」ですから問題ありません 生まれたばかりの赤ちゃんは、「胎便」と呼ばれる濃緑色でべっとりしたうんちをします。 これはママのおなかの中で飲んだ羊水などが便として出たもの。 2~3日で黄色がかった通常の便に移行します。 赤い血が混じるのは大丈夫? <ママからの質問> 1~2週間に一度くらい、便の中に赤い血が混じることがあり、小児科を受診すると「腸壁が傷ついているだけ。 心配いらない」と言われましたが、大丈夫?(3カ月/R・Mくん/母乳のみ) <Dr. より> ミルクアレルギーの可能性もあります。 母乳しか飲んでいないのなら、ママが乳製品をひかえてみて。 アレルギー用のミルクが必要なこともあります。 母子健康手帳の便色カードを使ってうんちをチェック! 子どもの肝臓移植の原因となる病気のうち、最も多いのが胆道閉鎖症。 生後2カ月以内に手術したほうが経過がよいので、早期発見が大切です。 この病気は便の色が重要なサインです。 淡い黄色から薄いベージュ色の便が出たらすぐに受診を。 また、1カ月健診の際には、母子健康手帳の「便色カード」で、しっかり確認しましょう。 あわせて読みたいおすすめ記事!.

次の

赤ちゃん(乳児)下痢:見分け・食事・対処法【赤ちゃん成長ガイド】

赤ちゃん 下痢 黄色

赤ちゃんのうんちが黄色いのはなぜ? 赤ちゃんのうんちに色をつけているのは胆汁です。 胆汁の中には「ビリルビン」と呼ばれる色素が含まれています。 赤ちゃんは腸内細菌叢フローラが未発達なので、ビリルビンがウロビリノーゲン(無色)という物質に分解されません。 そのため、ビリルビンの色がそのままうんちに出るので、赤ちゃんの便は黄色になります。 特に母乳を飲んでいる赤ちゃんは、黄色っぽいうんちをする傾向があります。 ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、母乳を飲んでいる赤ちゃんよりも茶色っぽいうんちをする傾向があります。 この黄色いうんちも、離乳食が始まると黄褐色や暗褐色などの色に変化していきます。 赤ちゃんが黄色いうんちをするのはごく自然なことなので、下痢をおこした時に黄色いうんちをしていても、他に発熱や嘔吐の症状がないようであれば、大きな問題はありません。 下痢の他に何か症状があるわけでないのであれば、十分な水分補給をしながら様子を見ても良いでしょう。 Sponsored Link 黄色いうんちがでる下痢、単一症候性下痢とは? 赤ちゃんが下痢をすることは珍しい事ではありません。 黄色いうんちのでる下痢の軟化には、水っぽい黄色の便や、白いブツブツのある便を1日に何度もする「単一症候性下痢」というものがあります。 特徴としては、下痢っぽい便をしている以外の症状がないということです。 体調も機嫌も良く、食欲もあり、体重も順調に増加しているのに、下痢が続く場合があります。 原因としては、小腸や大腸の消化不良です。 お腹が冷えたり、離乳食が始まっているのであれば、冷たい飲み物や食べ物を食べたりして消化不良を起こすことがあります。 また、ストレスなどの精神的な原因で下痢を起こすこともあります。 この場合、あまり心配はいらないので安心してくださいね。 腸への刺激になる食べもの(柑橘類や乳製品など)を控え、様子をみてください。 もしも下痢があまりに長く続くようであれば、病院を受診する様にしましょう。 まとめ 赤ちゃんが黄色いうんちをするのは胆汁の色素が原因であり、母乳を飲んでいる赤ちゃんにはよくあるものなので、心配はいりません。 また、黄色っぽい便の下痢をしていても、他に嘔吐や発熱等の症状がなく、機嫌よくしているようであれば、家で様子を見ても大丈夫でしょう。 赤ちゃんが下痢をすると、ママは心配になってしまうかもしれませんが、赤ちゃんは腸の機能が未発達なので、刺激に弱く下痢をしやすいものです。 下痢の症状のみで判断するのではなく、赤ちゃんの機嫌や食欲など、全身状態を見て、体調を判断すると良いでしょう。 ママが焦ると赤ちゃんも不安になってしまうものです。 落ち着いて赤ちゃんの様子を見て、ケアをしてあげてくださいね。 - , ,.

次の