全労済 持病。 県民共済で持病がある方の加入条件について

V1000円コース|持病がある方の保障|加入をご検討の方|コープ共済

全労済 持病

保険を考えるにあたって、全労済のこくみん共済と、保険会社の医療保険のどちらに入ろうか迷っています。 こくみん共済は、保険料も安くて保障もしっかりしていると聞いたんですが、どちらに入るのが良いでしょうか? 安い生命保険として、共済の保険があります その中でも人気なものが 全労済のこくみん共済です。 共済は、割安な保険料で死亡保障や医療保障を確保できるものです。 特に、就職したての若い方や、新婚さんなどで加入をすすめられたり、検討する方は多いと思います。 こくみん共済は、主に怪我や病気の保障を得意とする保険です。 ただ、怪我や病気を補償する保険は共済だけではなく、多くの保険会社も扱っています。 では、全労済のこくみん共済と、保険会社の医療保険がどちらが良いのか。 比較していきます。 こくみん共済と医療保険を比べてみよう こくみん共済と保険会社の医療保険を比べていきます。 こくみん共済は様々なプランがありますが、最も保険会社の医療保険に近い 「こくみん共済 医療安心タイプ」 を用いて比較します。 保険会社の医療保険としては、私が加入した医療保険である 「メットライフ生命(旧メットライフアリコ) 新終身医療保険-フレキシィ-」 を用いて比較していきます。 保険会社の医療保険の保険料を算出するにあたっての条件は以下のとおりです。 【比較条件】• 年齢性別 : 30歳男性• 入院日額 : 5,000円• 付加特約 : 先進医療特約、通院保障特約• 払込期間 : 終身 なお、以下の比較表では優れていると思われる方に この色を付けています。 医療保険とこくみん共済の比較表 保険会社名 商品名 メットライフ生命 フレキシィ 全労済 こくみん共済 医療安心プラン 入院日額保障 5,000円 6,000円 入院日額限度日数 1入院60日目まで 1入院180日目まで 手術一時金額 10万円または2. 5万円(一律) 6万円(一律) 先進医療特約 2,000万円まで+一時金5万円 600万円まで 死亡給付金 なし 50万円 通院保障 1通院3,000円(入院後の通院) 1通院2,000円(入院問わず) その他特約 がん特約、死亡特約 無し その他特記事項 が付属 無し 保障される期間 終身(一生涯) 定期(掛け捨て) 解約返戻金 無し 若干の返戻金有り 月額保険料金 2,063円 2,300円 比べてみていかがでしょう? 保障を比べてみると、以上のようになっています。 見てみてどのように感じたでしょうか? それぞれ優れている面があり、どちらも一長一短であるように見えます。 保険料もそこまで大きくは変わりません。 ただ、医療保険のメインである「入院保障日額」が、こくみん共済の方が1,000円だけ多いです。 でも、だからといって、 単純にこくみん共済の方が優れいている!というわけではありません。 こくみん共済には、共済保険に多い医療保障を考える上での大きな大きな落とし穴があります。 このように、全労済のこくみん共済では70歳以降の病気やけがの保障は確保できません。 すなわち、一生涯の医療保障としては活用することができないのです。 問題は保障の終了だけではない また、こくみん共済の問題は保障が継続できなくなるだけではありません。 60歳以降は保障自体も小さくなっていきます。 加入可能年齢 0〜60歳 60〜65歳 65〜70歳 70歳〜 プラン名 医療安心プラン 医療安心60歳 移行プラン 医療安心65歳 移行プラン - 入院保障 6,000円 3,000円 2,000円 更新・加入不可 手術一時金 60,000円 30,000円 30,000円 先進医療 600万円まで 300万円まで 300万円まで 死亡保障 50万円 20万円 15万円 通院保障 2,000円 保障なし 保障なし 月保険料 2,300円 2,300円 2,300円 赤字にした部分が、保障内容が減少している部分です。 このように、こくみん共済は60歳以降に、保障内容がどんどん減少していきます。 しかし、保険料は2,300円のままのため、• 保障の減少• 保険料の据え置き という2つの意味で、保障が小さくなっていってしまいます。 そして、70歳以降は全く加入することができなくなります。 この70歳というのは、新規加入ができなくなるという意味だけではありません。 それまで加入していた人も、 契約更新ができなくなります。 よって、70歳以降は全く保障がなくなってしまいます。 入院が増えるのは60歳以降 保障が60歳以降に無くなっていってしまうのは、実際に入院することが増える年齢を考えると大問題です。 厚生労働省の調査によると、病気やけがを理由とした入院が増えるのは、60歳以降となっています。 全労済の終身医療保障とはどんな内容? 全労済のこくみん共済にも、終身医療保障が存在します。 「終身医療5000」というプランです。 ただ、このプランも終身医療保険として考えると物足りません。 まず、保障内容は以下のとおり2つしかありません。 保障内容 保障金額 入院保障日額 5,000円 手術一時金 50,000円 【参考】全労済『』 この保障内容で25歳加入時の保険料は2,020円です。 保険料は終身払いです。 一生涯支払うことになります。 こちらは終身医療保険ですが、この保険のみでは一生涯の医療保障としては保障内容が物足りません。 対して、先ほどのメットライフ生命の「新終身医療保険」は、 保障が手厚くて保険料は2,396円です。 しかも、メットライフ生命の場合この保険料を60歳まで払い込めば、60歳以降は保険料を支払う必要なく保障が一生涯続きます。 こくみん共済のように、保険料を一生涯払い続ける必要はありません。 それぞれのメリットとデメリットをまとめてみてみよう ここで、全労済のこくみん共済と、保険会社の医療保険のメリットとデメリットをまとめてみます。 それぞれ、次のようなメリットとデメリットがあります。 全労済 こくみん共済のメリット・デメリット メリット• 入院日額保障が6,000円と一般的な医療保険より1,000円多い• 入院日額保障日数が180日と長い• 死亡時一時金がある デメリット• 70歳以降は保障を継続することができない• 終身医療保険プランは保障内容の割に保険料が割高• 定期型(掛け捨て)の保険であるため、支払いをやめれば保障は受けられなくなる メットライフ生命 新終身医療保険のメリット・デメリット メリット• 保障期間が一生涯となっている終身保険である• 60歳で払い終わるように設計しても保険料はこくみん共済より割安• の付帯サービスがある• 先進医療保障が手厚い デメリット• 死亡一時金が出ない• 入院日額保障日数が60日とこくみん共済より短い 以上が、それぞれのメリットとデメリットです。 これらを踏まえて、こくみん共済と医療保険のどちらに加入するのが望ましいのかの結論を出します。 医療保険に入るなら、間違いなく保険会社の終身医療保険に入るほうが良いです。 こくみん共済のみでは、老後の医療保障として不足します。 こくみん共済のみに加入中の方は、見直しの検討をおすすめします。 今まで見てきたとおり、こくみん共済は、60歳移行で保障が減少してしまい、70歳以降加入できなくなります。 そのため、老後に本当に必要となる医療保障としては致命的に保障が足りません。 その点、保険会社の医療保険であれば、一生涯同じ保障が続きます。 また、終身払いもできますが、60歳までに保険料を払い込んでしまい保障だけをずっと持ち続けることもできます。 そして、早目に加入すれば保険料もこくみん共済とさほど変わりません。

次の

県民共済で持病がある方の加入条件について

全労済 持病

はじめに 持病があると保険で医療費の保障が確保できない? 持病があると、入院や手術をしたときの医療費負担が重くならないか不安に感じるかもしれません。 しかし、持病が原因となり、民間の保険の加入を断られた経験があるという方も少なくはないでしょう。 結論から申し上げると、持病があるからといって必ずしも入院・手術費用を民間の保険で備えられないわけではありません。 持病のある方が医療費を民間の保険で備えるためのポイントは、医療保険にこだわらないことです。 もちろん、医療保険なら幅広い病気・ケガによる入院・手術の費用等の負担に備えられるのですが、場合によっては、その他の保険の方がずっと役立つこともあるのです。 具体的な方法に関しては後述します。 持病のある方が入院・手術等の費用を保険で備える方法3つ 持病がある場合に、医療費等の保障を民間の保険で確保するため、考えられる方法としては、主に以下の3つです。 一般的な医療保険に加入できるか試す• 引受基準緩和型の保険を選ぶ• 医療保険以外で備える なお、持病のある方でも無条件に加入できる「無選択型医療保険」もあるにはありますが、おすすめしません。 理由は後述します。 以下、それぞれについて簡単に解説します。 2-1. 一般的な医療保険に加入できるか試す まず1つ目の方法は、持病のない方も利用されている一般的な医療保険に加入できるか試してみることです。 持病があるからといって、必ずしも医療保険に加入できないわけではありません。 たとえば、高血圧の方は保険加入を断られることもありますが、きちんと治療を受けていて降圧剤を服用しており、なおかつその状態で血圧が正常値であれば問題なく加入できることも多いです 詳しくは「」をご覧ください。 また「特定疾病・特定部位不担保」といった条件付きでの加入が認められる場合もあります。 逆に言えば、それ以外の保障は受けられるわけですし、一定期間経過後は、対象から外れた疾病なども保障されるようになります。 持病のない方が加入する場合と比べ条件が悪くなることは否めませんが、入院・手術等の保障が必要であれば、検討の余地は十分にあるでしょう。 できるだけ多くの情報を伝えると入りやすくなるかも 持病をもつ方が一般の医療保険へ加入する際のコツとして、覚えておきたいのは持病の程度や治療の状況などの情報をできるだけ多く保険会社へ伝えることです。 プラスになることはあっても不利になることはありません。 たとえば高血圧の場合、ただ単に「高血圧」とだけ申告しても加入を断られる可能性が高くなります。 しかし、あわせて以下の内容まで申告すれば、逆に加入が認められやすくなるのです。 薬の名前• 合併症(腎臓疾患・眼疾患・動脈硬化など)の有無 その他、医師の診断書や検査の結果を加えて申告するのもよいでしょう。 この場合、 診断された直後より、治療をある程度継続し安定した検査結果等がでている方が加入を認められやすくなることもあります。 2-2. 引受基準緩和型の保険を選ぶ 医療保険には一般的なタイプの他に、引受基準緩和型医療保険があります。 引受基準緩和型は一般的な医療保険と比べると、保険会社へ告知すべき内容が少なくてすむため、持病もちの方でも比較的加入しやすいのが特徴です。 また、 いったん加入できれば、持病で入院等した場合にも保険金を受け取ることができます。 以下、参考までにA生命の引受基準緩和型医療保険の告知事項を紹介します。 一般的な医療保険と比べ、項目が少なくシンプルです。 3つの告知事項に対して、全て「いいえ」で答えられれば加入できます。 まず1つ目は、保険料が割高になるということです。 実際にどのくらいの差がでるのか、B生命の医療保険の契約例を見てみましょう。 【加入条件】• 契約者:40歳男性• 契約期間:終身• 払込期間:全期• 手術費用:(入院)5万円、(外来)2. 5万円• 2つ目の注意点は、引受緩和型医療保険の多くは、加入後1年間は保険金が半分しか受け取れないことです。 これらを踏まえ「それでも加入したい」ということであれば、引受基準緩和型医療保険を検討しても良いでしょう。 2-3. 医療保険以外で備える 医療費等に備えられる民間の保険は、医療保険だけではありません。 保障の対象となる病気・ケガの範囲は限られるものの、がん保険や傷害保険等で、重大なリスクにピンポイントで備える方法もあります。 まず、がん保険です。 昨今では「生涯で2人に1人はがんになる」とも言われており、がんに備えて保険に加入するのは有効と言えます。 それらを組み合わせられるタイプもあります。 特約を付ける必要があります。 このように、がんに備えたいのであれば、がん保険は医療保険よりはるかに有効なのです。 がん保険の必要性や選び方等については、「」をご覧ください。 次に、傷害保険です。 これは骨折など怪我によって入院や手術をした際などに保険金を受け取れるものです。 後遺障害が残ってしまった場合に一時金を受け取れるものや、死亡保険金などの保障がついていることもあります。 そうして、どちらの保険も医療保険と比べて持病があっても入りやすいのが特徴です。 がん保険では、がんと診断されたことがなければ加入できる可能性が高いですし、傷害保険はそもそも持病の有無は告知の必要がありません。 このように入院・手術等の医療費に備えたいのであれば、医療保険以外も検討するとよいでしょう。 特に、がん保険に関しては、がんにかかる人が多いことや、がんになると長期的な治療が必要になる可能性が高くなることから、加入しておくことが推奨されます。 上述した通り、がんになった際には、医療保険より有効な保障を利用することができます。 【参考】告知が一切不要の「無選択型」はおすすめできない 持病のある方が加入できる医療保険のタイプとして、無選択型というものがあります。 無選択型とは健康状態や過去の病歴等の告知が一切不要のタイプであり、加入者の健康状態に関係なく加入できます。 しかし、結論から言うと、無選択型はおすすめできません。 なぜなら、まず、無選択型は、引受基準緩和型と比べても保険料がさらに割高となる上に、保障内容が抑えられています。 また、加入時に患っていた病気・ケガに関しては保障の対象外であるため、持病が原因で入院・手術等をする場合は保険金を受け取ることができません。 「持病についての入院や手術費用が不安なので医療保険に入りたい」という要望には一切答えられません。 このように、「告知なしで加入できる」以外のメリットが乏しいため、無選択型はおすすめできません。 無選択型医療保険の契約例 無選択型医療保険がどれだけ割高なのか、一例を見てみましょう。 以下、C損保の無選択型医療保険の契約例を紹介します。 契約者:45歳男性• 契約期間:5年 5年ごとに自動更新• 手術費用:手術の種類によって5万円・10万円・20万円• 健康祝い金:5万円 5年間保険金を受け取らなかった場合• 賠償責任保険金:5,000万円まで• 弁護士費用:300万円まで• 入院と手術の保障内容に関しては、できるだけC損保の無選択型医療保険と近づけています。 契約者:45歳男性• 契約期間:終身• 手術費用:(入院中・放射線)10万円、(外来)5万円• 特約:先進医療特約• 年金生活となる老後になると、どんどん保険料が上がってしまうのです。 この内容で、契約時の持病については保障してもらえないのです。 また、賠償責任保険金や弁護士費用等の保障は火災保険・自動車保険等の特約で安価な保険料で追加できるため、あえて無選択型医療保険で付ける意味はありません。 さらに、5年間何事もなければ「健康祝い金」5万円を受け取れますが、5年間で支払う保険料総額が355,800円と比べると少額なので、メリットとは言えないでしょう。 D生命の契約例と比べると、5年間の保険料総額の差は18万円以上となり、それと比べて5万円という健康祝い金のメリットが小さいことが分かります。 しかも、5年後以降は保険料が値上がりしていくのです。 このように、無選択型の医療保険はおすすめできないと言わざるをえません。 まとめ 持病がある方でも、くわしく現在の治療状況等を告知すれば、医療保険へ加入できる可能性があります。 また仮に医療保険へ加入できなかったとしても、持病のある方でも加入しやすい「引受基準緩和型」を選ぶ方法もあります。 さらに、がん保険や傷害保険であれば、持病があっても加入できる可能性が高いので、それらを選ぶ方法もあります。 なお、補足しますと、医療を取り巻く状況が以前と大きく変わった昨今では、そもそも従来の医療保険の必要性がどこまであるのか、という問題もあります。 詳細は「」で解説しておりますので、参考にしてください。

次の

生命保険と全労済の類似点と相違点について詳しく解説します

全労済 持病

持病があっても入りやすい死亡保険とは、 持病や過去に入院・手術の経験がある人でも入りやすい死亡保険です。 告知項目の少ない「 引受基準緩和型・限定告知型」と告知のない「 無選択型」があり、どちらも医師の診査はいりません。 持病がある人向けのため、保険料が一般的な死亡保険より割増されていること、契約から1年間は保障金額が半額になる「 支払削減期間」が設定されていることが多いです。 病気やケガ、災害などで死亡した際に保険金を受け取れるものが一般的です。 保険金額は、100万・200万・300万円などコースで設定されているものや、100万円単位で最大2,000万円まで設定できるものなどがあります。 また、余命6ヶ月以内と宣告された際には生存時点で保険金を受け取れる「 リビング・ニーズ特約」をつけることができるものなどもあります。 持病があっても入りやすい死亡保険選びのポイント 持病があっても入りやすい死亡保険を選ぶ際には、主に次の4つに注目してみましょう。 告知項目はいくつある?引受基準緩和型と無選択型 告知項目が1~4つの「引受基準緩和型・限定告知型」と、告知が不要な「無選択型」があります。 引受基準緩和型・限定告知型の告知項目では最近の入院・手術・検査や要介護認定状況などを確認されます。 申込ができる年齢は?高齢者は何歳まで入れる? 80歳以上でも申込が可能なものや、更新すれば90歳、100歳まで継続可能なものがあります。 いつまで保障を確保する?終身型と定期型 持病があっても入りやすい死亡保険は、一生涯の保障が確保できる「終身型」と、保障期間が一定期間の「定期型」があります。 オプションや付帯サービスはある? 余命6ヶ月以内と宣告された際には生存時点で保険金を受け取れる「リビング・ニーズ特約」や、無料で利用できる電話健康相談、主治医以外に病状や治療法などの意見を聞くことができるセカンドオピニオンサービスなどがついているものもあります。 FPが解説! あなたにぴったりの持病があっても入りやすい死亡保険とは ファイナンシャル プランナー加藤 梨里 通院中や投薬中の方向けの引受基準緩和型や無選択型の死亡保険は、死亡時に遺族が保険金を受け取れるのが基本的な保障内容で、保険金額は100~300万円程度のものが大半です。 最低限の万が一への備えを確保したいとき、あるいはすでに契約している死亡保険に保障を上乗せしたいときに活用できそうです。 持病の状況に応じて後で保障を見直したいときには定期型、お葬式代などのために保障をずっと確保したいときは終身型のように、ニーズに合わせて検討しましょう。 持病の種類や状況によりますが、選択肢の広さからまずは引受基準緩和型の中で選んではいかがでしょうか。 また、引受基準緩和型の中でも告知項目の数や内容が異なります。 持病や既往歴の状況に合わせて選ぶとよいですね。 関連記事はこちら.

次の