駒ヶ根 パン 屋。 盛屋

ルプレジール (Le plaisir)

駒ヶ根 パン 屋

2017. 05 こんにちは、観光局です。 今日の昼神は晴れ。 今日は今季一番の寒さ更新したような気がします。 観光局もストーブフル稼働。 さむいいいいーー! 車のフロントガラスはバッキバキの氷で覆われているし、畑は霜がしっかり降りて真っ白太陽に反射してキラキラしておりました。 浪合はそろそろ水道が凍らないようにしないといけない季節になってきました。 やだやだ。 朝夜は冷えますが、昼間は紅葉が本当に素晴らしいです!是非昼神まで来られる方は浪合の治部坂高原まで車で25分ですので紅葉巡りにお越しください🍁 さてさて、今日は以前ごご紹介した大好きなパン屋さんにまた行ってきたのでご紹介です。 二日続けてパン屋さんの記事になってしまいますが、場所は違う場所なのでパン屋さん巡りした気分になってもらえれば嬉しいです🍞今回は松川町の果樹園内にあるパン屋さん「みかづき」さんです。 松川インターから車で5分。 昼神からは下道利用で45分です。 高速だったら飯田山本から松川利用なら25分です。 相変わらずのんきな果樹園の中にあります。 今はそろそろ収穫の時期なので、下に銀のシートを敷いてリンゴが全体的に赤くなるように光をしたからあてて出荷できるようにしています。 相変わらず大人気のみかづきさん。 今回も大好きなパンを購入できました。 あと新メニューなのか養鶏場からおいしい卵を仕入れているようでクリームパンが増えていました。 景色も良くて最高でした。 この山の話は明日のブログでご紹介しますね。 中央アルプスと南アルプスが見えるオススメの山でした!車でも行けるのでとってもおすすめです。 おまけ・・・休みの日に富士山が見たくて山梨の百名山「竜ヶ岳」まで登ってきました!2時間くらいで山頂に行ける里山ですが、眺めは最高!お正月はダイアモンド富士を写真に撮る人が登るようです。 冠雪があったので見れるかなーと思って行きましたが、台風で雪が解けてしまったようで雪はありませんでした。 また12月か1月に行ってみます。 どんぐり帽を探しながら下山するのがこの季節は楽しいですね。

次の

みかづき(長野県松川町)オープン!おすすめパンの種類やアクセス方法!

駒ヶ根 パン 屋

2020年6月1日• 2020年5月16日• 2020年5月8日• 2020年5月1日• 2020年4月9日• 近隣観光地のご案内• 中央アルプス千畳敷カールや駒ヶ根高原、市内全域の観光案内を行っております。 お気軽にお立ち寄りください。 中央アルプス宝剣岳(標高2,931m)直下の通称「千畳敷カール」まで架けられた、わが国最初の山岳ロープウェイです。 標高800mの駒ヶ根高原にあり、大自然でのキャンプが楽しめます。 ケビンは、バス・トイレ・ガスレンジ付で便利です。 クライミング、ビーチバレー、フットサル、スケートボード、3on3バスケットボールコートなど、スポーツを愛する人にとっては夢のような場所です。 平均斜度15度または18度のファミリー向けゲレンデ。 スノーボードは全面滑走可能。 ナイター営業あり。

次の

盛屋

駒ヶ根 パン 屋

長野県のご当地パン『牛乳パン』。 分厚いパンの間に、ミルククリームが挟まっていて、優しい甘さ、うれしいボリューム感。 長野県内には、パン屋ごとにいくつもの牛乳パンが存在し、長野の人は、誰もが胸にマイベスト牛乳パンを秘めているとか… 今回は、そんな牛乳パンの中から、駒ヶ根市『すずらんハウス』の牛乳パンを食いただきます。 すずらんハウスの牛乳パン (丸い牛乳パンなんて!はじめて!) 透明な袋に、かわいい牛のイラストのパッケージ。 牛乳パンは、白い袋に紺色で文字やイラストが描いてあるパッケージが多いですが、とにかくこちらは牛乳パンには珍しい丸型がひと目でわかる透明パッケージです。 牛乳パンは、大きな平たいパンにクリームを挟んで、縦横にカットするから四角いわけで…丸型ということは、パンを一個一個焼いて、一個一個切れ目を入れて、一個一個クリームを塗るという、途方もない作り方をしているのだと思われます…これは大変な牛乳パンが出てきてしまいました。 『すずらんハウス』は長野県駒ヶ根市のパン屋さん。 パンの他にも、牛乳やソフトクリーム、ハム・ソーセージなども作っているとのことです。 牛乳がとてもおいしそうで、その牛乳から作られたソフトクリームやヨーグルトやチーズ、もちろんそれを使ったパンたちも、間違いなくおいしいんだろうなと期待が高まります。 実は今回は、都内の長野県アンテナショップ『銀座NAGANO』で購入しました。 すずらんハウスの商品は、他にものむヨーグルトを購入したのですが、我慢できずにその場で飲んでしまいました!牛乳パンと合わせて飲めばよかったといまさら反省…でもおいしかった。 また買いに行きます。 さあ、それではすずらんハウスの牛乳パンとご対面! (まんまる牛乳パン。 クリームの切れ目が笑っているみたい) こんがり焼けた丸パンの上に、白い粉がきれいです。 粉は甘くなく、粉砂糖ではありません。 ボリュームは両手にぎりぎり乗るくらい。 重さはそこまで感じません。 ふっくらした印象です。 なかなかボリューミーな気がしますが、なにせ丸い牛乳パンは初めてなので、掴みきれません。 なんとも楽しみです。 (好奇心に負けて、パカっと開けると、白いクリームがたっぷり) (真ん中から切ってみました) 真っ白いクリームが、斜めの切れ目にたっぷりと。 丸型だとこうなるのか〜と見入ってしまいます。 (厚さは6. 2cm!) 頭頂部?の厚みはしっかりとあります。 クリームは真っ白でもったりとした印象です。 パンは表面こんがり焼き色で、空気多めのもしゃもしゃタイプ。 口に運ぶと、この感じ…なんとパンが柔らかめのフランスパンみたい!歯ごたえもしっかりしていて、なんとも本格的なお味がします。 風味がいいのかな。 クリームもおいしい!真っ白いのに、もったり濃厚系!しっかりパンにもったりクリームが相まって、とてもおいしいパンです。 合わせる飲み物は、やっぱりすずらん牛乳なのかなぁ…パンがしっかりしているので、飲み物は欲しいところ。 すずらん牛乳、都内でも手に入らないかちょっと調べてみたいと思いました。 丸くて貴重な牛乳パンは、お味の面でも、本格的なしっかりパンに濃厚クリームと、貴重な牛乳パンでした。 牛乳パンというと、気軽に食べられる菓子パンの一種という感覚でしたが、これは普通に本格パンとしておいしい…なんか別ジャンルのパンと言われても納得してしまう気がしました。 一点食べる際の注意点としては、クリームとパンをバランスよく口に入れることでしょうか。 牛乳パンを食べている!という頭があるので、パンだけ口に入ると、ちょっと寂しさを感じてしまいます…クリームが斜めに入っているので、油断して端から食べると、一口目がパンだけとか発生するので要注意。 コロネ的な食べる技術が求めれるパンかもしれません。 パンだけでもおいしいんだけど。 トーストしてみる せっかくなので、トーストもしてみます。 (トースター、600Wで2分。 とろーりクリーム) 少し短めに温めてみたところ、クリームがとろっとろに!もう、とろけてこぼれるくらいです。 パンもサクッとしています。 口に運ぶと…間違いない!これはおいしい! とろとろクリームの甘さが口にひろがって幸せになります。 パンも香ばしくて、さらにサクッとパイのようになります。 合わさると最高。 これはおすすめ、焼いたほうがおいしいかもしれない、というくらいおすすめです。 まとめ すずらんハウスの牛乳パン(駒ヶ根市) ・貴重な丸型牛乳パン ・しっかりパンに、もったり真っ白濃厚クリーム ・菓子パンというか本格パン的においしい ・そのままはもちろん、トーストはおすすめ! ・おすすめの飲み物:すずらん牛乳(想像) ・都内でも銀座NAGANOで入手可能(2018年6月時点) (ごちそうさまでした!) 情報 名称:菓子パン 原材料名:小麦粉、牛乳、ファットスプレッド、糖類、マーガリン、卵、イースト、食塩/乳化剤、ビタミンC、セルロース、香料、酸化防止剤(V・E)、着色料(アナトー、カロテン) 保存方法:直射日光・高温多湿を避けて保存してください。 また、夏場はクリームが溶けやすいことなどから、牛乳パン自体の取り扱いをしないようです。 ご注意ください!.

次の