旅行 サイト 比較。 国内格安ツアー予約サイト比較 │ 「旅行比較ネット」

国内格安ツアー予約サイト比較 │ 「旅行比較ネット」

旅行 サイト 比較

旅行関連サイトの訪問者数ランキング 公益社団法人日本観光振興協会とネット行動分析サービスを提供するヴァリューズが共同で、2019年の「旅行・交通関連サイト訪問者数ランキング」を公開しています。 これは、各サイトの2019年の年間閲覧者数を集計したものです。 PCユーザーとスマホユーザーのアクセスランキングは分かれていますが、ランキングの1位と2位は同じ結果となっています。 この2つが、現時点での代表的な旅行関連サイトといえるでしょう。 3位から10位までは、スマホ版の順位を紹介します。 3位: 鉄道会社JR東日本のホームページ。 5位: 航空会社ANAのホームページ。 6位: 国内最大級の旅行比較サイト• 7位: 海外旅行・国内旅行の予約サイト• 8位: 航空会社JALのホームページ。

次の

国内ホテル・旅館 料金比較で格安予約【フォートラベル】

旅行 サイト 比較

まとめ:格安サイトでの海外旅行予約は、価格だけで判断せずにきちんとした会社を選ぶことも大事! いかがでしたか。 某サイトがCMで言っているように、 同じホテルや航空券でも、予約するサイトによって金額が異なるんです。 だから、紹介したようなサイトを見比べて、一番安くて安心できそうなところで予約するのが損をしない予約の仕方です。 サイトの見やすさも割と差があるので、自分が見やすい・検索しやすいと思うサイトを使うのもいいでしょう。 ただし、 気をつけたいのは、安いからといってあまりにも無名の旅行会社を利用すること。 確かに低価格は魅力ですが、2017年にあった某旅行会社の破綻のように、支払ったお金が戻ってこない、というような事態になっては悔やむに悔みきれません。 必ずしもそういう事態になるとは限りませんが、そのあたりのリスクについては自己判断をし、予約をしてくださいね。 海外旅行の計画を立てるのが苦手な方へ 海外旅行ツアーを探していて・・・• なかなか希望する日程が空いてなくて、希望する海外ツアーをあきらめたことはありませんか?• 観光名所で行きたいところが全部含まれておらず、自分の希望と合うツアーを探すのに苦労していませんか?• 複数の旅行会社へ1社1社問い合わせるのを面倒に感じていませんか? そんなとき、 無料で 簡単に一括で複数の旅行会社へ問い合わせが出来る「 」というサイトがあります。 このサイトを通じて、同じ条件で各旅行会社に一括で見積依頼ができ、各地域の専門旅行会社が最適な旅行プランを作ってもらうことができます。 見積・プランの提案依頼は 無料です。

次の

“旅行比較サイトを比較する”

旅行 サイト 比較

強み 「トラベルコ」の強みは大きく分けて、1)ほぼすべての旅行ジャンルをカバーしていること、2)最も安いプラン、チケットが見つかること、3)ほぼすべてのシステム開発を内製化していること、の3点が挙げられる。 1 ほぼすべての旅行ジャンルをカバー 旅行比較サイトとして、競合の多くはホテルだけ、航空券だけというようにジャンルを絞った比較をしているなかで、「トラベルコ」はホテルや航空券、パッケージツアー、オプショナルツアー、レンタカー、夜行バス、海外Wi-Fiレンタルなど旅行の際に必要と思われるサービスをほぼ網羅していることが強みとなっており、これによりユーザーは、旅行で準備すべきことを「トラベルコ」内で、ワンストップで探すことが可能となっている。 特に、海外市場ではこのように複数のジャンルを提供している比較サイトは殆どなく、差別化要因となっている。 2 最も安いプラン・チケットが見つかる 連携する旅行サイト数が1,500以上と過去数年で2倍以上に拡大しており、比較できる商品数も日本最大級となっている。 このため、同じ条件下での最安値プラン・チケットが見つかる確率も自ずと高くなる。 加えて、旅行サイト側でもすべての比較サイトに同一の価格でプランを掲載しているわけではなく、競争が激しい(掲載商品が多い)比較サイトでは、他のサイトよりも安く価格設定されるケースが多い。 価格を多少安く設定しても予約件数が多く入るほうが旅行サイト側にとってもメリットとなるためだ。 こうした需給環境によって、「トラベルコ」が最も安いプラン・チケットが見つかりやすいサイトとなっている。 ユーザーにとっては、同じ旅行内容であれば安いほうが当然良いわけで、必然的に「トラベルコ」で旅行プランを探して予約するようになる。 旅行者、旅行サイト、同社のすべてがメリットを享受できる好循環を作り上げていると言える。 3 システム開発の内製化 多くの旅行ジャンルをカバーし、また1,500以上の旅行サイトと連携するなかで、それらすべてを並行して進化させていくためには、膨大かつ高度なシステムの開発が必要となる。 競合の多くは開発を外注しているが、その場合、外注先のリソース、スキル、スケジュールなどによって、システムの機能強化や改修などが遅延するといったリスクが生じてしまう。 同社では社員の約4割に当たる70名強のシステムエンジニアを抱えており、社内でほぼすべてのシステム開発を行っている。 このため、市場トレンドに合わせた柔軟かつ効率的な開発を迅速かつ高い品質を維持したまま並行して行うことが可能となっている。 比較サイトを使うユーザーは、安いプランが見つかることも重要だが、同時に使い勝手の良いサイトであることが比較サイトを選ぶ際の重要な要素となっている。 そういった面で、ユーザーの声を反映してすぐにサイトの改修など社内で行える体制を構築していることは同社の強みと言える。 事業リスク 同社グループが事業展開するインターネット関連の市場では、技術革新のスピードや顧客ニーズの変化が速く、それに基づく新機能の導入が相次いで行われている。 同社グループは、これらの変化に対応するため、プログラムやシステムの更新を進めるとともに、システム部門を中心に人材育成やシステムの更新等必要な対策を講じているが、想定外の技術革新があった場合、多額のシステム関連投資が必要になる可能性がある。 また、技術革新に適切な対応ができない場合、同社サービスの競争力が低下し、同社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がある。 さらに、同社は旅行市場をターゲットに事業運営していることから、旅行需要が大きく落ち込むような市場環境となった場合は、業績に影響を及ぼす可能性がある。 (執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲) <YM>• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の