ドライフルーツ りんご 効果。 りんごの5つの効果効能と含有する栄養素・栄養成分

ドライフルーツの効能|ドライフルーツマルシェ

ドライフルーツ りんご 効果

また、栄養価が高いばかりでなく、 アンチエイジングや 貧血の改善、 便秘を解消してくれるなどの効能もあります。 古くからある保存食のひとつとして知られるドライフルーツですが、最近は、スーパーマーケットやドラッグストアなどでも手軽に買うことができ、美容や健康のための食品としてもポピュラーな存在ですね。 ナッツ専門店やグラノーラ専門店と比較すると、まだそう多くはありませんが、ドライフルーツ専門店も増えてきました。 その手軽さと栄養価の高さ、健康・美容に役立つ効能を持ち合わせたドライフルーツ。 移動中、バッグにドライフルーツを忍ばせ、小腹が空いたときのおやつに一口食べてエネルギーチャージ・・なんて方も多いのではないでしょうか。 普段のおやつとして食べるほか、紅茶にお好み(例えば、生姜や柑橘類)のドライフルーツを加えるなど、アレンジを効かせた新感覚紅茶も人気を呼んでいます。 (関連記事:) 作り方は簡単、身体の冷えが気になるときは、紅茶にドライアップルやドライジンジャー(または生姜すりおろし)を加えたり、疲れた心や身体をリラックスさせたいときは、柑橘類やベリー類のドライフルーツを加えたり、その栄養価や効能によってアレンジするだけ。 仕上げに、お好みでシロップやシュガーで甘さをプラスして完成です。 ちなみに、渋谷モディなどに期間限定でオープンしていた「Good in Tea」の新感覚紅茶には、「自由が丘ドライフルーツのお店 A LA CARTE」のドライフルーツが使用されていました。 今回は、一石二鳥どころか、三鳥、四鳥をも得られる魅力的な食品、ドライフルーツについてお話しします。 ドライフルーツの 栄養価が高い理由について簡潔にまとめたうえで、ドライフルーツの 効能を食材別に比較しながらご紹介し、皆さんに「日常に取り入れたい」と思えるものを発見してもらえたらと思っています。 また、栄養価や効能については魅力を感じるけれど、 市販のドライフルーツは添加物がちょっと心配・・という方にぜひオススメしたい、自家製ドライフルーツの 作り方についてもご紹介します。 ドライフルーツの栄養価 「天然のサプリメント」ともいわれるドライフルーツですが、フレッシュな状態と比較して、栄養価が高いとされているのは、どうしてでしょうか。 ドライフルーツの栄養価が高い理由|成分が凝縮 ドライフルーツの栄養価が高くなる理由は、乾燥させることで水分が抜け、フルーツの栄養成分がギュッと凝縮されるからです。 そのため、少量のドライフルーツで、効率よく栄養を摂ることができます。 凝縮される栄養成分とは、たとえば以下のミネラル類。 マグネシウム• カリウム• カルシウム• 銅 ミネラル類のほか、抗酸化物質のポリフェノール類や食物繊維も、ドライフルーツ全般において豊富に含まれています。 ドライフルーツの栄養価が高い理由|皮ごと食べられる 普段、フレッシュの状態でフルーツを食べるときは、皮を剝くことが多いですね。 ドライフルーツの場合は皮ごと美味しく食べられるので、皮の部分に豊富に含まれる栄養成分も同時に摂ることができます。 栄養たっぷりの皮を食べられるという点も、フレッシュな状態と比較し栄養価が高くなる理由のひとつといえるでしょう。 ダイエット中は、摂取量にご注意ください。 また、栄養価が高いとはいえ、ビタミンCなど熱に弱い栄養素に関しては、乾燥の過程でほとんど壊れてしまいます。 そのため、ドライフルーツの状態になった頃には、 ビタミンCはほぼ含まれていません。 ビタミンCを摂取したいときは、フレッシュな状態のまま食べるか、または別の食品で補いましょう。 なお、ビタミンCには、肌の健康状態をサポートしてくれるなど、美容効果が非常に高く、また、鉄分の吸収をサポートする働きもあります。 (関連記事:) ドライフルーツの効能 栄養価の高いドライフルーツ、どのような 効能があるのでしょうか。 美容や健康のための効能としては、 アンチエイジング、 貧血の改善、 便秘の解消が代表的です。 それでは、それぞれの効能に分けて、オススメのドライフルーツをご紹介します。 次の気になる効能をクリックしてください。 サビは、 酸化することによって生じるので、 抗酸化物質のポリフェノール類が豊富に含まれているドライフルーツがオススメです。 酸化を抑え、アンチエイジングの効能があるドライフルーツはこちら。 クランベリー…抗酸化物質のポリフェノールが豊富。 レーズン(ぶどう)…抗酸化物質のポリフェノール類が豊富。 カシス…抗酸化物質のポリフェノール類が豊富で、カシス特有のアントシアニンも含まれている。 ラズベリー…抗酸化物質のポリフェノール類が豊富で、鉄分などのミネラル類もバランスよく含まれている。 バナナ…抗酸化物質のポリフェノール類が豊富。 ポリフェノールの含有量は、赤ワインのグラス一杯分に匹敵するほど。 上記のほか、マンゴー、アプリコット、イチジク、ゴールデンベリー(インカベリー)などにも抗酸化作用の効能があるといわれています。 ドライフルーツの効能|貧血改善 鉄分などのミネラル類には、貧血を改善させる効能があります。 貧血の改善にオススメのドライフルーツはこちら。 プルーン…鉄分とビタミンB群が豊富。 アプリコット…ビタミンAや鉄分などミネラル類も豊富。 デーツ(なつめやし)… 鉄分が豊富で、ほうれん草にも匹敵するほどの鉄分含有量といわれています。 レーズン…鉄分のほか、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラル類も豊富。 プラム…ミネラル類が豊富で、貧血や高血圧を予防する効能があります。 そのほか抗酸化物質のポリフェノール類や、ビタミン、食物繊維も多く含み、プラムの酸味には疲労回復の効能もあるという栄養価の高いドライフルーツ。 鉄分といえばプルーン、というイメージが強いですが、上記の通り、鉄分を多く含むドライフルーツは複数あります。 女性は鉄分不足になりがちなので、ぜひ、お好みのものを見つけて、積極的に取り入れていきましょう。 ビタミンCは鉄分の吸収を促進してくれるので、一緒に摂取するとより効果的です。 ドライフルーツの効能|便秘解消 便秘解消には、 食物繊維を多く含むドライフルーツを選ぶと良いでしょう。 食物繊維が豊富で、腸内環境を整えてくれる効能があるドライフルーツはこちら。 りんご…水溶性の食物繊維であるペクチンが豊富。 バナナ…食物繊維が豊富。 デーツ(なつめやし)…食物繊維とマグネシウムが豊富。 プルーン…食物繊維が豊富。 便秘解消に効果効能のあるソルビトールも含まれています。 ブルーベリー…食物繊維が豊富で、アンチエイジングに効果効能のあるポリフェノール類も多く含みます。 上記のほか、キウイにも便秘解消の効能があるといわれています。 キウイに含まれるアクチニジン(蛋白質分解酵素)に整腸作用があるそうです。 また、イチジクも、りんご同様ペクチンが豊富なので、お腹の調子を整えてくれるでしょう。 ヨーグルトにドライフルーツを入れて食べると、食物繊維と同時に乳酸菌も摂取できて良いですね。 チーズのお供にもオススメです。 チーズのお供に自家製ドライフルーツ(りんご) 【スポンサーリンク】 ドライフルーツの作り方 ドライフルーツは栄養価が高く、さまざまな効能があることが分かりましたが、スーパーマーケットやドラッグストア等で市販されているドライフルーツには、大量の砂糖や、漂白剤や酸化防止剤などの添加物が入っていることもあります。 高い栄養価や効能があっても、これらの 添加物が入っていると、身体にやさしいとは言えないよなぁ・・なんて首をかしげてしまいます。 そこで、自分で作ってみたらいいんじゃないか?と思ったのが、私が自家製ドライフルーツを始めたきっかけでした。 自家製なら、砂糖の量を調整することもできますし、いっそ全く加糖しないこともできます。 それでは、おうちで簡単にできる自家製ドライフルーツの作り方をご紹介します。 自家製ドライフルーツの作り方|下準備 自家製ドライフルーツを作るにあたり、まずは、材料やキッチン用品など、下準備から始めましょう。 市販のドライフルーツでは、マンゴーやキウイ、パイナップルなどが多いですね。 ここでは、りんごのドライフルーツ(ドライアップル)の作り方をご説明します。 りんご• 食塩水• ただ、りんごは、フレッシュな状態と比較すると、ドライ後にグンと甘さが増すので、 甘味料は加えすぎないようご注意ください。 包丁またはスライサー• まな板• ボウル• 食用の重曹• キッチンペーパー• クッキングシート ボウルは、りんごを食塩水に浸すときに使用します。 りんごは酸化すると色が変わってしまうので、 食塩水に浸すことで変色防止になります。 りんごは皮付きのままドライフルーツにするので、皮をよく洗いましょう。 重曹水で付着した汚れなどを洗い落とします。 包丁またはスライサーで、皮付きのまま5mm程度の薄さに切ります。 このとき、りんごの種や芯は取り除いてください。 10~15分ほど食塩水に浸したら、キッチンペーパーでやさしく挟んで、水気を取ります。 【ソフトタイプ】クッキングシートの上に重ならないように並べる さて、ドライフルーツの下準備が整ったら、どのようにして乾燥させましょうか。 乾燥させる方法はいくつかあります。 次の気になる作り方をクリックしてください。 作り方の手順• 下準備したフルーツを、天日干しネットや、(平らな)ざる、網の上に乗せます。 乗せるときのポイントは、1枚、1枚、重ならないように離して並べることです。 並べ終えたら、日当たり・風通しの良い場所で乾燥させます。 外で干す際は、天気の良い日中は、直射日光の当たる場所に置きます。 日が落ちてきたら、朝方までは室内に移し、日が昇ってからまた外に出します。 室内で干す際は、出来るだけ日当たりや風通しの良い場所に置きましょう。 定期的に裏表ひっくり返しながら、干し続けます。 干す期間は1~2週間程度が目安。 天気や湿気に合わせて調整しましょう。 Point• 暖かい季節は、寒い季節に比べて湿気が多く、干し上がる前にカビさせてしまうこともあるので、要注意です。 特に、夜間や雨天時など室内で保管している間は、 扇風機や サーキュレーターなどを使って風通しを良くすると、カビ発生の予防になります。 自家製ドライフルーツの作り方|オーブン 本来、天日干しが理想的ですが、どうしても時間が必要ですし、花粉や排気ガスなどの衛生面や、夜になったら取り込んで朝になったらまた干して・・という手間も難点です。 そこで、電化製品の力を借りてみるのはいかがでしょうか。 作り方の手順• オーブン天板にクッキングシートを敷き、その上に、りんごを並べます。 1枚、1枚、重なることのないようご注意ください。 1時間ほどで表面が乾いてきます。 ひっくり返して今度は裏面を焼きます。 30分ほど経ったら様子をチェックし、その後は、時々ひっくり返しながら、お好みの固さになるまで焼き続けます。 【チップスタイプ】オーブンで乾燥させた自家製ドライフルーツ(りんご) Point• チップスのようなパリパリ状態に仕上げる場合は、しっかりと乾燥するまで焼き続けます。 半生状態のような、しっとり感を残す場合は、カラカラに乾燥させる前に取り出し、冷凍庫で保存しましょう。 自家製ドライフルーツの作り方|電子レンジ オーブンで作る自家製ドライフルーツは、天日干しと比較すれば圧倒的な時短になりますが、さらにスピーディさを求めるならば、電子レンジ。 作り方の手順• 耐熱皿にクッキングシートを敷き、その上に、りんごを並べます。 りんご同士が重ならないようにご注意を。 電子レンジで2~3分ほど加熱します。 電子レンジから、一旦、耐熱皿ごと取り出し、水気が出ていたら取り除きます。 耐熱皿に、クッキングシートを新たに敷き直して、先ほどの裏側を上にして並べたら、さらに2~3分加熱。 焦げないように、様子を見ながら繰り返します。 最後に、風通しのよい場所で、よく冷まします。 Point• 電子レンジで作るドライフルーツは、比較的スピーディに出来上がりますが、焦げやすい傾向にあります。 蓋つきの耐熱皿にりんごを入れ、電子レンジで短時間加熱した後、天日干しや食品乾燥機にて乾燥させるという作り方もあります。 その場合、電子レンジで加熱する際に少量の砂糖を加えると、りんごにツヤ感が出て綺麗めに仕上がります。 自家製ドライフルーツの作り方|乾燥機 家電量販店や、Amazonなど通販のキッチン用品を見てみると、「食品乾燥機」、「野菜・果物乾燥機」、「ドライフルーツメーカー」といった名称のアイテムがあります。 価格は4,000~5,000円程であまり安くはありませんが、今後、頻繁にドライフルーツを作る場合、またはフルーツに限らず冷蔵庫に余った食材を小まめに乾燥保存する場合は、こういったキッチン用品の購入を検討しても良いかもしれません。 乾燥機を使ったドライフルーツの作り方は、商品の取扱説明書をご確認ください。 以上、自家製ドライフルーツの作り方でした。 それぞれ作り方によって乾燥の仕上がりが異なるので、お好みの食感を見つけるまで使い分けても良いと思います。 自家製ドライフルーツ(りんご、生姜)でフレーバーティー 最後に ドライフルーツの栄養価やその効能、自家製ドライフルーツの作り方をご紹介しました。 たくさん頂いてしまったとき、箱買いしたもののなかなか消費できないときなど、傷んでしまう前にドライフルーツにしてみませんか。 密閉容器で保存すれば、日持ちするうえに、小腹が空いたときのおやつ、お酒のつまみにも重宝します。 ドライフルーツはヨーグルトやチーズにもよく合いますので、ぜひお試しください。 最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました。

次の

ドライフルーツは栄養抜群☆健康・美容におすすめのドライフルーツ特集

ドライフルーツ りんご 効果

キウイフルーツの驚くべき多くの効能とは? キウイフルーツは、栄養価が高く、健康や美容、病気の予防に役立つうえ、栄養バランスも非常に良く、多くの栄養素を含みます。 ジャムやスイーツ、そして、離乳食にも最適なほか、妊婦に必須な成分である葉酸も豊富なことが特徴です。 さらに、抗酸化作用があるポリフェノールや、美容や健康効果が高いビタミンC、整腸作用の効能を持つ食物繊維、疲労回復効果のあるクエン酸やカリウムなど、さまざまな栄養成分が豊富に含まれている果物です。 特に、食物繊維は、バナナの2本分とも言われるほど豊富です。 なかでも、水溶性の食物繊維であるペクチンが多く含まれているため、便に水分が含まれて排泄しやすい状態にする作用や、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える作用や便秘解消に加えて、腸内フローラの改善による便秘になりにくい体質作りにも役立ちます。 また、キウイフルーツには、皮にも果肉にも、カリウムが豊富に含まれているため、日常的に手軽にカリウムを摂取できる果実です。 カリウムは、体内の余分な水分を排出を促進し、高血圧の改善、むくみの防止や予防に効能があります。 さらに、塩分を過剰に摂り過ぎた場合には、カリウムの適度な摂取によって体内の余分な塩分を排出させることで、高血圧の事前の予防や生活習慣病などの改善にも効果的といえます。 このような多くの効能があるキウイに含まれる、強い抗酸化作用があるビタミンCは、メラニン色素の生成を抑えて美白を促します。 ビタミンEは、血管を拡げ、血行を良好にし、紫外線やストレスなどで受けた肌ダメージを回復したり、シミやシワなどの老化や、肌トラブルの予防や改善にも役立ちます。 また、キウイの緑の色素成分のクロロフィルには、貧血の改善や老廃物を取り除くデトックス効果があるほか、月経周期の正常化や視力回復効果も期待でき、キウイフルーツの強い抗変異性は、がん予防にも役立つと考えられています。 キウイフルーツの栄養素と調理ポイント キウイフルーツには、アクチニジンというタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれているため、牛肉、鶏肉、イカなどを調理する前にキウイに漬けておくことで素材が柔らかくなるという効果があります。 これは、酢豚に使われるパイナップルのように、アクチニジンが牛肉に作用して、食品の硬さに関係がある筋原線維の主要タンパク質であるミオシンやアクチン、コラーゲンを分解することで、肉の軟化が起こって、栄養価が高まるようになるのです。 キウイフルーツでお菓子を作る時に注意する調理ポイントとして、タンパク質の一種であるゼラチンを生のキウイと一緒に調理してしまうと、アクチニジンの働きによって分解されてしまい、固まらないため、食物繊維の寒天をゼラチンの代わりに加えるか、キウイを加熱して加えることで、ゼリー菓子として固まり、摂取できるようになります。 キウイフルーツに牛乳やヨーグルトを混ぜて時間を置いて放置すると、強い苦味が生じるので、摂取する場合には、早めに食べることがおススメです。 また、キウイフルーツは、成熟が進むほど果肉に含まれるブドウ糖や果糖がビタミンCに変化して行くという過程を辿る果物であるため、固めのキウイフルーツを購入して早く食べたいという場合には、リンゴと一緒に保存したり、少し潰れたキウイフルーツを一緒に袋に入れておくことで、早く追熟して、食べごろとなります。 キウイフルーツの単独の摂取だけではなく、キャベツやリンゴを加え、ミキサーでジュースにして摂取することで、美肌効果が高くなります。 また、キウイフルーツを舌の上でゆっくりと転がすようにするだけで、舌苔の除去ができるという効能もあります。 このようなキウイフルーツの適度な酸味と、食肉の軟化作用や抗変異原性作用を上手に利用して、日常の食卓に、キウイを積極的に取り入れるようにすると美容と健康に高い効能が見込まれます。 キウイフルーツの効果と効果アップを狙える食べ合わせとは? キウイフルーツの効果と効果アップを高める食材などはどんなものがあるのでしょうか? 例えば、キウイフルーツの効果と効果を、さらに高める食べ合わせとして、タマネギもよいでしょう。 ビタミンを含む量的には少なめですが、特有のニオイを持っており、それが硫化アリルの栄養成分です。 調理でタマネギをカットすると、硫化アリルの影響により涙を流すことになります。 健康にも良いと言われるのは、血行の改善が期待できるからです。 体内の血液の凝固を遅らせますので、血流を良くしますし、血栓をできにくくする作用を持ちます。 体内の疲労回復防止効果でもある、ビタミンB1の体内吸収を高めてくれます。 新陳代謝は活発となりますので、疲れを取れやすくします。 ほかにも美容にも働きかけてくれますし、老化防止にもなります。 タマネギの成分は活性酸素を抑制しますので、ドロドロになりやすい血液を浄化します。 こうした働きが、お肌に現れる小じわなどにも、老化防止効果をもたらします。 キウイフルーツの効果アップを狙える食べ合わせとして、野菜のピーマンもピッタリです。 ピーマンに含まれる栄養素としては、メラニン色素を生成を抑制させるビタミンCも豊富であり、免疫力を向上させてくれます。 お肌のコラーゲン生成のサポートにもあります。 活性酸素は老化を促進させますし、生活習慣病にもなってしまう物質ですが、ピーマンにはビタミンEも豊富ですので、体の健康を守ってくれます。 淀みがちな血液をサラサラにしてくれるのは、ピラジンの働きいよるものです。 血栓や心筋梗塞、脳梗塞などを防ぐ作用をもちます。 ピーマンの果肉は厚みがありますので、加熱にはとても弱くて壊れやすいと言われるビタミンCも、割と壊れにくいです。 ジューシーなキウイフルーツと一緒に食べることによって、老化防止効果も期待できます。 キウイフルーツの効果アップには鶏肉もベスト 美しい素肌をつくる食材として鶏肉がありますが、キウイフルーツとの食べ合わせで美肌効果は格段に上がります。 アンチエイジングや乾燥肌対策にも優れている食材であり、カロリーはとても低いのに、高タンパク質です。 女性には、バストアップ効果が高い食材としての認識があるかもしれません。 バストのサイズをアップさせるのみではなく、美しいお肌を手に入れてキープするにも良い食材です。 たっぷりのビタミンAを含むお肉であり、豚肉と比較をしても7倍ものビタミンAの含有量です。 このビタミンAが作用をしますので、アンチエイジングや美肌効果ももたらすことになります。 身近で人気な食材では、唐揚げなども美味しく食べられますので、グリーンの鮮やかなキウイフルーツを添えておいしく食べて、弾力のある美しい肌と豊かなバストをゲットしましょう。 たっぷりのビタミンAが豊富ですので、鶏肉は健やかな皮膚を維持するには欠かせません。 皮膚における粘膜形成や保護する働きもありますので、丈夫な美肌を維持するには必須です。 高い抗酸化作用を持ちますので、お肌の老化にも助けになりますし、ヒアルロン酸を増加させる作用も持っています。 特に鶏皮には豊富なコラーゲンも多く、油も多いですから、ビタミンAと同時に摂るのは吸収率を上げるので良いことです。 キウイフルーツは美味しいだけではなく、栄養成分の多いフルーツです。 美肌の代表成分でもあるビタミンCに、若返りビタミンのビタミンE、クエン酸やカリウムに、便秘予防にもなる食物繊維、そしてリンゴ酸なども含みます。 キウイフルーツの含有する栄養の中でも、フルーツの中ではダントツに多いのがビタミンCです。 オレンジや苺などよりも、多くのビタミンCを含有します。 エネルギー転換を促す、リンゴ酸やクエン酸の成分も含むので、免疫力を高めることにもなります。 キウイフルーツと相性の良い美肌効果をもたらす食材と一緒に食べて、相乗効果で綺麗になっていきましょう。 栄養満点!キウイフルーツを持ち歩こう!自宅でドライキウイフルーツを作る方法 スーパーなどでよく売られているキウイフルーツ。 手頃な値段で購入することができるので、食卓に登場することも多いのではないでしょうか? キウイフルーツは、栄養満点で健康や美容に効果があることをご存知ですか? 特に女性には嬉しいがたくさん詰まった魔法のフルーツです。 キウイフルーツには、 ・疲労回復 ・便秘改善 ・むくみの解消 ・肌のトラブルを解消 ・風邪の予防 ・胃腸機能の改善 ・冷え性や肩こりの改善 ・抗酸化作用 ・貧血予防など様々な効果が期待されます。 キウイフルーツには、エン酸、キナ酸、リンゴ酸などの有機酸が含まれており、これが疲れた体を回復してくれます。 そして、バナナ2本分の食物繊維が含まれているので、便秘がちな人にはお勧めです。 さらに、自律神経のバランスを整えてくれる効果がありますので、胃腸機能の改善にも役立つと言われています。 キウイフルーツに含まれるカリウムが、利尿作用を促してくれますので、むくみで悩んでいる方にも効果的です。 ビタミンEも含まれているので、血流を良くしてくれます。 その為、冷え性や肩こりで悩んでいる方にもぜひ食べてもらいたいフルーツです。 ビタミンCが多いフルーツで思いつくのはレモンですよね。 キウイフルーツには、レモン約8個分のビタミンCが含まれています。 肌のことを考える女性にとっては、美容に欠かせないフルーツなのです。 キウイフルーツには、抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果も期待できます。 さらに、コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素の過剰生成を抑えてくれますので、紫外線によるシミ対策としてもお勧めのフルーツです。 さらに、妊活をしている女性に必要不可欠な葉酸も多く含まれていますので、貧血の予防にもなります。 女性にとって嬉しいことずくめのフルーツですから、積極的に取りたいですね。 ドライフルーツにすることで効果が倍増! ドライフルーツは、少ない量で健康や美容に良い効果が得られることをご存知ですか? 生のフルーツを食べる場合には体を冷やしてしまうことがあります。 しかし、ドライフルーツは逆に体を温めてくれる効果があるので、冷えに悩んでいる方にはドライフルーツにして食べることがオススメです。 さらに、皮や種も一緒に食べることができるので、フルーツ全体の栄養を丸ごと摂取できるのも魅力ですよね。 ヨーグルトなどに入れて食べることで栄養も満点です。 さらに、持ち運びにも便利ですので、ちょっとした間食としてドライフルーツを食べている女性も増えています。 ドライフルーツと聞くとブドウを干したレーズンを思いつく方が多いかもしれませんが、どの種類のフルーツでも簡単にドライフルーツにすることができるのです。 キウイフルーツは栄養満点、美容にも良いので、ぜひ自宅にあるオーブンや電子レンジを使用して、手作りドライフルーツを作ってみましょう。 電子レンジとオーブンで作る場合にちょっとした差がありますが、どちらも簡単に作れます。 まず、電子レンジで作る場合ですが、キウイフルーツをスライスしてお皿に並べます。 ラップをかけずに加熱してください。 水分が抜けて乾いた感じになったら出来上がりです。 オーブンで作る場合には、クッキングシートにスライスしたフルーツを乗せ、1時間ぐらい焼いたらひっくり返して30分程度焼いたら出来上がりです。 どちらの方法も手間がほとんどかからずに作ることができます。 どちらも薄くスライスすることでよりカリッとした仕上がりになります。 手作りしたドライフルーツは、乾燥材を入れた密封容器にいれて保存しましょう。 瓶などを利用する場合は、熱湯消毒を忘れずに。 保存期間に関しては、水分の抜け方にもよりますが、1か月程度から半年ぐらい持つこともあります。 しかし、手作りですから早めに食べきるようにしましょう。 また、ドライフルーツをたっぷり使ったフルーツティーも人気です。 日本のフルーツティーはドライフルーツを使わずに風味を出すものもありますが、ニュージーランドのティーブランド、ティートータルのフルーツティーはドライフルーツがゴロゴロ入っており、フルーツティーですが茶葉は入っていませんのでノンカフェイン、水出しも可能なほどのドライフルーツでそのまま食べれるフルーツティーが人気の理由です。 ドライフルーツたっぷりの気軽に試せるドライフルーツティーは、ニュージーランドから直輸入でAmazonでも販売されています。 気になる方は、是非、お試ししてはいかがでしょうか? キウイフルーツの健康効果について 「りんごが赤くなると医者が青くなる」という言葉があります。 それだけりんごが健康のためによいということが由来となっています。 実は、キウイフルーツの栄養密度はりんご5個分に匹敵します。 小さなキウイフルーツを1個食べるだけでりんごを5個食べるほどの良さがあるのです。 ビタミンCの量はみかん3個分、食物繊維はバナナ2本分、ビタミンEやカリウムも豊富です。 それでいてカロリーやGI値は低いのです。 それゆえに、スーパーフルーツと呼べるのです。 キウイフルーツに含まれる食物繊維の多くは水溶性です。 これが腸内環境を整えてくれます。 ヨーグルトにのせて、はちみつをかけるという食べ方にすれば、朝から手軽に取り入れられるだけでなくヨーグルトに含まれる善玉菌がキウイと、はちみつをえさにして増加するので更に高い効能が期待できるのです。 ビタミンCは免疫力強化やたんぱく質合成サポートをしてくれます。 ビタミンEは抗酸化作用が高いです。 カリウムは身体全体の細胞を正常に動かしてくれます。 キウイフルーツは肉や魚との相性もよいです。 たんぱく質分解酵素が含まれているため、消化を助けてくれるのです。 キウイフルーツをソースとしてかければ甘みと酸味がぴったりですし、とてもおしゃれなメニューが出来上がります。 妊活中や妊娠中・授乳中にサプリメントの形でも良いので、とにかく摂った方が良い成分としてあげられるものに、葉酸があります ただ母体のためにはできればサプリメントよりも食品として取りたいもの。 キウイフルーツには葉酸もたくさん含まれています。 キウイフルーツを食べることでママだけでなく生まれてくる子供も健康になれるのです。 酸味と甘みがおいしいキウイは、つわりで何も欲しくないという時期にも食べやすいでしょう。 わざわざ調理しなくてもただ半分に切って出すだけでもよいので手軽に取り入れやすいです。 キウイフルーツの美容効果について 健康面で抜群の効果のあるキウイフルーツですが、美容面の効果も絶大です。 腸内が快適になるということはお通じがスムーズになりダイエットにもよいです。 老廃物などが溜まることがないのでお肌の調子もよくなります。 ビタミンCも美肌や美白におすすめの成分です。 ビタミンEはお肌のくすみをとり張りのあるお肌を作ってくれます。 抗酸化物質のおかげで活性酸素が除去され老化防止にもなります。 それゆえに、アンチエイジング効果もあるのです。 貧血改善作用や月経周期の正常化など女性にうれしい働きがいっぱいです。 甘酸っぱさが魅力のキウイフルーツですが、すっぱすぎるものを無理して食べるのは辞めておきましょう。 追熟させることでビタミンCの含有量が増えるので、しっかり熟して甘いものの方がおいしくてさらに美容にもよいのです。 りんごやバナナと一緒にしておくと熟しが早いです。 毎日、手軽に取り入れるには半分に切るだけの食べ方がよいですが飽きてしまうことも。 そうしたら、ジュースにして飲んでみるのもよいでしょう。 実は栄養がもっとも多いのはキウイの皮。 毛だらけのこの外見も食物繊維がたくさん含まれている証拠なのです。 健康のため、美容のためには皮ごと食べる食べ方が正解なのです。 本場のニュージーランドやオーストラリアでは、実は、むがずに食べるのが一般的と言われてます。 ただ、日本ではむいて食べるものと認知されているので、ごわごわの皮をそのまま食べるのには、抵抗があるというときにもジュースにしてしまえばそれほど気にならないで摂取することができます。 キウイにはゴールドキウイとグリーンキウイとがありますが、どちらもそれほど栄養成分は変わりません。 ただグリーンキウイの方が食物繊維が、ゴールドキウイの方がビタミンCが多いので、美容面でどちらを気にしているのかで最適なほうを選ぶようにしてもよいでしょう。

次の

【効果・効能】ドライフルーツで健康美容を!果物別にパイナップルやマンゴー、いちご等を健康と美容効果を解説!ドライフルーツで貧血や肌荒れ防止、便秘解消効果も!

ドライフルーツ りんご 効果

いちご いちごは、ビタミンCが豊富に含まれています。 赤い色は、抗酸化作用があるポリフェノールの一種、アントシアニンです。 りんご りんごは、他のフルーツと比べて特徴的な成分が見当たらないにも関わらず、数多くの研究結果から、心臓病や生活習慣病などの予防効果が期待されています。 また、強い抗酸化力をもつポリフェノールの一種のプロシアニジンを含みます。 キウイ キウイは、ビタミンCが豊富で、フルーツの中でトップクラスの含有量です。 また生肉を柔らかくする働きがある、タンパク質分解酵素のアクチニジンも含まれています。 洋なし 洋ナシは、便秘や腸の病気予防に役立つ不溶性の食物繊維と、糖尿病などの予防に役立つ水溶性の食物繊維が含まれています。 また大腸ガンの予防効果などが期待されます。 ぶどう ぶどうは、抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれています。 皮や種に含まれるポリフェノールの一種、アントシアニンは、活性酸素を取り除き、アンチエイジング安堵の効果が期待されています。 柿 柿は、ビタミンCの含有量は、フルーツの中でもトップクラスです。 タンニンが二日酔い解消にも効果的です。 たくさん食べると手が黄色くなるのはこのためです。 筋や薄皮にはペクチンによる整腸作用があります。 桃 桃は、糖度の高さからカロリーが高いように思われがちですが、そうでもないフルーツです。 イチジク イチジクは、皮を切ると見える白い乳液状のものは、タンパク質分解酵素のフィシンです。 高血圧の原因となるナトリウムを排出して、血圧を正常に保つカリウムが豊富です。 フルーツの中では、食物繊維量が多く、特にペクチンを豊富に含んでいるため、大腸の働きを助けます。 プルーン プルーンには、皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAや便秘解消に効果的な食物繊維に加え、抗酸化物質「ネオクロロゲン酸」などが多く含まれています。 また、プルーンの摂取は閉経後の女性の骨形成速度を亢進させ、骨粗しょう症予防に対する効果も期待されています。

次の