ブラック ナイト 衛星。 ブラックナイト衛星の正体や現在の場所は?その意外過ぎる真実を紹介!!

謎の衛星ブラックナイト(黒騎士)は宇宙ゴミなのか

ブラック ナイト 衛星

ISS(国際宇宙ステーション)の建設時に外れた、サーマルブランケットではないかとも言われています。 画像引用:wikipedia 時は1954年、人類初の人工衛星となる「スプートニク1号」を打ち上げるよりも3年も前のこと。 アメリカ空軍が、地球の周回軌道上に 「人類のものではない謎の人工物」を発見したことに端を発します。 これが 「ブラックナイト衛星」( Black Knight Satellite)と呼ばれるもので、秒速7. 9キロメートル(時速2万8800キロメートル)の速さで地球の極軌道(天体の極付近を通る軌道)を周回していると言われています。 その全長はおよそ120メートルとされ、これは茨城県にある超巨大仏像 「牛久大仏」とほぼ同じ大きさということになります。 今から1万3000年前というと、紀元前1万1000年ごろ。 日本では縄文時代にあたり、みんなでせっせと縄文土器を作っていた時から、「ブラックナイト衛星」は周回軌道に存在していたと言うのです。 どうやってこの年代を割り出したかというと、1920年代に観測されたという異常電波をダンカン・ルナンというスコットランドの作家が分析し、 「この電波は、月の近くにある1万3000年前の探査機から送られたものだ!」と言い出したことがきっかけ。 これが何故か「ブラックナイト衛星」にまで適用され、晴れて起源は1万3000年前となったのでした。 「ブラックナイト衛星」のまとめ! 今回の記事をまとめると、• 地球の極軌道上に謎の物体が周回している• それは「ブラックナイト衛星」と呼ばれるモノ• 地球外生命体によって設置されたらしい• 起源は1万3000年前とされる• 少 な く と も 5 つ あ る といった感じです! アポロ10号が撮影したとされる画像に映ってるという話もありますが、正体は一体なんなのでしょうかね。 映画『2001年宇宙の旅』に出てくる、 モノリス的な存在だとしたらワクワクするんですけどね! 地球外生命体によって導かれ、地球人たちは精神的なブレイクスルーを果たすんです。 まさに「幼年期の終わり」ですね。 というわけで、今回はこの辺でおしまい! それではまたー!!.

次の

ブラックナイト・サテライトと呼ばれる不思議な人工衛星の謎

ブラック ナイト 衛星

ブラック・ナイトサテライト ヴィンテージ(衛星)のポスターです。 1954年にアメリカ空軍によって2つの衛星が発見された?と言われています。 衛星はブラック・ナイト(黒騎士)と呼ばれるようになり、さらにミステリアスな存在となりました。 当時はまだ人工衛星を発射する技術が無く、説では千年前から地球の周りを旋回しているとか、旧式の電波を発信してる、軌道が低いため高速で旋回しているとか言われています。 こうした謎めいた存在は何だかSFチックなロマンを感じます。 そんな訳でブラック・ナイトサテライトをポスターにしてみました。 様々なヴィンテージ処理を入れて、当時を思わせるレトロな味わいがあって、プライベートなお部屋に似合う映画風ポスターにしています。 <英訳> ブラックナイト衛星は地球を周回する正体不明の物体です。 1954年にUFO調査員ドナルド・キーホーが新聞で米国空軍が地球を周回する2つの衛星を発見したと報告。 当時、アメリカは人工衛星を発射する技術は持っていませんでした。 サイズ:A3 プリント:オフセット印刷 梱包:フィルムに入れ筒ケースにて発送いたします。 ・送料無料 ・フレームは付属していません。 ・旧バージョンより値下げしました。 当店のプロフィールに「発送日数、返品・交換、複数購入の送料、オプション、商品のプリントなどの説明」を掲載しています。 お間違えの無いように必ずお読みください。 ご購入は同意したものとさせて頂きます。 creema.

次の

黒騎士衛星 ブラック・ナイトサテライト ポスター 写真・グラフィック graphic@prese 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

ブラック ナイト 衛星

英紙「Daily Star」(10月4日付)によると、英・バークシャー州に住むアマチュア天文学者ジェイソン・カラムさんがいつものように自身の望遠鏡で月を観測していたところ、奇妙な物体が映り込んだという。 同動画はYouTubeチャンネル「The Hidden Underbelly 2. 0」がアップロードしている。 同チャンネルによると、問題の映像は先月24日の午後11時10分頃に撮影されたもののようだ。 html】 特に変わったところのない月面のクローズアップ映像だが、楕円状の黒い物体が突如出現する。 カラムさんはそれを望遠鏡で追いかけるが、漆黒の宇宙空間へとすぐに姿を消してしまった。 一体これは何なのだろうか? YouTubeユーザーからも驚きの声が挙がっている。 「宇宙人の母艦じゃないか?」 「月を周回しながら何かを探しているように見える」 「ブラックナイト衛星かもしれないな」 ブラックナイト衛星とは地球の軌道を周回しているとされる、地球外製の衛星のことだ。 その存在は1950年代から噂されているが、今に至るまで真相は分かっていない。 たしかにその形や色から、今回撮影された物体がブラックナイト衛星である可能性も考えられるだろう。 あるいは、元CIAパイロットでUFO研究家のジョン・リア氏が、月には30億人が居住し、巨大な都市まであると語っていたことから、今回の物体も彼らが作った宇宙船なのかもしれない。 読者はどう思われるだろうか? いずれにしろ、月にはまだまだ我々の知らない秘密が隠されていそうだ。 今後の有力情報に期待したい。

次の