厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 詐欺。 厚生労働省 職業安定局 雇用保険課より、封書で手紙が来ました。この正体は!?

教えてください。厚生労働省職業安定局雇用保険課から画像の...

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 詐欺

厚生労働省職業安定局雇用保険課から身に覚えのないお手紙が届きました。 皆さんの中にも届いた方はおられますでしょうか? このお手紙は一体何のお手紙なのでしょうか?ちょっと調べてみましょう。 お手紙の中身は お手紙には、5枚の書類と1通の返信封筒が入っていました。 紹介していきましょう。 1.雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い• こちらは今回の経緯を説明しています。 厚生労働省が所管する統計について、長年に渡り不適切な取扱いをしていたことが発端であることがわかります。 ただ、書き方が少々回りくどくて、何だか伝わりにくいですね。 簡単に言うと、厚労省がミスをし放置していたので、雇用保険で支払われるべきお金を支払っていなかったから、きちんと調査し必要であれば支払うので個人特定情報と振込先を教えてほしいということのようです。 私は、過去に転職したことがあり、その際働いていなかった期間が少しあります。 その間に失業手当はいただかなかったのですが、勤め始めたときに頂いたお祝い金(再就職手当)が足りなかったかもしれないということのようです。 裏面にはその期間についても書かれていました。 2.(表)雇用保険の追加給付に関する回答票 (裏)払渡希望金融機関指定(変更)届• 今回記入が必要な書類はこれだけです。 この回答票と金融機関指定(変更届)にはそれぞれ記入例も同封されています。 この書類に記入し、返送することでお金が戻ってくるようですね。 3.雇用保険制度の各種給付の概要• 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」の影響により、平成16年8月以降、雇用保険の各種給付を受けていた方の給付額が低く計算されている可能性があります。 と冒頭に書かれています。 あとは制度の説明が事細かに書かれていますね。 ですが、これですと「そもそも、なぜこの手紙が来ることになったのか?」がいまいちわからないですね。 せっかくなので、もっと調べていきましょう。 厚労省のWebサイトを探してみる 厚労省のWebサイトにはこのような表記がありました。 本日公表を行った毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていたことから、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険制度等における給付額に影響が生じております。 このため、平成16年以降に雇用保険、労災保険、船員保険の給付を受給した方の一部及び雇用調整助成金など事業主向け助成金を受けた事業主の一部に対し、追加給付が必要となりました(現在受給中の方も該当する場合があります。 統計において、全数調査すべきであったところをサンプリング調査(一部抽出調査)で行っていたのが原因で、平均給与額の給付額に影響があり、支払額が少なかったことがわかります。 とはいえ、サンプリング調査でも適切に扱えば、統計結果として何ら問題はありません。 統計処理の仕方に何らかの問題があったのでしょうか。 当時のニュースを振り返る ITメディアさんのという記事が詳しくまとまっていたので紹介します。 要約しますと、そもそも勝手にサンプリング調査に切り替えていたのと、適切な統計処理を行っていなかったということのようですね。 2019年に国会をにぎわせた厚労省の不正統計問題を覚えてられますでしょうか?あの不正統計の結果がこのような形で跳ね返っていたのですね。 NHKのではまさにこの問題を正面から扱っていました。 影響範囲は相当に大きく、支払われなかった給付金の総額は600億とも800億ともいわれています。 但し、関係する人が約2000万とあまりにも多いため、一人あたりの受給額はそれほどの額にはならないのでしょうね。 ミスを隠し通した結果、リカバリーするのにいったいどれくらい税金をつぎ込むというのは気になるところですが、とりあえず、いくらかでも貰えるのはうれしいところ。 この件は、また詳しくわかりましたら加筆していきたいと思っています。 カテゴリー, , タグ, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の

厚生労働省 職業安定局雇用保険課から謎の薄い黄色い封筒が届いた!詐欺の可能性ってあるの?

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 詐欺

先日、厚生労働省より郵便が届きました。 ここ最近、持続化給付金の手続きを取っていたのでそれに関する書類なのかな、と思いながら開封してみるとどうやら様子が違っています。 はじめに ~統計調査に関するお詫び~ 毎月勤労統計調査をはじめとする厚生労働省が所管する統計で、長年にわたり、不適切な取り扱いをしていたことにより、国民の皆様に多大なご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます。 という謝罪文があり、何のことだかさっぱりわかりません。 少し読んでみると、雇用保険などの給付額が低く計算されていたので、追加給付の可能性がある人にお知らせをしている、ということらしいです。 たしかに、もう忘れてしまうくらい大昔に雇用保険でお世話になったことはありましたので「ああ、そうなんだ」くらいにしか思わなかったですし、そもそも、そんな不適切な取扱いがあったことすら知らなかったので、ポカーンとした感じでした。 しかし、いくらかわからないけど支給してもらえるなら・・・と、書類の記入を始めようとしたのですが、「給付」というキーワードを巧妙に使った詐欺が多発してるというのが少し気になって手が止まりました。 結果的には99. 詐欺かどうかは返信用封筒のあて先に注目 書類の内容を見ても詐欺かどうかはわかりにくいのですが、唯一私が詐欺でないことの判別に使ったのが返信用封筒の宛先です。 仮に記入した書類が詐欺的なものだとしても、それを送る先が信用できる機関であれば問題ないと判断したわけです。 必要事項を記入した書類を返信するための返信用封筒が同封されているのですが、その宛先を見てみました。 〒133-8788 日本郵便株式会社 新東京郵便局 郵便私書箱 第50号 厚生労働省職業安定局雇用保険課 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」回答受付 行 とあります。 宛名の「厚生労働省職業安定局雇用保険課」というのは非常にそれらしい宛先で信用できそうではあるのですが、困ったことに宛先の住所が私書箱なのです。 厚生労働省を偽って名乗って私書箱を利用するのは非常に難しい気もしますので、厚生労働省宛という時点で信頼してもいいのかもしれないですが、モヤっとしたのでもう少し調べてみると、大分労働局のwebサイトに「よくある質問」としてそのことについての記述がありました。 (引用可能とのことでそのまま使わせていただきました。 ) よくある質問 「この封筒は、本当に厚生労働省から発送したものですか?」というお問い合わせが多く寄せられておりますが、同封されている返信用封筒のあて先によりご確認ください。 上記サイトはドメインがgo. jpですので、乗っ取りでもない限り信頼していいでしょう。 (他にもないか調べてみると、他県の労働局にも同様の記載や画像がありました。 ) 私のところに届いたのは青い封筒でしたが、比べてみると下の宛先とバッチリ一致していましたのでこれで安心なものと確認ができました。 黄色い封筒で送られてくるケースもあるようで(本人特定ができているかできていないかでどちらの色の封筒が届くかが変わるとのこと)、その場合は上の宛先であることを確認するのがいいですね。 封筒を捨ててしまった場合でも、上記のどちらかの宛先住所の記載があれば安心でしょう。 丁寧に返信用封筒の画像でも確認できるようになっているので、しっかり確認したい方は上記の「こちら」を押して画像で返信用封筒を確認してみて下さい。 とはいえ、リンク先はPDFで開くのが面倒な方もいるかもしれないので、封筒画像を少し加工して転載させてもらいます。 もちろん、心配な方はしっかりと労働局のホームページでご確認ください。 mhlw. html内の画像を加工して作成しました。 ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

厚生労働省 職業安定局雇用保険課から謎の薄い黄色い封筒が届いた!詐欺の可能性ってあるの?

厚生 労働省 職業 安定 局 雇用 保険 課 詐欺

厚生労働省職業安定局雇用保険課から身に覚えのないお手紙が届きました。 皆さんの中にも届いた方はおられますでしょうか? このお手紙は一体何のお手紙なのでしょうか?ちょっと調べてみましょう。 お手紙の中身は お手紙には、5枚の書類と1通の返信封筒が入っていました。 紹介していきましょう。 1.雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い• こちらは今回の経緯を説明しています。 厚生労働省が所管する統計について、長年に渡り不適切な取扱いをしていたことが発端であることがわかります。 ただ、書き方が少々回りくどくて、何だか伝わりにくいですね。 簡単に言うと、厚労省がミスをし放置していたので、雇用保険で支払われるべきお金を支払っていなかったから、きちんと調査し必要であれば支払うので個人特定情報と振込先を教えてほしいということのようです。 私は、過去に転職したことがあり、その際働いていなかった期間が少しあります。 その間に失業手当はいただかなかったのですが、勤め始めたときに頂いたお祝い金(再就職手当)が足りなかったかもしれないということのようです。 裏面にはその期間についても書かれていました。 2.(表)雇用保険の追加給付に関する回答票 (裏)払渡希望金融機関指定(変更)届• 今回記入が必要な書類はこれだけです。 この回答票と金融機関指定(変更届)にはそれぞれ記入例も同封されています。 この書類に記入し、返送することでお金が戻ってくるようですね。 3.雇用保険制度の各種給付の概要• 厚生労働省の「毎月勤労統計調査」の影響により、平成16年8月以降、雇用保険の各種給付を受けていた方の給付額が低く計算されている可能性があります。 と冒頭に書かれています。 あとは制度の説明が事細かに書かれていますね。 ですが、これですと「そもそも、なぜこの手紙が来ることになったのか?」がいまいちわからないですね。 せっかくなので、もっと調べていきましょう。 厚労省のWebサイトを探してみる 厚労省のWebサイトにはこのような表記がありました。 本日公表を行った毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていたことから、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険制度等における給付額に影響が生じております。 このため、平成16年以降に雇用保険、労災保険、船員保険の給付を受給した方の一部及び雇用調整助成金など事業主向け助成金を受けた事業主の一部に対し、追加給付が必要となりました(現在受給中の方も該当する場合があります。 統計において、全数調査すべきであったところをサンプリング調査(一部抽出調査)で行っていたのが原因で、平均給与額の給付額に影響があり、支払額が少なかったことがわかります。 とはいえ、サンプリング調査でも適切に扱えば、統計結果として何ら問題はありません。 統計処理の仕方に何らかの問題があったのでしょうか。 当時のニュースを振り返る ITメディアさんのという記事が詳しくまとまっていたので紹介します。 要約しますと、そもそも勝手にサンプリング調査に切り替えていたのと、適切な統計処理を行っていなかったということのようですね。 2019年に国会をにぎわせた厚労省の不正統計問題を覚えてられますでしょうか?あの不正統計の結果がこのような形で跳ね返っていたのですね。 NHKのではまさにこの問題を正面から扱っていました。 影響範囲は相当に大きく、支払われなかった給付金の総額は600億とも800億ともいわれています。 但し、関係する人が約2000万とあまりにも多いため、一人あたりの受給額はそれほどの額にはならないのでしょうね。 ミスを隠し通した結果、リカバリーするのにいったいどれくらい税金をつぎ込むというのは気になるところですが、とりあえず、いくらかでも貰えるのはうれしいところ。 この件は、また詳しくわかりましたら加筆していきたいと思っています。 カテゴリー, , タグ, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 投稿ナビゲーション.

次の